商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

フィカス(ゴムの木)の種類一覧

フィカス(ゴムの木)の種類一覧|初心者やギフト向けを紹介

育てやすい植物として人気があるフィカス(ゴムの木)。種類も多く、葉の形や大きさもさまざまなので、ギフトとしても選ばれています。

しかし、種類が多いからこそ、「どんなフィカスを選んでいいのかわからない」と悩む方もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はAND PLANTSが取り扱うフィカスの種類一覧を紹介します。初心者やギフトにおすすめな種類から、レアな種類まで紹介するので、ぜひ最後まで見てください。

フィカス(ゴムの木)は約800種類ある

フィカスは世界中の熱帯地域を中心に約800種類あるとされています。

フィカスの中では、インド北部・マレー半島を原産とする「フィカス・エラスティカ(インドゴムノキ)」が、ゴムの原料が採れる植物として有名です。現在では、フィカス・エラスティカから突然変異した園芸用品種も多数あります。

日本の沖縄や屋久島などに自生しているガジュマルもフィカスの仲間です。フィカスには、葉の形や大きさだけでなく、樹形や葉色、葉模様にも違いがあります。

それぞれが自生地に適した進化をしている種類が多いため、同じフィカスと言っても、個性的な姿が多いです。さらに突然変異による違いもあるため、育てるだけでなくレアな品種を集める楽しみもあります。

AND PLANTSが取り扱うフィカス(ゴムの木)一覧

AND PLANTSが取り扱うフィカス(ゴムの木)一覧

AND PLATNSが取り扱っているフィカス(ゴムの木)を一覧にしてまとめました。

品種をタップすると、商品ページにすぐ飛べますので気になる方は確認してみてください。

品種 特徴
フィカス・ウンベラータ ハート形の大きな葉
フィカス・ベンガレンシス 光沢感のある濃いグリーンの葉
フィカス・バーガンディ 大人っぽいバーガンディ色の葉
フィカス・アルテシマ 爽やかな斑入り葉
フィカス・アムステルダムキング ピンクブラウンの新芽
フィカス・リラータ・バンビーノ 「柏の葉」に似ており、葉が波打っている
フィカス・ティネケ クリーム色と緑色のコントラスト
フィカス・ベンジャミン・スターライト 白色と緑色の斑入り葉
フィカス・ジン かすんだ散り斑が入る葉
フィカス・ペティオラリス 赤い葉脈とハート形の葉
フィカス・ベンジャミン・バロック くるくるとしたカール状の葉
フィカス・ベンジャミン 美しい緑色と卵型の葉
フィカス・ルビー ルビーレッドの葉脈と葉色
ガジュマル ぷっくりした株元
パンダガジュマル 通常のガジュマルより丸い葉
フランスゴムの木 光沢のある濃い緑色の葉
フィカス・パルメリー 丸いハート形の葉
ショウナンゴムノキ 枝垂れるような細長い葉

初心者におすすめのフィカス(ゴムの木)5種類

初心者におすすめのフィカス(ゴムの木)5種類

フィカスはどの種類も育てやすいです。その中でも初めて植物を育てる方におすすめのフィカスを5種類紹介します。

  1. ガジュマル
  2. フランスゴムの木
  3. フィカス・バーガンディ
  4. フィカス・アムステルダムキング
  5. フィカス・アルテシマ

①ガジュマル|可愛い

ガジュマル
日当たり 日当たりのよい置き場所(室内)
温度 最低5℃以上をキープする
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)2〜3日後

ガジュマルは、ユニークな株姿をしている可愛い観葉植物。お世話もしやすいので植物初心者の方にもおすすめです。

ガジュマルは幹の途中から「気根」と呼ばれる根っこを出していて、空気中の水分を吸収して体内に取り込みます。切っても問題ないですが、そのままにしておくとガジュマルのインテリア性を高めてくれるでしょう。

定番ではあるものの幹それぞれが個性的な形をしているので、おしゃれなインテリアとして飾られることも多いです。

[https://andplants.jp/collections/chinesebanyan]

②フランスゴムの木|おしゃれ

フランスゴムの木
日当たり 日当たりのよい置き場所(室内)
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)2〜3日後

フランスゴムの木は、インテリア性が高いおしゃれな観葉植物です。ゴムの木の中でも耐寒性があるので、寒い時期でも育てやすいでしょう。

初心者にもおすすめの観葉植物です。「リラックス効果」「恋愛運」「金運」などのさまざまな風水効果があるとされるため、暮らしをワンランクアップさせたい方にも人気があります。

