商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

「自分らしく」の花言葉|勇気と自信をくれるかっこいい花言葉

「自分らしく」の花言葉|勇気と自信をくれるかっこいい花言葉

「自分らしく」の花言葉がついた、強く美しい植物たち。

明るい自然のパワーをくれる花々は、見る人を癒し、前向きにしてくれます。

元気が出ない時や落ち込んでしまった時、テンションをあげたい時、勇気を出したい時、「自分らしく」の花言葉を持つ植物が、背中を押してくれるかもしれません

大切な人を応援したい時のプレゼントにもぴったりです。きれいなお花は気持ちをリラックスさせ、エネルギーを養ってくれるでしょう。さりげなくあなたの思いを伝えてくれます。

今回は「自分らしく」の花言葉を中心に、「自分らしくありのままでいいんだ」と感じさせてくれるような花言葉を集めてみました。

プレゼント向きの華やかなお花、インテリアに映えるかっこいいお花、生命力を感じられるガーデニング向きのお花の3つに分けてご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

「自分らしく」の花言葉を持つ植物|オハイアリイ(オオゴショウ)

まさに「自分らしく」の花言葉がついているのは、ハワイのお花として有名なオハイアリイです。熱帯アメリカの植物で、沖縄ではオオゴチョウ(大胡蝶)またはオウコチョウ(黄胡蝶)と呼ばれています。

明るいカラーにぴったりな、「自分らしく」「輝く個性」の花言葉がついているお花です。

朱色に黄色の縁取りがついた、フリルがきいた花びらが特徴。長く飛び出た雄しべや雌しべが優雅で、真夏の日差しによく映えます。黄色花の品種も人気です。

ハワイでは赤と黄色がロイヤルカラーであるため、王室の植物とも言われています。高貴な人のためのレイとして知られているようです。

沖縄以外では苗の出回りは少なく希少で、冬の温度管理にコツがいります。しかし咲いた時の喜びはひとしお。「自分らしく」の花言葉にぴったりな、気高く美しいお花が勇気を与えてくれるでしょう。

プレゼントには、オハイアリイを模したフラワーレイや小物、アロハシャツなどがおすすめです。

「自分らしく」にまつわる花言葉|プレゼントにぴったりの華やかなお花

ここからは、「自分らしく」にまつわるお花をご紹介します。まずは、華やかで明るい気持ちになれるお花を5つピックアップしてみました。

  • ガーベラ|「前向き」
  • ラークスパー|「自由」
  • バンダ|「個性的」
  • ラナンキュラス|「輝く魅力」
  • ミント|「元気回復」

どれも切り花や花苗でよく出回る植物です。花束やアレンジメントのプレゼントを贈りたい時にぴったり。

送別会や、開店祝いなどの記念や節目のプレゼントにおすすめです。今後の未来を応援する気持ちを込めて、贈ってみてはいかがでしょうか。

それぞれの花言葉の由来やお花の特徴、おすすめの贈り方を解説していきます。

ガーベラ|「前向き」

パッと開いた花びらがかわいく、元気になれるガーベラ。花言葉は「前向き」「常に前進」「元気」「上機嫌」などです。

ガーベラは色によって花言葉が異なります。主な花言葉をまとめてみました。

「チャレンジ」「情熱」「神秘」「愛情」
「希望」「純粋」
ピンク 「熱愛」「崇高美」「感謝」「思いやり」
黄色 「究極の愛」「親しみやすい」「優しさ」「暖かさ」
オレンジ 「あなたは私の輝く太陽」「我慢強さ」

ガーベラに怖い意味の花言葉はありません。どの色もプレゼントにぴったりの花言葉がついています。

ガーベラは花束やアレンジメントには定番。咲き方も一重咲き・八重咲き・スパイダー咲きなど多種多様で、魅力の尽きないお花です。

ANDPLANTSではガーベラだけで仕上げた花束やアレンジメントをご用意しています。明るさと希望が詰まったガーベラのかわいさを最大限に生かしました。

大切な人へのプレゼントに、ぜひ贈ってみてくださいね。

[https://andplants.jp/products/10-mix-gerbera-series-bouquet]

