ウスネオイデスの育て方

ウスネオイデスの育て方

植物名 ウスネオイデス
学名 Tillandsia usneoides
英名 Spanish moss
科目/属名 ブロメリア科/チランジア属
原産地 中南米

\無料交換サービスもあります/

[https://andplants.jp/collections/tillandsiausneoides]

ウスネオイデスの特徴

ウスネオイデスは、長く垂れ下がったふわふわのシルバーリーフが美しい「エアプランツ」と呼ばれる植物です。大木の枝や幹にぶら下がる「サルオガセ(糸状で垂れ下がる植物)」に似ていることから、別名サルオガセモドキとも呼ばれています。

葉には、トリコーム(葉の表面に生えている毛のようなもの)があり、日光から身を守り水分を絡めとる役割があるそうです。そのため、乾燥にも強いとされています。

細い葉を茂らせながら垂れ下がる姿がユニークです。天井や壁に吊すインテリアグリーンとして人気があります。

ウスネオイデスの花言葉

ウスネオイデスの花言葉は「不屈」です。

土のない厳しい環境で育ち、空気中の水分を葉から吸収して美しい花を咲かせる姿から、この花言葉が付けられています。たくましく生きる姿をイメージできるので、開店祝いや父の日のプレゼントにおすすめです。

土がなくても生育できるので、置き場所にも困りません。植物をおしゃれに始めてみたい方にプレゼントするのも良いでしょう。

ウスネオイデスの風水

ウスネオイデスは「対人運」を上げる風水効果があります。下に垂れて成長する植物は、周囲の対人関係を調和させる働きがあるからです。

対人運が良くなることで、恋愛運や家族運など人とのかかわり全てに良い影響を与えてくれます。また、葉が細く尖っていることから「邪気払い」の風水効果も。

邪気を払い対人運を良くしてくれるので、玄関の風通しが良い置き場所に置くと効果的です。外からの悪い気を防いで、訪れる人との関係を良くしてくれるでしょう。

関連記事:エアプランツの風水|置き場所や方角について

ウスネオイデスの育て方

ウスネオイデスの育て方

日当たり 風通しが良い日陰
温度 最低5℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 弱い
水やり 霧吹き:1週間に1~2回(夕方から夜)
ソーキング:月に1回程度
肥料 液体肥料
剪定時期 5~10月

関連記事:観葉植物の基本的な育て方|コツや管理法について

置き場所と日当たり

ウスネオイデスは風通しのよい日陰を好みます。直射日光や西日は葉焼けの原因になるので、注意が必要です。

室内では、レースカーテン越しくらいの明るさがある場所で育ててください。屋外では、直射日光が当たらない明るい日陰で育てましょう。

日当たりだけでなく、風通しにも気を付ける必要があります。水やり後に風がなく蒸れてしまうと、それだけで枯れてしまうことも。

水やり後は、窓を開けたり風通しの良い日陰に吊るしたりしてください。それらが難しい場合は、室内でサーキュレーターを設置して使用するのも一つの手です。

関連記事:観葉植物とサーキュレーター|必要性や使い方について

温度

ウスネオイデスは中南米原産の植物のため、寒さには強くありません。最低5℃以上をキープして育ててください。

夏は風通しの良い涼しい日陰、冬は室内で管理することが重要です。室内で一年中育てる場合は、冷暖房の風が直接当たらないように気を付けて下さい。

風通しが良いところを好むとは言え、冷暖房の風が当たると乾燥して枯れる恐れがあります。また、冬の窓際は屋外と変わらないくらいに冷え込むので、窓から離した明るい場所に吊るして管理しましょう。

水やりの頻度

  1. 霧吹き:1週間に1~2回(夕方から夜)
  2. ソーキング:月に1回程度

ウスネオイデスの水やりは、霧吹きで1週間に1~2回夕方から夜にかけて行うことがポイント。なぜなら、日が沈んで暗くなることで酸素や水分を吸収する「気孔」が開くからです。

