商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

バラの花言葉

バラの花言葉|色別の花言葉や誕生花、名前の由来

大切な人へ贈る花として、絶大な人気を誇るバラ。バラは花の女王ともいわれます。

バラの花言葉は「愛」「美」です。バラは愛と美を象徴する花で、愛する人へ贈る花として古くから人々に親しまれてきました。バラは花言葉が多い花で、色ごと、本数ごと、さらに葉や棘にまで意味が込められています。

バラの色ごと、本数ごとの花言葉はプレゼントする際に注目され、「贈る相手に相応しい花言葉にしたい」「伝えたい気持ちを表現した花言葉の花で贈りたい」と考える人も多いです。

バラの花言葉、歴史や由来についても解説するので、バラをプレゼントで贈ろうと考えている方、花言葉に興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

[https://andplants.jp/products/12-red-rose-series-bouquet-large]

バラの色別の花言葉

バラの色別の花言葉

バラは色別に花言葉が存在します。バラ自体にも花言葉はありますが、色ごとにも存在するため、伝えたい思いをさらに込めて贈ることができます。

プレゼントにバラを贈る際には、色ごとの花言葉にも注目して贈ってみてくださいね。

  • 赤のバラ|愛情
  • ピンクのバラ|感謝
  • オレンジのバラ|絆
  • 青のバラ|奇跡
  • 白のバラ|深い尊敬

赤のバラ|愛情

赤のバラの花言葉は「愛情」です。他に「情熱」「美」など赤のバラのイメージにぴったりな花言葉もあります。情熱的な赤のバラは、ストレートに相手に気持ちを伝えたいときに適した色です。

赤のバラと聞くと、プロポーズ用の花束を思い浮かべる人も多いかもしれません。ロマンチックな赤のバラをプロポーズ用に贈る男性は多いです。

プロポーズの際には、バラの本数ごとの花言葉を重視して贈ることもあります。バラの本数ごとの花言葉も後ほど紹介していきます。

ピンクのバラ|感謝

ピンクのバラの花言葉は「感謝」です。他に「しとやか」「かわいらしさ」「あたたかい心」などの花言葉があります。優しい雰囲気を持つピンクのバラは、「感謝」の花言葉があることから贈り物に人気です

ピンクのバラは、色、咲き方に様々な種類があるので、他のお花とも合わせやすい特徴があります。花屋さんではオールシーズンでバラの取り扱いがある分、季節感があまりないので、季節の花と合わせるのがおすすめです。

オレンジのバラ|絆

オレンジのバラの花言葉は「絆」です。他に「信頼」「健やか」などの花言葉があり、家族に贈るのに適しているといわれています。オレンジは赤と黄色の2色の良いイメージを併せ持つ色ともいわれ、パワフルでエネルギッシュな色です。

オレンジのバラはよくプレゼントに用いられます。一般的に花ギフトの色は黄色・オレンジの色が男女問わず人気があるため、オレンジのバラも多用されます。鮮やかで明るい印象のオレンジのバラは、見ている人も元気が出るような色です。

オレンジのバラは赤やピンクほどロマンチックなイメージに偏りがないため、家族に贈りやすいです。家族へバラを贈る際はオレンジのバラでお祝いするのも良いでしょう。

青のバラ|奇跡

青のバラの花言葉は「奇跡」です。青のバラは自然界で存在せず、品種改良でもなかなか誕生させることができなかった色であるため「奇跡」の花言葉がつきました

現在は、青いバラの品種は誕生しており、世界初の青いバラが誕生したのは日本です。長い年月をかけて交配し続けた結果、成功し、世界初の青いバラが誕生しています。

本来自然界に存在しないミステリアスな雰囲気が魅力ともいえます。青が好きな人、少し特別感のあるプレゼントにしたい人にはおすすめの色です。

白のバラ|深い尊敬

白のバラの花言葉は「深い尊敬」です。尊敬の気持ちを伝えたい場合は、白のバラを使った花束を贈るのが良いでしょう。他に「純潔」「相思相愛」の花言葉があり、枯れた白のバラには「生涯を誓う」という意味もあります。枯れた白いバラに花言葉があるのも驚きですよね。