ラークスパー|「自由」

ラークスパーの花言葉は「自由」「陽気」「軽やかさ」「信頼」「温和」などです。

ラークスパーの名前は「ヒバリの爪」の意味があり、花の後ろが蹴爪に似ていることからつけられました。日本では千鳥草(ちどりそう)、飛燕草(ひえんそう)と呼ばれ、お花ひとつひとつが鳥のように見えることが由来です。

鳥が自由にはばたく様子を連想して、「自由」「軽やかさ」「陽気」などの花言葉がついています。どれも気分を軽やかにしてくれる花言葉ですね。

薄く柔らかい花びらと、糸のような葉が繊細で涼しげな印象を与えるお花です。本来の開花時期は夏ですが、切り花ではオールシーズン出回っています。

青や紫、白、ピンクの花色があります。ふんわりした小花とまとめると、優しい雰囲気のギフトに。ナチュラルな雰囲気が好きな人や、温厚でかわいらしい印象の人へのプレゼントにおすすめです。きれいに色が残るので、ドライフラワーにもなります。

バンダ|「個性的」

ランの仲間のバンダ。花言葉は「個性的」「ユニーク」「上品な美しさ」「身軽」などがつけられています。

バンダは樹木の高い場所にくっつくように育つ着生植物で、その特質から「個性的」「ユニーク」の花言葉がつきました。ランのイメージからヨーロッパでは「王族」や「富」、中国では「幸福」などの花言葉がついているようです。

肉厚な花びらと網目状の模様が、上品で神秘的なお花です。紫やピンクなどの深い色合いが特徴で、男性へのプレゼントにも向いています。深い緑色と合わせて紫×グリーンで仕上げると、かっこよく大人っぽい雰囲気になります。

個性的なお花が好きな人や、大人の魅力あふれる人へのプレゼントにぴったり。華やかさもあるので、開店祝いなどの大きなアレンジメントにもよく合います。

ランは切り花の中でも日持ちして長く楽しめるので、プレゼントにおすすめです。

ラナンキュラス|「輝く魅力」

「輝く魅力」「魅力的」「美しい人格」「あなたは魅力に満ちている」「お祝い」「幸福」などの花言葉を持つラナンキュラス。

「魅力」に関する花言葉は、何重にも重なり合う花びらが華やかなシルクのドレスのように見えることからつけられました。

ラナンキュラスは早春のお花で、カラフルでポップな花色が魅力です。明るい春のわくわくを表現するような花姿は、見る人に希望と元気を与えてくれます。

切り花では12月頃から4月頃までのみ出回ります。時期的にも卒業や入学のプレゼントにぴったり。これからの未来を祝福する気持ちを込めて贈ると素敵ですね。

花色が非常に豊富なので、贈る人のイメージに合わせやすいでしょう。パステルカラーで優しい印象に仕上げたり、濃いピンクや紫でシックにまとめたり、原色を使って元気いっぱいなイメージにもできます。自分らしい、相手らしいお花を贈ってみてくださいね。

ミント|「元気回復」

清涼感のある香りが特徴のミントには、「元気回復」「爽快」「思いやりの気持ち」「温かい心遣い」「かけがえのない時間」などの花言葉がついています。

ミントの持つ殺菌作用や抗炎症などの効能からついた花言葉です。さまざまな商品に利用されており、一般的によく知られているハーブでもありますね。

香りには自律神経を整えてくれる効果があり、大切な節目を迎える友人を励ましたい時などにぴったりのギフトです。

料理や薬用によく使われるペパーミントやスペアミントのほかにも、アップルミント、パイナップルミント、オレンジミントとさまざまな香りの品種があります。ベランダ栽培でも育てやすいので、苗もおすすめです。

切り花は夏頃によく出回ります。近年はナチュラルなハーブを使った花束が人気で、白とグリーンでまとめるとさわやかです。香りがよく印象的で、男女問わずに贈りやすいでしょう。

「自分らしく」にまつわる花言葉|お部屋に飾りたいかっこいいお花

次は、まさに「自分らしく」堂々と佇む、かっこいい印象のお花と花言葉をご紹介します。

おすすめは次の5つです。

  • プロテア|「自由自在」
  • フウセントウワタ|「いっぱいの夢」「楽しい生活」
  • アマリリス|「輝くばかりの美しさ」
  • セッカヤナギ|「たくましさ」
  • ハラン|「強い心」

