風水効果や空気清浄効果もある?寝室におすすめの観葉植物!

こんにちは。AND PLANTS編集部です。

元々、植物がおしゃれということで観葉植物を家に飾っていましたが、観葉植物には風水効果があることを知り、すっかり風水を意識して植物を置くように、、、。

占いとか全然気にするタイプではないんですが、風水効果があると知ってから、意識せずにはいられない体になってしまいました。

そこで、私が知っている観葉植物の風水に関する知識をみなさんに紹介させて頂こうと思います。

ぜひ、風水効果の高い植物をお部屋に置いて、運気をアップさせてみてください。

今回は、寝ている間に運気を高められる場所「寝室」に置くべき観葉植物を特集します!

観葉植物には風水効果や空気清浄効果があるってホント?

冒頭で観葉植物は見て楽しむだけでのものではなく、風水的な効果を持っていると述べましたが、実は、空気清浄効果があるといわれています。

おしゃれということ以外にも様々な視点から植物を楽しむことができるのです。

私はそういった効果を知ることで、ますます観葉植物に夢中になってしまった一人です!

観葉植物の空気清浄効果

観葉植物の空気清浄効果は、実はNASAが長年研究対象になっていて、研究の中で、約50種類の植物が空気清浄効果があると発表されました。

それらの植物は、「エコ・プラント」と呼ばれているのですが、具体的には以下の物質を浄化することが可能とされています。

・ホルムアルデヒド

発がん性物質の1つ。住宅の壁やフローリング、家具などの接着に使われていて、シックハウス症候群の原因となる。

・ベンゼン

プラスチック樹脂や排気ガスに含まれる有害物質。白血病などの原因となる。

・キシレン

タバコの煙や排気ガスに含まれる有害物質。大量に吸うことで、めまいやのぼせなどの症状が起きる。

・トリクロロエチエレン

インクや油性ラッカー、革の洗浄剤など含まれる有害物質。発がん作用がある。

・アンモニア

石油ファンヒーターを使用する際に排出される有害物質。シックハウス症候群を引き起こす。

空気清浄効果がある身近な観葉植物は、アレカヤシ、エバーフレッシュなどが挙げられます。

どちらも観葉植物として人気がありますが、見た目の可愛らしさだけでなく、空気をよくしてくれるなんてなんだか嬉しいですよね、、、!

観葉植物のマイナスイオン効果

前段で有害物質を空気中から浄化してくれる効果について書きましたが、観葉植物にはマイナスイオンを生成する効果もあるんです。

空気中にはマイナスイオンとプラスイオンが存在していて、そのバランスが保たれることが体には重要と言われています。

しかし電化製品に囲まれて暮らしている私たちにとって、そのバランスを保つことはすごく難しいことなんです。

電化製品の影響だけでなく、交通量の多い場所や、喫煙所など、プラスイオンに傾いてしまっている環境はたくさんあります。

大気中のマイナスイオンの生成は湿度に左右されるので、植物を置くことで湿度をげて、マイナスイオンを増やすことができるんですね。

観葉植物を置くことで、イオンのバランスを保つことができ、体調がよくなるというわけです!

