ユーカリ・グニ―

ユーカリ・グニ―の特徴

ユーカリ・グニーは、シルバーがかった小さい丸い葉が可愛らしい印象の観葉植物です。 風になびく様子が爽やかで、すっきりとした香りを楽しむことができます。 丸みを帯びた葉が生長とともに少し長くなるという特徴があります。 葉が乾燥しているので、ドライフラワーのブーケなどにもよく使われ、花束に独特な雰囲気をプラスしてくれます。

ユーカリ・グニーの花言葉

ユーカリ・グニーの花言葉は、「新生」「再生」「思い出」です。

新生、再生

乾燥地帯が多いオーストラリアでは、山火事が頻繁に発生するので、そのたびにユーカリの森は失われてしまいます。 ですが、ユーカリは山火事後の降雨で真っ先に発芽します。 その様子から「再生」という花言葉がつけられました。

ユーカリ・グニーの風水効果

ユーカリ・グニーが持つとされている風水効果を紹介します。

明るい印象をもたらす

ユーカリは風水的に「気」の強い植物で、明るい印象をもたらしてくれます。 上を向きの葉は、陽の気があるとされ、入り口である玄関に置くことで大きな風水効果が期待できます。 また、丸い葉をしているので、リラックス効果も受けることができるそうです。

ユーカリグニーの置き場所

ユーカリグニ―は日本の湿気と寒さが苦手です。 夏季の高温多湿のダメージを受けて秋に枯れてしまうケースもあるので、風通しの良い屋外で管理をしましょう。 また、南半球原産の樹種のためあまり寒さに強くはありません。 冬場の水やりは昼間に行いましょう。