白のバラはウェディングシーンで圧倒的な人気があります。ウェディングブーケにはもちろん、会場装花、プロポーズのブーケセレモニーなどに使用され、結婚式での需要が高いです。ウェディングブーケに白のバラが使われる確率はかなり高く、定番となっています。

バラの本数別の花言葉

バラの本数別の花言葉
1本 「一目惚れ」「あなたしかいない」
2本 「この世界にはあなたと私2人だけ」
3本 「愛しています」「告白」
5本 「あなたに出会えて本当によかった」
6本 「あなたに夢中」
8本 「あなたの思いやりに感謝します」
9本 「いつもあなたを想っています」「いつまでも一緒にいてください」
11本 「最愛」
12本
付き合ってください」
21本 「あなただけに尽くします」
24本 「一日中思っています」
40本 「真実の愛」
108本 「結婚してください」

大切な人へ贈る花束や、プロポーズの花束では、本数ごとの花言葉を重視して、バラの本数を決める人もいます。

相手に思いを伝える花として、昔から用いられてきたので、恋愛に関するような花言葉の意味が多いですが、プロポーズの場面ではロマンチックな雰囲気を演出できます

バラの本数での花言葉で、相手に気持ちを伝えるのも素敵ですよ。

バラの部位ごとの花言葉

バラの部位ごとの花言葉

花言葉の種類が多いバラは、色別、本数別に花言葉が決められていますが、バラの葉や棘などの部位ごとにも花言葉があります。

葉や茎などにも花言葉がある花はなかなかありません。バラの花言葉は、部位ごとにも花言葉があるところが面白いポイントなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • バラの葉|希望
  • バラの棘|不幸中の幸い
  • バラの蕾|あなたの愛に染まる

バラの葉|希望

バラの葉には「希望」の花言葉があります。他に「あきらめないで」「あなたは希望を持ち帰る」といった意味があります。葉にも花言葉があるなんて面白いですよね。

バラを育てていく上で、バラの葉は健康に育っているか確認できるバロメーターの役割があります。健康に育っているバラの葉は青々としてハリがあり美しく、逆に葉が白くなっていたり、黒くなってしまったりしていると病気になっているサインでもあります。

素敵な意味の花言葉が込められているバラの葉は、生育にとても重要な部位です。

バラの棘|不幸中の幸い

バラの棘の花言葉は「不幸中の幸い」です。バラといえば、棘のイメージが強いですよね。

バラにはなぜ棘があるのか諸説あり、自分の身を守るためとよくいわれますが、有力な説は「つる性」に伸びていく上での特性が関係しているといわれています。

バラの原種はほとんどつる性に伸びていく特徴があり、茎が伸びる上で棘があると、周りの木やものに引っ掛かり、上に伸びやすくなります。引っ掛かりがあることで茎も折れにくくなるので、強固な茎に成長できるメリットがあるのです。

バラの棘は、バラが成長していく上で大切な体の一部で、しっかりした役割を担っているようです。

バラの蕾|愛の告白

バラの蕾の花言葉は「愛の告白」で、他に「恋の告白」「希望」「若さあふれる日」「処女の心」「約束」「秘密を守って」などの花言葉もあります。蕾から花開く未来を感じさせるような花言葉です。

また、蕾の色別の花言葉もあり、赤は「あなたに尽くします」「純粋な愛」で、白は「少女時代」「愛するにはまだ若すぎる」があります。白は色からくるピュアなイメージと蕾からくる若いイメージが花言葉に込められています。

蕾の状態から花言葉があり、開花すると花言葉が変わるのもバラの花言葉の面白いポイントです。

バラの誕生の伝説と花の名の由来

バラの誕生の伝説と花の名の由来

バラには、神話で言い伝えられる、誕生伝説があります。

愛と美を司るギリシア神話の女神アフロディーテーがキプロス島の海から生まれたとき、大地が「自分も神々と同じように美しいものを創造することができる」といって、バラの花を生み出しました。