観葉植物の風水効果

空気清浄効果とマイナスイオン効果だけでもう十分かもしれませんが、観葉植物には風水効果まであるといわれています。

そもそも風水とは中国に昔から伝わる学問のことで、気の流れを重視して、家具や植物をどこに置くか考えるものなんですね。

植物をただ置くだけで運気アップ!というわけではなく、どこに何を置くかということが重要なんだとか。

いくつか重要なポイントがあるようなので、紹介します。

まずチェックするポイントは、葉の向き。

葉の向きが上向きか下向きかをみてみてください。

・葉が上向きの植物

「陽」に分類され、活発で元気な明るい気を発生させる

・葉が下向きの植物

「陰」に分類され、気を静め落ち着かせる効果がある

次にチェックするポイントは、葉の形。

・丸い葉

穏やかで気持ちを落ち着かせる効果があるので、普段生活している場所に置くことで、リラックス効果を得られる。

・細く尖った葉

強く鋭い気を発生させるので、邪気を払ってくれる魔除けの効果がある。

・大きな葉

気を落ち着かせるリラックス効果がある。

・小さい葉

活気や行動力を上げる効果がある。

陰陽や葉の形など、なんとなく見た目のイメージと風水の考え方が合っている感じがしますよね。

風水の実用例として、気の流れを意識して、玄関を例に挙げてみます。

玄関は人の出入りがあり気の流れがある場所なので、気の流れを遮らないように、あまり背の高い植物を置かない方がいいとされています。

このように風水の考え方を使って簡単に、植物を置く場所や、どの植物を選ぶかを決めることができるんです。

これが結構面白くて、ついつい植物を見ながら、「風水的にここに置くのがいいのでは?」なんか考えちゃったりするんですよね、、。

寝室に観葉植物を置く際の注意点を解説

冒頭でも述べたように、寝ている間に運気を高められる「寝室」に置くべき観葉植物を特集するのですが、まずは風水ではなく、植物の環境的な観点で注意点を解説します。

まず気を付けたいことは虫です。

植物を置くことで虫が出ることや害虫がついてしまうことがあります。

ハダニ、カイガラムシ、アブラムシなどが観葉植物につく代表的な虫ですが、寝室に発生してしまうと困りますよね。

そのため植物をケアして虫を発生させないようにする必要があります。

ケアというのは植物によって異なりますが、基本的には「虫がつきにくいように葉水をして」「葉の裏をこまめにチェック」という予防をしましょう。

次に気をつけたいのは、湿気によるダニやカビです。

寝室はもともと日当たりがあまり良くない場所であることが多いので、ダニやカビが発生しやすい環境になっています。

布団の湿気に加えて、植物を置くとなるとさらに湿度が上がるので、ダニやカビのリスクが高まるんです。

ダニやカビで植物がダメになってしまうことがあるので、日頃から換気を心がけたり、多湿に強い植物を選んだりするなどして対処するといいでしょう。

最後は植物の耐陰性の問題です。

日がよく入る寝室なら気にする必要はありませんが、日が入らない寝室の場合は、植物の耐陰性をチェックしてから置くようにしましょう。

日陰でも育つ植物なら大丈夫ですが、日光が大好きな植物やそもそも屋外で育てるべき植物を日当たりの悪い場所に置くのはおすすめできません。

寝室に観葉植物を置いて風水効果をよくするには方角が重要

ここから風水的に重要とされている方角について紹介します!

基本的に観葉植物を置いてはいけない方角というのはありませんが、方角によって運気の種類や置くべき植物が変わるとされています。

「北」は、健康や子どもの運気を司る方角。

また気が冷めてしまう方角と考えられれいるので、悪い気を払ってくれるような植物や高さがある植物を置くことがおすすめされています。

例えばドラセナのような植物は、陽の気がありますし、高さもあるので、北に置くのに向いています。

このような考え方を取り入れながら、植物を置いてみるのも楽しいですよね。

北東

「北東」は、家族や友人の運気を司る方角。

鬼門で邪気が入りやすいといわれているので、先ほど紹介した空気清浄効果のある植物や葉が尖った形をしている植物を置くことをおすすめします。

例えばサンスベリア。

サンスベリアは、邪気を払う植物として古くから親しまれてきましたし、空気清浄効果もある植物なので、北東に置くのにぴったりです。

「東」は、仕事や成長運を司る方角。

なので、風水的に仕事運や金運を高めると考えられているパキラなどをおくことがおすすめです。

金運を司る方角に、金運アップの植物を置いて、よく育ってくれたら嬉しいですよね。

東南

「東南」は、恋愛や縁を司る方角です。

なので花言葉が「永久の幸せ」でハート型の葉を持つウンベラータは相性が良いとされています。

また、邪気を払ってくれる植物を置くこともおすすめです。

「南」は、名誉や人気、知性、美容の運気を司る方角。

大きな葉を持つ植物や、上に伸びていく植物、存在感がある植物を置くのがおすすめです。

例えばモンステラ。

大きな葉の存在感と、「陽」の気を持っているところが、南の方角にぴったりです。

南西

「南西」は、家族、健康、子宝の運勢を司る方角。

なので、陽の気を持っていて癒し効果をくれる植物を置くのが良いでしょう。

また裏鬼門でもあるので、空気清浄効果のある植物を置くのもおすすめです。

例えば、ドラセナ。

空気清浄効果もありつつ、「幸福の木」と呼ばれているので、家族や子どものために、置いてみるのはどうでしょうか。

西

「西」は、金運や商売運を司る方角なので、金運アップの効果がある植物を置きましょう。

例えばゴムの木は、金運アップの効果があるとされている植物です。

陽の気を持っているので、ぜひ家におきたい植物の1つですね。

北西

「北西」は、地位、社会性、出世運などを司る方角。

生命力があり、力強い見た目の植物や、上方向に伸びる植物をおすすめします。

例えば、ユッカはどうでしょうか。

幹もしっかりしていますし、力強く上に伸びていく姿は、出世運をよくしてくれる感じがしますよね。

【目的別】寝室におすすめの観葉植物

こんな感じで、家にどの植物を置くのか、どの方角に置くのかなど考えてると、面白くてキリがない、、、。

寝室に置くのにおすすめの観葉植物をいくつかの観点で、ピックアップしてみたので、ぜひ参考にされてみてください! 

