一人暮らしにおすすめの観葉植物|レイアウトと選び方について

一人暮らしにおすすめの観葉植物|レイアウトと選び方について

一人暮らしになったからこそ、自由度の高い生活ができますよね。お気に入りの雑貨や家具をディスプレイして、自分だけの贅沢空間が叶えられます。そこに観葉植物が加わるだけで、環境はより快適になるのではないでしょうか。

そこで今回は、一人暮らしにおすすめの観葉植物を紹介しつつ、レイアウト例や選び方も解説します

初心者でも簡単に育てられるものが知りたい、どんな場所に飾ったらおしゃれに見えるかな、などといった方に見応えのある内容となっているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

観葉植物を初心者の方や、何を選べばいいかわからない方は以下の記事も参考にしてみてください。

初心者におすすめな観葉植物10選|育てるコツや注意点について

一人暮らし向け観葉植物のレイアウト例

いざ観葉植物を飾ろうと思っても「どこに飾ればいいだろう?」と悩ませるかもしれません。 はじめにレイアウト例を参考にしておくと、後ほどスムーズにディスプレイができます。

女性と男性のパターン別でまとめましたので、下記をご覧ください。

  1. 女性|浴室空間を利用する
  2. 女性|キッチンをカフェ風にアレンジする
  3. 男性|デスク周りの「間」を意識する
  4. 男性|テレビ横にボリュームたっぷりと飾る

生活空間にある「余白」を上手く使ってあげると、グッと雰囲気が変わるでしょう。

女性|浴室空間を利用する

観葉植物を飾った浴室空間

引用:https://www.instagram.com/maborosisanta/

浴室のデットスペースを活用できると、心地良い空間に仕上がります。水を扱う環境と観葉植物は相性がいいので、インテリアとして自然に溶け込んでくれるからです。

観葉植物によっては湿度を好む種類があるので、生育環境としても相性がいいでしょう。植物にとってすこやかに生長できるのは嬉しいものです。

また、グリーンを見ながら湯船に浸かる時間は、一日の疲れを忘れさせてくれるような贅沢なひととき。一つ飾るだけで、いつもよりワンランクアップした日常を送れるでしょう。

