アンスリウムの育て方

アンスリウムの特徴

トロピカルな印象を持つアンスリウムは、つややかな葉とハート型の花をつけることが特徴的。

花のように見える赤い部分は、実は「仏炎苞」という葉の一種にあたるため、長期間その色を楽しめるのもポイントです。

赤のほかに、可憐なピンクの仏炎苞をつける品種もあります。

グリーンの多い観葉植物の中で、赤やピンクの華やかな色は、お部屋のアクセントになるのでおすすめです。

室内の明るいところであれば丈夫に育ち、難しいお手入れも必要ないため、初心者の方でも安心して育てることができます。

アンスリウムの花言葉

赤い花をつけるアンスリウムの花言葉は「情熱」、ピンクの花をつけるものは「飾らない美しさ」といわれています。

花言葉も魅力的なので、バレンタインデーなどのギフトにもおすすめです。

アンスリウムの風水

アンスリウムは、恋愛・結婚運を高める観葉植物の代表的な存在でもあります。

赤やピンクの花のような部分は、恋愛モチーフのハート形、赤やピンクは恋愛カラーなので、強い恋愛パワーが期待できそうです。

アンスリウムの育て方

原産国 熱帯アメリカ〜西インド諸島
最低温度 10℃以上
耐陰性 強い(日当たりが足りないと花はつきません)
耐寒性 弱い
耐暑性 やや強い
水やり 普通
肥料 液体肥料
成長速度 遅い
大きさ 小サイズ

日当たり(耐陰性)

耐陰性があるため、置き場所を選ばず育てやすい品種ですが、明るい場所の方が元気に育ちます。

しかしその反面、直射日光は苦手なため、日当たりのいい場所ではレースのカーテンなどで適度に遮ってあげましょう。

置き場所(耐寒性と耐暑性)

寒さに弱く、比較的暑さには強い品種です。

冬場は温度管理に気を付けて、温かい室内で育てるようにしましょう。

エアコンの風は植物を乾燥させてしまうので、風が直接当たらない場所に置いてください。

夏は直射日光が当たらない屋外に置くこともできますが、基本的に紫外線量に変化を起こさない方が良いので、室内に置きっぱなしが良いでしょう。

温度

アンスリウムは、寒さに弱い観葉植物です。

置き場所の温度は、10℃以上になるように管理しましょう。

それ以下の気温の低い場所に置くと、弱りやすくなるため注意が必要です。

水やりの頻度

気温が15℃以上ある春から秋にかけては、土の表面が乾燥したら水をたっぷりあげてください。

15℃以下になると成長スピードが緩やかになるので、水やりの間隔を空けます。

土の表面が完全に乾いて2、3日してから、水をあげるようにしましょう。

多湿を好むため、頻繁に霧吹きなどで葉に水をかけてあげることで、きれいな葉を保つことができます。

肥料

肥料は、成長が緩やかになる冬場に与えると、根を傷めてしまうことがあるので(肥料焼け)、春から秋の生育期に与えるようにしましょう。

肥料の種類は、薄めた液体肥料を月1~2回程度与えるようにします。

花がついている成長期の間は、肥料を忘れずにあげてください。

剪定方法

アンスリウムの仏炎苞が色あせてきたら、茎の根元から剪定しましょう。

比較的成長が緩やかなため、茎が伸びすぎることはあまりありませんが、古くなった葉や重なりあった葉を切り落とすことで、仏炎苞が多く芽を出します。

アンスリウムのよくあるトラブルと対処法

ここでは特に起こりやすいトラブルの一つ一つの原因、症状、対処法について解説します。

根腐れ

根腐れでは、以下の症状が起きます。

  • 水をあげても元気にならない
  • 土がなかなか乾かない
  • 葉が落ちやすい
  • 葉が茶色・黄色に変色している
  • 幹や根元が柔らかい
  • 土から腐敗臭がする
  • 土の表面にカビが生えている
  • 根黒く変色している

「根腐れ」は、土の中の酸素濃度が低下することでアンモニアが発生し、有害なアンモニアが土の中の微生物菌叢を悪化させることで引き起こります。

根がふやけてしまうことで細胞が死んでしまい、水が吸い上げられずに植物全体に水分が行き渡らなくなってしまうのです。

根腐れの対処法は以下。

  • 鉢から植物を抜き、土を落として鉢を入れ替える
  • 根の傷んでいる部分、腐っている部分をカットする
  • 一時水やりを控え、風通しがよく明るい日陰に置く
  • 活力剤を与えてみる

