商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

父の日と母の日のプレゼントを一緒に贈る

父の日と母の日のプレゼントを一緒に贈る|おすすめのアイテム

5月のゴールデンウィークが過ぎると母の日、次は6月の父の日です。「母の日は覚えていても、父の日はつい忘れてしまう…」そんな人も多いかもしれません。6月は祝日がなく、イベントが少ないので「気づいたら父の日が過ぎてしまっていた」なんてことも。

渡し忘れることがないように「母の日と父の日のプレゼントを一緒に贈りたい」と考える人もいるかもしれません。今回は父の日と母の日のプレゼントを一緒に贈る際のおすすめのギフトを紹介します。

父の日と母の日それぞれで渡すときと、一緒に渡すケースではプレゼントの選び方が少し変わってきます。一緒に渡しやすいプレゼントがおすすめなので、ペアのアイテムやセットで贈りやすいものを紹介します。

AND PLANTSでは、お祝いや送別時に人気のセレブレートブーケをご用意しています。

贈り物にぴったりな華やかな花束をお探しの方は、ぜひ詳細を確認してみてください。

[https://andplants.jp/products/celebrate_bouquet_cool_color_large]

2023年の父の日と母の日はいつ?

2023年の父の日は6月18日母の日は5月14日です。父の日は毎年6月の第3日曜日と定められており、母の日は5月の第2日曜日となっています。

毎年父の日と母の日は変動するので、日付は事前にチェックしておくことがおすすめです。父の日は6月の後半に、母の日は5月の前半に位置していると覚えておきましょう。

父の日と母の日のプレゼントをまとめて贈るのはアリ

父の日と母の日のプレゼントをまとめて贈るにはアリです。それぞれの日に贈るのも良いですが、難しい場合はまとめて贈っても大丈夫です。

小さなお子さんがいたり、誕生日や他のイベントがあったりすると、毎回その日ごとに渡すのが大変な人もいるかもしれません。

まとめて贈る際には、その旨を伝えてお互いに気持ちよく過ごせるように配慮するようにしましょう。食事や温泉などで一緒に過ごす時間を作れると尚良いです。お父さんとお母さん2人が喜んでくれるプレゼントを選んで喜んでもらいましょう。

父の日と母の日に贈るおすすめの観葉植物

父の日と母の日に贈るおすすめの観葉植物を紹介します。父の日と母の日のプレゼントに観葉植物の贈り物は意外性があり、新鮮に感じてもらえるかもしれません。

植物は成長していく姿を楽しめ、部屋に置くと彩りが生まれて気持ち良い空間を演出してくれます。風水の効果も期待できることからプレゼントに最適なので、ぜひチェックしてみてください。

  1. パキラ
  2. ガジュマル
  3. オリーブ

①パキラ|花言葉「快活」

日当たり 日当たりのいい置き場所(室内)
温度 最低10℃以上をキープ する
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなって(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)一週間程度あけた後

パキラは、手のひらを広げたように葉っぱを咲かせる観葉植物です。別名「Money Tree(発財樹)」とも呼ばれ、金運アップの効果があるとされています。

花言葉は「快活」で、お父さんとお母さんに「いつまでも元気でいてほしい」と気持ちを込めて贈ることができる植物です

風水では金運アップの効果以外にも、邪気を払ったり健康運をアップさせたりしてくれる頼もしい植物です。葉水で葉っぱをきれいに保つと、さらに風水効果が高まるとか。

また、一年を通して日当たりのいい置き場所で管理ができると、新芽がどんどん成長します。大きくさせたい場合は日中の気温が高い時間に、日光にしっかりと当てましょう。

[https://andplants.jp/collections/pachira]

②ガジュマル|花言葉「健康」

日当たり 日当たりのいい場所(室内)
温度 最低0℃以上キープする
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
水やり  春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)2〜3日後

ガジュマルは、たくましい幹をしているユニークな観葉植物。お世話もしやすいので植物初心者のお父さん、お母さんにもおすすめです。小さめの鉢のサイズのものからあるので、気軽に贈りやすく、植物と他のものをセットで贈るのも良いでしょう。

