商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

ガーベラの花言葉

ガーベラの花言葉|色別・本数別・ギフトシーン

鮮やかなガーベラ、その活力にあふれた姿勢は、喜びと元気を象徴します。贈り物として高く評価されていることでしょう。

また、入学式や卒業式、友人や恋人へのお祝いに、ガーベラはぴったりです。色鮮やかな花びらは、相手の心を一瞬で明るくし、ポジティブな気分に誘います。

今回は、ガーベラの誕生花やおすすめのギフトシーン、その美しい咲き方についても詳しく紹介するので参考にしてみてください。

ガーベラの花言葉は「希望」と「常に前進」

前向きな気持ちを伝えられる理想的なプレゼントです。色や本数によって異なる花言葉を持ち、どんなメッセージを伝えたいかに合わせて、お好きなガーベラを選ぶことができますよ。

↓詳しくは下記のページよりご覧になってみてください。

[https://andplants.jp/products/10-mix-gerbera-series-bouquet]

ガーベラの花言葉|色別

ガーベラは色別によって花言葉の意味合いも変わります。下記の表にまとめましたので、参考にしてみてください。

ピンク 感謝、崇高美、熱愛
オレンジ 神秘、冒険心、忍耐強さ
希望、律儀、純潔
黄色 究極美、究極の愛、親しみやすい、優しさ
神秘、燃える神秘の愛、チャレンジ
神秘、絶景、希望、冷静

ピンク、赤、黄色、オレンジのガーベラはプレゼントに贈られる定番カラーで、白はよくウェディングで使用されています。贈る際は、花言葉の意味も一緒に伝えると素敵です。

また、青のガーベラは自然界に存在するものではありません。人工的に染色されたものならありますが、取り扱い店舗は限りがあります。オンラインサイトで探してみるといいかもしれません。

関連記事:友だちに喜ばれる花のプレゼント|選び方や花言葉

ガーベラの花言葉|本数別

色別だけではなく、本数によっても花言葉の意味が異なります。具体t形には以下の通りです。

1本 一目惚れ、あなたが私の運命の人
3本 愛しています
4本 あなたに一生の愛を捧げます
6本 あなたに夢中
8本 あなたの思いやりに感謝
9本 いつまでも一緒にいてほしい
11本 あなたは私の最愛の人
12本 私の恋人(妻)になってください
40本 あなたに永遠の愛を誓います
100本 私と結婚してください

ロマンチックな花言葉が多く、大切な人へ贈る花束に良いでしょう。

ガーベラは平面的な花型なので、花束にするとボリューム感があり、とても華やかになります。一色でシンプルに束ねたり、同系色を混ぜて華やかに仕上げたりするのも素敵です。

また、花の間にグリーンを入れることで花色が際立って、生き生きと美しく見えるので、季節のグリーンをあしらうのもおすすめです。

ガーベラの花言葉に「怖い」の意味はない

ガーベラの花言葉には、怖い意味のものはありません。ポジティブな花言葉ばかりなので、安心してプレゼントとして贈ることができます。

しかし、説によっては本数ごとの花言葉で、15本「ごめんなさい」、16本「不安な愛」、17本「絶望の愛」といった意味があるといわれています。

気になる方は、上記本数を避けるのがよいです。

ガーベラが活躍するお祝いシーン

4月~6月に一番の旬を迎えるガーベラは、入学・卒業祝いおすすめしたい花です。

可愛らしくポップな印象から子供用の花束にもよく使用され、子供から大人まで幅広く人気があります。他にも活躍するシーンをまとめました。

  • 入学・卒業祝い
  • 結婚祝い
  • 誕生日
  • バレンタイン

入学・卒業祝い

ガーベラのおすすめのギフトシーンは入学・卒業祝いです。

特に卒業式は花がよく贈られる場面で、卒業生やお世話になった先生へ感謝の気持ちを込めて贈ります。

卒業式では、花1輪をシンプルにラッピングしたものを贈ることが多いですが、その際もガーベラがおすすめです。1輪でも絵になり、華やかさがあります。

入学祝いの際にも「希望」「常に前進」のポジティブな花言葉があるガーベラはおすすめです。ぜひ入学・卒業祝いの花ギフトにはガーベラを取り入れてみてくださいね。

関連記事:入学式の花|3つの選び方や新生活を彩る花

関連記事:卒業式に贈る花束|卒業祝いにおすすめの花と注意点

結婚祝い

結婚祝いにもガーベラがおすすめです。

白のガーベラはウェディングでよく使われており、結婚祝いにウェディングブーケのように花束にするのも素敵です

白のガーベラをメインにして、ポイントでピンクや水色などを入れると華やかさが出ます。

また、ガーベラは色の種類が豊富です。パステルカラーで優しい雰囲気にしたり、ビビットカラーで明るいイメージでまとめたりと、表現の幅が利きます。

豊富な色の種類から、相手のイメージに合うものをチョイスしてみましょう。

誕生日

実は、誕生日のお祝いにガーベラが人気なのをご存知でしょうか。「2月11日」「8月1日」「10月12日」は、ガーベラの誕生花だからです。

また、アレンジメントにガーベラを入れることもできます。お家で飾る際は、花瓶を必要としないので、手軽に贈りやすい花ギフトです。

もし、花束で贈るなら花瓶をセットでプレゼントするといいでしょう。飾る際に花瓶を用意する必要がありませんし、他の花を生けることができます。

関連記事:花瓶の選び方|初心者におすすめの色や大きさ、飾るコツ

バレンタイン

バレンタインデーには、愛と感謝の気持ちを伝える特別な花、ガーベラがおすすめです。ガーベラは、鮮やかな色と美しい形で知られ、愛情深さを象徴しています。

また、ガーベラは長持ちするので、贈った人の気持ちを長く保つことが可能。さらに、ガーベラは色合いが豊富なため、相手に合った感情表現ができます。

例えば、赤いガーベラは情熱的な愛を、ピンクのガーベラは優しさと感謝の気持ちを表します。バレンタインデーには、感謝の気持ちを込めてガーベラを贈ってみてはいかがでしょうか。

