商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

「愛」の花言葉を持つ植物|プロポーズや結婚記念日におすすめ

「愛」の花言葉を持つ植物|プロポーズや結婚記念日におすすめ

告白やプロポーズに、愛妻の日や結婚記念日に、大切な人に「愛」の花言葉を贈ってみませんか。

愛する気持ちを伝える時、もっとロマンチックに演出したい。日頃の感謝や愛しているとわざわざ伝えるのは照れ臭い。そんな時に力を貸してくれるのが、美しいお花と花言葉です。

今回は「愛」に関する花言葉たちの中から、実際に日本の花屋さんで買えるお花を中心にピックアップしてみました。近くの花屋さんでも見つけやすい、切り花ではポピュラーな花ばかり。大切な人へのプレゼントを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

「愛」の花言葉を持つおすすめの花|バラ

バラの花言葉は「愛」「美」です。

ほかにも「あなたを愛します」「私を射止めて」「幸福」「内気な恥ずかしさ」「輝かしい」など、バラは花の中でも特にたくさんの花言葉がつけられています。

花の女王と呼ばれ、世界中から愛されたくさんの品種が作られているバラ。結婚式をはじめ、愛の気持ちを伝える花束やアレンジメントには欠かせないお花です。

まずは「愛」の象徴であるバラについて、下記の2点から詳しくご紹介します。

  • 色別の花言葉
  • バラを使ったプレゼントのおすすめ

では見ていきましょう。

色別の花言葉

バラの色別の花言葉は以下の通りです。

「愛情」「情熱」「美」
「深い尊敬」「純潔」「相思相愛」
ピンク 「感謝」「しとやか」「かわいらしさ」
オレンジ 「絆」「信頼」「健やか」
「奇跡」
黄色 「美」「友情」「嫉妬」「薄れゆく愛」

なお青色は、品種改良による天然の青バラと、着色による青バラの2種類あります。

品種改良による天然の青バラは、青というより淡い紫色に近い色。上品な色合いが、女性にも男性にもよく似合います。着色による青いバラは、いわゆる青らしい色合いです。濃い青や水色などがあります。

そして黄色のバラは明るい花言葉もつけられている一方で、ネガティブな花言葉もついています。

バラは花色のバリエーションが非常に豊富です。濃い色から淡い色までニュアンスもさまざまなので、きっと好きな色のバラに出会えるはずですよ。お気に入りを探してみてくださいね。

バラを使ったプレゼントもおすすめ

AND PLANTSでは、プロポーズなど特別な日に贈りたい大きな花束や、日常で日々の感謝を伝えるのにもぴったりな小さなサイズの花束など、さまざまなバラのギフトをご用意しています。

おすすめなのは、30本の真っ赤なバラのみの花束。30本のバラには「ご縁を信じます」という意味があり、プロポーズにはぴったりです。女性なら一度はもらってみたいと思う、憧れのバラの花束です。

また、12本のピンクのバラを使ったアレンジメントもおすすめです。12本には「付き合ってください」の意味があり、告白にぴったり。

アレンジメントなら花瓶がいらず、そのまま飾れます。デートなど出先でもらっても持ち帰りやすいのが特徴です。

[https://andplants.jp/products/12-pink-rose-series-arrange]

「愛」の花言葉を持つ植物|プロポーズやプレゼントにおすすめ

バラのほかにも、告白やプロポーズ、パートナーへのプレゼントにぴったりの花言葉を5つ集めてみました。

  • ガーベラ|「究極の愛」
  • チューリップ|「愛の告白」
  • ストック|「求愛」
  • ヒマワリ|「私はあなただけを見つめる」
  • アガパンサス|「ラブレター」

それぞれの花言葉と、おすすめの渡し方も合わせてご紹介します。

ガーベラ|「究極の愛」

開いた花びらがかわいらしく、見ている人に元気をくれるガーベラ。花屋では定番のお花で、バラに次いでたくさんの色や品種があります。中でも、「愛」に関する花言葉がついているのは次の3つです。

ピンク 「感謝」「熱愛」
「愛情」
黄色 「究極の愛」

ガーベラ自体の花言葉は「希望」「前進」という前向きな言葉がつけられています。

黄色のお花はネガティブな花言葉がついていることが多いですが、黄色のガーベラには怖い意味の花言葉はついていません。黄色が好きな人へのプレゼントにも安心して贈れますよ。

ガーベラは一年中出回っており、ほとんどの花屋にあるお花のひとつです。季節を問わずいつでも贈れます。ガーベラだけの花束がかわいくておすすめです。

[https://andplants.jp/products/5-pink-gerbera-series-bouquet]