女性|キッチンをカフェ風にアレンジする

観葉植物を使ってカフェ風にアレンジしたキッチン

引用:https://www.instagram.com/yumi_yumi_823/

キッチン棚などの空いているスペースを活用するのも効果的です。

つる性の観葉植物であれば、高い場所から垂らしてディスプレイができるので一気に雰囲気が変わります。小型のもので十分ですし、場所を取らないのも嬉しいポイント。

食器や家電の色を統一したり、カゴを使用したりすればナチュラルテイストのカフェ風にアレンジも可能です

色合いも1つのコーディネートにつき、3色までに押さえておくとバランスがいいとされています。

今回で言えば「ホワイト」「ブラウン」「グリーン」です。モダンな雰囲気が好みだったら、モノトーンや寒色系の色を採用するといいでしょう。

男性|デスク周りの「間」を意識する

観葉植物を飾ったデスク

引用:https://www.instagram.com/rara_stoney/

「観葉植物を飾りたいけど、ごちゃごちゃさせたくない」というのはないですか?そんな時は「間」を上手く活用すると、シンプルかつさびしくなり過ぎない空間が作れます

ポイントは1、2点しか飾らないように意識するといいです。余白があるからといって、空間を埋めるようにディスプレイすると圧迫感が生まれます。

圧迫感を作らないためには、植物周りはなるべく物を置かないようにする、この意識が大切です。飾りたい植物のサイズ感をあらかじめ決めておくといいかもしれませんね。

おすすめは3〜5号サイズです(直径:9〜15cm)。

男性|テレビ横にボリュームたっぷりと飾る

テレビ横に観葉植物を飾ったインテリア

引用:https://www.instagram.com/ishiharasanchi/

思い切って豪快にボリューム感を演出するのはどうでしょうか

テレビ自体が重めな色をしているので、観葉植物の爽やかな色合いが負けてしまう場合もあります。

しかし、周りを囲うようにディスプレイすれば、バランスが上手くとれます。

一人暮らしだとここまでの植物を揃えるのは難しいかもしれませんが、まずは左右の空間を埋めてみるだけでも雰囲気はかなり良くなります。

毎日の生活が贅沢になるだけではなく「心地よさ」と「楽しさ」を体感できるでしょう。少しずつ集めていくうちに、きっと早く実現させたくなりますよ。

一人暮らしの方に観葉植物がおすすめな理由

実は、一人暮らし方に観葉植物がおすすめなのはワケがあるんです。下記3つをご覧ください。

  1. お世話が簡単
  2. インテリア性が高い
  3. 風水効果が期待できる

毎日のお世話が楽で、かつインテリアとしても優れているのは嬉しいですよね。風水効果にも着目していきます。

お世話が簡単

観葉植物のお世話は、初心者の方でも簡単です

適切な置き場所を決めてお水やりを行います。植物によっては日陰でも生長できるので、必ずしも日当たりの良い場所でなくてもかまいません。

お水やりに関しては、土の中が完全に乾いたらあげるようにします。「毎日お水はあげたほうがいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実は土が湿っていればいらないのです。

乾いている状態、湿っている状態の両方を行き来するのが重要で、メリハリを意識した管理をしましょう。判断が難しい方は、土の中に指を入れてみると乾湿がよくわかります。

インテリア性が高い

観葉植物は、葉っぱや幹がさまざまなためどれもインテリア性が高いです。同じ品種でも置く環境や育てる人によって生長が異なるので、唯一無二の存在になるでしょう

また、グリーンとブラウンを基本ベースとしてるので日本の素朴な住宅や家具によく合います。

ナチュラルカラーはインテリアを選ばないので、自由かつおしゃれなディスプレイを実現することが可能なんです。

せっかくの一人暮らしなので、ご自身でいろいろと工夫されてみてはいかがでしょうか?オリジナルのインテリアコーディネートが実現できるかもしれません。

風水効果が期待できる

観葉植物にはそれぞれ風水効果が備わっています。たとえば、パキラには金運アップが期待できると言われています。金運がアップすれば、普段の暮らしにも余裕がもてますよね。

他には「家族運」「出会い運」「仕事運」「恋愛運」「健康運」などさまざまな運気に良い影響を与えてくれます。観葉植物の種類で異なりますし、置き場所や方角でもまた効果は変わるでしょう。

「どんな気持ちになりたいのか」「どんな運気を上げたいのか」などの今の気持ちを大切すると、ピッタリのものが見つかります。

関連記事:観葉植物の風水|場所と効果別のおすすめ

一人暮らしの方に適した観葉植物の選び方

自分のライフスタイルによっても観葉植物の選択基準はさまざま。ここでは一人暮らしに適した選び方を紹介します。下記2つのポイントをご覧ください。

  1. 置き場所から逆算して選ぶ
  2. 育てやすさで選ぶ

観葉植物を置くといっても、どこでもいいわけではないですよね。また、初心者でも育てられるものなのかなども重要です。

関連記事:観葉植物の選び方|おすすめやインテリア例について

置き場所から逆算して選ぶ

まずは初めに、観葉植物をどこに置くのかというのをあらかじめ決めておくといいです。計画性のないままに大型のものを選んでもあとあとが大変ですよね。

「リビングに置くなら3mくらいの高さまでは大丈夫」「書斎はせまいから1m以下にしよう」「まずはデスクに置ける手乗りサイズがいい」などイメージを膨らませておきましょう。

また、観葉植物は生き物なので次第に生長します。どれくらい大きくなるか想像がつかない人には、3〜5号(直径:9〜15cm)の手持ちで運べるサイズがおすすめです。

育てやすさで選ぶ

一人暮らしで観葉植物を置く場合は、育てやすいかどうかをチェックしておくと良さそうです。具体的には「乾燥に強いか」「日陰でも育てられるか」を確認します。

乾燥に強ければ、お水やりの頻度も少なめで大丈夫です。ついうっかり忘れてしまったときも心配いりません。

置き場所が必ずしも日当たりが良いとは限りませんよね。日光があまり入らない部屋もあります。そういったときには、日陰でも生長ができるものを選ぶといいです。

また、鉢物で流通しているものは耐陰性があるものが多いので、そこまで心配はいりません。ですが、中には日光をよく好む植物もいるので、自宅との相性をよく考えて選んでいきましょう。

