フィカス・ベンガレンシス

フィカス・ベンガレンシスの特徴

フィカス・ベンガレンシスは、インド、スリランカ、東南アジア原産で、幹は成長するにつれて白くなる幹と楕円形の緑の葉のコントラストがとても綺麗な人気の観葉植物。 葉裏に黄色の葉脈がくっきりと入っているのもベンガレンシスの特徴です。どんなお部屋に置いても馴染みやすいナチュラルな雰囲気で、カフェなどにもよく置かれています。

フィカスベンガレンシスの花言葉

フィカスベンガレンシスの花言葉は、「長寿」「永久の幸せ」です。

長寿

フィカスベンガレンシスは、インドでは昔から親しまれている観葉植物で、ヒンドゥー教では「望みを叶える木」として登場するので「長寿」という花言葉がついたそうです。

永久の幸せ

生命力が強く丈夫なので、そういったイメージから「永久の幸せ」という花言葉がつきました。

フィカスベンガレンシス の風水効果

フィカスベンガレンシスの風水効果を紹介します。

調和をもたらす

風水効果を高めるためには葉の形と向きが重要で、丸い葉をしているフィカスベンガレンシスは、調和の気をもたらしてくれます。 調和の気をもたらしてくれるので、風水的には人が集まりリラックススペースであるリビングに置くのがおすすめです。

フィカスベンガレンシス の寿命

フィカスベンガレンシスは、そもそも花言葉の由来になるくらい生命力が強い植物なので初心者でも比較的簡単に育てることができます。 環境や育て方に関係しますが、プランターで育てた場合でも、10年以上は元気なこともあるでしょう。

フィカスベンガレンシス の置き場所

風水とは別に、日当たりや風通しなどの観点からおすすめの置き場所を紹介します。 フィカスベンガレンシス は、日光を好む植物なので、日当たりの良い場所においてください。 ただ、日差しが強すぎると葉焼けを起こす可能性があるので、夏場の直射日光は避け、室内で育てる場所はカーテン越しなどに置きましょう。

フィカス・ベンガレンシス一覧