商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

敬老の日に贈るブーケ

敬老の日に贈るブーケ|おすすめの花の種類や色

敬老の日には、ブーケを贈りたいと思う方も多いのではないでしょうか。敬老の日のギフトとして花の贈り物は定番で人気があります

敬老の日の時期は、秋の花が美しく、ダリアやコスモス、リンドウなど改めて秋の訪れを感じさせる花々がたくさん入荷します

色鮮やかな秋の花は、敬老の日の贈り物にぴったりです。今回は、敬老の日にブーケを贈る際におすすめの花の種類やブーケの色、花言葉などを紹介していきます。

人生の大先輩でもあるおじいちゃんおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えながら、喜んでもらえるギフトを贈りましょう。

[https://andplants.jp/collections/keirou_day]

敬老の日にはブーケがおすすめ

敬老の日の贈り物にはブーケがおすすめです。

コンパクトなブーケは、大げさにならずにさりげなく渡すことができ、他のギフトともセットで渡しやすくなります

「ブーケ」と「花束」は何が違うのかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、ブーケとはフランス語で「花束」の意味があるため、同じ意味を指しています。

現在は捉え方として、ブーケは丈が短くコンパクトなサイズ、花束は長さとボリューム感のあるサイズのものとして、言葉を使い分けられるのが一般的です。

敬老の日におすすめの花の種類

敬老の日に贈るブーケにおすすめの花を紹介します。敬老の日の時期は、秋の花の入荷が本格的に始まる時期なので、花選びも楽しい時期です。

美しい秋の花の中でもおすすめの4つの花の特徴を解説します。ブーケのメインになる花、他の花を引き立てながら秋らしい雰囲気を演出してくれる花など、それぞれの魅力があるので、花選びをする際はぜひ参考にしてみてください。

  • バラ
  • ダリア
  • コチョウラン
  • ケイトウ

バラ

バラは春と秋の年2回の旬の時期があり、秋のバラは春のバラに比べて色の発色が良く、香り高いものが多い傾向にあります。夏の厳しい暑さを乗り越えた秋のバラは、春に比べて蓄えられる水分が少ないため、色が濃くなるといわれています。

敬老の日の贈り物には、淡い色のバラよりも濃いめの発色の良いバラがおすすめです。深みのある色と秋の草花は相性が良く、華やかさも一段と増します。

バラは色や咲き方の種類がとても多く、選ぶバラによってブーケの印象が大きく変わります。おじいちゃんおばあちゃんのイメージに合わせてバラの種類を選ぶと良いです。

また、香りが良いバラの種類も多く出回る時期なので、とっておきの香りの良いバラを入れたブーケもきっと喜んでもらえるでしょう。

ダリア

秋の花の代表格でもあるダリア。存在感のある大きな花、圧倒的な華やかさは他の花にはない魅力があります。

ダリアはブーケでメインとなる花なので、インパクトがあり、華やかなブーケを作ることができます

ダリアの色のイメージとして、赤を思い浮かべる人が多いかと思いますが、ダリアは品種改良が盛んに行われているため、色の種類がとても多いです。

色が複色になっているもの、グラデーションカラーになっているものなどもあるので、とても目を引きます。敬老の日に贈るブーケにお気に入りのダリアを入れて贈ってみましょう。

コチョウラン

コチョウランは、一般的にお店の開店祝いで、大きな鉢が飾られているのを見かけたことがある人も多いと思います。上品で高級感のある花です。

花屋さんでは、コチョウランは切花として1本単位で販売されていることもあるので、希望すればブーケに入れてくれるお店もあります。

茎に段々に花がついているので、ブーケに取り入れるのが少し難しいこともありますが、コチョウランを入れると高級感のある上質な印象になります

また、コチョウランの鉢には「ミディコチョウラン」というミニサイズのコチョウランもあり、敬老の日のプレゼントにとても人気です。3,000円前後で購入できるものもあり、ちょっとしたギフトにも適しています。

ケイトウ

ふわふわの花の質感と発色の良い色が特徴のケイトウ。秋の花として思い浮かべる人も多いですよね。キャンドルの火のように先端が尖った形のケイトウは花壇でも見かけることがあります。

ケイトウの形にはいくつかの種類があり、先端が尖った縦に伸びるヤリゲイトウ、ヒダが集まった脳みそのような形をしたクルメゲイトウ、クルメゲイトウに形が似ているセッカゲイトウなど他にも系統の種類があります。

ふわふわした質感に温かみがあり、秋らしさを演出してくれる花です。発色が良いので、ブーケに入れると明るい印象になります。花壇で見かけることもある花なので、親しみやすい花ともいえるでしょう。

敬老の日に贈るブーケにおすすめの色

ブーケを選ぶ際には「まずどのような色のイメージにしよう」と色から考え始める人が多いかと思います。

ブーケは色選びがとても重要で、全体の印象が色によって決まるので、敬老の日におすすめしたいブーケの色を紹介します。筆者が以前花屋に勤めていた際に人気があった色なので、ぜひ参考にしてみてください。