ガジュマルの花言葉は「健康」です。お父さんとお母さんに「いつまでも健康で元気でいてほしい」とメッセージを込めて贈れる植物です

定番ではあるものの幹それぞれが独特な形をしているので、おしゃれなインテリアとして飾られることも多いです。

[https://andplants.jp/collections/chinesebanyan]

③オリーブ|花言葉「平和」

日当たり 日当たりのいい置き場所(屋外)
温度 -5℃まで耐えられる
耐寒性 強い
耐暑性 強い 
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)2~3日後

オリーブは「平和の象徴」とも呼ばれる幸せを運んでくれる観葉植物です。風水では邪気を払う効果があるとされており、贈り物に適しています。

平和の象徴といわれているように花言葉にも「平和」の意味があります。父の日、母の日のプレゼントにもおすすめです。

外の地植えにも対応できる耐寒性、耐暑性を持ち合わせていて、お家のシンボル的な存在になってくれます。

お世話がしやすく、屋外で管理する場合は特別な注意は不要です。ただし、湿気が続く状態が苦手なのでお水のあげすぎには気をつけるとよいでしょう。

[https://andplants.jp/collections/olive]

父の日と母の日に贈るおすすめのギフト

父の日と母の日にまとめてプレゼントを贈る際のおすすめのギフトを紹介します。ペアアイテムや孫がいるお父さんお母さんには孫に関連したギフトを贈るのも素敵でしょう。

  1. ペアアイテム
  2. 孫に関連するアイテム
  3. グルメギフト
  4. カタログギフト

①ペアアイテム

お父さんとお母さんに一緒にプレゼントを贈るならやはりおすすめなのはペアアイテムです。

ペアアイテムの定番といえば、お箸、お茶碗、マグカップなどの日頃使う食器類です。よく結婚のお祝いでペアアイテムを贈ることがありますが、お父さんとお母さんに一緒にプレゼントを贈るなら、仲良く使ってもらえるようにペアアイテムを贈るのが素敵でしょう。

ペアアイテムで「お父さんとお母さんがこれからも仲良しでいられるように」と思いを込めて贈ることもできます。後ほどおすすめのアイテムの種類も紹介していきます。

②孫に関連するアイテム

孫がいるお父さんお母さんには、孫に関するアイテムのプレゼントがおすすめです。孫の成長をアルバムにしたもの、写真立て、孫の写真のカレンダーなどが人気で喜ばれます。

また、孫の写真やイラスト入りのグッズをオリジナルで制作してくれるお店もあるので、マグカップやエコバックにすることもできます。

60代、70代のお父さんお母さんであれば孫と会うのが一番の幸せと感じる人も多いはず。オリジナルの孫のアイテムで喜んでもらいましょう。

③花

母の日の贈り物の定番であるお花のギフトを父の日と母の日で一緒に贈るのも良いでしょう。「お父さんはお花のプレゼントのイメージではないな」と感じる場合は、お花と他のプレゼントを一緒に贈るのも良いです。

日頃お花をもらう機会が少ない人も多いかと思いますが、お花があるだけで特別感があり、いつもとは違う特別な日を演出できます。

お花のギフトは大きく分けると花束と鉢植えのタイプがあります。お花が好きで部屋に飾りたいと思う人は花束、お世話好きで植物が好きなお母さんには鉢植えのお花がおすすめです

[https://andplants.jp/collections/flowers]

④グルメギフト

お父さんとお母さんへの贈り物に、グルメギフトのプレゼントも喜ばれます。お父さんとお母さんの食の好みに合わせて贈るのがおすすめです。

ちょっと高級なスイーツやお肉のギフト、コーヒー好きであればコーヒーのギフトセットなどもいいかもしれません。日頃自分では買わないようなリッチなものをもらえるとやはり嬉しいですよね。

お父さんとお母さんの健康にも気遣いながら、体に良い栄養のあるグルメギフトを贈るのも素敵です。

⑤カタログギフト

どんなプレゼントにしようか悩んでしまう人は、カタログギフトで好きなものを選んでもらう方法があります。

カタログギフトは、一般的な雑貨類やグルメを選べるもの、温泉、スパなどの体験型ギフトを選べるものと幅があります。内容もたくさんの種類から選べるので、きっと好きなものが見つかります。