数本花瓶に生けておくだけで雰囲気のある、おしゃれなお花たちです。彫刻的な見た目で、インテリアによく映えます。

個性的な植物につけられた前向きな花言葉が、見る人にたくましさや強さを与えてくれるでしょう。落ち込んだ時や気持ちを奮い立たせたい時にきっと背中を後押ししてくれますよ

どれも日持ちしやすく、長い間楽しめます。自宅用にはもちろん、プレゼントにおすすめです。

ではそれぞれの花言葉の由来や特徴を見ていきましょう。

プロテア|「自由自在」「豊かな心」

プロテアの花言葉は「自由自在」「豊かな心」「風格」「栄光」です。

南アフリカ原産のワイルドフラワーのひとつで、大きく重量感のあるお花が特徴的な植物です。荘厳なお花から「風格」「栄光」などの花言葉がつけられました。

「自由自在」の花言葉は、プロテアの名前の由来からつけられた花言葉です。

プロテアの名前は、ギリシャ神話に登場するプロテウスが語源です。プロテウスは自由に姿を変えられる力を持つ海の神様。プロテアの荘厳なお花と変異が多い特質をプロテウスに例えて、名前がつけられたと言われています。

一輪で強い存在感があり、近年人気のお花です。

同じワイルドフラワーのピンクッションやブルニア、ユーカリと相性がよく、スワッグにするとそのままドライフラワーになって長く楽しめます。

フウセントウワタ|「いっぱいの夢」「隠された能力」

風船にとげが生えたような実がおもしろいフウセントウワタ。花言葉は「いっぱいの夢」「隠された能力」「楽しい生活」です。

下向きに咲いたお花がたくさんの昆虫を集めることから「隠された能力」の花言葉がつきました。「いっぱいの夢」は、果実の中にたくさんの綿毛が詰まっている様子にちなんでいます。

1本に淡いグリーンの実がたくさんついており、オブジェのようなおもしろさがあります。夏から秋にかけて切り花が出回り、生け花やアレンジメントによく使われるお花です。ドライフラワーにも向いています。

ただし、ドライフラワーになる過程で突然果実が爆発して綿毛が飛び出してくることがあります。その様子も見ものですが、掃除は少し大変。飾る場所には注意しましょう。

見た目のユニークさとポジティブな花言葉が、元気をくれます。栽培も比較的簡単なので、育ててみるのもおもしろいですよ。

アマリリス|「輝くばかりの美しさ」

大型のお花が華やかなアマリリスには「輝くばかりの美しさ」「すばらしく美しい」「誇り」「おしゃべり」などの花言葉がつけられています。

アマリリスはギリシャ語で「輝かしい」の意味があります。太い茎から輝く立派なお花を咲かせることから、アマリリスの名前や花言葉がつきました。

また、1本の茎についた数輪のお花が横を向いていて、まるでお花同士おしゃべりをしているように見えることから「おしゃべり」の花言葉がついたと言われています。

切り花ではオールシーズンありますが、特にクリスマスシーズンによく見かけるお花です。深紅のお花とラグジュアリーな雰囲気がクリスマスにぴったり。ディナーのテーブルフラワーや装飾に人気です。

球根植物で、冬から春には鉢植えも出回っています。太い茎がまっすぐ伸びて、たくさん花を咲かせる姿は優雅で堂々としています。見ているこちらも自然と背筋が伸びて、自信が湧いてきそうですね。

セッカヤナギ|「たくましさ」

セッカヤナギの花言葉は「たくましさ」「あなたのために生きる」です。

漢字では石化柳と書くセッカヤナギはオノエヤナギの園芸種で、枝が石化したヤナギのこと。帯状になった枝は曲がりくねっていて、まるで彫刻のようです。見れば見るほど不思議で、自然のエネルギーを感じさせてくれるでしょう。