その様子は有名な絵画「ヴィーナスの誕生」で描かれています。

バラの花の由来はバラ属の学名「Rose(ローザ)」が、古代ギリシア語でバラを意味する「rhondon(ロドン)」やケルト語で赤色を意味する「rhodd(ロッド)」が語源になっているといわれます。

バラの誕生花は6月19日

バラの誕生花は6月19日

6月19日の誕生花はバラです。バラには色別にも決められた誕生花の日があります。

1月1日 グリーンのバラ
2月6日 クリーム色のバラ
2月14日 赤いバラ
5月9日 青いバラ
6月15日 黄色いバラ
11月2日 紫のバラ
11月11日 白いバラ
11月7日 ピンクのバラ
12月24日 ダークレッド
12月26日 オレンジのバラ

大切な人に贈りたい12本のバラ

大切な人に贈りたい12本のバラ

12本のバラは大切な人へ贈る花束とされています。12本のバラが贈られるようになったのには、中世のヨーロッパでの歴史が関係しています

とある男性は、プロポーズをしようと彼女のところに向かっている途中で咲いていた花を12本摘んで花束にしました。思いを込めて束ねた花束を渡して、彼女に一世一代のプロポーズをしました。

すると彼女は、喜んでその花束を受け取り、その花束から1輪の花を抜き取って男性の胸元に挿したのです。プロポーズの快諾を意味するこの行為は、プロポーズのセレモニーとして後世に受け継がれていきました。

花嫁がブーケを持つようになったこと、新郎の胸元にブーケと同じ花を使った「ブートニア」を付けるようになったのは、この言い伝えがはじまりになっているといわれます。

そして、12本のバラには以下の意味が込められています。大切な人へ思いを伝えられる花束です。

永遠 真実
栄光 感謝
努力 情熱
希望 尊敬
誠実 信頼
幸福 愛情 
[https://andplants.jp/products/bicolor-rosebouquet_large]

バラのおすすめのギフトシーン

バラのおすすめのギフトシーン

バラはプレゼントに贈る花として圧倒的な知名度と人気があります。プレゼントに最適なバラを贈るおすすめのギフトシーンを紹介します。

  • 誕生日
  • プロポーズ
  • 結婚記念日

誕生日

バラは誕生日の贈り物としても人気が高いです。

筆者が以前花屋に勤めていた際は、「誕生日の花束はバラを入れて」という注文が多く、バラをメインに他のお花も組み合わせて花束を作ることが多かったです。

一般的にバラは「高級感があり、華やかになる」とイメージする人が多く、花束の見栄えが良くなるようにバラを希望する人が多い印象でした。

誕生日のお祝いでバラを贈る際は、バラだけで束ねた花束も素敵ですが、他の季節の花と合わせるのがおすすめです。

バラだけの花束は、恋人に贈るようなロマンチックな連想をする人が多く、他のお花も入れた方がカジュアルに渡しやすくなります。

プロポーズ

プロポーズといえば、赤のバラをイメージする人が多いかもしれません。プロポーズの定番カラーとなっています。

特に、バレンタイン、いい夫婦の日は結婚記念日の人が多いことと、クリスマスも赤のバラの需要が高まります。また、プロポーズをする人が多いタイミングです

プロポーズのバラの花束は、バラの本数での花言葉を重視して贈る方が多く、おすすめなのは12本です。

花束としてのボリュームが大きすぎず、小さすぎず、持ち帰りも負担にならない程度の大きさになります。元々、プロポーズに用いられてきた歴史のある花束なので、プロポーズを考えている人には、12本のバラがおすすめです。

関連記事:プロポーズに贈るバラ|本数・色別のおすすめや注意点

結婚記念日

結婚記念日の贈り物は、バラが定番です。結婚の年数に合わせたバラを贈ったり、花言葉で伝えたいメッセージの意味が込められたバラを贈ったりするのも素敵でしょう。

結婚記念日におすすめのバラの色は、「絆」の意味があるオレンジです。夫婦の絆を表したり、「これから更にふたりの絆が深まるように」と気持ちを伝えたりすることができます。

おすすめの本数は「8本=あなたの思いやりに感謝します」「11本=最愛」です。なかなか日頃の感謝を伝える機会が少ない人も多いかと思うので、結婚記念日には、パートナーへ気持ちを伝えて、素敵な結婚記念日にしましょう。