明るい日中に水やりしても気孔が開いていないので、水を吸収することができずに蒸れの原因になるので気を付けてください。

梅雨時期と冬を除いて、月に1回程度バケツなどに溜めた水に4~6時間ほど浸す「ソーキング」を行うと、効率よく吸水して葉が元気になります。水やり後は風通しの良い場所に吊るして、しっかり乾かすことも重要です。

肥料

ウスネオイデスは基本的に肥料は必要なく、水だけでも生育します。

ただし、生育期の春(3~5月)と秋(10~11月)に限り、液体肥料を与えると葉にツヤのある大きな株になりやすいです。規定の2倍以上薄めた液肥を霧吹きやソーキングで吸水させると良いでしょう。

通常の薄め方ではウスネオイデスにとって液肥が濃く、肥料焼けする恐れがあります。そのため、液肥を与える場合はさらに薄く作ることが大事なポイントです。

剪定方法

ウスネオイデスは、葉の一節一節が1つの個体です。水切れしたり風通しが悪くて蒸れたり、直射日光が当たったりして枯れた部分は、葉の節部分を切り取るように剪定してください。

ひもで括っている部分が、水やり後乾かずに枯れてしまうことがあります。その場合は、枯れた部分を切り取り、再び括って吊るしてあげましょう。

ウスネオイデスのよくあるトラブルと対処法

ウスネオイデスのよくあるトラブルと対処法

植物の初心者でもおしゃれに楽しめるウスネオイデスですが、トラブルも存在します。

ここではトラブルが起きたときの対処法を解説していきます。あらかじめ対処法を知っておけば、いざ何かあっても安心です。

関連記事:観葉植物のトラブル|主な症状と対処法まとめ

根腐れ(根元の基部の腐れ)

根腐れでは、以下の症状が見られます。

  1. 水をあげても元気にならない
  2. 土がなかなか乾かない
  3. 葉が落ちやすい
  4. 葉が茶色・黄色に変色している
  5. 幹や幹の根本が柔らかい
  6. 土から腐敗臭がする
  7. 土の表面にカビが生えている
  8. 根黒く変色している

エアプランツの「根腐れ」とは水のやりすぎや風通しの悪さにより、根元の基部に溜まった水が腐れを引き起こす症状のことです

根元の基部がふやけてしまうことで細胞が死んでしまい、根元から葉がボロボロと落ちてきてしまいます。水をためっぱなしにしないように、風通しの良い場所においてしっかりと乾燥させる事が大事です。

根腐れの対処法は以下。

  • 風通しの良い場所に明るい日陰に移動する
  • 傷んでいる部分、腐っている部分をカットする
  • 一時水やりを控える
  • 肥料ではなく活力剤を与えてみる

根腐れが起こった場合は、より風通しの良い場所に移動させることが大切です。

傷んでしまった葉や根元を取り除き、健康な状態が取り戻せるような環境を与えてあげましょう。

水切れ

水切れとは、水の量が少なくて起きる症状です。水切れの症状は以下の通り。

  • 葉が薄くなる
  • 葉が内側に丸まる
  • 葉先が枯れる
  • 葉の張りがなくなる

特に春から秋の生育期で水不足になると上記のような症状が起きてしまいます。すぐに枯れる要因にはなりませんが、放置してしまうとウスネオイデスに悪影響です。

対処法はウスネオイデスをソーキングすること。

ウスネオイデスを水を溜めたバケツなどに夕方から夜にかけて4~6時間浸けておくことで、効率的に吸水して上記の症状はほとんど解消されるでしょう。流木や石にくっつけてあるものは、そのまま水に浸してください。

ウスネオイデスは水やりが必要ないとよく勘違いされます。しかしウスネオイデスは水を好むので夕方から夜にかけてたっぷりと霧吹きを行い、風通しの良い環境に置くことがとても重要です。