チューリップ|「愛の告白」

春の代表的なお花、チューリップにも「愛」に関する花言葉がたくさんついています。

「真実の愛」「愛の告白」
ピンク 「愛の芽生え」「誠実な愛」
オレンジ 「永遠の愛情」
「永遠の愛」「気高さ」
「私は恋に燃える

チューリップ自体の花言葉は「思いやり」「博愛」です。

チューリップの切り花は、12月頃から4月頃まで出回る、春限定のお花です。

花色が豊富で、ビタミンカラーからニュアンスカラーまでさまざまな色があります。相手のイメージに合った色合いを探しやすいでしょう。チューリップだけを束ねた花束や、ほかの春の花と合わせた花束もおすすめです。

なお、黄色のチューリップには「愛の表示」の花言葉がある一方、「望みのない恋」「実らぬ恋」などネガティブな意味合いもつけられています。同様に白にも「失われた愛」「失恋」といった花言葉も。気になる場合は白や黄色は避けるといいでしょう。

ストック|「求愛」

ストックの花言葉は「求愛」のほかに、「愛の絆」「豊かな愛」「変わらぬ美」「見つめる未来」「平和」などがあります。

12月頃から4月頃まで出回る、ほんのり甘い香りがする春のお花です。1〜2本生けると周辺がふんわりと優しく春の香りに包まれます。ナチュラルな香りが好きな人や、かわいいお花が好きな人へのプレゼントにぴったりです。

色はピンクやクリーム、白や紫があり、ボリューム感があるのが特徴です。ほかの春のお花と合わせても相性ばっちり。花束にもアレンジメントにも向いています。

ヒマワリ|「私はあなただけを見つめる」

夏の太陽のような明るいヒマワリには、「私はあなただけを見つける」「愛慕」「憧れ」「光輝」の花言葉もついています。

ヒマワリの切り花は6月頃から9月頃まで出回る、夏限定のお花です。季節限定のお花は、季節の思い出を含めて記憶に残りやすいのでおすすめ。記念日に毎年贈るのも素敵ですね。

皆が知っているヒマワリですが、実は種類がたくさんあります。花びらがたくさんある八重咲きや、顔の大きさほどある大きなヒマワリまで。シックな茶色のヒマワリ、さわやかなレモン色や白色と、花色もさまざまです。

明るく元気なイメージの花束だけでなく、大人っぽいおしゃれな花束も作れます。

アガパンサス|「ラブレター」

「ラブレター」「誠実な愛」「愛しい人」「優しい気持ち」の花言葉がついたアガパンサス。アガパンサスとはギリシャ語で愛の花という意味で、ギリシャ神話にも登場しています。

5月から7月頃の初夏に出回る、梅雨のお花です。

美しくまっすぐ伸びる茎に、上品な青紫色の花がたくさんつきます。シンプルなお花や、ナチュラルなお花が好きな人におすすめです。

ほかの青系のお花と合わせたり、フレッシュなグリーンの葉と合わせると、梅雨らしい季節感が出ます。深い紫や濃い赤色と合わせればシックなイメージに。シンプルにアガパンサスだけの花束もおしゃれです。

「愛」の花言葉を持つ植物|結婚式やブーケにおすすめ

次は、「愛」に関する花言葉を持つ植物の中でも、「幸せ」など結婚式にぴったりの花言葉をピックアップしてみました。

  • 胡蝶蘭|「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」
  • ブルースター|「幸福な愛」「信じ合う心」
  • センニチコウ|「色褪せぬ愛」
  • マトリカリア|「深い愛情」
  • ユーカリ|「永遠の幸せ」

ブーケや会場装花、髪飾りにも使えるお花を中心に選んでいます。ぜひ結婚式の準備の参考にしてみてくださいね。

胡蝶蘭|「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」

「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」のほかにも、「永遠の幸せ」「変わらぬ愛」「美」の花言葉がつけられています。

ギリシャ神話の愛と美と豊穣の女神アフロディテから学名がとられている胡蝶蘭は、愛と美を象徴するお花のひとつです。幸せを運ぶと言われる蝶に似た花は縁起が良いとされ、お祝いには定番のお花です。

品があるお花は、ブーケや髪飾り、会場装花に人気があります。白無垢などの和装にも、クラシカルなウェディングドレスにもよく似合います。お色直しでブーケや髪飾りを変えたくない人にもおすすめです。