育てるポイントはお水やりのメリハリと葉水です。乾燥にもある程度強いので、土の表面が完全に乾くまでお水やりはしません。

また、葉水をすると葉っぱの健康を保てるため、定期的に霧吹きをすると美しさを維持できます。

[https://andplants.jp/collections/ficusrubiginosa]

③フィカス・バーガンディ|モダンな黒葉

フィカス・バーガンディ
日当たり 日当たりのよい置き場所(室内)
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:土が乾いてから2〜3日後

フィカス・バーガンディは、その名の通り「バーガンティ色」の葉をもつ大人っぽい観葉植物です。新芽が少しずつ黒く深緑の葉になるため、別名「クロゴム」と呼ばれています。

色変わりも上品なので、モノトーンやモダンテイストのお部屋にぴったり。また、葉が厚くしっかりしているため、初心者の方でも育てやすいです。

ゴムの木の仲間は、全体的に寒さに弱い特徴を持ちますが、バーガンディは屋内であれば容易に冬越しします。ただし、窓際付近は冷気が漂っているため、冬場の置き場所は窓際から離れた明るい場所に置いてください。

[https://andplants.jp/collections/ficusburgundy]

④フィカス・アムステルダムキング|ピンクブラウン

フィカス・アムステルダムキング
日当たり 日当たりのよい置き場所(室内)
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 やや弱い 
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:土が乾いてから2〜3日後

フィカス・アムステルダムキングは、枝垂れるような姿とピンクブラウンの新芽が特徴的な観葉植物です。ショウナンゴムノキの改良種であるため、葉が細く繊細な印象もあります。

しかし、耐陰性もあり落葉しにくいので、初心者の方にも適しています。落葉しにくいとはいえ、寒い場所に置き続けると葉が落ちるので、注意してください。

定期的に霧吹きをおこなってあげると、艶やかなグリーンを保つことができます。乾燥しやすい時期は、葉水を毎日をおこなうのがおすすめです。

害虫対策にもなるため、フィカス・アムステルダムキングをより元気に育てられます。

[https://andplants.jp/collections/ficusamsterdamking]

⑤フィカス・アルテシマ|斑入り葉

フィカス・アルテシーマ
日当たり 日当たりのよい置き場所(直射日光は避ける)
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)2〜3日後

フィカス・アルテシマは、爽やかな斑入りの葉っぱが特徴的な観葉植物です。斑入り葉であるアルテシマは存在感があるので、植物初心者でも簡単にインテリアグリーンとして楽しめます。

アルテシマはラテン語で「最も背が高い」の意味があり、原産地では大きなもので10〜20mになるそうです。日本では原産地ほど大きくなりませんが、日当たりのよい置き場所で管理すると高さが出ます。

また、屋内で管理する際は葉水を定期的に行うとよいです。葉っぱのつやを保つだけではなく害虫予防にも繋がります。普段お水やりをする際に合わせておこなうことを意識するとよいでしょう。

[https://andplants.jp/collections/ficusaltissima]

ギフトに人気のフィカス(ゴムの木)5種類

ギフトに人気のフィカス(ゴムの木)5種類

ここではギフトに人気のフィカスを5種類紹介します。ちょっとした贈り物から、ビジネスシーンで活躍するギフトに活躍するフィカスを見ていきましょう。

  1. フィカス・ウンベラータ
  2. フィカス・ベンガレンシス
  3. フィカス・ベンジャミン・スターライト
  4. フィカス・リラータ・バンビーノ
  5. フィカス・ベンジャミン・バロック

①フィカス・ウンベラータ|ハートの葉

フィカス・ウンベラータ
日当たり 日当たりのよい置き場所(室内)
温度 最低12℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)2〜3日後

フィカス・ウンベラータは、ハート型の葉っぱをしている観葉植物です。「すこやか」「永遠の幸せ」「夫婦愛」といった素敵な花言葉をもっており、結婚祝いや新築祝いなどのギフトにも適しています。

ウンベラータは日当たりを好みますが、一枚一枚の葉っぱが薄いので強い光が苦手です。日陰の場所から急に窓際や屋外へ移動させると、葉焼けをするので注意しましょう。

移動させる際は、まずはカーテン越しで1〜2週間ほど環境に適応させると安心です。

また、風水では人間関係を整え恋愛運や出会い運を上げるとされています。リビングや寝室などに置くと、さらに運気を高めてくれるでしょう。

[https://andplants.jp/collections/umbellata]

②フィカス・ベンガレンシス|ナチュラル

フィカス・ベンガレンシス
日当たり 日当たりのよい置き場所(室内)
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)2〜3日後

