ズボラでも大丈夫?育てやすいおすすめ観葉植物をご紹介

インテリアとして観葉植物が置いてあるオシャレな部屋って憧れますよね。

 

でもそんな部屋に憧れを抱きつつ「私ズボラだし、きちんと世話ができるか分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

初心者だと観葉植物のお世話は難しいのではないかと思われるかもしれません。

 

しかし、観葉植物の中でも、ズボラな方におすすめできるような育てやすい種類のものがあります。

 

愛情をかけて育てれば、たとえズボラな方でも植物を元気に育てることは可能です。

 

今回はそんな観葉植物の選び方や基本的な育て方について、まとめてみました。

 

ズボラ向け!観葉植物の選び方

 

雑貨屋さんなどに置いてある観葉植物は様々な種類があるので、どのようなものを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

 

特にズボラな人は一体どのような観葉植物を選べば良いのでしょうか?

 

ズボラさんにおすすめな観葉植物の選び方をチェックしてみましょう。

 

まず植物を育てる上で重要なのが水やりの頻度。

 

忙しくてついつい水やりを忘れてしまうという人には、あまり水やりをしなくても問題ない種類を選んだ方が良いですよね。

 

乾燥に強いタイプの観葉植物は、比較的水やりの手間が少ないので、水やりを忘れてしまう不安がある方には、このような種類の観葉植物がおすすめです。

 

逆にしっかり植物に手をかける時間を確保できるという方は、この点はあまり重視しなくても大丈夫です。

 

それから注目したいのが植物の大きさ。

 

部屋に観葉植物を置きたいけど、スペースがあまり取れないという方もいらっしゃるかと思います。

 

ジャストサイズのものを買っても、育てているうちに意外と大きくなってしまうことも。

 

そのため事前にどのくらいの大きさの植物を買うのか、またどのくらいの大きさまで育つのかを把握しておくのが良いでしょう。

 

長い間植物を育てていると物によってはかなり大きくなり、植え替えのタイミングが来るので、最初からスペースには余裕を持っておくのが大切です。

 

そして最後に見落とせないのが植物の耐陰性。

 

屋内で植物を育てる上では欠かせないポイントとなります。 本来植物は屋外で太陽光をたっぷり浴びながら大きくなるものです。

 

日当たりの良い場所を好む観葉植物は、十分日光に当たらないと弱ってしまうことも。

 

しかし室内に観葉植物を置くとなると、採光が十分に取れないということもあるかと思います。

 

そんな方には耐陰性の高い種類がおすすめです。

 

耐陰性の高い種類の観葉植物なら、太陽光があまり届かない場所においても丈夫に育ってくれます。

 

室内で観葉植物を育てるなら、耐陰性の高い種類を選んでおくと安心ですね

 

観葉植物を購入する際は自宅のどの部分に設置するのかを一度考えてみて、適切な種類のものを選んでください。

 

観葉植物の基本的な育て方、ケアって?

 

では次に実際どのように観葉植物を育てていけば良いのか確認しましょう。

 

植物を育てるのはそんなに難しいことではありません。

 

基本的なことをしっかり押さえていれば大丈夫です。

 

水やり、葉水

 

まずは植物にとって大切な水のやり方について。

 

基本的には鉢植えの土が乾いら水やりをします。

 

しかし初心者の方にとっては水やりのタイミングが難しいという声もあるかと思います。

 

場合によっては水をあげすぎて根腐れを起こしてしまい、植物が枯れてしまうということも。

 

そんな時は葉っぱの状態をよく観察してみてください。

 

葉っぱが上を向いてピンッと張っているようなら十分に水分が蓄えられている証拠です。

 

逆に葉っぱにハリがなく下を向いてしまっている状態なら、たっぷりと水を与えてあげてください。

 

水やりの量は鉢の底から水が出てくるくらい。

 

もし土の表面しか水分を与えられなかった場合、せっかく水やりをしても下の深い根の部分まで十分に水を吸収することができません。

 