  • ピンク系
  • オレンジ系
  • 紫系

ピンク系

敬老の日におすすめのブーケの色はピンクです。ピンクはそもそもギフトとして人気の高い色ですが、敬老の日のギフトでも人気がある色です。

一口にピンクといっても種類は様々で、濃淡、コーラル系、ブルー系など幅があります。おすすめのピンク色は、発色の良い濃いめのピンクです。

バラであれば、秋のバラの特徴である深みのある色が楽しめ、秋の草花と相性が抜群です。紅葉した葉や、茶系の葉とも相性が良いでしょう。

ピンク系のブーケは、バラ、ダリア、コスモス、ケイトウなど秋を代表する花を組み合わせて仕上げることができます。

オレンジ系

敬老の日にはオレンジのブーケもおすすめです。一般的にギフトブーケの黄色・オレンジの花色は、男性、女性問わず贈りやすい色で一番人気があるといわれています。

秋にはオレンジがおすすめで、オレンジと赤を合わせて暖色系の暖かい色味が秋らしい雰囲気を演出してくれます。オレンジもまた紅葉した葉や秋の草花と相性が抜群です。

バラ、ダリア、ケイトウ、リコリスなど秋には発色の良いオレンジの花が店頭に並ぶことも多く、ブーケに取り入れやすくなっています。

オレンジは明るく元気なイメージの色なので、「元気を出してほしい」「これからも健康で元気でいてほしい」などとメッセージも込めやすい色です。

紫系

落ち着いた紫色も敬老の日におすすめの色です。ラベンダー系の優しい紫色とグリーンを合わせれば、爽やかで大人な印象のブーケに仕上がります。紫の濃淡を組み合わせてグラデーションカラーにするのも素敵です。

「紫色だけでは華やかさに欠けてさみしい」「仏花のイメージがある」などと感じる人は、ピンクと合わせるのがおすすめです。

紫とピンクは相性がよく、生花ではピンクに近い紫のバラやダリアなどがあるので、組み合わせしやすく、華やかさを出すことができます。

秋の紫色の花には、バラ、ダリア、トルコキキョウ、リンドウなどがあるので、組み合わせを楽しんでみましょう。

敬老の日に贈るおすすめの花言葉

敬老の日には、おじいちゃんおばあちゃんに感謝の気持ちが伝わるような花言葉の花を贈りたいですよね。伝えたい思いを込めて贈ることができます。

そこで敬老の日にぴったりな花言葉を持つ花を3つ紹介します。花言葉の意味をメッセージカードに添えて贈るのも良いかもしれません。

  • コチョウラン|幸福が飛んでくる
  • ワレモコウ|感謝
  • ピンクのバラ|感謝

コチョウラン|幸福が飛んでくる

 コチョウランの花言葉は「幸福が飛んでくる」です。コチョウランは漢字で「胡蝶蘭」と書き、名前に蝶の字が入っているため、蝶が幸福を運んでくるイメージが由来しているといわれています

花言葉の縁起が良く、花持ちが良いことから、開店祝いといったおめでたい席に贈られるようになりました。花が長持ちするので、他の花に比べて長く飾って楽しんでもらうことができます。

「おじいちゃんとおばあちゃんがこれからも幸せで良いことがありますように」と願いを込めて贈れる花です。花言葉の意味も一緒に書いてメッセージカードで贈れば、きっと喜んでくれるでしょう。

ワレモコウ|感謝

ワレモコウには「感謝」の花言葉があります。ワレモコウと聞いてピンとこない方もいるかもしれませんが、秋の植物で、枝分かれする細い茎の先端に茶色い小さな穂をつけています。

派手さのない控えめな植物ですが、ブーケに入れると躍動感や季節感が出て、他の花を引き立ててくれる植物です

筆者が以前花屋に勤めていた際、花束を作るときに花の組み合わせに何か物足りないと感じるときは、ワレモコウを使うことが多く、良いアクセントになってくれていました。秋を感じられるため、お客さんにもひそかに人気のある植物です。

ワレモコウは、若い年代の方よりもおじいちゃんおばあちゃん世代の方のほうが認知度が高い印象なので、ブーケに入っていると喜んでくれるかもしれません。

ピンクのバラ|感謝

旬の花としてもバラはおすすめで、敬老の日に贈りたい花です。ピンクのバラの花言葉は「感謝」です。他にも「温かい心」「幸福」などポジティブな花言葉があります

ピンクの香りの良いバラに「イブピアッチェ」という品種があります。香りが良いバラの代表格で、芳醇でバラらしい華やかな香りが楽しめます。

生花のフレッシュな瑞々しい香りを楽しんでもらうことができるので、プレゼントにおすすめです。香りを強く放つバラは、他の香りのない種類のバラに比べて日持ちが短い傾向にあります。

その分素敵な香りを楽しめるので、香りが良い花を贈りたい方は香るバラもおすすめです。

ブーケとセットで贈るおすすめのアイテム

ブーケはコンパクトなサイズなので、他のギフトとセットで贈りやすいメリットがあります。

「花だけでなく、他にもプレゼントを贈りたい」という場面でおすすめのギフトを紹介します。セットのプレゼントを考えている方、ギフトの種類を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