フィカス・ベンガレンシスは、光沢感のある濃いグリーンが特徴的な観葉植物です。ナチュラルな雰囲気が人気で、初心者でも簡単に育てることができます。

諸説ありますが、ベンガレンシスはインドにある「ベンガルボダイジュ」という樹木に似ていることから、古くから「聖樹」として扱われていたそうです。「永久の幸せ」の花言葉があるのも頷けます。

インテリア性も高いので、カフェやレストランの開店祝いのギフトにも適しています。また、母の日や父の日、長寿祝いなどにもよいかもしれません。

[https://andplants.jp/collections/bengalensis]

③フィカス・ベンジャミン・スターライト|幸運をもたらす

フィカス・ベンジャミン・スターライト

日当たり 日当たりのよい置き場所(室内)
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:土が乾いてから2〜3日後

フィカス・ベンジャミン・スターライトは、白と緑のコントラストが美しい観葉植物です。葉が密集していることから存在感たっぷりに映るため、お部屋のシンボルツリーにも適しています。

フィカス・ベンジャミン・スターライトは「幸運をもたらす木」とも呼ばれているため、開店祝いや新居のお祝いのギフトにおすすめです。

スターライトは、置き場所をコロコロ変えると環境に馴染めず、葉を落としてしまいます。一度決めた置き場所で管理すると、うまく育ってくれるはずです。

[https://andplants.jp/collections/benjaminastarlight]

④フィカス・リラータ・バンビーノ|インパクトがある

フィカス・リラータ・バンビーノ
日当たり 日当たりのよい置き場所(室内)
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:土が完全に乾いてから

フィカス・リラータ・バンビーノは、葉っぱが柏の葉に似ていることから別名「カシワゴムの木」とも呼ばれている観葉植物です。

波打つ葉っぱが珍しいため、個性的な植物を求めている方へのギフトに喜ばれます。

葉っぱを落としにくい性質があるので、初心者でも管理が簡単です。最初の植物をどれにしようか迷っているなら、フィカス・リラータ・バンビーノを選んでみるのもよいかもしれません。

また、小型の株であれば、自宅の狭いスペースでも育てられます。大株であれば、大きな葉も相まってインパクトがあるため、ビジネスシーンでも喜ばれるギフトになるでしょう。

[https://andplants.jp/collections/ficuslyrata]

⑤フィカス・ベンジャミン・バロック|おしゃれ

フィカス・ベンジャミナ・バロック
日当たり 日当たりのよい置き場所(室内)
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)2〜3日後

フィカス・ベンジャミン・バロックは、くるくるとしたカール状の葉っぱがおしゃれな観葉植物です。バロックが一つあればその場所全体が一気に華やかになるので、インテリアグリーンとしても適しています。

「信頼」の花言葉を持つため、親しい友人や家族に贈るギフトにもおすすめです。

寒い環境が苦手なので、そのまま放置すると葉っぱを次々に落としてしまいます。なるべく暖かい場所での管理してください。

また、場所を転々とさせるとかえってストレスになるので固定させて育てましょう。お水やりは乾湿のメリハリを意識するとよいです。

土がずっと湿っている状態は生育に悪いため、乾いている状態・湿っている状態の両方を行き来するように水やりしてください。

[https://andplants.jp/collections/benjaminabarok]

レアなフィカス(ゴムの木)5種類

レアなフィカス(ゴムの木)5種類

種類の多いフィカス属は、比較的に手に入れやすい観葉植物です。しかし、なかなか流通しないレアなフィカスもあります。

ここでは、流通量が少なく手に入れにくいレアなフィカスを5種類見ていきましょう。

  1. フィカス・ジン
  2. パンダガジュマル
  3. フィカス・ティネケ
  4. フィカス・ペティオラリス
  5. フィカス・ルビー

①フィカス・ジン|散り斑

フィカス・ジン
日当たり 日当たりのよい置き場所(室内)
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)2〜3日後

フィカス・ジンは、「散り斑」と呼ばれるまだらな斑入りの葉をもつ個性的な観葉植物。市場でもあまり見ない品種です。新芽が芽吹く頃は赤みがかった色をつけ、徐々に白から緑へと移り変わっていきます

模様を維持したい場合は、日当たりのよい場所で管理してください。耐陰性があるので暗い場所でも生長しますが、散り斑が不鮮明になる可能性があります。

ほかのゴムの木と育て方はそこまで大差がないので、土が乾いたらたっぷりとお水を与えてください。加えて、葉水を一緒におこなうと美しい葉をいつまでも楽しめるでしょう。

[https://andplants.jp/collections/ficusgin]