そうすると植物は根っこの部分から枯れていってしまうのです。

 

また観葉植物には鉢だけでなく霧吹きで軽く葉っぱに水を吹きかける葉水も必要です。

 

葉水は葉っぱの乾燥対策になり、虫や病気などを防ぐ効果があります。

 

葉水の量は葉っぱが軽く潤う程度。 その分葉水は毎日あげても問題ありません。

 

日当たり

 

次に重要なのが日当たりです。

 

植物が成長する上で光合成は欠かせない要素で、日光不足に陥ってしまうと植物によってはは枯れてしまう可能性があります。

 

ですが観葉植物は種類によって必要とする日光の量が異なります。

 

なのでまずは選んだ観葉植物の耐陰性についてチェックしましょう。

 

耐陰性の高い種類なら日当たりについてはそこまで重視しなくても大丈夫。

 

時々日光浴させてあげる程度でも良いでしょう。

 

そうでない種類の場合は日当たりについても注意して見てあげる必要があります。

 

日当たりの良い場所を好む観葉植物は一番明るい部屋に置いてあげたいですね。

 

ただし種類によっては直射日光に当たると葉焼けをして変色してしまうことがあります。

 

日差しが強い時期は直射日光が当たらない場所に移した方が安心です。

 

植え替え

 

植物が大きくなってくると鉢の植え替えが必要になってきます。

 

一般的に観葉植物の植え替えのタイミングは大体2年に1回程度と言われています。

 

しかし植え替えが必要なタイミングというのもまた観葉植物の種類によって異なるものです。

 

そのためどのタイミングで植え替えを行うか、よく観察する必要があります。

 

たとえば鉢の底から根っこが出てきている場合。

 

これはもう鉢の中に根を生やすスペースがなくなってしまっている状態です。

 

そんな時はそれまで使っていたものより一回り大きい鉢を用意してあげましょう。

 

また水やりをしてもなかなか土の中に水が染み込んでいかない時も要注意。 新しくふかふかな土に替えてあげると植物も喜びます。

 

それから葉っぱの色が悪いなどの不調が見られる場合も注意が必要です。

 

土の栄養が足りないと黄色みがかった葉っぱになることがあります。

 

 

栄養たっぷりの土に植え替えれば、また根から新たに養分を吸い取ることができます。

 

植え替えをするなら基本的に冬を避けて、温かい時期に行うと根にも負担が掛かりにくいのでおすすめです。

 

すでに冬を迎えている場合は、無理をせずに暖かくなるまで植え替えを見送った方が良いかもしれません。

 

ズボラでも育てられる観葉植物

 

ここまで観葉植物を選ぶ際のポイントや、基本的な育て方についてチェックしてきました。

 

ここからは、ズボラな人におすすめの観葉植物を紹介していきます。

 

水をやり忘れてしまう人におすすめの観葉植物

 

ズボラな人にとっては水のやり忘れが一番気になるポイントだと思います。

 

サボテン

 

サボテンは、皆さんご存知の多肉植物かと思います。

 

原産地はメキシコやアメリカで、イメージ通り乾燥している場所でもよく育つ植物です。

 

実はサボテンには生長期と休眠期があり、季節で水やりの頻度が変わります。

 

春や秋は生育期にあたるため、土が乾いたら水をあげてください。

 

土が乾いて数日経ってから水やりをするなど、常に乾燥しているように育てるのがおすすめです。

 

冬は休眠期に入るので、水やりは一ヶ月に一度くらいでも大丈夫になります。

 

あまり気温が下がりすぎるようなら断水してしまっても構いません。

 

もし水やりのタイミングがよく分からなければ、サボテンを植えている鉢に水分計を挿してチェックすると分かりやすいです。

 

ほったらかしでも大丈夫な観葉植物

ズボラな人にとって水やりも不安要素だとは思いますが、放っといても大丈夫な観葉植物があれば理想ですよね。

 

そんな方にとっておすすめな観葉植物をご紹介します。

 

