商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

移転祝いにおすすめの花

移転祝いにおすすめの花|相場とマナー

移転祝いは、企業の社屋や事務所、店舗が移転した際のお祝いです。新たな地で更なる発展を祈ってお花を贈ります。お付き合いのある、お世話になった会社などが移転した際などビジネスシーンで贈られるお花でもあります。

「移転する=事業の拡大」であるケースが多いので、企業が益々大きくなっていることをお祝いする意味もあります。逆に、事業縮小のための移転には、お祝いを贈らないことがマナーです。

この記事では、移転祝いに贈るお花のマナーや注意点を解説していきます。ビジネスシーンで贈る機会がよくあるという会社も多いかもしれません。会社同士のお付き合いとしても大事なお祝い花になるので、ぜひ参考にしてみてください。

AND PLANTSでは、お祝いや送別時に人気のセレブレートブーケをご用意しています。

贈り物にぴったりな華やかな花束をお探しの方は、ぜひ詳細を確認してみてください。

[https://andplants.jp/products/celebrate_bouquet_cool_color_large]

移転祝いにおすすめの花

移転祝いにおすすめのお花を紹介します。 移転祝いのお花は新たな事務所や店舗に飾りやすいものが好まれます。移転先や予算に合わせて適した花ギフトを選んでいきましょう。鉢物である胡蝶蘭、切り花のアレンジメント、スタンド花、それぞれの特徴を紹介していきます。

  1. 胡蝶蘭
  2. アレンジメント
  3. スタンド花

①胡蝶蘭

気品がある豪華な花ギフトといえば胡蝶蘭です。お店の開店祝いで贈られることが多く、お祝い事によく用いられるお花です。

胡蝶蘭には、「幸福が飛んでくる」という縁起の良い花言葉があり、お祝い事に用いられるようになった理由のひとつです。名前に「蝶」の字が入っているように、蝶が幸せを運んでくるイメージを連想させます。

胡蝶蘭は鉢植えになりますが、鉢植えのお花には「根付く」という意味があり、その場所でしっかり根を張り、仕事を繁栄させていくという重ねて縁起の良い意味のあるお花です。

また、胡蝶蘭は花持ちも良く、2~3カ月程度はきれいにお花が咲き続けるので、長く移転先で楽しんでもらうことができます。

[https://andplants.jp/collections/phalaenopsis]

②アレンジメント

そのまま置いて飾れるアレンジメントは色んなお祝いの場面で贈られるお花です。アレンジの大きさは希望の予算に合わせて作ってもらうことができるので、移転先が手狭であればコンパクトなサイズで、大きなオフィスであれば、豪華なサイズにすることが可能です。

アレンジメントは、その場所を鮮やかに彩るので、オフィスやお店に飾るのに適しています。会社のコーポレートカラーやイメージがあれば、合わせた色のお花で贈るのも良いでしょう。移転先に並んだ際にインパクトがあり、喜ばれます。

[https://andplants.jp/collections/all_arrange]

関連記事:花束とアレンジメント|違いと活躍シーン

③スタンド花

見栄えのする豪華なお祝い花といえばスタンド花です。開店したお店の前にスタンド花が並んでいる光景を見たことのある人も多いのではないでしょうか。

移転先が広くスペースがある場合は盛大に祝えるスタンド花が良いでしょう。高さは2m近くあり、存在感があります。スタンド花は花が1段のタイプと下の部分にもお花がつく2段のタイプがあります。見栄えを重視する場合は、2段がおすすめです。

スタンド花は置くスペースが必要となるので、移転先で置くことができるか事前に確認が必要です。よほど広くなければオフィス内に飾るのは難しいので、会社の前、お店の入り口付近などによく飾られます。

[https://andplants.jp/products/stand_flower-1_step-orange]

法人|移転祝いの花の相場

会社から会社へ贈る法人の移転祝いのお花の相場を紹介します。相手の企業との関係性や、事業の規模感を考慮して予算を決めます。

お祝いのお花が小さすぎると他のお花と並んだときに見劣りし、大きすぎると先方に気を遣わせてしまうこともあるので、相場感を把握しておくことは大切です。

  • 一般的な取引先|10,000~30,000円
  • 重要な取引先|30,000~50,000円

一般的な取引先|10,000~30,000円

 一般的な取引先へのお花の相場は10,000~30,000円です。胡蝶蘭、アレンジメント、スタンド花どれも適しています。

胡蝶蘭は、1本の茎に花が連なるようについており、3本立ち、5本立ちというように大きさが表現されます。一般的な取引先の方へは、スタンダードな3本立ちが良いでしょう

スタンド花の予算は、1段が15,000円~、2段が20,000~が目安となっています。希望するボリューム感に応じて選びましょう。

[https://andplants.jp/products/stand_flower-1_step-orange]

重要な取引先|30,000~50,000円

日頃からお付き合いがある重要な取引先へのお花の相場は、30,000~50,000円です。取引の頻度が高い相手や、今後の取引が重要になる相手など関わりが深くなれば相場も上がります。