②パンダガジュマル|突然変異

パンダガジュマル

日当たり 日当たりのよい置き場所(室内)
温度 最低0℃以上をキープする
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)2〜3日後

突然変異でできたパンダガジュマルは、通常のガジュマルより丸い葉が特徴的な植物です。通常のガジュマルに比べ、成長が遅くて幹が太くなりにくいため、大きく育てるには時間がかかります。

そのため、パンダガジュマルはガジュマルを台木として接ぎ木している商品が多いです。種から育てたり挿し木で増やしたりしているパンダガジュマルもありますが、接ぎ木しているものより、葉が落ちやすい傾向にあります。

とはいえ、どちらも適した環境で管理することができれば、初心者でも育てやすいので安心してください。通常のガジュマルに比べ、流通量が少ないレアなパンダガジュマルは、お祝いのプレゼントにも最適です。

[https://andplants.jp/collections/ficusmicrocarpapanda]

③フィカス・ティネケ|コントラスト

フィカス・ティネケ
日当たり 日当たりのよい置き場所(室内)
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)2〜3日後

フィカス・ティネケは、クリーム色と緑色のコントラストが美しい観葉植物。市場でも流通量が少ない品種です。

新芽は赤みがかった色をつけ、徐々にクリーム色と緑色の斑入り葉と移り変わっていきます。インテリアの差し色にぴったりで、お部屋をおしゃれにしてくれるでしょう。

模様を維持したい場合は、日当たりのよい場所で管理するのがおすすめです。耐陰性があるので暗い場所でも生長しますが、斑入り模様が不鮮明になる可能性があります。

レアな植物ですが、他のフィカスと同じように育てることが可能です。土が乾いたらたっぷりとお水を与えてください。

[https://andplants.jp/collections/ficselasticatineke]

④フィカス・ペティオラリス|根元が肥大する

フィカス・ペティオラリス
日当たり 日当たりのよい置き場所(室内)
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)2〜3日後

フィカス・ペティオラリスは、葉脈の赤みがかった色とハート形の葉が魅力的な観葉植物。流通量が少なく、あまり見かけることがないレアな品種です。

種から育てた実生苗(みしょうなえ)であれば、塊根植物のように株元が肥大します。葉だけでなく、ユニークな幹姿も楽しめるでしょう。

美しい葉脈の色を維持したい場合は、日当たりのよい場所で管理してください。耐陰性があるので暗い場所でも生長しますが、葉脈が赤く色づかない可能性が高いです。

冬に寒さに当たり続けると、落葉して休眠します。すべての葉が落葉した場合は、水やりは控えて、完全断水して管理した方が安心です。

[https://andplants.jp/collections/ficuspetiolaris]

⑤フィカス・ルビー|ルビーレッド色

フィカス・ルビー 
日当たり 日当たりのよい置き場所(室内)
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)2〜3日後

フィカス・ルビーは、ルビーレッドの葉が魅力的な観葉植物。流通量が少なく、あまり見かけることがないレアな品種です。

葉の縁に入る斑も特徴的で、成長するにつれて色や模様が変化します。大人っぽさのあるルビーレッドは、お部屋の差し色にぴったり。

おしゃれな好きな方に贈ると喜ばれます。美しいルビーレッド色を維持するためには、日当たりのよい場所で管理してください。

耐陰性はありますが、あまりに暗い場所で育てると赤くならないので注意しましょう。寒さには弱いので、冬は暖かい室内で育てることが重要です。

[https://andplants.jp/collections/ficselasticaruby]

まとめ

まとめ

ギフトやインテリアグリーンとしても人気が高く、なかなか手に入らないレアな品種まであるフィカスは、多くの方を夢中にさせる植物です。

いずれも育てやすく、インテリア性が高いのも人気の秘密といえるでしょう。この記事では、初心者・ギフト・レアに絞って、それぞれ紹介させていただきました。

筆者のおすすめは、「初心者にはガジュマル」「ギフトにはフィカス・ウンベラータ」「レアであればフィカス・ジン」です。たくさんの種類から選べない場合は、ぜひ参考にしてください。

お気に入りのフィカスを見つけて、ぜひ育ててみましょう。

田中 秀和
小さな時から花や観葉植物が好きで、田舎の野山を駆け回っては植物を採集して育てていました。 今でも自宅では多肉植物やサボテン、コーデックスを中心に様々な観葉植物を育てています。 総合園芸店で働いていたこともあり、植え替えやお水やりなどの管理、販売、お客様からのご相談ご依頼を経験。観葉植物の素敵な魅力や育て方を、目の前にいるような感覚でお届けできればと思います。 一緒にかけがえのない一鉢を見つけましょう。