カタログギフトは選ぶ楽しさがあり、体験型のものはいつもと違う素敵な時間を過ごせるので、父の日母の日のプレゼントに最適でしょう。

おすすめのペアアイテム

父の日、母の日のプレゼントを一緒に贈る際のおすすめのペア商品を紹介します。

ペア商品の良いところは、ふたりの品の差がないので贈りやすい点、「夫婦これからも仲良くいてほしい」とメッセージを込められる点です。

ペアアイテムはなかなか自分で買うこともないので、プレゼントでもらえば、お父さんお母さんも嬉しいでしょう。

どのようなペアアイテムがいいかぜひチェックしてみてくださいね。

  • パジャマ|UCHINOマシュマロガーゼ ベーシック
  • sghr(スガハラ) カスケード|ロック ペア
  • ロクメイコーヒー|カフェベース&ドリップバッグ詰め合わせ

パジャマ|UCHINOマシュマロガーゼ ベーシック

上質な着心地で快適に過ごせると有名なUCHINOのパジャマ。元々タオルメーカーだったUCHINOが販売するマシュマロガーゼのパジャマは、綿100%で、柔らかい着心地、保温性、吸水性、通気性に優れた生地が使われています

着心地を追求したシルエットで、デザインもシンプルなので、色違いのペアで贈りやすいプレゼントです。メンズ用レディース用とそれぞれ販売しています。健康にも大きく関わる睡眠を心地良くとってもらえるように贈りましょう。

マシュマロガーゼ ベーシック
出典 : UCHINO

 

sghr(スガハラ) カスケード|ロック ペア

グラスやカップ、食器などガラス製品を制作、販売しているスガハラグラスのペアグラスのギフトです。洗練されたデザインが特徴的で、カスケードは惑星の軌道を思わせるようなグラスの曲線が美しいグラスです

お酒が好きなお父さんお母さんには、お酒用のグラスにして使ってもらうのがおすすめ。いつものお酒がより美味しく感じられるでしょう。

グラスと一緒に好きな銘柄のお酒やいつもは飲まないような特別なお酒を贈るのも素敵です。

カスケード|ロック ペア
出典 : 菅原工芸硝子株式会社

ROKUMEICOFFEE|カフェベース&ドリップバッグ詰め合わせ

ロクメイコーヒーは、創業1974年の奈良の珈琲店で、自家焙煎のスペシャリティコーヒー(とても希少な珈琲豆を使ったコーヒー)の専門店です。品質の高い珈琲豆を使い、こだわりのある珈琲作りをしています。

おすすめのギフトセットは、カフェベースとドリップバックのセットです。気温が高くなってくるこの時期は、牛乳と割ってラテにできるカフェベースも人気があります。本格的なコーヒーの香りを楽しめるドリップとカフェベースで、そのときの気分に合わせて好きなタイプを楽しめます。

コーヒーが好きなお父さんお母さんにはたまらないプレゼントですね。

ROKUMEICOFFEE|カフェベース&ドリップバッグ詰め合わせ
出典 : ROKUMEICOFFEE

父の日と母の日におすすめの花

父の日と母の日におすすめのお花を紹介します。それぞれの定番のお花をお父さんとお母さんにそれぞれに贈るのも素敵です。お花のギフトの種類や贈り方なども併せて紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 母の日の定番|カーネーション
  • 父の日の定番|ひまわり

母の日の定番|カーネーション

母の日にプレゼントするお花の定番といえばカーネーションです。母の日にカーネーションを贈ったことのある人も多いのではないでしょうか。

カーネーションは花束やアレンジメントの切花のタイプと鉢植えのタイプで贈ることができます。花束やアレンジメントはお部屋にお花を飾って楽しみたい人におすすめで、鉢植えは植物を育てることが好き、もしくはなるべくお花を長く楽しみたい人におすすめです。

また、花束やアレンジメントなどの切花のカーネーションと鉢植えのカーネーションの管理の大きな違いは日当たりです。

切花のカーネーションは日光の当たらない涼しい場所で管理するのに対し、鉢植えのカーネーションは日当たりの良いところでしっかり日光を当てて管理します。切花に日光を当てて管理するとお花が早く終わってしまいます。