一年を通して出回っており、季節を問わずいつでも選べます。

[https://andplants.jp/products/phalaenopsis-midi2-white]

ブルースター|「幸福な愛」「信じ合う心」

さわやかな水色がきれいなブルースター。

花嫁の幸せを願うサムシングブルーのアイテムのひとつとして、ブーケや会場装花に人気のあるお花です。

星のような小さなお花がかわいらしく、青系のブーケを持ちたい人におすすめ。数少ない青色の花の中では特にしおれにくいため、ブーケや装花に最適です。

ブルースターだけのブーケはナチュラルな雰囲気に、白いバラを使ったラウンドブーケのポイントに入れるとエレガントな雰囲気に仕上がります。

真夏は流通が少なくなることがありますが、一年を通して出回っています。

センニチコウ|「色褪せぬ愛」

真っ赤なイチゴの実のような花がかわいいセンニチコウ。「色褪せぬ愛」「変わらない愛情を永遠に」「永遠の恋」の花言葉がつけられています。

白や赤、ピンクの花があります。色鮮やかで花持ちがよく、綺麗な色のままドライフラワーになることから人気の高いお花です。暑い時期でもしおれにくいので、夏のクラッチブーケや髪飾りに向いています。

童話に出てくるようなかわいさや、ナチュラルな雰囲気が好きな人におすすめ。和装、洋装どちらにもよく合います。

一年中出回っているため、いつでも手に入ります。

マトリカリア|「深い愛情」

小さい白い花びらと黄色い花芯のコントラストがかわいいお花です。「深い愛情」のほかにも「楽しむ心」「集う喜び」などの花言葉がついています。

直径1cmほどの小さい花で、カモミールによく似ているのが特徴。野に咲く花を積んできたような、ナチュラルなブーケを探している人におすすめのお花。特にクラッチブーケが人気です。

レストランウェディングなど、カジュアルな会場装花にもよく似合います。

一年を通していつでも手に入りますが、特に旬なのは春と秋。1本の花付きがいいので、ボリュームよく仕上がります。

ユーカリ|「永遠の幸せ」

シルバーグリーンが美しいユーカリの花言葉は、「永遠の幸せ」のほかに「思い出」「記憶」「記念」などがあります。

ユーカリにはいくつか種類があり、雰囲気もいろいろです。かわいい丸葉ユーカリや、細長い葉がかっこいいロングリーフタイプ、ナチュラルな雰囲気の実がついたポポラスや、ごつめの実がかっこいいテトラゴナやトランペットが人気です。

合わせる花によってナチュラルにもシックにも、クラシカルにも仕上がります。プロテアやバンクシアと合わせたワイルドフラワーのブーケもかっこよくておすすめ。そのままドライフラワーにできます。

一年中出回っているので、季節を問いません。

[https://andplants.jp/collections/eucalyptus]

「愛」の花言葉を持つ植物|家族へのプレゼントや結婚記念日におすすめ

次は、「愛」の花言葉の中でも「感謝」や「夫婦愛」など、パートナーや家族に贈りたい花言葉を紹介します。

  • 白いダリア|「感謝」「豊かな愛情」
  • レースフラワー|「感謝」「こまやかな愛情」
  • フィカス・ウンベラータ|「永久の幸せ」「夫婦愛」
  • フィカス・スイートハート|「永遠の幸せ」
  • サボテン|「枯れない愛」

花束やアレンジメントに向いているお花だけでなく、おうちに飾りやすい観葉植物もピックアップしてみました。

誕生日や結婚記念日、母の日や父の日など、日頃の感謝を伝えたい時に参考にしてみてくださいね。

白いダリア|「感謝」「豊かな愛情」

ダリアの花言葉は「華麗」「優美」「気品」などで、特に白色には「感謝」や「豊かな愛情」の花言葉がついています。

緑系の花や枝ものと合わせて、ナチュラルに仕上げた花束やアレンジメントが人気です。淡いピンクのバラと合わせて、甘いキュートな雰囲気に仕上げるのも素敵。記念日にはぴったりの特別感があります。

ダリアは長持ちするので、長く飾って楽しめます。一年中いつでも出回っています。

ただし、ダリア全体の花言葉の中に「移気」「裏切り」という花言葉が入っています。気になる場合は避けるか、数ある花言葉の中で特に「感謝」や「豊かな愛情」という花言葉を選んだことをちゃんと伝えて渡すのがおすすめです。