バラの特徴

植物名 バラ(薔薇)
学名 Rose
科名 バラ科
属名 バラ属
原産地 北半球(中国、インド、ヨーロッパ、日本)
開花時期 5月~6月、10月~11月

日本で呼ばれている「薔薇」の名は、「いばら(茨)」が転化したものといわれています。日本でのバラの歴史は、「万葉集」や「常陸風土記」が最古といわれており、「うまや(荊)」、「そうび」、「しょうび」の名で記録されています。

バラは、低木、本木性のつる性の植物で、茎に鋭い棘があることが特徴です。園芸品種としても親しまれており、バラの品種は毎年新しいものが発表され、品種によって育てる難易度が異なります。

原産地は、北半球の広い地域で確認されており、バラの起源は約7,000万年前~約3,500万年前ともいわれ、明確な原産地は定かではありません。しかし、チベット周辺、中国の雲南省からミャンマーにかけて原種が多いことから、最古の原産地はアジア圏ではないかと考えられます。

バラは一季咲き、四季咲きなど種類があり、品種によって開花する時期が異なります。一季咲きのバラは5月~6月、四季咲きのバラは10月~11月が開花時期です。

バラの旬は春と秋

バラの旬は春と秋

一般的にバラの旬の時期は春と秋の年2回です。花屋さんではオールシーズン販売のあるバラですが、実は年2回の旬の時期があり、春と秋のバラは旬の美しいバラを楽しむことができます。

旬のバラは花のサイズが大きめで、生きが良く、香りがあるバラはより一層強く香りを放ち、エネルギーの強さを感じさせます

春や秋の誕生日のお祝い、プロポーズ、結婚記念日などには、ぜひ旬の美しいバラを贈ってみてください。

バラはドライフラワーや押し花にして楽しめる

バラはドライフラワーや押し花にして楽しめる

バラはドライフラワーや押し花でも楽しめる花です。花の種類によってはドライフラワーにできないものもあり、花や茎の水分量が多いチューリップ、ダリア、カラーなどは難しいとされています。

生花の状態のバラは、花が終わってしまう前のきれいな状態で、風通しの良いところにぶら下げると乾燥が進み、ドライフラワーにできます

淡い色のバラは色の劣化が目立ちやすいですが、濃い色のバラは色の劣化が目立ちにくいです。赤や濃いピンクなどの色は、ドライフラワーにしても色がそのまま残りやすいでしょう。

バラを押し花にする場合は、花びらを本や紙の間に挟んで、重みを加えてプレスすることで、1週間~2週間程度で押し花にできます。

押し花にしたものはラミネートしてしおりにしたり、花びらを花の形に並べて額縁に入れて飾ったりすると素敵です。押し花はハンドメイドで作品作りを楽しめる良さがあります。

まとめ

バラの花言葉について解説しました。バラは他の花に比べて花言葉の種類が多く、それだけ多くの人に愛されてきた歴史があることを感じさせてくれます。

バラは色ごとや本数ごとに花言葉があることで、プレゼントの際に花言葉はとても注目されます。相手に伝えたいメッセージを花言葉で探してみたり、花言葉でバラの色や本数を決める人も多いでしょう。

関連記事:花言葉の一覧|ジャンル別・50音順

バラの花言葉は知れば知るほど面白く、プレゼントとしてバラを贈る際の知識として役立つので、ぜひバラの花言葉に注目してみてくださいね。

[https://andplants.jp/products/dryflower_material-rose_pink]
伊藤 芙季(ito fuki)
ウェディング専門の花屋で会場装花やブーケを制作し、フラワーコーディネーターとして働いた後、フラワーショップにて生花を販売。 花の仕事で10年のキャリアを積み、店長を経験。 花や植物が大好きで、季節ごとに楽しめる花の名所や植物園を巡っています。 花の魅力、飾る楽しさ、贈る楽しさをたくさんの花に触れてきた経験から発信していきたいと思っています。 花や植物があることで豊かになる時間、心、空間を共有できると嬉しいです。