商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

父の日に贈る花

父の日に贈る花|お父さんに花はアリ・黄色いバラ以外のおすすめの花も紹介

毎年6月の第3日曜日は父の日。お父さんへ日頃の感謝を伝える大事な日です。母の日といえばカーネーションが定番です。一方、黄色のバラやヒマワリなどが父の日の定番のお花となっています。

父の日のお花のプレゼントは、どのお花を選べば良いか悩む人も多いかと思います。この記事では、父の日におすすめのお花の種類、花ギフトをご紹介。観葉植物のプレゼントも適しているので候補に入れてみても良いでしょう。

AND PLANTSでは、お祝いや送別時に人気のセレブレートブーケをご用意しています。贈り物にぴったりな華やかな花束をお探しの方は、ぜひ詳細を確認してみてください。

[https://andplants.jp/products/celebrate_bouquet_cool_color_large]

父の日に花をプレゼントすると喜ばれる

「母さんはお花が好きだけど、父さんはどうなのかな?」「男性にお花って嬉しいのかな?」と悩んでいる方はいませんか?

一見、「お花=女性」のイメージがありますが実は男性の方にも喜ばれます。のちに紹介するガーベラには「希望」といった花言葉があり、男性の背中も押してくれる素敵なお花です。

お花には渡した相手にパワーを届ける力があると思います。花言葉や相手の雰囲気に合うものを選ぶと、より心に響くでしょう。

また、書斎やリビングにお花があれば心も晴れ晴れとした気持ちになり、癒されるはず。お父さんにも、ぜひリラックスとした気分を届けてみてはいかがですか?

お花が苦手なお父さんには観葉植物がおすすめ。こちら(←)からおすすめ見出しに飛べます。

お父さんにお花を贈った方からのレビュー

AND PLANTSでお花をお父さんに贈った方から素敵なレビューが届いていました。「お父さんにお花を贈るのはどうなのかな?」とまだお悩みでしたら、 きっと後押しになると思います。

父の誕生日にお花を贈った方からのレビュー

父の日に贈るお花の定番|黄色いバラ

父の日に贈るお花は黄色のバラが定番とされています。

黄色のバラが贈られるようになったのは、1981年に設立された「日本ファザーズデイ委員会」が主催した「イエローリボンキャンペーン」が関係しているといわれています。

「黄色いリボンでお父さんに贈り物をしよう」というコンセプトから、黄色のものを贈ることが定着していき、黄色のバラが浸透していったようです

黄色のバラには「献身」「平和」といった花言葉があります。いつも頑張ってくれているお父さん、家族を温かく見守ってくれているお父さんにピッタリです。

父の日におすすめの花|バラ以外

父の日の贈るおすすめのお花を紹介します。お父さんに贈るのにぴったりの花言葉を持つお花を贈れば、きっとお父さんも喜んでくれるはずです。

花言葉を見ると、少し贈るのには照れ臭いと感じるものもあるかもしれませんが、日頃の感謝の気持ちを伝えられる機会はそう多くないので、思い切って贈ってみましょう。お父さんとゆっくり会話をする良い機会にもなるかもしれません。

  1. ガーベラ|親しみやすさ
  2. コチョウラン|幸福が飛んでくる
  3. ひまわり|憧れ・敬慕
  4. スカシユリ|親思い・子としての愛

①ガーベラ|親しみやすさ

ガーベラ

黄色のガーベラの花言葉は「親しみやすさ」です。まっすぐ伸びる茎、上向きに花びらが開いて咲く姿はまさに親しみやすい雰囲気のあるお花です。元気な印象もあり、子供から大人まで幅広く人気があります。

ガーベラ自体には、「希望・前進」の花言葉があるため、贈り物に適しています。

ガーベラは色の種類が豊富で、黄色以外にもピンク、オレンジ、白、赤などが流通しており、流通している品種は2,000種類以上といわれるお花です。黄色のガーベラも素敵ですが、せっかくならミックススタイルでプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

[https://andplants.jp/products/10-mix-gerbera-series-bouquet]

②コチョウラン|幸福が飛んでくる

コチョウラン

コチョウランの花言葉は「幸福が飛んでくる」です。縁起の良い花言葉であるため、父の日を含めたお祝い事によく用いられています。

コチョウランは主に鉢物で出回っており、一般的な大きいサイズのものから、小型品種の「ミディ」もあります。ミディの大きさは幅広く、片手で持てるサイズ、両手でずっしりと重みを感じるサイズまであります。

