フィカス・ベンジャミナ・バロック

フィカス・ベンジャミナ・バロックの特徴

フィカス・ベンジャミナ・バロックは、比較的新しい品種で近年人気が出てきている観葉植物です。 くるくると丸まった小さな葉はとても可愛らしく、常緑樹らしい艶やかな光沢を放ちます。 お部屋も柔らかい印象になり、ダークグリーンの葉をしていますが、新芽はライトグリーンなので、色の濃淡を楽しむこともできます。

フィカス・ベンジャミナ・バロックの花言葉

フィカス・ベンジャミナ・バロックの花言葉は、「融通の利く仲間」「信頼」です。

融通の利く仲間

外向きにカールした葉が無数につく様子が個性的で賑やかなイメージを与えることから、人間関係に関する花言葉「融通の利く仲間」がつけられたそうです。

信頼

フィカス・ベンジャミナ・バロックを含め、幸福の木と呼ばれるベンジャミンの品種全体に「信頼」という花言葉がつけられています。 その花言葉から、よく結婚や開店などのギフトとしてよく贈られます。

フィカス・ベンジャミナ・バロックの風水効果

フィカス・ベンジャミナ・バロックは、カールした葉が下向きにつくことから、「陰の気」を持つとされる珍しい植物です。周りとの調和へと促したり、ほっと落ち着けるリラックス効果を持つとされています。おうちの中で安心感をもたらしてほしい、リビングや寝室に置いてみましょう。

調和をもたらす

陰の気を持つとされる植物は、マイナスなイメージではなく、落ち着いた印象をもたらしてくれます。 そのことから、周りの雰囲気に合わせて調和するという風水効果が期待されているのです。

リラックス効果

フィカス・ベンジャミナ・バロックの下向きの葉は、活発な気持ちを取り除き、冷静な自分にしてくれるという風水効果が謳われています。 フィカス・ベンジャミナ・バロックを置いたお部屋は、お仕事や学校で疲れたあなたを癒しの力で迎えてくれるはずです。

フィカス・ベンジャミナ・バロックの置き場所

イチジクの仲間であるベンジャミン。 実のように見える花びらを持つ、隠頭花序を咲かせます。 そのサイクルは不定期ですが、フィカス・ベンジャミナ・バロックはインドや東南アジアなどの熱帯原産のため、温かく明るい場所を好みます。