トックリラン

トックリランの特徴

トックリランは、株元の膨らみと葉が枝垂れる姿が特徴的な観葉植物です。

膨らみの部分には水分を溜められるようになっていることから、日本では「徳利蘭」、 長い葉が馬の尻尾に見えることから英名では「ポニーテール」と呼ばれています。

トックリランの花言葉

トックリラン の花言葉は、「多くの才能」です。

多くの才能

数十年に一度花を咲かせる姿から「多くの才能」という花言葉がつけられたそうです。

トックリランの風水効果

トックリランの風水効果を紹介します。

子宝運アップ

トックリランは、その名の通り徳利のように底が広くて口が細い形ををしているので、風水的には子宝運がアップするという効果があるといわれてます。 寝室に置くと、風水効果がさらに高まるようです

トックリランの寿命

原産地では樹齢何十年という大木になっている個体も存在します。 個体によっても差はありますが、適切な育て方を行うことで、鉢植えの場合でも10年以上育つでしょう。

トックリランの置き場所

風水とは別に、日当たりや風通しなどの観点からおすすめの置き場所を紹介します。 トックリランは、本来は直射日光に当たって育つ日当たりを好む植物ですので、耐陰性はありますが、できるだけ日当たりのいい場所で育てましょう。 夏場などの強い直射日光に当たって葉焼けを起こすようであればレースカーテン越しに日光当てるなど、遮光率をあげてください。