一人暮らしの方におすすめな観葉植物5選

おすすめな理由や選び方を一通り理解したら、さっそく観葉植物を見ていきましょう。

  1. パキラ|金運アップが期待できる
  2. ガジュマル|インテリア性が高い
  3. 柱サボテン|お水やりが簡単
  4. クワズイモ|出世につながる
  5. エバーフレッシュ|日陰でも生長する

それぞれ特徴は異なるものの、どれも育てやすいものばかりです。どうしても迷ってしまったら、最後は直感で選択するのもいいかもしれませんね。

①パキラ|金運アップが期待できる

パキラ
日当たり 日当たりのよい置き場所(直射日光は避ける)
温度 最低5℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:土の表面が乾いてから
秋冬:土の中が乾いてから2〜3日後

パキラは、手のひらを広げたように葉っぱをつける観葉植物です。別名「Money Tree(発財樹)」とも呼ばれ、金運アップの効果があるとされています。開店祝いや新築祝いなどの贈り物にも適しています。

風水では金運アップの効果以外にも、邪気を払ったり健康運をアップさせたりする頼もしい植物です。葉水で葉っぱをきれいに保つと、さらに風水効果が高まるとか。

また一年を通して日当たりのよい置き場所で管理すると、新芽がどんどん成長します。大きくさせたい場合は、日中の気温が高い時間に日光にしっかりと当てましょう。

[https://andplants.jp/collections/pachira]

②ガジュマル|インテリア性が高い

ガジュマル
日当たり 日当たりのよい置き場所
温度 最低5℃以上をキープする
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:土の表面が乾いたら
秋冬:土の中が乾いてから2〜3日後

ガジュマルは、たくましい幹をしているユニークな観葉植物。お世話もしやすいので植物初心者の方にもおすすめです。

ガジュマルは幹の途中から「気根」と呼ばれる根っこを出していて、空気中の水分を吸収して体内に取り込みます。

切っても問題ないですが、そのままにしておくとガジュマルのインテリア性を高めてくれるでしょう。

定番ではあるものの幹それぞれが独特な形をしているので、おしゃれなインテリアとして取り入れるショップも増えています

存在感はありますが幅をとりすぎないため、周りの雑貨や家具などと組み合わせがしやすいです。

[https://andplants.jp/collections/chinesebanyan]

③柱サボテン|お水やりが簡単

柱サボテン
日当たり 日当たりのよい置き場所
温度 最低5℃以上をキープする
耐寒性 強い
耐暑性 強い
水やり 春夏:土が完全に乾いたら
秋冬:葉にしわができてから

柱サボテンは、背丈が高く成長する姿から名付けられた多肉植物の一種。どの品種も柱のように伸びているのが特徴です。

茎の内部に水分を蓄えていて、お水やりの手間がかからないので、初心者にもピッタリな植物です

具体的には春夏は1〜2週間に1回、秋冬は月に1回で十分に生長します。

また、サボテンは種類が非常に豊富ですが、そのほとんどが直射日光下の強い日差しを好みます。一年中屋外で管理できるので、ベランダや玄関外にも適しています。

屋内で育てる場合は、日光の確保が大切です。日差しの出る日中は窓際で管理をするなどの工夫をするとよいでしょう。

[https://andplants.jp/collections/peruvianapple]

④クワズイモ|出世につながる

クワズイモ
日当たり 日当たりのよい置き場所
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 強い
耐暑性 強い
水やり 春夏:土の表面が乾いたら
秋冬:土の中が乾いてから3〜4日後

クワズイモは、ハート型の葉っぱと樹木のように立ち上がる幹が印象的な観葉植物です。別名「出世芋」と呼ばれていて、縁起が良いことで知られています。入学祝いや昇級祝いなどにもおすすめです。

一年を通して育てやすいですが、定期的に葉水をします。葉っぱが大きいため埃が溜まりやすいからです。放置すると正しく光合成ができなかったり、ハダニなどの害虫が付いたりします。

普段のお水やりと一緒にやるようにすると、忘れずに確実にできるでしょう。

大きな葉っぱのおかげで周囲を適度に加湿してくれます。適度な湿度は、体調や乾燥から身を守ってくれます。一人暮らしのお供にクワズイモがあると心強いです。

[https://andplants.jp/collections/alocasia]