生命力を感じる姿から、「たくましさ」などの花言葉がつけられました。

数本生けておくだけで絵になります。セッカヤナギは生けていると穂状のふわふわした花が伸び、やがて新葉が出て、どんどん成長していきます。

1ヶ月以上も変化を楽しめて、大変お買い得です。成長する姿もかわいく、きっと飾っているうちに愛着が湧くことでしょう。秋から冬にかけてよく出回ります。

ヤナギ類はしなやかなので、ゆっくり力をかけると自在に曲げられます。生けてみて収まりが悪い時は、少し曲げてバランスを取ってみましょう。

ハラン|「強い心」

生け花では基本の花材と言われるハラン。花言葉は「強い心」「強い意志」「平癒」です。

ツヤのある深い緑色で、しっかりした質感とバランスのいい形の葉っぱが特徴の植物です。主に葉を利用し、切り花でも葉が出回ります。

昔はハランの葉でおにぎりを包んだり、お寿司の仕切りにしたりしていました。今はプラスチックの「バラン」として名前が残っていますね。

ハランは地下茎で増え、群生します。強健で丈夫な性質から、「強い心」などの花言葉がつきました。「平癒」の花言葉は、ハランが民間療法に用いられていたことが由来です。喘息や肺病の治療に使われていたと言われています。

お花に添えるように生けるのもいいですが、ハランだけを生けるのもシンプルなかっこよさがあります。ガラスの花瓶に数本、長めに生けると素敵です。剣山を使うと生けやすくなりますよ。

「自分らしく」にまつわる花言葉|おうちに植えたい園芸向きの植物

最後は、お庭やベランダガーデンに加えたい、「自分らしく」に関する植物をご紹介します。

  • フェンネル|「精神の強さ」
  • カモミール|「逆境に負けない強さ」
  • アキレア|「勇敢」
  • ルドベキア|「強い精神力」
  • ブルーベリー|「実りある人生」

初心者でも育てやすい、強い性質の植物を中心に選んでみました。丈夫でたくましく育つ様子が、自分らしさを貫く勇気をくれるかもしれません。お花が咲いた時の喜びや、実を収穫する楽しさもあります。

ガーデニングをしたことがない人も、ぜひ挑戦してみてくださいね。

ではひとつずつ解説していきます。

フェンネル|「精神の強さ」

フェンネルには、「精神の強さ」「強い意思」「賞賛」「よい香り」「愛情に値する」「どんな賛美もあなたを語り尽くせない」の花言葉がつけられています。

ウイキョウとも呼ばれ、古代から育てられてきた伝統的なハーブのひとつです。甘みのあるすっとした香りがして、葉や果実、種、茎までもがスパイスや食用に利用されます。

また、作物の天敵であるアブラムシやヨトウムシを食べる益虫が集まりやすい植物です。丈夫で栽培には手がかからない上に、畑やお庭にあると役立ちます。

そして繊細な葉と放射線状に開くお花が、観賞用として美しく人気があります。緑葉の品種と、ブロンズ葉の品種が代表的です。

丈夫で見た目が美しく、食用にもなり、ほかの作物を助けてくれるため、良いこと尽くしのフェンネル。花言葉は、その有用さで人々に愛されてきたことが由来です。

甘くスパイシーな香りは、気分をリフレッシュさせてくれます。日々の生活のお供に、ぜひひとつ栽培してみてはいかがでしょうか。

カモミール|「逆境に負けない強さ」

カモミールティーとしてよく耳にするハーブのひとつ、カモミール。花言葉は「逆境に負けない強さ」「清楚」「あなたを癒す」などです。

ローマンカモミールが踏まれてもたくましく育つことから「逆境に負けない強さ」の花言葉がつけられました。「あなたを癒す」の花言葉は、カモミールが薬用に用いられてきたことが由来です。

ハーブや園芸用に使われるカモミールには、主に2種類あります。

多年草のローマンカモミールは、夏にお花を咲かせます。リラックス効果や鎮痛効果があり、周りの植物を元気にするコンパニオンプランツとしても有用です。

一年草のジャーマンカモミールは春にお花が咲き、お花は甘みがあってハーブティー向き。オイルには抗炎症作用や抗アレルギー作用があり、薬用としてよく用いられるハーブです。

鉢植えなら多年草のローマンカモミール、お庭なら一年草のジャーマンカモミールがおすすめです。ジャーマンカモミールは花後に枯れてしまいますが、こぼれ種で毎年咲いてくれますよ。

