商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

ハボタンの花言葉|色別や誕生花、名前の由来

ハボタンの花言葉|色別や誕生花、名前の由来

冬の庭先を明るく彩るハボタン。最初見たときはキャベツ?と思いませんでしたか。それもそのはずヨーロッパで食用とされていたキャベツの仲間で、明治時代に日本に渡来した植物です。そんなハボタンの花言葉や誕生花、名前の由来などについてご紹介します。

お花のプレゼントを探している方は、AND PLANTS専属フローリストが厳選した「季節のおまかせブーケ」もおすすめです。

[/collections/custom_flower]

ハボタンの特徴

植物名 ハボタン
学名 Brassica oleracea var. acephala
英名 ornamental cabbage
科名 アブラナ科
属名 アブラナ属
原産地 西ヨーロッパ
開花期 11月~3月(鑑賞期)

ハボタンはアブラナ科アブラナ属の植物です。キャベツの仲間であるケールを改良して作られた植物で、日本には江戸時代末期に食用として渡来し、のちに観賞用として栽培されるようになりました。英語では「ornamental cabbage」といい「装飾的なキャベツ」という意味があります。

その後、日本でハボタンの改良は盛んになり、丸葉系やちりめん葉、切れ葉といった様々な形状のハボタンが生み出されました。

1年草で10㎝~50㎝ほどの高さになります。葉に色を付けるのは11月~3月で、花や葉が少なく寂しい印象になりがちなお庭に彩りを与えてくれます。

ハボタンの花言葉|「祝福」「愛を包む」など

ハボタンの花言葉は「祝福」「愛を包む」「慈愛」「物事に動じない」「利益」といわれています。葉が何枚も重なって包まれている様子から「愛を包む」という言葉がついたそうです。

また、紅白で飾ることが多いことから「祝福」といった言葉がついたとも。

お正月など飾られるのに適した縁起の良い花言葉ですね。ハボタンには紫や白といった葉色がありますが、色別の花言葉はありません。

ハボタンに怖い花言葉の意味はない

ハボタンを年末やお正月にプレゼントされる人もいると思います。ハボタンには怖い花言葉はないので安心してください。「祝福」や「愛を包む」といった温かい花言葉が多いので、お祝い事にはぴったりの植物です。

ハボタンの誕生花

ハボタンの誕生花は11月27日、12月4日、12月30日です。

ハボタンの名前の由来

ハボタンは葉の形がボタンに似ていることから名づけられました。別名「ハナキャベツ」と呼ばれることもあります。

お正月などに飾られる縁起のよいイメージのハボタンですが、なぜお正月に飾られるようになったのでしょうか?

古来より日本ではお正月に牡丹の花を飾っていたそうです。牡丹の花は高価だったので、江戸時代に渡来したハボタンが価格も手ごろで日持ちすることから庶民が飾り始めたのがきっかけだそうです。

その後も改良が進み「古典園芸観葉植物」ともいわれています。

ハボタンの育て方

ハボタンは低温になると葉の色が変わるという性質があります。11月の開花に合わせて種から育てる場合は6月ごろに種まきをします。

高温すぎると発芽しなかったり生育不良を起こすので、発芽するまでは半日陰で育てます。 葉が2~3枚出てきたらポットに植え替えて管理しましょう。

その後地植えする場合は日当たりがよく水はけのよい場所で育てます。

関東以西では地植えでも育ちますが、なるべく霜が降りない場所が最適です。ハボタンは1年草なので4月ごろ花が出てきたら処分するのが一般的ですが、そのままにしておくと5月ごろ脇芽が出てその上にハボタンができます。

伸びた茎の曲がり具合が踊っているように見えるため「踊りハボタン」と呼ばれています。

ハボタンは食べられる?

ハボタンはもともと食用として輸入され、キャベツやケールの仲間なので食べることはできます。ただし改良が進むにつれ葉は固く苦みが増えてきてあまりおいしいものではないそうです。

また、観賞用として作られたハボタンは農薬が使われていることがあります。そういった意味から食用には適していないといえますね。もしもどうしても食べてみたいというときは種から育ててみることをおすすめします。

お花の贈り物を検討している方へ:花束・ブーケがおすすめ

贈り物にピッタリの花言葉を選ぶのと同時に、相手の雰囲気に合う花束やブーケをプレゼントするのもおすすめです。

特に、AND PLANTSのお花は専属のフローリストが旬のものを厳選しています。届いた時に感じる新鮮なお花の香りも楽しみのひとつです。

色は「イエロー」「ピンク」「オレンジ」「グリーン」「ブルー」の5つがあるため、相手に相応しいテイストが見つかるでしょう。

また、AND PLANTSでは12時までの購入で即日発送可能です。お急ぎの方は、ぜひ下記よりご覧になってみてください。

[/collections/custom_flower]

まとめ

お正月に飾るイメージが強いハボタン。江戸時代から日本人に愛されてきた植物だったのですね。小さなハボタンは切り花としてお正月飾りのアレンジなどにも使われます。冬の寒い季節でも長くたくましく咲く力強いハボタンからは元気をもらえますよ。

森野陽子(morino yoko)
小さなころからの動植物好きが高じて、大学で庭の設計、庭園学などを学びました。 卒業後は住宅・ガーデンエクステリア系の編集部でライター・エディターとして仕事をし、お庭や植物の知識を増やしてきました。 今はファーマーズマーケットのお花屋さんでお手伝いをしながらフリーライターをしています。 お花や植物、樹木の面白さや植物と一緒に暮らすことの楽しさをお伝えしていけたらと思っています。