⑤エバーフレッシュ|日陰でも生長する

エバーフレッシュ
日当たり 日当たりのよい置き場所
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:土の表面が乾いたら
秋冬:土の中が乾いてから2〜3日後

エバーフレッシュは、涼しげな葉姿が特徴的な観葉植物です。「歓喜」「胸のときめき」といった花言葉が与えられているので、新築祝いや開店祝いなどの贈り物として適しています。

日中は葉っぱが開いて夜は閉じる「睡眠運動」をおこなうユニークな特徴をもっています。諸説ありますが、余分な水分の蒸発を防ぐためにあるそうです。

1日を通してエバーフレッシュの動きの変化を見られるので、あらためて観葉植物が「生き物」であるのを実感できるでしょう。

環境に順応する能力が非常に高いので、日当たりを好みますがある程度の日陰でも育てられます

日陰でも十分に生長させるためには、一つの置き場所に固定させるのが大切です。次第にお水やりだけで管理ができるようになります。

[https://andplants.jp/collections/pithecellobiumconfertum]

一人暮らしの方でも簡単な観葉植物のお手入れ方法

一人暮らしで観葉植物を育てる際には、いくつかお手入れに関する情報を知っておくと良いです。下記3つをご覧ください。

  1. 換気
  2. 日光浴
  3. お水やり

基本的な情報ですが、しっかり意識できれば植物を健やかに生長できるでしょう。

換気

実は観葉植物にとって換気は大切なお手入れにつながるのです

風通しをよくすると、風の力に耐えようとするので葉っぱや幹が丈夫になります。害虫対策としても効果的です。 また、換気の効果はそれだけではありません。

部屋の気温が下がるため、観葉植物がばてなくなります。土の中も蒸れずに済むかもしれません。

とはいっても、家の留守の時間はなかなか難しいですよね。そこで換気扇やサーキュレーターを回すと、植物にとって嬉しい環境になります。

風を意図的に作るだけで、温度や蒸れの状態もだいぶ変わるのでぜひ試してみるといいでしょう。

日光浴

定期的に日光浴をさせると、観葉植物は健康な株に生長します。もともと植物は、外の環境で生育させられていたものです。自然光、雨や風などを浴びながらたくましく大きくなっていきます。

鉢植えで流通しているものは、耐陰性があるため日陰でも生長しますがベストな条件ではありません。つまり、より自然の環境に近づけるためには日光浴が必要なのです。

しかし、一人暮らしですと観葉植物をベランダや玄関の外などに毎日出すのは難しいですよね。まずはお休みの日だけでも心がけるようにするといいです。

慣れてきたら、徐々に日数を増やしていきましょう。最終的には、1週間に2〜3回出せると良いです。

お水やり

お水やりは、土の中が乾いてからあげます。愛着がわいてしまうと湿っている状態でもあげてしまいがちですが、乾燥してからが良いです。

湿っている状態とは、人間でいう満腹の状態。そんなときにお水やりをしても、観葉植物は正しく飲み込んでくれません。

乾いている状態のときにあげることで、正しく栄養が補給されます。 結果、すこやかに生長してくれるのです。

お水やりの頻度は植物によって異なります。たくさん必要なものもいれば、月に1回で十分なものもいます。それぞれの特徴を参考にして、日々のお水やりに役立ててくださいね。

一人暮らしで観葉植物に興味がある方からよくある質問

最後によくある質問とその答えをまとめました。下記をご覧ください。

  1. 観葉植物を飾ると害虫が出る?
  2. 多肉植物やフェイクグリーンを飾るのはどう?
  3. 男女問わず育てやすい観葉植物はある?
  4. 一人暮らしの部屋を観葉植物だらけにするのもあり?
  5. 旅行などで数日家を開けても大丈夫?

一人暮らしで観葉植物を初めて育てるという方もいるのではないでしょうか。細かいポイントまでチェックしておくと参考になります。

それでは具体的に見ていきましょう。

観葉植物を飾ると害虫が出る?