胡蝶蘭のサイズは、5本立ちがおすすめです。5本立ちでも、ついている花の輪数がものによって異なるため価格は30,000円~50,000円と幅があります。

胡蝶蘭は本数だけでなく、花の輪数、花のサイズでもグレードが分かれているので、輪数が多く、花のサイズが大きいものを選ぶとより見栄えが良く豪華です

個人|移転祝いの花の相場

友人や親族など個人から贈る移転祝いのお花の相場を紹介します。親しい友人や親族が仕事の成功による移転をしたら、お祝いをしたいですよね。

個人でお花を贈る際は、形式など気にする必要はありませんが、適度な相場で贈ることが大切です。相場から外れて大きなものを贈ると相手気を遣わせてしまうことがあるので、適度なサイズのものを贈りましょう。

友人知人|5,000~10,000円

友人・知人へのお花の相場は5,000~10,000円です。相手の好きな色や好みに合わせてお花を選びましょう。

花ギフトのタイプは、アレンジメント、ミディコチョウランがおすすめです。ミディコチョウランは、コチョウランの小型品種です。花が長持ちするので、移転祝いに適しています。

[https://andplants.jp/collections/phalaenopsis]

親族|10,000~20,000円

親族へのお花の相場は10,000~20,000円です。3本立ちの胡蝶蘭やアレンジメント、盛大なお祝いにはスタンド花も良いでしょう。

移転のタイミングは慌ただしくしていることが多いので、手間がかからないアレンジメントがおすすめです。

花瓶に生け変える必要がなく、お花が挿してある吸水性スポンジにお水を足すだけで大丈夫です。切り花なので、日持ちは一週間程度が目安になります。

[https://andplants.jp/products/flower-arrange-green-large]

移転祝いの花を贈る際のマナー

移転祝いのお花を贈る際のマナーを解説します。移転は引っ越しを伴うので、贈るタイミングも気を遣うものですが、贈るのが遅くなってしまうと相手に失礼になります。

ビジネスシーンで贈られる移転祝いのお花は、立て札も重要です。先方と自分の会社の名前が載るので文字の間違えがないように注意する必要があります。

  • 移転完了日の前日から2週間以内に贈る
  • 立て札を付けて贈る

移転完了日の前日から2週間以内に贈る

移転祝いのお花を贈るタイミングは、移転完了日の前日から2週間以内です。知らされている移転日の前々日より前は、引っ越し作業で慌ただしくしている可能性が高いので、移転日の当日にお花を贈るのが理想的です。当日に移転先でセレモニーなどある場合もあるので、事前にスケジュールを確認して贈りましょう。

移転は工事の進行状況や、引っ越しスケジュールの都合で遅れることも十分に考えられます。知らされている移転日から実際の移転日が変更になっていないか確認してから、お花を手配すると安心です。

立て札を付けて贈る

会社から会社へ贈る法人のお花には立て札を付けることが一般的です。立て札は、移転先でお花が飾られたときに、誰から贈られたお花なのか分かるようにする役割があり、会社同士のお付き合いがあること、会社名のアピールにもなります。

札には、「移転祝い」「祝御移転」「祝御移転祝」などとお祝いの字が赤文字で最初に入り、その後に宛名、贈り主の名前が入ります。お祝いの頭書きに迷ってしまうときは「御祝」にすると万能なのでおすすめです。

立て札はお花を注文するお店で用意してもらうことができますが、漢字の間違えなどがないように正しく伝えることが重要です。漢字やローマ字の綴りなど細かいところが間違えやすく、間違って札に記載されてしまっていた場合、大変な失礼となってしまいます。

会社名、代表社名など念入りに確認するようにしましょう。

移転祝いの花を贈る際の注意点

移転祝いのお花を贈る際にタブーとされていることがいくつかあります。移転でもお祝いを贈らないとされている場面や、移転祝いに適していないお花もあります。

ビジネスフラワーとして贈られる機会が多い移転祝いのお花は、特にお花のマナーに気を付けたい用途のお花です。スマートにお花を贈ることができるように、チェックしていきましょう。

  • 業務縮小による移転には花は贈らない
  • 赤色の花やラッピングは使わない
  • 香りや花粉に注意する
  • 造花やドライフラワーは贈らない

業務縮小による移転には花は贈らない

移転は、事業拡大のためとは限らず、事業の縮小や経営悪化のために移転することもあります。そのような理由からの移転にお祝いを贈るのは失礼となってしまいます。

お付き合いのある会社の移転がどちらの理由によるものなのか分からない場合は、それとなく関係者に確認が必要です。場合によっては、お花を贈らない方が良い場合もあり、お相手が望まないお祝い花は、今後の取引に影響し、関係の悪化を招くこともあるので気を付けましょう。

