商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

モモ(花桃)の花言葉|誕生花、名前の由来、育て方など

モモ(花桃)の花言葉|誕生花、名前の由来、育て方など

3月3日のひな祭りは「桃の節句」とも呼ばれ、モモ(花桃)を飾りお祝いします。モモ(花桃)の咲く時期は梅とサクラ(ソメイヨシノ)の間で、濃いピンク色や白の花をつけます。春をお祝いするようなモモ(花桃)の花言葉や誕生花、名前の由来などについてご紹介します。

モモ(花桃)の特徴

植物名 モモ(花桃)
学名 Prunus persica
英名 peach blossom
科名 バラ科
属名 モモ属
原産地 中国
開花時期 3月~4月

モモ(花桃)はバラ科モモ属の落葉高木です。原産は中国。日本には弥生時代に渡来したとされ、古くから日本に親しみのある植物です。実を楽しむための果樹のモモと、花を楽しむために品種改良された花桃(ハナモモ)があります。

モモ(花桃)の開花期はわりと長く、梅の花が終わる3月頃咲きだし、サクラ(ソメイヨシノ)が咲き始め散ってしまっても、4月末頃まで楽しめます。ちょうどひな祭りの時期に咲くのでひな祭りの飾りに使われるようになったのですね。

一重咲きや八重咲きがあり、花の色も白やピンクなどさまざま。しだれるように咲く品種もあります。

モモ(花桃)の花言葉|「チャーミング」「天下無敵」など

モモ(花桃)の花言葉には「私はあなたのとりこ」「天下無敵」「気立てのよさ」「チャーミング」などがあります。モモの花が女性を敬う象徴とされているため、「気立ての良さ」や「チャーミング」といった言葉が付けられたといわれています。

また、「天下無敵」は古事記に書かれているイザナギノミコトが鬼退治にモモの実を投げつけて退治したことが由来なのだとか。これは、昔話の桃太郎の由来にもなっているそうです。

モモ(花桃)の誕生花

モモ(花桃)の誕生花は、3月3日、3月5日、4月12日です。

モモ(花桃)の名前の由来

モモ(花桃)の名前の由来には、実がたくさんなることから「百(モモ)」という言葉が語源となっているという説があります。また実が赤く燃えているように見えることから「燃実(モエミ)」がモモと転じたという説、毛がたくさん生えていることから「毛毛(モモ)」と呼ばれたなどさまざまな説があります。

モモ(花桃)の伝説・風習

モモ(花桃)は2500年ほど前に中国で栽培されていたとされ、日本には紀元前300年ころ、弥生時代には渡来していたといわれています。「桃」という漢字は「木」偏に「兆し」と書きますが、これは多くの実を付けることが子だくさんの予兆とされ、多産を意味する縁起のよい樹木とされてきました。そのことから「桃の節句」が「女の子の節句」とされたそうです。

モモの節句とひな祭りの関係

3月3日は古代中国の陰暦で5節句の一つにあたる「上巳(じょうみ・じょうし)の日」です。この時期にちょうどモモの花が咲くことから「桃の節句」とも呼ばれます。日本では平安時代にこの日を女の子の節句である「ひな祭り」としてお祝いするようになりました。モモの花は女性を敬う象徴とされたことから女の子のお祭りにはぴったりの花ですよね。

モモ(花桃)の育て方

モモ(花桃)は花を観賞するために江戸時代に品種改良されました。枝垂れ性や立ち性など樹形もさまざま。花の咲き方も八重や一重などがあります。色は白やピンク、両方の花を咲かす源平咲という種類もあります。大きくなるので鉢植えには不向きです。

苗木は11月~12月にかけて植えつけます。お庭に植える場合は、日当たりが良くスペースのある場所に植えましょう。日陰に植えると徒長して花が付きにくくなるので、なるべく日光を当てることが大切です。強風が吹くと枝が折れてしまうことがあるので、風が吹き向ける場所に植えることは避けましょう。

モモ(花桃)の種類

代表的なモモ(花桃)の種類をご紹介します。

  1. 矢口
  2. 菊桃
  3. 源平

矢口

八重咲で薄いピンク色の花が咲きます。開花期は3月で、花もちも良くひな祭りに切り花として飾られます。女の子が生まれたときの誕生祝いやシンボルツリーとして植樹するのもおすすめです。

菊桃

花びらがキクのように細長く、濃い紅色をしています。密になって咲く八重咲きの花桃です。開花期は4月と遅咲き。別名は源氏車といいます。

源平

1本の木から赤と白の花を咲かせる花桃です。白と赤のほかに絞り咲という斑入りの花も見られ、実際は3色の花があるように見えます。枝垂れて咲くため「源平枝垂れ」とも呼ばれています。

モモ(花桃)の花言葉によくある質問

モモ(花桃)の花言葉によくある質問についてまとめました。

  1. モモ(花桃)に怖い花言葉はある?
  2. モモの実に花言葉はある?

モモ(花桃)に怖い花言葉はある?

モモ(花桃)の花言葉にはこわい花言葉はありません。モモ自体が不老不死の薬と信じられていたり、悪い気を払うといわれていて、縁起の良い花とされています。春の運気を上げるのにピッタリの花なので、贈りものにしたり部屋に飾ってもよいかもしれませんね。

モモの実に花言葉はある?

モモには花だけではなく実にも「天下無敵」という花言葉があります。これはイザナギノミコトが桃の実をなげつけて鬼を退治したことからつきました。桃太郎という名前もこの伝説からついたように、とても強い印象の花言葉ですよね。

まとめ

梅とサクラとならんで春を彩るモモ(花桃)。枝いっぱいに濃いピンクの花を付ける姿は華やかで明るい気持ちになれますね

切り枝でも長く花を楽しめるため、ぜひお部屋にかざってみてはいかがでしょうか?

森野陽子(morino yoko)
小さなころからの動植物好きが高じて、大学で庭の設計、庭園学などを学びました。 卒業後は住宅・ガーデンエクステリア系の編集部でライター・エディターとして仕事をし、お庭や植物の知識を増やしてきました。 今はファーマーズマーケットのお花屋さんでお手伝いをしながらフリーライターをしています。 お花や植物、樹木の面白さや植物と一緒に暮らすことの楽しさをお伝えしていけたらと思っています。