それでも水切れの症状が出るようでしたら、月に一回程度ソーキングを行うと水切れの症状は改善されます。ソーキングは春から秋の生育期に行ってください。

葉焼け

葉焼けでは、以下の症状が起きます。

  • 葉の色素が抜けて白くなっている
  • 葉の一部が茶色く枯れている

強い日差しを浴びすぎると葉が傷んで「葉焼け」というトラブルが発生します

葉焼けの症状に気がついたら、早めに置き場所を検討し直すことが必要です。

対処法は以下。

  1. 直射日光が当たっている場合はカーテンなどで遮光する
  2. 葉焼けした部分はカットする

葉焼けが起こるということは、日光が当たりすぎている可能性が高いため、直射日光に当てないような措置を取りましょう。

また、一度焼けてしまった葉は二度と元に戻りません。傷んだ葉はカットし、新しい健康な葉が生えてくるのを待ちましょう。

ハダニ

ハダニの症状は以下。

  1. 葉にクモの巣のような糸がついている
  2. 葉の裏に小さな虫がついている
  3. 葉に斑点や傷がある
  4. 葉の色が薄くなり枯れている

ハダニは繁殖力の強さと、薬剤耐性を持つとても厄介な害虫です

放っておくと糸を張って大量発生する危険性もあるので、早めに対処を行いましょう。

対処法は以下。

  1. 傷んだ葉はカットする
  2. 葉の表裏、付け根や茎も水で洗浄する
  3. ハダニに効果のある液体を噴霧する(2倍に薄めた牛乳、重曹と水を混ぜたもの、濃いコーヒー、10倍に薄めた酢、殺虫剤)

ハダニが湧いてしまったら、市販の殺虫剤(ベニカファインスプレー・オルトラン)を使用するのが効果的です。2倍に薄めた牛乳などの液体を噴霧する対処法もありますが、匂いが気になる方には水で洗い流す方法もおすすめです。

そもそもハダニは、こまめな霧吹き・葉をふき取りきれいにすることを怠らなければ発生しません。

常にきれいな状態を保つために、霧吹きの購入は必須といえます。月に一度はシャワーで洗い流すなどの管理も必要です。

ウスネオイデスのよくある質問

ウスネオイデスのよくある質問

最後にウスネオイデスのよくある質問とその答えを以下にまとめました。

  1. ウスネオイデスの適切な増やし方は?
  2. ウスネオイデスの冬の育て方は?
  3. ウスネオイデスの葉が茶色になる原因は?
  4. ウスネオイデスが枯れる原因は?
  5. ウスネオイデスは花が咲くの?開花時期は?
  6. ウスネオイデスの成長速度は?
  7. ウスネオイデスには種類があるの?
  8. ウスネオイデスのおしゃれな飾り方は?

 それでは具体的に見ていきましょう。

ウスネオイデスの適切な増やし方は?

ウスネオイデスの増やし方は「株分け」になります。と言っても、葉の一節一節が1つの株なので、好みの長さで葉の付け根部分を切り分けるだけです。

原産地の中南米では、木や電柱にウスネオイデスが自生しています。それらは千切れた節が風に飛ばされ、引っ掛かった先で増えていくそうです。

日本では環境が異なるので、あまり短くし過ぎると増えるのに時間がかかります。そのため、育てている株が大きくなった時に、見栄えのある長さで切って増やしてみてはいかがでしょうか。

ウスネオイデスの冬の育て方は?

ウスネオイデスは寒さに弱い植物です。そのため、冬は室内で5℃以上をキープしながら、風通しの良い明るい場所で育ててください。

冬は夜から朝にかけて温度が冷え込むので、このタイミングで水を与えるとウスネオイデスが寒さで枯れてしまいます。冬の水やりは、暖かい午後に室温と同じ温度の水を霧吹きしてください。

また、暖房の風が直接当たると乾燥して枯れてしまう可能性があるので、注意しましょう。

ウスネオイデスの葉が茶色になる原因は?

葉が茶色になる原因は、水やりや日当たりの関係で枯れているからです。

そのため、直射日光が当たらない風通しの良い明るい日陰で、適切な水やりをして育ててください。直射日光に当たると葉焼けの原因になります。

また、風通しが悪いと水やり後に蒸れて枯れてしまうこともあるので、注意が必要です。茶色に枯れた部分は、小まめに取り除くようにしてください。

そのままにしておくと見た目が悪いだけでなく、風通しが悪くなり病害虫の原因にもなります。

ウスネオイデスが枯れる原因は?