4月18日は「ガーベラの記念日」

ガーベラを多くの人に親しんでもらうために制定された日で、ガーベラをプレゼントしたり、自宅で楽しんだりして、ガーベラの魅力を堪能してほしい日です

ガーベラ記念日が4月18日になったのには3つの理由があります。

1つ目は、日本で「ガーベラ」と名称が登録されたのが、1958年の4月だったこと。2つ目は4月はガーベラの出荷最盛期で、旬のガーベラを楽しんでもらうことができる時期であること。

そして3つ目は「418(よいはな)」の語呂合わせで4月18日になったからです。

花屋さんではガーベラ記念日にちなんで、4月18日にガーベラを多く取り揃えています。そのため、4月18日にガーベラをプレゼントするのもおすすめです。

[https://andplants.jp/products/10-mix-gerbera-series-bouquet]

ガーベラの特徴

植物名 ガーベラ
学名 Gerbera
科名 キク科
属名 ガーベラ属 
原産地 南アフリカ
開花時期 4月~6月、10月~11月

ガーベラは、キク科の多年草の植物で、主にアフリカや熱帯アジアなど温暖な気候の地域に分布しています。

開花時期は4月~6月、10月~11月となっており、4月~6月が最盛期です。春と秋の年2回が旬となりますが、花屋さんでは一年を通して販売されています。

産毛のある黄緑色のまっすぐに伸びる茎と、上向きに放射状に広がる花びらが特徴です。

切花の流通量が多く、品種は豊富で、たくさんの花色、咲き方が楽しめます。切花だけでも種類は2,000種以上といわれ、毎年のように新品種が誕生しています

これからも更に、どのような新しい品種が誕生するのか楽しみな花です。

ガーベラの咲き方

品種が多いガーベラは、咲き方の種類も豊富です。

咲き方によって花束の印象も変わるので「カジュアルにしたいのか豪華にしたいのか」を考えながら選んでみてください。

一重咲き 一般的なスタンダードな咲き方。
半八重咲き(セミダブル) 花の中心部に細かい花びらが重なるようにして咲いている。
八重咲き(フルダブル) 半八重咲きより花びらの枚数が多いボリューム感のある咲き方。
スパイダー咲き 先が尖がった細い花びらが特徴的な咲き方。
カール咲き  細く少し反り返りながらカールした花びらが特徴の咲き方。
ポンポン咲き 八重咲きと似ていて、細かい花びらが多く、横から見ると厚みのある咲き方。

少し珍しい咲き方なのが、スパイダー咲きやカール咲きです。一般的にイメージする一重咲きのガーベラとは全く印象が異なります。

「これガーベラ?」と人によっては疑問に思う方もいるかもしれません。

個性的な形をしていて、とても目を引きます。花屋さんでよく販売されているので、気になる方は覗いてみてください。

ガーベラを渡すまでの注意点

ガーベラを贈る際は「選び方」「保存方法」の2点に注意することで、新鮮な状態で届けられます。

  • 選び方|花首・茎が固いものを選ぶ
  • 保管方法|直射日光の当たらない涼しい場所に置く

選び方|花首・茎が固いものを選ぶ

お店でガーベラを購入する際は「茎が太く、花首部分の茎が細くなっていないもの」を選びます。

茎が細いもしくは柔らかさのあるものは、茎から元気がなくなって折れ曲がり、花もダメになるケースがあります

一方、茎が固く太いものは、傷む可能性が低いので、長持ちしやすいです。ガーベラを選ぶ際は、茎をチェックすると良いでしょう。

保管方法|直射日光の当たらない涼しい場所に置く

直射日光に当たらない涼しいところに置くのが良いです。これは切花全般に共通しています。

「花だから日光に当ててあげた方が良い」と思うかもしれませんが、切花は鉢植えの植物と違って、日光に当てると早く枯れてしまいます

日光が当たることで周りの気温や水温が高くなり、枯れるのが早くなるからです。花の呼吸量が多くなってしまうことも影響しています。

花の日持ちには温度も大きく関わっているので、渡すまでの保管場所にも配慮してください。

まとめ

ガーベラの花言葉について解説しました。ガーベラの花言葉は「希望」「常に前進」といったポジティブな意味があります。

色の種類が多いことから、色ごとに決められた花言葉があり、本数ごとの花言葉もあります。

バラのように本数ごとに花言葉が決められている花はそう多くないため、それほど人々に親しまれてきた歴史がある花といえるでしょう。

4月~6月に最盛期を迎えるガーベラは、卒業・入学祝いにおすすめの花です。春の時期のギフトには、ぜひガーベラを取り入れてみてくださいね。

[https://andplants.jp/products/10-mix-gerbera-series-bouquet]
伊藤 芙季(ito fuki)
ウェディング専門の花屋で会場装花やブーケを制作し、フラワーコーディネーターとして働いた後、フラワーショップにて生花を販売。 花の仕事で10年のキャリアを積み、店長を経験。 花や植物が大好きで、季節ごとに楽しめる花の名所や植物園を巡っています。 花の魅力、飾る楽しさ、贈る楽しさをたくさんの花に触れてきた経験から発信していきたいと思っています。 花や植物があることで豊かになる時間、心、空間を共有できると嬉しいです。