「清楚」の花言葉にぴったりな白と黄色のお花が、元気をくれます。強さと癒しを与えてくれるお花です。

アキレア|「勇敢」

セイヨウノコギリソウまたはヤロウとも呼ばれるアキレアには、「勇敢」「戦い」「治療」「真心」などの花言葉がつけられています。

止血剤や抗炎症剤、強壮剤、消化促進などの薬草として古くから利用されてきたハーブです。古代ギリシャの英雄アキレウスがトロイ戦争で負傷した兵士のために用いたことから、名前や花言葉がついたと言われています。

葉や茎、花はハーブティーに、葉はサラダとしても食べられます。

多年草で地下茎を伸ばして広がる性質があり、ほとんど手間がかかりません。

赤やピンク、黄色にオレンジなどさまざまな色のお花が、5月から8月頃に咲きます。小花と繊細な葉が特徴で、切り花にして飾ってもかわいいお花です。きれいなドライフラワーにもなります。

見る人を優しい気持ちにさせてくれる素朴なお花と、気持ちを奮い立たせてくれるような勇敢な花言葉が魅力です。

ルドベキア|「強い精神力」

ルドベキアの花言葉は、「強い精神力」「立派」「あなたを見つめる」「正しい選択」「公正」です。

ルドベキアは7月から10月頃に咲く、キク科の植物です。暑い季節にも強く旺盛に咲くことから、「強い精神力」「立派」の花言葉がつけられました。「あなたを見つめる」の花言葉は、真っ黒の芯が黒目のように見えることが由来です。

また、ルドベキアの名前は植物学者であるオロフ・ルドベックからきています。ルドベックが公正な評価を行なう学者だったことから、「正しい選択」「公正」の花言葉がついたそうです。

花が終わって花びらが落ちると、芯だけが残ります。このシードヘッドと呼ばれる姿が、晩秋のナチュラルガーデンによく映えると近年注目されているお花です。シードヘッドをドライフラワーにして飾るのも素敵ですよ。

育てやすく、枯れ姿まで美しいルドベキア。ありのままでいることの強さと美しさを、体現してくれているようなお花です。

ブルーベリー|「実りある人生」

ブルーベリーは、「実りある人生」「思いやり」「知性」「信頼」などの花言葉がつけられています。

たくさん実をつけること、青色には「知性」や「思いやり」のイメージがあることから花言葉がつけられました。

4月頃に下向きのランタンのようなお花をたくさんつけ、7月頃に実がなります。品種によって開花時期が異なり、9月頃に収穫を迎える品種もあります。秋には紅葉する姿が魅力的です。

ブルーベリーは初心者でも簡単に収穫できる、おすすめの果樹です。洗ってそのまま食べられるのも魅力の一つ。自分で育てた美味しい実を食べれば、きっと豊かな「実りある人生」を感じられることでしょう。

いくつか品種の系統がありますが、地域によって適した系統を選びましょう。地域のホームセンターや園芸店などで買えば確実です。同じ系統で、品種の異なる2種類を一緒に植えると実つきがよくなります。

まとめ

植物それぞれの特性やイメージなどからつけられた花言葉。

特に「自分らしく」に関する花言葉がついた植物たちは、強くてたくましい性質のお花が多いようですね。古くから栽培されていたものが多く、現代まで愛され生き残ってきた生命力の強さがうかがえます。

今回ご紹介した植物たちは、お花屋さんやホームセンターなどで手に入りやすい種類が中心です。気になったらぜひお花屋さんを覗いてみてくださいね。

希少なオハイアリイが手に入らない場合は、花をモチーフにしたファッションや小物として身に着けると良いかもしれません。ハーブ類は、香りを日常に取り入れると素敵です。

明るい前向きな気持ちになれるお花や花言葉たちと一緒に、自分らしく自然体に過ごしてみてください。

西山藍子(nishiyama ranko)
植物好きの母が育てる植物たちに囲まれて育ちました。 大学で美術を学んだ後、毎日植物に囲まれたくて花屋に勤務。 主にブライダルフラワーを担当し、ひとりひとりに似合うお花を見つけるお手伝いをしてきました。 その後ガーデニングショップに勤務して庭づくりを学び、現在は田舎で育児をしながら、花や植物に関する記事を書いています。 さまざまなライフスタイルに合う植物との暮らしを提案していけたらと思います。