結婚祝いに贈るおすすめの花

結婚祝いに贈るおすすめの花|選び方や注意点について

結婚祝いにお花を贈りたいと考える人も多いのではないでしょうか。

相手が好きなお花、好きな色はなんだろうと想像しますが、実際にどんなお花がいいのか選ぶのは難しいですよね。花のマナーを知らずに贈って、せっかくの結婚祝いで相手に失礼があったら大変です。

お祝いにお花を贈る際は、適切な選び方やマナーを守る必要があります。

この記事では、結婚祝いに適したお花やおしゃれな花ギフト・贈る際に注意が必要なお花のマナーについてご紹介します。

相手に喜んでもらえるお花を贈るために、ぜひ参考にしてみてください!

AND PLANTSでは、6つの質問に答えるだけであなたのほしい花束がカスタムオーダーできるサービスをご用意しています!

卒業式に大切な方へ贈るギフトとしてどうぞご利用ください。

花束のカスタムオーダー

結婚祝いにお花を贈るのはアリ

結婚するふたりの新たな出発に花を添えるお花の贈り物は、結婚祝いにぴったりです。日頃、お花をもらえる機会は意外と少ないので、お花をプレゼントをするととても喜んでもらえます。

どんなお花がいいのか悩みますが、贈る際に相手の好みのお花や色が分かると、そのイメージでお店で花束を作ってもらうことが可能です。

もし相手の好みが分からないときは、一般的に華やかなお祝いらしい色のお花でまとめるのがベストです。その花束におすすめのお花を紹介していきます。

結婚祝いに贈るおすすめの花

「結婚祝いにはこのお花」と決まっているものは特になく、実際に結婚祝いに選ばれるお花の種類は様々です。

お花は季節によってラインナップが変わりますが、時期に左右されずオールシーズンあるバラやガーベラ、その季節だけ楽しめるチューリップ・ヒマワリ・コスモスなどが定番として人気があります。

その中で結婚祝いに適した花言葉をもつお花をご紹介します。花束にするときに、このお花をメインにして作っても素敵ですよ。

  • 白いバラ:深い尊敬
  • デンファレ:お似合いのふたり
  • チューリップ:思いやり

①白いバラ:深い尊敬

花嫁がもつウェディングブーケによく使われる白いバラ。まっさらな白いウェディングドレスに純真無垢の意味合いがあるように、白のバラにも同じような意味があります。

白いバラは上品でエレガントさがあり、結婚祝いにぴったりです。時期を問わず入荷されるお花なので入手もしやすいです。

白を基調に、ウェディングブーケをイメージするような花束にして贈るのも良いでしょう。白だけだとシンプルで控えめな印象になると思う人は、葉物のグリーンを入れて爽やかでフレッシュなイメージにしたり、ポイントで淡い色を入れたりするのもおすすめです。

②デンファレ:お似合いのふたり

ランの種類であるデンファレは、一本の茎に花が並ぶようにつき、花ひとつひとつが可愛らしい形をしています。

自生地では樹木に寄り添うように生えることから、「お似合いのふたり」という花言葉をもちます。まさに、結婚祝いにぴったりの意味を持つお花です。

結婚祝いといえば白のデンファレのイメージがありますが、紫やピンク・グリーンなど色の種類も豊富です。白のデンファレもウェディングブーケによく使われています。この花形が好きで、好んで飾る人も多くいます。

③チューリップ:思いやり

春の時期の結婚祝いには、チューリップがおすすめです。春に花を咲かせるポジティブなイメージがお祝いにリンクします。

チューリップには「思いやり」という花言葉があり、夫婦になるふたりには大事な言葉ですね。摘んできたままのようにチューリップだけを豪華に束ねた花束も素敵です。

チューリップはその咲く時期に関係して「卒業」「入学」「入社」「結婚」と新たな始まりのお祝いに贈られる花です。ほとんどの人が知っているお花なので、年齢を問わず多くの人にとって馴染みがあり人気もあります。

友達に贈るなら:「かすみそう」がおすすめ

かすみそうには「感謝」「幸福」という花言葉があります。控えめな印象でありながら魅力があり、人気の高いお花です。大切な人に贈ることが多いお花で「ありがとう」「末永くお幸せに」といった気持ちを込めて贈られます。

