モンステラ

モンステラの特徴

モンステラは、熱帯アメリカが原産の観葉植物です。 観葉植物でも人気の種類で大きい葉に深く切り込みの入った葉が印象的。 葉が大きく蒸散効果にも優れているため、天然の加湿器のような役割を果たしてくれます。 切り込みは葉の生長とともに深くなり、茎の部分は蔓状に伸びていきます。 モンステラの切れ込みから明るい太陽の光が差し込む様子が、明るい未来を連想させるとハワイでは「希望の光を導く」植物とされていて、新築祝いなどによく使われているギフトにもぴったりな植物です。

モンステラの花言葉

モンステラの花言葉は、「嬉しい便り」「壮大な計画」「深い関係」です。

「嬉しい便り」

先ほど紹介しましたが、ハワイではモンステラの葉は希望の光を導くといういわれています。「嬉しい便り」のように幸せを呼びこむことからこの花言葉がつけられたそうです。

「壮大な計画」

また、「壮大な計画」のように輝かしい未来を想像させることから、この花言葉がつきました。開店祝いや、新築祝いなど新しく何かを始める方へのギフトに最適です。

「深い関係」

モンステラに深い関係という花言葉がついたのは、葉に深い切れ込みが入っていることや、森の奥深くに生息していることが由来といわれています。 家族や恋人などにこの花言葉を添えて贈って見ても素敵ですね。

モンステラの風水効果

モンステラは、ハワイでは神聖な植物で、風水効果も高いといわれています。 モンステラが持つとされている風水効果を紹介します。

金運が高まる

モンステラは、ハワイでは「湧き水」という意味を持っています。 湧き水のように幸運や金運を引き寄せるといわれていて、とても縁起がいい植物です。 金運をアップしたい方は、モンステラを家に置くといいでしょう。

穏やかな気を流してくれる

モンステラは、丸い葉をしていて、風水的に、 調和をもたらしてくれる気を持つとされています。 部屋全体を穏やかな雰囲気にする効果があるので、家族が集まるリビングに置くのがおすすめです。

モンステラの寿命

モンステラの寿命は10~20年といわれています。個体によって差はありますが、中には30年近く育つこともあります。 耐寒性と耐暑性をもつ植物なので、比較的丈夫で、日光と寒さに注意してあげると、家でも長く楽しめるはずです。

モンステラの置き場所

風水とは別に、日当たりや風通しなどの観点からおすすめの置き場所を紹介します。 モンステラは、耐陰性や耐暑性に優れた植物なので、日陰や室温が10℃以上の場所や室内の半日陰での管理であれば比較的簡単に管理可能です。 直射日光に当てると葉焼けを起こす可能性があるので、レースカーテン越しくらいの明るさの場所に置くようにしましょう。