商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

ガーベラの花束を贈るときのポイント|花言葉や色別の意味を解説

ガーベラの花束を贈るときのポイント|花言葉や色別の意味を解説

ガーベラの花束を贈りたいと考えている方のなかには、ガーベラの花言葉やおすすめの色、選び方について知っておきたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、ガーベラの花束を贈る際に知っておきたいポイントや花束の本数で意味が異なってくることなど、詳しく解説します。 ぜひ、参考にしていただき、納得のいく花束選びに役立ててください。

[https://andplants.jp/products/10-mix-gerbera-series-bouquet]

ガーベラとはどんな花?花束は喜ばれる?

ガーベラはパッと開いた花びらが華やかで可愛らしい印象の花です。元気で明るいイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?

ガーベラはキク科 ガーベラ属で、品種は約2,000種類もあるのだそう。南アフリカが原産国で、温暖な気候と相性が良いです。

ガーベラは華やかな見た目と鮮やかな色で存在感抜群で、受け取る方にもきっと喜んでいただけるでしょう。

ガーベラの花言葉は「希望」や「常に前進」の意味を持ちます。さらに、日本記念日協会に登録されている「ガーベラの日」は4月18日で、4月がガーベラの最盛期であることと、語呂合わせで「よいはな (良い花)」と読める点から制定されました。

このような由来からも贈り物にぴったりといえそうです。

ガーベラの咲き方と種類

ガーベラは一般的にイメージしやすい「一重咲き」のほかにも複数種類があります。

モコモコとした咲き方が特徴的で優しい印象を与える「八重咲き」や、細い花びらがたくさんついた「スパイダー咲き」、八重咲きと一重咲きの中間のような「半一重咲き」などがあります。

また、咲き方と合わせてガーベラは種類も豊富です。色味や咲き方、大きさなどもさまざまなため、花束にするときは、他の種類も見てみると、より素敵な花束をつくれるほか、オリジナリティ溢れるり花束が完成できるでしょう

ガーベラの色と花言葉

ガーベラ全体での花言葉は、「希望」「常に前進」です。ガーベラは種類のほかに色も豊富にあり、色によって花言葉がそれぞれ異なります

色別の花言葉を以下にまとめました。

  • オレンジ色のガーベラ | 神秘・冒険心・忍耐強さ
  • 黄色のガーベラ | 究極美・究極の愛・親しみやすい・優しさ
  • ピンク色のガーベラ | 感謝・崇高美・熱愛
  • 白色のガーベラ | 希望・律儀・純潔
  • 赤色のガーベラ | 神秘・燃える神秘の愛・チャレンジ
  • 青色のガーベラ | 神秘・絶景・希望・冷静

それぞれの色の花言葉と色が持つイメージについて解説します。

オレンジ色のガーベラ | 神秘・冒険心・忍耐強さ

オレンジ色のガーベラの花言葉は、「神秘」「冒険心」「忍耐強さ」です。

「神秘」という花言葉には、花びらのオレンジ色と中心の黒色の部分のコントラストが神秘的な雰囲気を醸し出していることが由来とされています。

[https://andplants.jp/products/5-orange-gerbera-series-bouquet]

黄色のガーベラ | 究極美・究極の愛・親しみやすい・優しさ

黄色のガーベラの花言葉は「究極美」「究極の愛」「優しさ」です。「友情」としての意味も持っており、友達への贈りものとしても向いています。

鮮やかな黄色のガーベラでつくる花束は、存在感たっぷりで元気をもらえそうです。

[https://andplants.jp/products/5-mix-gerbera-series-bouquet]

ピンク色のガーベラ | 感謝・崇高美・熱愛

ピンク色のガーベラの花言葉は「感謝」「崇高美」「熱愛」です。憧れの人や大切な人へ贈るのにぴったりですね。

ピンク色とひと口にいっても、淡いパステルピンクから、目の覚めるようなビビッドピンクまで幅広く展開しています。

[https://andplants.jp/products/5-pink-gerbera-series-bouquet]

白色のガーベラ | 希望・律儀・純潔

白色のガーベラの花言葉は「希望」「律儀」「純潔」です。見た目のとおり、純粋で清潔なイメージを持つため、花束の贈りものにもぴったりです。

結婚式でも定番の色ですね。また、お通夜に贈る枕花やお悔やみの花としても使われています。あらゆるシーンで見かける万能な色です。

[https://andplants.jp/products/5-white-gerbera-series-bouquet]

