ドラセナ・コンシンネ・ホワイトボリー

ドラセナ・コンシンネ・ホワイトボリーの特徴

ドラセナ・コンシンネ・ホワイトボリーは、細長い葉に白のストライプのような模様が入っている観葉植物です。 一目見て日本にはないような洋風な見た目ですが、柔らかい色味で意外とどんなお部屋にもなじみます。 まっすぐ伸びた幹と葉が爽やかな印象や明るい雰囲気を演出してくれます。 鋭い葉姿で、ゴージャスな印象になるので、玄関やロビーなどにおすすめです。

ドラセナ・コンシンネ・ホワイトボリーの花言葉

ドラセナ・コンシンネ・ホワイトボリーの花言葉は、「真実」です。

真実

ドラセナ・コンシンネ・ホワイトボリーは、ドラセナの中でも真っすぐに葉を伸ばすことが特徴的な品種です。 そのことが由来となって、嘘偽りのない本当のこと”真実”がこの品種の花言葉となりました。

ドラセナ・コンシンネ・ホワイトボリーの風水効果

ドラセナ・コンシンネ・ホワイトボリーは、邪気を払い明るい気を取り込んでくれるパワフルな観葉植物として風水効果が期待されています。 ドラセナ・コンシンネ・ホワイトボリーが持つとされている風水効果を紹介します。

邪気を祓う

ドラセナ・コンシンネ・ホワイトボリーは、鋭い葉を持っていて、風水的には邪気を祓う効果があります。 玄関や、リビングの家電製品の近くは風水学的には邪気が溜まりやすく、ドラセナ・コンシンネ・ホワイトボリーの風水効果を最大限に利用するには、玄関やリビングの家電周りに置くのが最適です。

明るい気を取り込む

元気に上に伸びる葉は、明るい気持ちにさせる陽の気を持つとされています。 リビングは家の中でも長い時間を過ごす場所としてはもちろん、家族が一緒に集う空間でもあります。 人が集まる空間にドラセナを置くことで、幸福な運気を引き寄せましょう。

ドラセナ・コンシンネ・ホワイトボリーの寿命

ドラセナは、10年に1度花を咲かせると言われているため、一般的に10年以上は元気に育つとされています。 自生するドラセナの中には、数百年以上生きるものもあります。

ドラセナ・コンシンネ・ホワイトボリーの置き場所

アフリカを中心とした亜熱帯地域原産で、耐陰性・耐暑性共に高い植物ですので、屋内で育てることもできます。 日当たりを好む植物ですので、できるだけ日ににあてたほうが元気になりますが、強すぎる直射日光には葉焼けを起こしてしまうので半日陰の場所がおすすめです。