コチョウランは日持ちが良いため、2ヵ月~3ヵ月はきれいなお花を楽しめます。お花が安定してきれいに楽しめる鉢物は多くないので、長くお花を楽しみたいお父さんにも人気が高いです。

[/collections/phalaenopsis]

③ヒマワリ|憧れ・敬慕

夏のお花を代表するヒマワリの花言葉は「憧れ・敬慕」です。尊敬して人柄を慕うことを意味する「敬慕」と「憧れ」の花言葉は、尊敬するお父さんにぴったりの花言葉です

時期的にも6月はヒマワリの出回りが始まっているので、お花屋さんにも多く並びます。筆者が花屋で働いていたときは、父の日に提案するギフトはヒマワリ定番でした。

しかし、父の日ギフトとしては定番になりがちなので、いつもと同じパターンを避けたい方は他のお花も検討検討してみるといいかもしれません。

④スカシユリ|親思い・子としての愛

スカシユリの花言葉は「親思い」「子としての愛」です。親子の絆が深まりそうな花言葉で、父の日にぴったりです。

ユリには、大輪のオリエンタルユリ、花の形が筒状に長いテッポウユリなどいくつか種類がありますが、スカシユリは花のサイズが小ぶりで手軽に飾りやすい種類に分類されます

また、スカシユリの花言葉には「偽り」「不安」の花言葉があるので渡す際に注意が必要。メッセージカードで良い意味の花言葉を記載するのがおすすめです。

花言葉の種類が多いので、過度に気にする必要はありませんが、お父さんが気にしそうならフォローしてあげてください。

父の日におすすめの花ギフト

AND PLANTSで紹介する花ギフトは、専属のフローリストが厳選した旬のお花で構成されています。

ピンポイントのお花をプレゼントするのではなく、豊富な種類や色が集まったお花を届けたい方におすすめです。

下記2パターンで考えてみてはいかがでしょうか。

  1. カジュアルに贈りたい方|季節のおまかせ生花アレンジ
  2. 豪華にお祝いしたい方|セレブレートブーケ

カジュアルに贈りたい方|季節のおまかせ生花アレンジ

AND PLANTS 季節のおまかせ生花アレンジ

生花アレンジは、1点1点旬のお花をメイン花材とし、そのお花に合った色味の花材やフレッシュな葉物を組み合わせてご提案します。

目ではわからない、届いた時に感じる新鮮なお花の香りもお楽しみのひとつです。 器が付いた状態ですので、届いてすぐに飾って楽しんでいただけます

花瓶に生け変える必要がなく、お花のお手入れに慣れていないお父さんにも贈りやすいタイプです。

[https://andplants.jp/products/flower-arrange-yellow-medium]

豪華にお祝いしたい方|セレブレートブーケ

AND PLANTS セレブレートブーケ

セレブレートブーケは、父の日や母の日などの特別なお祝いに相応しい花ギフトです。青、緑、青紫などの寒色系の色合いに明るい色合いの差し色でまとめました。

父の日は「黄色」がテーマとして取り上げられていますが、黄色が苦手な男性には相応しくないでしょう。

一方、上記のセレブレートブーケは寒色系を中心にしているため、男性や落ち着いた色合いを好むお父さんにおすすめですよ。

[https://andplants.jp/products/celebrate_bouquet_cool_color_large]

父の日にはお花と一緒にメッセージも添えよう

今更お手紙を渡すのは少々照れくらいかもしれません。

しかし、年間を通してお父さんと対面で何かを渡す日も多くないと思います。一緒に住んでいないならなおさら。あと何回会えるのでしょうか。

後々振り返ったときに「もっと感謝の言葉を伝えておけばよかった…」と後悔しないように、ぜひお手紙を書いてみてください。気持ちのこもったお手紙と素敵なお花で、きっとお父さんも喜んでくれるはず。

また、AND PLANTSではギフトメッセージカードが無料でご利用できます。購入する際に入力できるため、ぜひ想いを言葉にしてみてください。

ギフトメッセージカード入力例

購入ページにて「ギフトメッセージカードを添える」にチェックをつけていただくと、入力できます。以下にメッセージ例も記載しておきましたので、文章の参考にしてみてください。