ウスネオイデスが枯れる原因は、「直射日光」「水のやらなすぎ(やりすぎ)」です。

直射日光に当たると、葉焼けするので明るい日陰で管理してください。特に、夏の直射日光は枯れる原因になります。

そして、枯れる原因として最も多いのが、水のやらなすぎです。エアプランツという名前から、「水をやらなくても大丈夫」と勘違いしている方もいます。

しかし、生育するには水は必要であり、霧吹きで週に1~2度はしっかりと湿らせてあげることが重要です。月に1度のソーキングも忘れずに行いましょう。

ソーキングは4~6時間で、それ以上長く水に浸しておくと腐る原因になります。水やり後は、風通しの良いところで乾かすことも大事です。

水やりまでしっかりしているのに枯れる場合は、その後の乾燥に問題がある可能性があります。風通しにも気を付けてくださいね。

ウスネオイデスは花が咲くの?開花時期は?

ウスネオイデスは3~5月の春に花が咲きます。黄緑~緑色の4弁からなる5㎜ほどの小さな花です。

この花には香りがあり、夜に甘い香りを漂わせてくれます。花は非常に小さく、一見咲いていることに気づきにくいです。

しかし、甘い香りのある可愛い花なので、ぜひ花を咲かせられるように育てて楽しんでください。

ウスネオイデスの成長速度は?

ウスネオイデスは生育環境が良ければ、1年で1mほど伸びるほど成長の早いエアプランツです。原産地では切れた節が飛ばされた先で、どんどん増えていきます。

しかし、日本では暑い夏と寒い冬があるので、原産地ほど早く生育しません。それでも適切に育てると、葉はふさふさと長く大きくなっていきます。

ふさふさした立派なウスネオイデスに育てて、インテリアグリーンとして楽しみたいですね。

ウスネオイデスには種類があるの?

ウスネオイデスは原産地の環境によって、「太葉」「中葉」「細葉」の3種類があります。

街中の電柱などで育つ太葉タイプは、トリコームが濃く銀葉です。そのため、乾燥に強い特徴があります。

夜に霧が発生する雲霧林で生育する中葉タイプが、園芸店でよく見るウスネオイデスです。

湿度の高い熱帯雨林で育つ細いタイプは、トリコームが少なく緑葉が強い印象です。乾燥に弱く増えにくい特徴があります。

そのため、なるべく太葉で銀葉のものを選ぶと育てやすいでしょう。

ウスネオイデスのおしゃれな飾り方は?

ウスネオイデスは下に垂れる植物なので、壁や天井から吊るすことで雰囲気よく飾ることができます。フックで吊るすだけでなく、流木やインテリアを組み合わせて飾るとおしゃれです。

観葉植物の枝に吊るすようにしても、自然な雰囲気で良いかもしれません。しかし、大きな葉を持つ観葉植物の場合は、ウスネオイデスが目立たなくなり管理もしにくくなるので気を付けてくださいね。

関連記事:エアプランツの飾り方|おしゃれな吊るし方やインテリア例について

ウスネオイデスのまとめ

ウスネオイデスのまとめ

ウスネオイデスは風通しの良い明るい日陰であれば、植物を初めて迎える方でもおしゃれに育てることができます。インテリアと組み合わせて、壁に吊るしたり天井に吊るしたりできるウスネオイデスは、お部屋のインテリアグリーンに最適です。

「不屈」という花言葉は、何にも負けない力強さを感じることから開店祝いや開業祝いのおしゃれなプレゼントとしておすすめです。対人運を上げてくれる風水効果も、多くの方に喜ばれるでしょう。

ぜひ、素敵なインテリアグリーンとして育ててみてはいかがですか。

[https://andplants.jp/collections/tillandsiausneoides]

PICKUP ITEMS

特集