レースフラワー|「感謝」「こまやかな愛情」

レースフラワーは、レースのような繊細で優しい雰囲気が特徴のお花です。「感謝」や「こまやかな愛情」、「可憐な心」「繊細」の花言葉もついています。

まっすぐ伸びた茎にふんわりとかわいらしい小花が広がって、1〜2輪花瓶に生けておくだけで絵になります。ナチュラルな雰囲気が好きな人や、優しくてかわいい印象の人へのプレゼントにぴったりです。

白や淡いピンクのお花と合わせて花束にしたり、フレッシュなグリーンの葉をふんだんに使ってアレンジメントにしてもおしゃれです。「感謝」の花言葉を持つ白いダリアとよく合います。

旬の1月〜5月頃に花屋でよく見かけますので、ぜひ探してみてください。

フィカス・ウンベラータ|「永久の幸せ」「夫婦愛」

フィカス・ウンベラータ

大きなハート型の葉がかわいいフィカス・ウンベラータ。「永久の幸せ」「夫婦愛」のほかに、「すこやか」という花言葉もあります。

柔らかい緑色の葉っぱと、白っぽい幹とのコントラストが美しく、観葉植物として人気の高い植物です。インテリアに馴染みやすく、部屋を明るくしてくれます。

結婚記念日のプレゼントにおすすめです。新居に引っ越す際のインテリアグリーンとして選ぶのもいいですね。母の日や父の日など、両親の幸せを願って贈るのも素敵です。結婚祝いの贈り物としてもよく選ばれています。

[https://andplants.jp/collections/umbellata]

フィカス・スイートハート「永遠の幸せ」

フィカスの仲間で、小さいハート型の斑入り葉がかわいい植物です。「永遠の幸せ」という縁起の良い花言葉がついていて、贈り物にもおすすめです。

優しい乳白色の斑が、部屋を明るく彩ってくれます。フィカスの中でもコンパクトで飾りやすく、吊るして育てることもできるため、場所を取りません。

流通量が多くない希少な品種です。ほかのプレゼントとかぶりにくいため、植物が好きな人へのプレゼントにしても喜ばれます。

[https://andplants.jp/products/ficustriangularis-tableplants-l]

サボテン|「枯れない愛」

乾燥に強く、過酷な環境でも花を咲かせるサボテンの花言葉は、「枯れない愛」「情熱」「燃える心」です。

サボテンのような鋭いトゲのある植物を家に飾ると、邪気を払う効果があると言われています。

一方、観葉植物ではトゲのないサボテンもたくさんあります。お手入れがしやすく、小さい子どもがいる家でも安心。無事出産を終えた奥さんへ、改めて愛と感謝を伝えるプレゼントにしてもいいですね。

[https://andplants.jp/products/peruvianapple-s]

「愛」の花言葉|花の本数別一覧

花の本数には、それぞれ意味がつけられています。主な本数の花言葉をまとめてみました。

1本 「一目惚れ」「私にはあなたしかいません」
2本 「この世界に2人だけ」
3本 「愛しています」「告白」
4本 「死ぬまで私の愛は変わりません」
5本 「あなたに出会えてほんとうに嬉しい」
6本 「あなたに夢中」「お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう」
7本 「ひそやかな愛」
8本 「思いやりに感謝しています」
9本 「いつもあなたを想っています」「いつも一緒にいてほしい」
10本 「あなたは完璧」「かわいい人」
11本 「最愛の人」
12本 「私と付き合ってください」「日ごとに強まる愛」「私の妻になってください」
24本 「24時間あなたを思っています」」
30本 「ご縁を信じます」
50本 「恒久」「偶然の出会い」
99本 「永遠の愛」「長年の重い」「ずっと一緒にいてください」
100本 「100%の愛」
101本 「これ以上ないほど愛しています」
108本 「結婚してください」

108本のバラの花束をプロポーズに贈るのは有名ですが、本数による花言葉はバラ以外の花でも同じです。相手の好きな花を選べるといいですね。

なお、切り花は意外と重量があり、100本のバラの花束はそれなりの重さです。持ち運ぶのは難しいことがあるので、出先で渡す場合は50本までが現実的でしょう。

本数の多い花束を買いたい場合は、事前に注文しておきましょう。仕入れの関係があり、1週間前には予約しておくと確実です。忙しい人には、ネットでの購入もおすすめです。

AND PLANTSでは、配送前の写真をメールでお送りしています。オンラインショップでも安心して購入していただけます。

[https://andplants.jp/products/50-red-rose-series-bouquet]

「愛」の花言葉を持つ植物に関するよくある質問

ここからは、「愛」の花言葉に関するよくある質問をまとめてみました。

  • 怖い意味の花言葉を持つ植物はやめた方がいい?
  • 花言葉ってどうやって決まっている?
  • 「愛」の花言葉を持つ植物はどうやって買う?