赤色のガーベラ | 神秘・燃える神秘の愛・チャレンジ

赤色のガーベラの花言葉は「神秘」「燃える神秘の愛」「チャレンジ」です。その花言葉の通り、プロポーズをはじめ、受験や挑戦への応援にぴったりの色です。

赤色の花というとバラも選択肢に挙がりますが、バラの花束でのプロポーズはちょっと恥ずかしいという場合や、バラよりも気軽に渡せる花を探しているという場合にも、赤いガーベラは重宝しますよ。

[https://andplants.jp/products/10-mix-gerbera-series-bouquet]

青色のガーベラ | 神秘・絶景・希望・冷静

青色のガーベラの花言葉は「神秘」「絶景」「希望」「冷静」です。実は、青色のガーベラは自然には誕生せず、人工的に染めています。

自然界には本来存在しないという所以から「神秘」や「絶景」という花言葉を持っているのだそう。パッと目を引く青色の花は、ギフトにぴったりですね。

ガーベラの花束を贈る際に知っておきたいポイント

よりセンスの良い花束を贈るために、次のようなポイントも押さえておくといいでしょう。

  1. 花束の本数で意味が変わる
  2. ガーベラとの組み合わせにおすすめの花

それぞれについて解説します。

花束の本数で意味が変わる

花は種類だけでなく、本数によっても花言葉が異なります。

・1本 一目惚れ、あなたが私の運命の人
・3本 あなたを愛しています
・6本 あなたに夢中
・8本 あなたの思いやりに感謝
・12本 私の恋人(妻)になってください

などがあります。

一方で、15本、16本、17本の場合の花言葉はネガティブな意味を持つため、気になる方は避けておきましょう。

色別の花言葉だけでなく、本数によっても花言葉があるため、気になる方に贈ったり、感謝を伝えたりする場合には意識してみると良さそうですね。

花束の本数の意味については詳しくはこちらの記事でも解説しています。

関連記事:ガーベラの花言葉|色別・本数別・ギフトシーン

ガーベラとの組み合わせにおすすめの花

ガーベラの花束は、ガーベラのみを束ねるのもいいですが、存在感のある花のため、色やバランスを見て他の花と組み合わせても素敵に仕上がります

ガーベラの切花は葉がなく、茎部分がすっきりとしていますが、それを補い、花弁が折れてしまうのを防ぐためには、「トルコキキョウ」や「カーネーション」などの丸みのある花を添えることがおすすめです。

他にも葉物を加えて、茎の隙間部分を埋めるとガーベラの鮮やかな色味を引き立てながら、程よくボリュームアップができるでしょう。

「カスミソウ」や「スイートピー」などを組み合わせても可愛らしく仕上がります。

ガーベラの花束を贈るおすすめのシーン

ガーベラの花束はあらゆるシーンの贈り物にぴったりです。具体的には次のようなイベントやお祝いに向いています。

  • 誕生日祝い
  • 母の日、父の日、記念日
  • 開店祝い、開業祝い
  • 出産祝い

誕生日祝い

華やかでパッと明るい印象を持つガーベラは、年に一度の誕生日プレゼントにぴったりです。色や種類が豊富なため、渡す相手のイメージに合う素敵なガーベラが見つかりそうですね。

ピンク色やオレンジ色を中心とした可愛らしい花束はもちろん、白色のガーベラを中心にグリーンをバランスよく入れたナチュラルな雰囲気の花束も素敵です。

男女問わず、親しみやすい花なので気軽に渡しやすいでしょう。

母の日・父の日・記念日

母の日や父の日、記念日にもおすすめです。

ガーベラは元気なイメージや存在感がしっかりとありながら、清潔感も感じさせる花のため、親世代にも気に入ってもらえるでしょう。結婚記念日やその他記念日の贈り物としてもおすすめです。