赤色の花やラッピングは使わない

火を連想させる赤のお花は「火事」を思わせるため、移転祝いのお花にはタブーとされています。真っ赤なラッピングも避けた方が良いでしょう。

また、赤は「赤字」を連想させるともいわれます。火事や赤字で会社が「廃れる」「傾く」というネガティブなイメージを与えることもあるので、赤のお花は避けましょう。

会社のロゴ、イメージカラーなどのコーポレートカラーが赤である会社もあると思いますが、その場合は使用しても問題ありません。相手が希望されることもあるので、そのときにはイメージや希望に合わせたお花を用意するのが良いです。

香りや花粉に注意する

移転先がお店で、特に飲食店である場合は、お花の香りが料理の邪魔をしてしまうことがあります。飲食店にお祝いのお花を贈る際は、香りの強いお花は避けるようにしましょう。

花粉があるお花も注意です。切り花で花粉が出るお花は多くはありませんが、花の細かい花びらや粉が舞うお花、花びらや葉が落ちやすいお花は、お客さんの服を汚してしまったり、お店も汚したりする恐れがあります。

散りやすいお花も縁起が悪いので、お祝い花にはなるべく入れないようにしましょう。

造花やドライフラワーは贈らない

移転祝いに造花やドライフラワーは贈りません。造花やドライフラワーは、枯れることはありませんが、成長もありません。造花は人工的なものであり、ドライフラワーは枯れているものなので、あまり良い印象を与えるとはいえません。

移転祝いに適しているのはやはり生花です。生命のエネルギーに溢れ、これから会社の更なる成長と発展を願って贈るのにぴったりです。生花の瑞々しいフレッシュな華やかさで、移転先を彩りましょう。

移転祝いの花を贈る方からよくある質問

移転祝いのお花を贈る際のよくある質問を紹介します。メッセージカードは必要か、観葉植物は移転祝いに適しているのかなど解説していきます。移転祝いのお花を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

  • おしゃれな移転祝いの花はある?
  • 移転祝いの花にメッセージカードは必要?
  • 花以外の移転祝いとして観葉植物は大丈夫?

おしゃれな移転祝いの花はある?

花ギフトのタイプはやはり、胡蝶蘭、アレンジメント、スタンド花がおすすめですが、その中でデザインを工夫するとおしゃれな印象になるものもあります。

アレンジメントやスタンド花は、他のお花と差別化するように、コーポレートカラーでテーマをはっきりしたものにしたり、春であれば桜、夏はヒマワリなど季節を象徴するお花を大胆に使ったりするのも良いです

お店によっては、スタンド花のスタンドのタイプを選べるお店もあるので、おしゃれなデザインのものはあるか確認してみると良いかもしれません。

胡蝶蘭の王道の色は白ですが、ピンク系や赤、黄色など色の種類が増えています。少し珍しい色を選ぶと他のお花とも被らないのでおすすめです。

移転祝いの花にメッセージカードは必要?

メッセージカードは、必ず必要というものではありませんが、付けると尚良いです。立て札とは別にメッセージカードを付けることもあり、メッセージカードがあるとよりお祝いの気持ちが伝わりやすく丁寧な印象で、もらった人も嬉しいですよね

「この度は新社屋のご落成、心よりお祝い申し上げます。」

「事業拡大によるご移転、誠におめでとうございます。新たな環境にて、貴社の更なるご繁栄をお祈り申し上げます。」

上記を例にメッセージカードに言葉を添えて贈ると良いでしょう。

花以外の移転祝いとして観葉植物は大丈夫?

移転祝いに観葉植物もとても喜ばれます。観葉植物は風水的にも良いといわれるため、新たなオフィスなどに観葉植物を置きたいと思う人は多いです。お花よりも長く楽しめるため、観葉植物を歓迎する会社もあるでしょう。

移転祝いには、発財樹の「パキラ」がおすすめです。縁起の良い意味合いがあり、育てやすい種類の観葉植物です。

また、花以外の贈り物は下記の記事にもまとめていますので、参考にしてみてください。

関連記事:花以外で選ぶ移転祝い|相手別おすすめギフトと贈り方

まとめ

移転祝いに贈るお花について解説しました。ビジネスシーンでよく贈られるお花である移転祝いには、胡蝶蘭、アレンジメント、スタンド花が適しており、観葉植物も喜ばれます。

移転祝いには、注意が必要な花のマナーがあります。事業の縮小に伴う移転にはお祝いは贈らないこと、赤のお花は「火事」や「赤字」を連想させるため縁起が悪いこと、造花やドライフラワーは適していないため贈らないことなど贈る際には気を付けましょう。

花のマナーを守り、今後の更なる事業の発展を祈りながら移転祝いのお花を贈りましょう。

伊藤 芙季(ito fuki)
ウェディング専門の花屋で会場装花やブーケを制作し、フラワーコーディネーターとして働いた後、フラワーショップにて生花を販売。 花の仕事で10年のキャリアを積み、店長を経験。 花や植物が大好きで、季節ごとに楽しめる花の名所や植物園を巡っています。 花の魅力、飾る楽しさ、贈る楽しさをたくさんの花に触れてきた経験から発信していきたいと思っています。 花や植物があることで豊かになる時間、心、空間を共有できると嬉しいです。