購入の際の参考にしてみてくださいね。

怖い意味の花言葉を持つ植物はやめた方がいい?

花言葉は良い花言葉もある反面、少し怖いネガティブな意味の花言葉がついている場合があります。

特に黄色は、「希望」「歓喜」の明るい意味がある反面、「警告」「嫉妬」などの暗い意味がつけられていることも。これは、イエスを裏切ったユダの服の色とされているためです。

「愛」に関するネガティブな花言葉がついているお花は、次の4つが代表的です。

黄色のバラ 「愛情の薄らぎ」「嫉妬」
黄色のカーネーション 「軽蔑」「愛情の揺らぎ」
黄色のチューリップ 「のぞみのない恋」
マリーゴールド 「嫉妬」「絶望」

花言葉はあくまで想いを伝える手段のひとつであって、とらわれすぎる必要はありません。相手が好きなお花や、相手に合うイメージのお花を贈るのが一番です。

気になる場合は避けておくか、ほかの明るい花言葉を伝えるといいでしょう。

花言葉ってどうやって決まっている?

花言葉は、植物は神々のメッセージを宿すものと考えられて生まれた風習です。17世紀頃のトルコで、ギリシャ神話や風習に基づいてつけられました。

その後18世紀頃フランスに伝わると、特に愛の告白や恋心を託すロマンチックな習慣として広まり、さらにたくさんの花言葉ができたといわれます。

次第に世界中に広まり、各国の神話や逸話が取り入れられ、同じお花でもさまざまな花言葉がつけられるようになりました。

花言葉の由来は、神話や逸話に基づいたり、お花の特徴や色のイメージからつけられたりとさまざまです。最近では、新しい色や品種を作った際に作出者が花言葉をつけています。

怖い意味やマイナスイメージの花言葉もありますが、ほとんどが海外の神話や宗教に由来するもの。日本ではいまいちイメージが湧かない花言葉もたくさんあります。

花言葉にあまりとらわれすぎず、気に入った花言葉があれば取り入れる程度の気持ちで楽しんでくださいね。

「愛」の花言葉を持つ植物はどうやって買う?

気に入った花言葉のお花で作った花束やアレンジメントがほしいと思ったら、事前に注文するのがおすすめです。相手に渡す当日にお花屋さんに行っても、希望のお花がない可能性があります。

少なくとも1週間前には注文しておくと、希望のお花を入れてもらいやすいです。

また、お花屋さんは意外と花言葉を気にしない人が多いため、花言葉を聞いても分からないことがあります。「愛」の花言葉を持つお花をプレゼントしたいと決めている時は、あらかじめ買いたいお花に目星をつけてからお花屋さんへ行くと、迷いません。

オンラインショップなら、手軽に注文できます。お店に行く必要がないので、いつでも予約できるのがメリットです。

[https://andplants.jp/products/9-pink-rose-series-bouquet]

まとめ

自分の言葉で愛の気持ちを伝えるのが気恥ずかしい時、言い尽くせない時には花言葉がぴったりです。端的なメッセージである花言葉と、美しいお花があればきっと想いが伝わりますよ。

花言葉を贈る時には、どの花言葉を選んだのかきちんと伝えるのが大切です。

なぜなら、同じお花の花言葉でも、サイトや本によって微妙に違うことがあるからです。もし贈ったお花にネガティブな花言葉が入っていた場合、相手が困惑してしまうことも。メッセージカードに選んだ花言葉を書くと、しっかり伝わります。

AND PLANTSでは、実際に店頭で注文するように花束をオーダーすることもできます。不安な点はチャットでも相談できますので、初めての注文でも安心です。

相手にぴったりの花束を贈りたい時は、カスタムオーダーの花束を作ってみてくださいね。

[https://andplants.jp/pages/custom-order-flower]
西山藍子(nishiyama ranko)
植物好きの母が育てる植物たちに囲まれて育ちました。 大学で美術を学んだ後、毎日植物に囲まれたくて花屋に勤務。 主にブライダルフラワーを担当し、ひとりひとりに似合うお花を見つけるお手伝いをしてきました。 その後ガーデニングショップに勤務して庭づくりを学び、現在は田舎で育児をしながら、花や植物に関する記事を書いています。 さまざまなライフスタイルに合う植物との暮らしを提案していけたらと思います。