母の日はカーネーションが定番ではありますが、ガーベラも人気です。父の日の贈り物としては、ひまわりがよく並びますが、黄色のガーベラも定番となっています。

パッと家の中が明るくなる、そんな花束を日頃の感謝とともに贈りたいですね。

開店祝い・開業祝い

明るい雰囲気たっぷりのガーベラは、開店祝いや開業祝いにも重宝します。

ガーベラの花言葉は「希望」「常に前進」という意味を持つため、まさに開店祝いや開業祝いにぴったりといえますね。

選ぶ際は品種によって花びらのつき方や花の大きさが異なるため、お店のイメージに合うものをセレクトしましょう。

出産祝い

ガーベラは出産祝いとしてもおすすめです。赤ちゃん誕生を祝い、出産を労う気持ちを花束にして贈りましょう。

可愛らしく、元気の出る色合いであるだけでなく、香りが少なく、花粉が飛びにくく、お手入れが簡単なガーベラは出産後のデリケートな時期にも渡しやすい花です。

英語で“ベイビーズブレス”=赤ちゃんの吐息という意味を持つ、「カスミソウ」と合わせた花束にするのもおすすめですよ。

ガーベラの花束の選び方

ガーベラの花束を選ぶ際は、次の方法で選ぶとスムーズに決めやすいです。

  • 値段から選ぶ
  • 花言葉や色で選ぶ

値段から選ぶ

花束は花の本数や品種によって値段が異なります。あらかじめ予算を決めておき、値段から花束のボリューム感を選ぶと決めやすいでしょう。

他の花との組み合わせや品種によって若干前後しますが、大体3,000円〜用意があります。花屋さんで花束を作ってもらう場合には、予算やイメージを伝えるとスムーズです

3,000円程度の花束は、花を5〜10本程度あしらい存在感のある仕上がりに。5,000円程度の花束は、比較的大きくボリュームたっぷりに仕上がります。

花言葉や色で選ぶ

ガーベラに限らずですが、相手を想う気持ちや伝えたいメッセージにふさわしい花言葉から花をチョイスするのもひとつです

さらに、相手が好きな色や色別の花言葉から選ぶのも素敵ですね。

ガーベラの花束を渡すときは手紙を添えるのもおすすめ

ガーベラの花束を渡すシーンはさまざまありますが、一緒に手紙を添えて贈ることもおすすめです。

せっかく素敵な花束を贈るなら、日頃伝えられていない気持ちやお祝いのメッセージを文字にすることでより相手の心に伝わりますね。

手紙の渡し方は、花束と別で封筒に入れて渡したり、花束とラッピングの間に挟んで花束と一緒に渡したりする方法があります。

花束とラッピングの間に挟むと手紙が花に触れるのが気になるという場合には、ラッピングに貼り付ける方法だと花を傷つけることなく手紙を渡せて安心です。

ガーベラの花束を渡すまでの保管方法について

ガーベラの花束を購入してから、相手に渡すまで少し時間が空いてしまう場合もあるのではないでしょうか。

せっかく購入した新鮮な花束はできるだけ状態の良いままでお渡ししたいものです。

購入から渡すまで時間がある場合には、まず直射日光の当たらない涼しい場所で保管しておきましょう。切花は鉢植えの花と異なり、直射日光に当たると早く枯れる原因となります。

また、寝かせて置くのではなく、風が当たらないように立てて保管することもポイントです。

関連記事:花束の保存方法|コツや注意点

ガーベラの花束についてのよくある質問

ガーベラの花束についてのよくある質問をまとめました。購入前の参考にしてくださいね。

新鮮なガーベラの見分け方は?

新鮮なガーベラは、花粉と茎に着目しましょう。花が咲き始めてからすぐのガーベラは、まだ花粉が出てきておらず中央の花芯が平らな状態です。

茎は太く、しっかりと詰まっており切り口も白い状態のものが新鮮です。

古くなってくると、花粉が出てきて花芯が盛り上がってきたり茎が空洞化してきたりします。ぜひ、店頭で選べる場合は新鮮な花を選んでくださいね。

ガーベラの飾り方のポイントは?

切花のガーベラを家に飾るなら、おしゃれに飾りたいものです。おしゃれな飾り方として次の3つをご提案します。

  • 花瓶に入れる
  • 押し花にしてフレームに入れる
  • ドライフラワーにして壁や天井から吊るす

ガーベラは存在感のある佇まいで、一輪の場合でもサマになりますし、花束を花瓶に入れて飾るととても華やかでおしゃれな雰囲気になるでしょう。 さらに押し花にして、フレームに飾ると立派なインテリアに。ドライフラワーにして飾るとこなれた雰囲気を演出してくれます。

まとめ

ガーベラの花束を贈る際のポイントや選び方について紹介しました。

可愛らしく、華やかで存在感のあるガーベラの花束は大切な方への贈りものにぴったりです。色や種類が豊富で、贈る方のイメージに合わせた花束が作りやすいことも魅力ですね。

色や本数によって花言葉が異なるため、気になる方は事前にチェックしてからオーダーするといいでしょう。大切な方への贈りものに、素敵なガーベラの花束を選んでくださいね。

[https://andplants.jp/products/10-mix-gerbera-series-bouquet]