「観葉植物を飾る=害虫が出る」ではありません。どんなに正しく育てていても出る場合もありますし、まったく発生しない場合もあるのです。

ただし、害虫が出る条件には共通点があります。以下をご覧ください。

  1. 部屋が密閉されている
  2. 土がずっと湿っている
  3. 葉っぱが乾燥している

観葉植物につく害虫のほとんどは、実は外から寄ってくるものではありません。空気の流れが悪かったり、土が湿っていたり、葉っぱが乾燥していたりするといつのまにか発生しているのです。

具体的にはハダニやカイガラムシと呼ばれるもの。 パッと見ではわかりませんが、近くで見ると付いていることもあります。

換気を行って定期的に葉水をすると防げる場合がありますが、難しければ市販の薬をおすすめします。

気温や湿度の高い時期に発生しやすいので、特に春夏は気をつけておくといいかもしれません。

多肉植物やフェイクグリーンを飾るのはどう?

一人暮らしでもありです。多肉植物であれば、お水やりの頻度が少なくていいので、お世話がしやすく初心者にも適しています。

フェイクグリーンであれば、お手入れが必要ないのでインテリア感覚で飾れます。埃を被ることがあるので定期的にお掃除をするといいです。

多肉植物やフェイクグリーンは「植物にそこまで時間をかけれない」「家を留守にしている日が多い」などといった方におすすめなので、自分のライフスタイルに合わせて選んでみましょう

男女問わず育てやすい観葉植物はある?

ハート型の葉っぱをしているフィカス・ウンベラータはどうでしょうか?

「永遠の幸せ」「夫婦の愛」「すこやか」といった素敵な花言葉をもっているので、男女問わず人気が高いです。

幹の形がすらっと伸びているものもあれば、曲がりを見せるものもあるので、実はインテリア性にも優れています。

日当たりの良い置き場所を確保して、あとはお水やりをすれば健康に生長するでしょう。

一人暮らしの部屋を観葉植物だらけにするのもあり?

結論から言うとありです。余裕がある方はぜひやってみてはいかがでしょうか?

観葉植物に囲まれた生活は、普段の自分を今よりずっと心地よくしてくれますし、インテリア空間としても良いでしょう

日常のお世話が少し大変になるかと思いますが、お世話の時間も植物を楽しむうえで欠かせません。

「昨日より大きくなっている」「気づいたら花を付けていた」などの生長を発見できるのが、何より嬉しいのではないでしょうか。

一人暮らしでたくさんの観葉植物に囲まれる暮らしは、なかなかできない体験とも言えるのでおすすめです。

旅行などで数日家を空けても大丈夫?

「観葉植物の品種」「家を空ける時期」によって大丈夫かどうかが異なります

乾燥に強い植物であれば数日家を空けていても水不足になりませんが、お水を欲するものであれば注意が必要。

そこで具体的な対策としては、水を入れる容器が付いたものを土に挿すのがおすすめです。

「自動給水器」「自動お水やり器」などと言われていて、2〜3日から1週間程度まで対応できるものがあります。

また、気温の高い夏場に家を空ける際は少し工夫が必要です。締め切った空間は、観葉植物にとって好ましい環境ではありません。

可能であれば扇風機やエアコンなどで風を送り続けていると良いです。 風があるだけで、気温が適切な温度まで下がりますし植物もすこやかに過ごせます。

数日家を空ける際は、今回の対策を参考にしてみてくださいね。

まとめ

一人暮らしだと自由度が上がる反面「どれを選んだらいいんだろう?」と悩ませることも多いかと思います。そういうときに、あらかじめ観葉植物の種類やお世話の仕方に目を通しておくだけで方向性が決まるものです。

また「枯らさないように育てたい」「失敗したくない」といった気持ちも少なからずあるかもしれません。ですが、一番大切なのは「観葉植物を楽しむ気持ち」です。

楽しむ気持ちをもっていれば「ずっと楽しい気持ちでいるためにはどうすればいいか?」とポジティブな気持ちで植物に接することができます。

結果、末長く愛していけるものです。

今回の記事を参考に素敵な植物ライフを楽しんでいきましょう。

馬淵 大
観葉や多肉植物が昔から好きで、今は自宅でコウモリランをメインに育てています。 前職で、仕入れ、植え替え、販売などを経験。育てているうちに、まるで我が子のように愛着を感じてお持ち帰りしてしまう日も。 同じように…とまではいかなくても、そんな風に愛着をもって育ててもらえれば嬉しいです。 ぜひ一緒にお気に入りの植物を探すお手伝いをさせてください。

PICKUP ITEMS

特集