寝室をおしゃれにしたい方におすすめの観葉植物

観葉植物を置く上で、やっぱり1番気になるのはおしゃれさですよね!

寝室がおしゃれ空間にしたい方向けおすすめの植物を、3つ紹介します。

まず1つ目は、「サンスベリア」。


サンスベリアはシュッと上に伸びた葉がクールな植物。

個性的な見た目だけではなく、マイナスイオンを発生させる効果もあるので、見た目も効果も寝室と相性が抜群です。

2つ目は、「フィカス・ベンジャミナ・バロック」。


くるくる丸まった小さな葉がたくさんついている植物で、なんとも可愛らしい見た目が特徴的。

丸い葉は気持ちを落ち着かせる効果もありますし、可愛らしい寝室やゆったりとした柔らかい空間を作りたい方に特におすすめです。

3つ目は「アグラオネマ」。


耐陰性が高いので寝室にもぴったり。

インテリア性も高い植物で、どんな部屋にもマッチするシンプルさがポイントです。

葉の模様が特徴的なアグラオネマを置くことで、おしゃれな寝室に仕上がることは間違いありません。

またタイでは「アグラオネマを置くと幸運が訪れる」と言われていて、縁起の良い植物でもあるので、ぜひ寝室に置いてみてください。 

寝室に置くと子宝運がアップする観葉植物

まず、風水の考え方で子宝運アップに重要な方角は、「北」・「北東」・「南西」。

先ほど紹介したように、北は健康や子ども運を司る方角、北東は家族運を司る方角、南西は家族・健康・子宝運を司る方角です。

なので、この3つの方角を意識して植物を置いてみることをおすすめします。

子宝運がアップすると言われている植物は「マザーリーフ」や「子宝草」が代表的。

どちらもカランコエの一種ですが、「子宝草」は、葉が大きくなると葉の周りにたくさんの子株がつくのに対して、マザーリーフは親株の葉をちぎって水に浮かべておくことで子株が育つという違いがあります。

どちらも葉から新しい芽が出る姿が印象的で、子孫繁栄の象徴と言われているようです。

子宝運をアップさせたい方は、ぜひ寝室に飾ってみてください。

寝室に置くと仕事運がアップする観葉植物

仕事運をアップさせたい方は、東の方角に観葉植物を置くことを意識しましょう。

仕事運アップにつながると言われている植物は、「パキラ」や「ドラセナ・ソングオブインディア」です。


パキラはお店の商売繁盛のために置かれることも多い植物で、仕事運アップの代表的な植物ともいえるでしょう。


ドラセナ・ソングオブインディア
は幸福の木と呼ばれる植物で、尖った形の葉が邪気をはらい、運気をあげてくれるようです。  

寝室に置くと恋愛運アップする観葉植物

恋愛運をアップさせたいのであれば、植物を東南に置きましょう。

葉が大きめのものや実がなるものなどが良いとされているので、まずおすすめしたいのが「アンスリウム」です。


アンスリウムは赤やピンクの大きなハート型の花が咲く植物です。

可愛らしい見た目だけでも恋愛運アップに効果がありそうな感じがしませんか?

他におすすめの植物は「クワズイモ」。


クワズイモの花言葉は「復縁」「仲直り」。

葉が大きなハート型であることからこの花言葉がついたとされています。

復縁したい相手がいる方はぜひクワズイモを置いてみてください!

寝室に置くと金運アップする観葉植物

 風水の考え方で、恋愛運を司る方角は「西」と「東」と言われているので、それを意識して植物を置いてみましょう。

金運アップに効果がある植物の代表は「モンステラ」。


陽の気がある大きな葉は寝室でのリラックス効果だけでなく、邪気を払ってくれる効果があるといわれています。

もう1つは、「ガジュマル」。


沖縄では精霊「キジムナー」が宿ると言われているガジュマルですが、生命力が強く、金運アップにつながると考えられています。

精霊が宿る木だと思うと、なおさら大切に育てたくなりますよね。  

まとめ

植物には空気清浄効果や風水効果があることを紹介しましたが、いかがでしたか?

植物はおしゃれ以外にも様々な魅力があります。

さまざまな角度から植物の魅力を知って、ぜひ生活に取り入れてみてください!