  • お菓子
  • 紅茶・コーヒー
  • ハンドクリーム
  • 孫からの手作りアイテム

お菓子

ブーケとセットで贈るおすすめのギフトはお菓子です。敬老の日のプレゼントとして、スイーツのプレゼントは人気があり、いつも買わないような特別なスイーツを贈ることが多いです

おじいちゃんおばあちゃんの好みに合わせたお菓子と、特別感を出せるブーケの贈り物はきっと喜んでもらえるでしょう。

お菓子とブーケをそれぞれ好きなお店で購入したり、オンラインショップでセットで販売しているものを購入したりすることも可能です。どのような内容のプレゼントにするか検討しながら、お店もチェックしてみましょう。

紅茶・コーヒー

ブーケと紅茶やコーヒーをセットで贈るのもおすすめです。日頃から紅茶やコーヒー、お茶を飲む習慣があれば嬉しいギフトになります。おじいちゃんおばあちゃんがゆっくりとリラックスできる時間を取るきっかけにもなります。

コーヒーや紅茶は好きなメーカー、銘柄がある人もいるので、事前にリサーチしていおくと安心です。コーヒーでもドリップタイプ、リキッドのベースタイプなど様々な種類があります。

「コーヒーや紅茶だけではなんだか寂しいかな」と感じるときに、ブーケとセットにすると華やかになるので、おすすめです。

ハンドクリーム

敬老の日の時期は、乾燥が気になるシーズンに入ります。乾燥が気になりやすいおじいちゃんおばあちゃんには、冬にかけて使用できるハンドクリームのプレゼントがおすすめです

ブランドのハンドクリームは少しリッチな気分を味わえます。香りが良いもの、肌に優しいものなどハンドクリームによっても特徴があるので、おじいちゃんおばあちゃんのイメージや好みに合わせて選んでいきましょう。

孫からの手作りアイテム

孫と会うのが何よりも楽しみと感じているおじいちゃんおばあちゃんも多いでしょう。敬老の日のプレゼントが孫に関するものだとやはり嬉しいものです。

孫がおじいちゃんおばあちゃんのために書いた似顔絵、折り紙、工作したものなどであれば喜んで受け取ってくれるでしょう

また、孫の写真をアルバムにしたもの、とっておきの写真と写真立てのセットなども喜ばれます。

敬老の日に花を贈る方からよくある質問

敬老の日に花を贈る方からよくある質問を紹介します。敬老の日にはどのくらいのサイズのブーケを贈るのが良いのか、花ギフトの種類はどれが良いのかなど迷うこともあるかと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

  • ミニブーケはいくらから買える?
  • ブーケと鉢植えはどちらが喜ばれる?

ミニブーケはいくらから買える?

ミニブーケの価格は、販売するお店にもよりますが、1,000円程度から購入できるお店が多いです

花の価格が1輪300円~400円程度が目安で、1,000円では3輪程度を束ねたブーケになります。小さく可愛らしいサイズが希望だと、1,000~2,000円程度で購入する方が多いです。用途を問わず、一般的にギフトブーケの平均価格が3,000円といわれています。

ミニブーケを購入する際は、1,000円~2,000円の予算を目安に検討してみましょう。

ブーケと鉢植えはどちらが喜ばれる?

ブーケは渡すときの見栄えが良く華やかで、鉢植えはブーケより長く花を楽しめるメリットがあります。

おじいちゃんおばあちゃんにどちらが合っているかで選ぶのが良いです。日頃から花や植物のお世話が好きで、お手入れしているおじいちゃんおばあちゃんであれば、贈った鉢植えを楽しんで育ててくれるでしょう。

日頃花や植物をあまり育てていないようであれば、ブーケの方が気軽に飾れるかもしれません。ライフスタイルから適した花のタイプを選んでみてくださいね。

まとめ

敬老の日に贈るブーケについて解説しました。敬老の日の時期は秋の花のシーズンが始まり、深みのある花色が素敵な時期になります。

秋が旬のバラやダリア、ケイトウなどの色鮮やかな花が充実し、敬老の日のブーケにおすすめです。また、発色の良いピンク系、オレンジ系の花色は、紅葉した葉や秋の草花と相性が良く、ぜひプレゼントにおすすめしたい色です。

敬老の日は、おじいちゃんおばあちゃんに日頃の感謝の気持ちを伝えて、一緒に過ごす時間を大切にしながら、ブーケを贈って喜んでもらいましょう。

伊藤 芙季(ito fuki)
ウェディング専門の花屋で会場装花やブーケを制作し、フラワーコーディネーターとして働いた後、フラワーショップにて生花を販売。 花の仕事で10年のキャリアを積み、店長を経験。 花や植物が大好きで、季節ごとに楽しめる花の名所や植物園を巡っています。 花の魅力、飾る楽しさ、贈る楽しさをたくさんの花に触れてきた経験から発信していきたいと思っています。 花や植物があることで豊かになる時間、心、空間を共有できると嬉しいです。