パキラ

パキラの特徴

パキラは、中南米が原産の観葉植物です。原産地では、日当たりがいい場所に生えていて、高さは20mを超えるものもあります。大きくなると果実が実り、その果実は実は、食用にもされています。力強い幹と、艶のある葉を持っていて、育てやすいことから、定番の観葉植物として人気です。パキラは風水的にもいい植物とされていて、開業祝いや新築祝いなどギフトにも最適です。

パキラの花言葉

パキラの花言葉は、「快活」「勝利」です。

快活

生命力の強さが由来で、寒さや乾燥につよく、日陰でも丈夫に育つほど様子からパキラの花言葉として「快活」がついたそうです。

勝利

“貧しい村人がパキラを育てて売りました。 生命力の強いパキラは、次々と新しい株を増やしていきます。村人はパキラを売ることで貧困から抜け出し、財をつかむことができました。“ という昔話が由来となり、「勝利」という花言葉がついたそうです。

パキラの風水効果

パキラは、 “Money tree”や”発財樹”といった呼び名があり、風水効果が非常に高い観葉植物とされています。 パキラが持つとされている風水効果を紹介します。

悪い気・負のエネルギーを吸収する

尖った葉っぱを持つ植物は、風水では「魔除けや邪気を祓ってくれる鋭く強い気」を持つとされています。 風水的には、トイレは悪い気がたまりやすいといわれているので、トイレなどに小さいサイズのパキラを置くのがおすすめです。 また、玄関は、気を迎え入れる・幸運の気が入ってくる場所と言われているので、悪い気が入ってこないように「魔除けや邪気を祓ってくれる鋭く強い気」を持つパキラを置いてもいいでしょう。

仕事運や勉強運が高まる

パキラは、丈夫で成長が著しい植物なので、仕事運・勉強運が高まると言われています。 そのため、エネルギーの必要なデスクや勉強机がある部屋に置くのがおすすめです。

金運アップが期待できる

花言葉の由来となった昔話から、パキラは、 “Money tree”や”発財樹”といった呼び名もあるのですが、名前の通り金運アップの効果もあるとされています。 金運に置き場所は関係ないですが、上記で紹介した場所にパキラを置いて様々な風水効果の恩恵を受けてみてはいかがでしょうか。

パキラの寿命

パキラの寿命は数十年といわれています。 元々、20mを超えるほど大きくなる観葉植物なので、正しい育て方をすればかなり長い間成長を続けます。 また、丈夫で病気や害虫などのダメージを追いにくい植物でもあるので、初心者でも育てやすいでしょう。

パキラの置き場所

風水とは別に、日当たりや風通しなどの観点からおすすめの置き場所を紹介します。 パキラは、耐陰性や耐寒性に優れた植物なので、日陰や室温が10℃以上の場所であれば比較的簡単に管理可能です。 ただ、日光浴が全くできないとなると、株が弱る可能性があるのでレースカーテンなど直射日光の当たらない場所で日光浴をさせてあげるといいでしょう。 また、エアコンの風に当たると弱ってしまうので、エアコンの風が直接当たる場所だけは避けてください。