ギフトメッセージカード

お花が苦手なお父さんには観葉植物が最適

「実は父親は花が苦手」「お花が好きかどうかがわからない…」と悩んでいるなら、観葉植物はいかがでしょうか。盆栽を趣味で始める方も多いです。また、男性は成長する過程を観察するのが好きな傾向にありますよ。

筆者のおすすめは「ガジュマル」。花言葉には「健康」「長寿」といった縁起のよい言葉があり、父の日ギフトに最適です。

ガジュマルは、生命力が高く、植物を育て慣れていない方にも適しています。室内で管理ができるので、すぐに楽しんでいただけるでしょう。

もし、ガジュマル以外の観葉植物をもっとみたい方は、下記のページからご覧になってみてください。

[/collections/plants-fathersday]

父の日に贈るお花の費用相場|3,000円〜15,000円

父の日に贈るお花の費用相場は、3,000円〜15,000円前後です。

カジュアルにお祝いしたかったり、他ギフトを贈ったりする予定があればお花の費用は抑えめでもいいかもしれません。一方、豪華なお花で驚かせたいなら15,000円ほどで検討してみるといいでしょう。

年に一回は訪れる行事なので、毎回豪華にする必要はありません。しかし、せっかくの節目でもあるため、今年は盛大にお祝いしてみてはいかがでしょうか。

父の日に花を贈る方からよくある質問

父の日にお花を贈る方からよくある質問を紹介します。父の日にお花の贈り物をしたことがない人も多いかと思いますので、そもそもなぜお花を贈るのか、どのようにお花を頼むのが良いのかなど解説していきます。お花を贈る際に参考にしてみてください。

  • 亡き父の仏壇に飾る花は?
  • 父の日にふさわしいバラの本数は?

亡き父の仏壇に飾る花は?

亡き父の仏壇に飾る花は、「白いバラ」が一般的とされています。他には、以下の選び方があるので参考にしてみてください。

  • 亡き父の好きだった花|お花が父親の存在を感じさせてくれる
  • 季節の花|自然の移ろいを演出できる
  • ブリザーブドフラワー|咲きたての美しさを長く保てる

大切なのは、お父さんへの思いを形にすることです。感謝や尊敬の気持ちを反映できるようなお花を選んでみてはどうでしょうか。

父の日にふさわしいバラの本数は?

バラは本数によって意味が異なるため「どのような思い」を届けたいかによって、調整が必要です。以下に本数と言葉の意味をまとめましたので、あったものを選んでみてください。

  • 1本|あなたしかいない
  • 3本|愛しています
  • 8本|思いやりと励ましに感謝しています
  • 14本|あなたを誇りに思う
  • 21本|あなただけに尽くします
  • 24本|一日中あなたを想っています
  • 33本|生まれ変わってもあなたを愛します

子から父に渡すなら「8本」や「14本」。母から父に渡すなら「1本」「24本」などがおすすめです。

[/collections/flowers_rose]

まとめ

父の日に贈るお花の定番カラーは、黄色で「幸福」や「喜び」の象徴とされています。世界でも「自分の身を守る色」「信頼・尊敬」を表す重要な色で、父の日に贈るにはぴったりの色といえます。

父の日に贈るお花は、黄色のバラ、ヒマワリが定番で人気が高いお花です。花束、アレンジメントなど花ギフトの種類はお父さんの習慣や好みに合わせて選びましょう。

父の日にお花のプレゼントはあまりイメージが湧かない人には、観葉植物もおすすめです。家のインテリアとして重宝し、父の日にもらったことをきっかけに育てることにハマるお父さんもいます。

お父さんのことをイメージしながら、ぜひ楽しんでお花を選んでみてください。贈る際には、感謝の気持ちも一緒に伝えてくださいね。

伊藤 芙季(ito fuki)
ウェディング専門の花屋で会場装花やブーケを制作し、フラワーコーディネーターとして働いた後、フラワーショップにて生花を販売。 花の仕事で10年のキャリアを積み、店長を経験。 花や植物が大好きで、季節ごとに楽しめる花の名所や植物園を巡っています。 花の魅力、飾る楽しさ、贈る楽しさをたくさんの花に触れてきた経験から発信していきたいと思っています。 花や植物があることで豊かになる時間、心、空間を共有できると嬉しいです。