商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

観葉植物の植え替え方法

1.植え替え時期

植え替えの時期は、最低気温が15度以上となる5月〜9月が目安です。
ただし、猛暑期、株が弱っているときは株が傷む可能性があるので避けましょう。

2.植え替え手順

  • 用意する道具:軍手、割り箸
  • 必ず手袋をして行いましょう
  • 新聞紙やブルーシートなどを敷いてから行うと片付けが楽です
  • 鉢底の栓は抜きましょう

 3.植え替え時のポイント

手順① 鉢底網を底穴の上に置き、鉢底石を敷く

栓を抜いた穴の真ん中に網がくるようにセットしましょう。網を箸などで押さえながら軽石を入れます。

網がずれると砂が出てきてしまうので注意。軽石は平らになるように入れます。網が隠れ、石が2層程度に重なるように敷きます。

手順② 新しい土を入れる

底石が見えなくなる程度の量の土を入れ、平らになるようにならします。

手順③ 植物を元の鉢から出す

植物を鉢から取り出す際には、植物の根元を持って、鉢のふちを上から叩くと簡単に抜けます。

手順④ 不要な土を落とす

古い土を落とします。ダメージを減らすため、根周りの土は軽くほぐす程度にし、主に根の外側の固まった土を落とします。

枝の根本を持ち、土や根は擦らずに、軽くほぐしながら振り落とすようにすると良いです。根が空気に触れている時間は極力短くしましょう。

手順⑤ 植物を新しいecopotsに植える

(1)ecopotsの真ん中に植物をセット

葉っぱがたくさん向いている面を正面にすると良いです。

(2)株を押さえながら周りに土を入れていきます

株の周りに満遍なく土が行き渡るように、箸で土をつつき根の間に土を行き渡らせましょう。太い割り箸などで突くと根を傷つけるので注意。

(3)株が自立したら、手で株の周りと縁周りの土を押し固定します。

根鉢の上は軽く押す程度にし、根の周りの土を押し込むようにするのがコツです。

(4)鉢を机や床などにトントンして土をならします。

(5)株が完全に固定されるまで、(2)〜(4)を繰り返します。

(6)ウォータースペースを残して、最後にふんわり土を入れる

ウォータースペースとは、水やりしたときに土が溢れないための縁から表土までの空間のことです。Sサイズ以下は2、3㎝、Mサイズ以上は5㎝以上が目安です。 

(7)水やりをして土を締める

鉢底から出るまで水やりすることで、土内の余分な空気が出て、土も締まります。多肉植物は植替え後の水やりは厳禁。1週間から10日後に与えます。

(8)完成!

新しい鉢への植え替え完了です!植え替え後の植物は少なからず疲労しています。数日間は肥料をあげるのは控えましょう。

4.関連するアイテム

▼植替えセット
[https://andplants.jp/products/evorepotset-s]
植え替えに必要な最低限のアイテムが揃った便利なセット。

[https://andplants.jp/products/evorepotset-table-l?variant=45159444218102]
これ1つあればどこでも植え替え可能な、大満足のセットです!

▼エコポッツTable-L〜Lまで各サイズ
[https://andplants.jp/products/amsterdam30]
Mサイズの商品や、7~8号鉢からの植え替えにおすすめ!

[https://andplants.jp/products/oslo25]
Sサイズの商品や、5~6号鉢からの植え替えにおすすめ!

[https://andplants.jp/products/amsterdam20]
Table-Lの商品や、3~4号鉢からの植え替えにおすすめ!

[https://andplants.jp/products/stockholm]
テーブルプランツや、苗からの植え替えにおすすめ!

・evoセット
evoシリーズの活力剤や肥料など、植物をより元気に楽しく育てるためのケアセット。