根腐れが起こった場合は、鉢を入れ替えて土の環境を変えることが大切です。

傷んでしまった根は取り除き、健康な状態が取り戻せるような環境を与えてあげましょう。

葉焼け

葉焼けでは、以下の症状が起きます。

  • 葉の色素が抜けて白くなっている
  • 葉の一部が茶色く枯れている

強い日差しを浴びすぎると葉が傷んで「葉焼け」というトラブルが発生します。

葉焼けの症状に気がついたら、早めに置き場所を検討し直すことが必要です。

対処法は以下。

  • 日照時間を短くする
  • 直射日光が当たっている場合はカーテンなどで遮光する
  • 葉焼けした部分はカットする

葉焼けが起こるということは、日光が当たりすぎている可能性が高いため、日照時間が短くなるような措置をとりましょう。

また、一度焼けてしまった葉は二度と元に戻りません。傷んだ葉はカットし、新しい健康な葉が生えてくるのを待ちましょう。

ハダニ

ハダニの症状は以下。

  • 葉にクモの巣のような糸がついている
  • 葉の裏に小さな虫がついている
  • 葉に斑点や傷がある
  • 葉の色が薄くなり枯れている

ハダニは繁殖力の強さと、薬剤耐性を持つとても厄介な害虫です。

放っておくと糸を張って大量発生する危険性もあるので、早めに対処を行いましょう。

対処法は以下。

  • 傷んだ葉はカットする
  • 葉の表裏、付け根や茎も水で洗浄する
  • ハダニに効果のある液体を噴霧する(2倍に薄めた牛乳、重曹と水を混ぜたもの、濃いコーヒー、10倍に薄めた酢、殺虫剤)

症状に気がついたらすぐにハダニを駆除することが大切です。

水で洗浄して糸やハダニを取り除き、ハダニに効果的な液体をまいて確実に殺虫しましょう。

挿し木で増やせる?株分けがおすすめ

アンスリウムは、挿し木ではなく、株分けで増やすことをおすすめします。

子株の根元をつまみながら、親株から引き離すように分け、新しい鉢に植え替えるようにしましょう。

ペット(犬・猫)にとって毒性はない?

アンスリウムはサトイモ科に分類されるため、樹液にはシュウ酸カルシウムが含まれています。

ペットや小さいお子様がいるご家庭では、誤って口にしないよう手の届かない場所で管理してください。

枯れた場合どうすればいい?

強い日差しに長く当たりすぎると葉焼けをおこし、枯れてしまう可能性があります。

また、水やりのし過ぎが枯れの原因になることもあります。

完全に枯れてしまった場合は、掘り起こして根が腐っていなければ、新しい土に植え替えると、また元気な芽を出すこともあります。

虫が発生することもある?

まれにカイガラムシやハダニがつく可能性があります。

風通しの良い場所に置き、霧吹きなどで葉に水をかけてあげることで(葉水)、予防になります。

コバエの発生を防ぐためには、受け皿の水はこまめに捨てましょう。

葉が落ちる場合はどうしたらいい?

アンスリウムは葉を落とさない性質なので、成長の段階では、基本的に葉を落とすことはありません。

葉がかさかさになって落ちるようなら、水不足が考えられます。

葉っぱが変色して落ちはじめた場合は、逆に水やりのしすぎや葉焼けが原因かもしれません。

庭・屋外に置ける?

春から秋にかけては、屋外に置くこともできますが、基本的に紫外線量に変化を起こさない方が良いので、室内に置きっぱなしが良いでしょう。

冬の管理方法は?

室外が20℃以下になりはじめたら、室内で管理しましょう。

エアコンの風が直接当たらないよう、置き場所には注意が必要です。

冬場でも、霧吹きなどで葉に水をかけてあげると(葉水)、きれいな葉を保つことができます。

白や赤い花など種類がある?

アンスリウムは赤のほかにも、ピンクや白、緑などの花(仏炎苞)をつける種類があり、その色合いも様々です。

種類を超える品種があり、葉や花の大きさも多種多様なため、選ぶ楽しみのある観葉植物です。

アンスリウムのまとめ

アンスリウムは、赤やピンクの花(仏炎苞)がお部屋のアクセントになる、とても観賞価値の高い観葉植物です。

育て方のコツとしては、直射日光が苦手なので日陰で管理することと、寒さに弱いため冬場も10℃以上の温かい場所で管理することです。

その点に気を付ければ、お手入れも簡単なので、初心者の方にもおすすめできる観葉植物です。