トックリラン

トックリランはあまり聞き馴染みのない方も多いかもしれませんが、その名の通りランの一種になります。

 

葉っぱの形から別名ポニーテールとも呼ばれます。

 

トックリランの原産地はメキシコの乾燥地帯であり、元々乾燥にとても強い性質を持っています。

 

そのため一年を通じて、あまり水をあげすぎないようにするのが重要となります。

 

冬は特に鉢への水やりより葉水をしっかり行うようにすると良いでしょう。 トックリランは日光が大好きです。

 

強くて丈夫な植物なので、よく日に当ててあげれば元気に生長してくれます。

 

 

乾燥に強い観葉植物

 

乾燥に強い種類も水やりの手間がかからないので、ズボラな方にはおすすめです。

 

 

ユッカ

 

 

ユッカは中米から北米にかけて多く分布している植物です。 日本の園芸種としては青年の木という名前でも知られています。

 

ユッカは乾燥に非常に強いため、逆に水のやり過ぎに注意しなければなりません。

 

冬は土の表面が乾いて一週間ほど経ってから水をあげます。

 

ユッカは寒さに弱いので、吸水率が下がっているようなら水やりを控えても問題ありません。

 

ただし暖房で部屋が乾燥している場合は葉水だけでも行ってあげると良いでしょう。

 

ユッカも日当たりの良い環境を好む植物です。

 

日陰や日の当たらない場所でも育ってくれますが、太陽光を取り込むと元気な株へと生長します。

 

 

寒さに強い観葉植物

 

部屋に観葉植物を置きたいけど、寒い地方に住んでいるので育ってくれるか心配という方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな方におすすめの種類は以下の通りです。

 

ユーカリ・ポポラス

 

ユーカリ・ポポラスはオーストラリアやタスマニアなど南半球を中心に自生する常緑高木です。

 

一般的にはコアラが食べる葉として有名ですよね。

 

実はユーカリ・ポポラスはマイナス20度の寒さにも耐えることができるんです。

 

その代わり直射日光には気を付けるようにしてあげてください。

 

直射日光に気を付けてあげれば、真夏の高温にも比較的強い植物です。

 

ユーカリ・ポポラスの葉には爽やかな香りがあり、切り花やドライフラワーとしても人気があります。

 

ユーカリ・ポポラスが大きくなったら枝葉を剪定して、ドライフラワーとして飾るのもいいですね。

 

ズボラな方はチェックの豆知識

 

最後に観葉植物を育てる上でズボラな人にチェックしておいて欲しい豆知識についてお伝えします。

 

ここまで鉢植えの観葉植物についてご紹介してきましたが、植物の中には土や肥料が要らないものもあります。

 

それはエアープランツと呼ばれる種類の植物です。

 

エアープランツは基本的に空気中の水分で育ちます。

 

水やりをする時は週1~2回、霧吹きで吹きかけてあげればオッケーです。

 

小さなものであれば100円均一のお店で売っていることもあるようです。

 

ズボラな人にとっては、まずエアープランツで緑ある生活を楽しんでみるのも良いかもしれません。

 

最近はインテリアとして観葉植物ではなくフェイクグリーンを飾る方も多いかもしれません。

 

ですが基本的なポイントに気を付ければズボラな人でも観葉植物を育てることは十分可能です。

 

本物の植物を育てるのは日々の癒しにもなりますよ。

 

興味のある方には是非フェイクではなく、本物の植物を育てる楽しさを知っていただきたいと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

たとえズボラな方でも観葉植物を育てるのは難しくないということが分かって頂けたかと思います。

 

むしろ種類によっては育てやすいものもあるので、ズボラな方にも十分おすすめできます。

 

緑のある生活は日々に彩りを添えてくれますよね。

 

ストレスの多い現代社会においては、とても良い趣味になると思います。

 

観葉植物に興味が沸いたという方は、ぜひ自分のライフスタイルに合った植物をチェックしてみてください。

 

この記事が観葉植物を育てる上で、少しでも参考になれば幸いです。