商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

アネモネの花言葉|色別や誕生花、名前の由来

アネモネの花言葉|色別や誕生花、名前の由来

青や紫、赤といった鮮やかな色で目をひくキュートな花アネモネ。朝、太陽の光を感じると開きだし、夕方になり暗くなると閉じる姿から、復活を意味する花ともいわれています。

アネモネの花言葉や誕生花、名前の由来などを知って身近にアネモネを感じてみてください。

お花のプレゼントを探している方は、AND PLANTS専属フローリストが厳選した「季節のおまかせブーケ」もおすすめです。

[/collections/custom_flower]

アネモネの特徴

植物名 アネモネ
科名 キンポウゲ科
属名 イチリンソウ属・アネモネ属
原産地 地中海沿岸からヨーロッパ南部
開花期 3月~5月

アネモネはキンポウゲ科アネモネ属の植物。地中海沿岸やヨーロッパの南部の地域が原産です。

冬の終わりまだ風が冷たいころ徐々に開花し春の訪れを感じさせてくれます。キンポウゲ科にはアネモネのほかにラナンキュラスやクリスマスローズ、クレマチスなどがあります。

日本には明治の初めごろ渡来し紅花翁草(ベニバナオキナクサ)や、花一華(ハナイチゲ)、牡丹一華(ボタンイチゲ)とも呼ばれていました。その後、品種改良がおこなわれ今では100以上の種類があります。

アネモネの種類

アネモネには100以上の品種があります。それぞれ一重咲きや八重咲き、草丈の高さなど形状が違います。特徴的なアネモネを7品種紹介します。

  • モナリザ|草丈が約60㎝と高く、切り花として多く流通している
  • デカン|一重咲きと八重咲きがあり、丸い花びらがかわいい
  • ポルト|花がまとまって咲く草丈が低めの矮性品種
  • モナーク|モナリザの花を小さくした八重咲き品種
  • ミストラル|淡いパステルカラーが特徴的で、花持ちがよい
  • シルベストリス|アネモネの原種の1つで、白花を咲かせる
  • バージニアナ|「春咲きシュウメイギク」とも呼ばれ、暑さ寒さに強い宿根アネモネ

アネモネの花言葉

アネモネの花言葉

アネモネの花言葉は「はかない恋」。キューピッドの矢を受けて、美少年アドニスに恋をする愛と美の女神アフロディーテのギリシャ神話に由来します。

しかし、アドニスは悲しいことに狩りの最中に不慮の事故でなくなってしまいます。彼の死を悲しんだアフロディーテの涙や、アドニスの血から咲いた花がアネモネになったといわれています。

アフロディーテとアドニスの叶わなかった恋から「はかない恋」という花言葉になりました。

アネモネの色別花言葉

あなたを愛しています、燃え上がる情熱
希望、期待、真実
ピンク 希望
黄色 はかない恋
固い誓い
あなたを待っています

アネモネの誕生花

アネモネの誕生花

アネモネの誕生花は3月12日です。他に1月22日、3月10日、3月13日、4月6日、4月23日の誕生花もアネモネとされています。

アネモネの名前の由来

アネモネは春の爽やかな季節に咲く花です。そよ風に揺れている様子からギリシャ語で風という意味をもつ「アネモス」が名前の由来とされています。

また、アネモネの種が風に運ばれることも由来の一つです。そのため、イギリスではアネモネのことを「wind flower」とも呼んでいます。

アネモネの育て方

アネモネは球根植物であり、プランターでも地植えでも育てることができます。球根の場合、秋ごろに植えつけを行います。できれば暑さが戻らない11月ごろがおすすめです。

植えつけの場所は日当たりがよく風通しの良い場所にしましょう。乾燥した環境を好むので、水はけのよい土壌が理想的です。

プランターの場合、パーライトを2割程度混ぜ込んで水はけをよくしておきましょう。開花期は3月ごろ。寒さを超えて花が咲くのを楽しめますよ。球根なので、そのまま植えておくと来年の春にもまた花が見られるかもしれません。

お花の贈り物を検討している方へ:花束・ブーケがおすすめ

贈り物にピッタリの花言葉を選ぶのと同時に、相手の雰囲気に合う花束やブーケをプレゼントするのもおすすめです。

特に、AND PLANTSのお花は専属のフローリストが旬のものを厳選しています。届いた時に感じる新鮮なお花の香りも楽しみのひとつです。

色は「イエロー」「ピンク」「オレンジ」「グリーン」「ブルー」の5つがあるため、相手に相応しいテイストが見つかるでしょう。

また、AND PLANTSでは12時までの購入で即日発送可能です。お急ぎの方は、ぜひ下記よりご覧になってみてください。

[/collections/custom_flower]

アネモネの花言葉によくある質問

アネモネに怖い花言葉はあるの?

アネモネの花はアフロディーテの涙とアドニスの血から咲いた花とされ、「はかない恋」といった悲しい花言葉があります。また「恋の苦しみ」「見放された恋」といった花言葉もあるので気を付けましょう。

ただし白やピンクには「希望」の花言葉もあり、色によってポジティブな意味合いであるため安心してください。プレゼントをする時に気になる人は色を調べてから選ぶと良いかもしれません。

アネモネは花びらがない?

私たちの目を楽しませてくれる色とりどりのアネモネ。実は花びらのように見える部分は萼で、花びらではありません。花びらがない珍しい花なのです。

よく似ている同じキンポウゲ科のラナンキュラスは、花びらのすぐ下に萼があります。アネモネは萼がなく、少し下に葉っぱがあることで見分けがつきます。

アネモネの花が閉じてしまったのはなぜ?

アネモネは夜になると花を閉じ、そして朝になると徐々に開きだします。これは光と温度に反応する性質があるからです。

一緒に寝たり起きたりしているようでかわいらしいですよね。開いたり閉じたりを繰り返し、最終的には開きっぱなしになったら花の終わりだと思ってください。

まとめ

アネモネは改良品種がとても多く、色んな花色や形を楽しめる花です。また比較的花持ちが良いので、長くお庭を彩ってくれます。寒さに強く寒冷地でも育てられるアネモネは初心者にもおすすめの花です。春の訪れを教えてくれる鮮やかでかわいらしい花を咲かせてみてはいかがですか。

森野陽子(morino yoko)
小さなころからの動植物好きが高じて、大学で庭の設計、庭園学などを学びました。 卒業後は住宅・ガーデンエクステリア系の編集部でライター・エディターとして仕事をし、お庭や植物の知識を増やしてきました。 今はファーマーズマーケットのお花屋さんでお手伝いをしながらフリーライターをしています。 お花や植物、樹木の面白さや植物と一緒に暮らすことの楽しさをお伝えしていけたらと思っています。