切花と鉢植えの管理は、日光の当て方に違いがあるので、管理する際は参考にしてみてください。

父の日の定番|ひまわり

父の日のお花のプレゼントで定番となってきているのが、ひまわりです。ひまわりには「あこがれ」の花言葉があり、父の日のプレゼントにぴったりのお花で人気が高まっています。6月の父の日の時期には、ほとんどのお花屋さんでひまわりの入荷が始まっています。

ひまわりは花束やアレンジメントでプレゼントするのがおすすめです。ひまわりは太陽に向かって真っすぐに茎を伸ばすので、茎の長さを生かしてロングの存在感のある花束にしたり、短めのブーケ風で可愛らしく仕上げたりするのも良いです。

父の日が近くなると、父の日用にひまわりを使った商品を展開するお店もあるので、ひまわりのアレンジメントを販売していることもあります。予算やイメージを伝えてお店の人に作ってもらうこともできるので、父の日にはぜひ、ひまわりを贈ってみてください。

父の日と母の日のギフトをまとめて贈る方からよくある質問

父の日と母の日のギフトをまとめて贈る方からよくある質問を紹介します。贈るタイミングやプレゼントの種類で悩む人も多いかもしれません。

また、義理の両親に贈る際もとても気を遣いますよね。どのような点に注意が必要なのか解説するので、参考にしてみてくださいね。

  • まとめて贈るならいつ?
  • 手作りのプレゼントはアリ?
  • 義理の両親にまとめてプレゼントを贈る際の注意点は?

まとめて贈るならいつ?

父の日と母の日のプレゼントをまとめて贈る場合には、母の日に贈るのが望ましいです

先にくる母の日のタイミングでプレゼントがないと「今年はプレゼントがないのかな」と思わせてしまい、母の日のプレゼントを父の日に一緒に渡すと遅れた印象になってしまします。

プレゼントは渡すのが遅れないように早めに贈り、お父さんとお母さんに喜んでもらえるタイミングで贈るようにしましょう。

手作りのプレゼントはアリ?

父の日と母の日に手作りのプレゼントはアリです。孫からの手作りのプレゼントは特に喜んでもらえるでしょう

孫が書いたイラストをハンカチにしたり、キーホルダーにしたりグッズを作ることもできます。また、メッセージカードを一工夫して凝ったものにするのも良いです。

手作りのプレゼントは、この先もずっと大事にしまっておきたくなるような、あたたかいプレゼントになりそうですね。

義理の両親にまとめてプレゼントを贈る際の注意点は?

義理の両親に父の日と母の日のプレゼントをまとめて贈るのはあまりおすすめしません。実の両親であればコミュニケーションをとればまとめて贈ることを理解してくれると思いますが、義理の両親に理解してもらうのが難しいこともあります。

義理の両親との日頃の関係性によっても変わるところですが、できれば父の日、母の日それぞれで渡すことが望ましいです。

まとめて贈る場合には、プレゼントがどちらかの好みに偏ってしまっていないか、ふたりに喜んでもらえるものになっているか注意して贈りましょう

まとめ

父の日と母の日に一緒に贈るおすすめのギフトを紹介しました。まとめて贈る際は、お父さんとお母さんどちらかの好みに偏ってしまわないように、ふたりに喜んでもらえるギフトを贈るのが大切です。

おすすめはペアアイテムで、ふたりの品に差がなく、「夫婦これからも仲良くね」とメッセージも込めて贈ることができます。

父の日、母の日は感謝の気持ちを伝えることがとても大切なので、気持ちを伝えながらプレゼントを贈って喜んでもらいましょう。

伊藤 芙季(ito fuki)
ウェディング専門の花屋で会場装花やブーケを制作し、フラワーコーディネーターとして働いた後、フラワーショップにて生花を販売。 花の仕事で10年のキャリアを積み、店長を経験。 花や植物が大好きで、季節ごとに楽しめる花の名所や植物園を巡っています。 花の魅力、飾る楽しさ、贈る楽しさをたくさんの花に触れてきた経験から発信していきたいと思っています。 花や植物があることで豊かになる時間、心、空間を共有できると嬉しいです。