従来はメインのお花に添える形で使用されていましたが、かすみそうだけのウェディングブーケが流行ったことで一気に人気が上がりました。

花を贈るシーンは「ありがとう」を伝えたいタイミングでもあるはずです。友達に日頃の感謝を伝えたいときには、かすみそうを贈ってみてはいかがでしょうか。

結婚祝いに贈るおしゃれな花ギフト

お花の贈り物は、花束が一般的ではありますが、場合によっては違うかたちが適しているときもあります。長く鑑賞できるプリザードフラワーや花瓶が必要ないアレンジメント、イベント時に活躍するバルーンフラワーなど様々あります。どれもおしゃれに飾ることができる人気のギフトです。

それぞれの特徴とおすすめポイントをご紹介していきます。

  • ブリザードフラワー:枯れない
  • アレンジメント:花瓶がなくてもそのまま飾れる
  • バルーンフラワー:サプライズに最適

ブリザードフラワー:枯れない

プリザードフラワーとは、生花を加工して長時間鑑賞できるようにしたもののこと。本物のお花を加工しているので、造花でもなくドライフラワーでもない種類です。

プリザードフラワーのメリットは、生花のようにお手入れ不要で長期でお花が楽しめるところです。可愛らしいケースに入って売られていることが多いため、そのまま飾るだけでもおしゃれなインテリアになります。大きさは、同じ値段でも生花よりコンパクトなサイズ感になります。

生花を持ち運ぶのが大変な場面や、より長く楽しめるものを贈りたいときにはプリザードフラワーがおすすめです。

アレンジメント:花瓶がなくてもそのまま飾れる

生花のアレンジメントは、器にお水を吸ったアクアフォームが入っていて、そこにお花を挿して形作ることで作られます。

常にお花がお水を吸収できる状態なので、花瓶に生け替える必要がなく、そのまま飾れます。お手入れは器にお水を足すだけで、花束よりも手間いらずで簡単。アレンジメントを販売するお店では、そのまま飾れるようにおしゃれにアレンジされています。

結婚祝いの場合は引っ越したばかりのときもあるため、なるべく手間のかからないようにという配慮からアレンジメントを贈る人もいます。

バルーンフラワー:サプライズに最適

インパクトのあるサプライズプレゼントをしたい方にはバルーンフラワーがおすすめ。アレンジメントされたお花がそのまま大きなバルーンに入ってラッピングされたもの、アレンジメントにお花とたくさんのバルーンがアレンジしてあるものなどがあります。

サプライズプレゼントに最適なビジュアルで、イベント時などなるべく華やかなものを飾りたいときにもおすすめです。ウェディングパーティーや二次会などにもよいかもしれません。

派手さ重視のカラフルなものから、おしゃれなデザインのものと様々な種類があるので選ぶのも楽しいです。

結婚祝いに贈るお花の選び方

お花選びは難しい反面、面白さや楽しさもあります。特に、お花が好きで興味の方にとっては楽しい時間かもしれません。

結婚祝いに贈るお花を選ぶときには、ぜひ以下を参考にしてみてください。

  • 花言葉で選ぶ
  • 相手が好む色で選ぶ

花言葉で選ぶ

大切な人にお花を贈る際、「ぴったりな花言葉のお花を贈りたい」と思う人は多いはず。花言葉でお花を選ぶポイントは2つです。

  • 希望する花言葉の意味合いをもつお花はあるか
  • 希望する花言葉をもつ花は、その時期に出回りのあるお花か

例として、感謝を伝える花言葉をもつお花を贈りたい場合は、まず自分で検索して調べましょう。買いにいく前にリサーチすることを推奨します。何種類か見つかったら、実際にお店でそのお花があるか確認しましょう。

実際にお店に行ってみるとその時期には出回りがないお花であったり、入荷がなかったりすることがあります。花言葉でお花を選ぶときには、入荷時期なども確認しておきましょう。

相手が好む色で選ぶ

お祝いでお花を選ぶ際に一番良いのは、相手の好みがわかっていること。「いつもピンクの物を持っているな」「いつも元気だからオレンジのイメージがぴったりだな」などの前提があると、贈る側は選びやすいです。受け取る人も「私に合う色を考えて選んでくれたんだ」ときっと嬉しくなります。

もし受け手となる人のイメージに近いお花があれば、そのお花を入れて花束を作ってもらいましょう。希望の予算や色・入れたいお花・用途などをお店の人に伝えれば、イメージに合わせて作ってくれます

結婚祝いにお花を贈る際の注意点

結婚祝いにお花を贈る際には、お花のマナーを知っておくこと、相手の状況に配慮してお花を贈ることが大切です。

結婚の際には引っ越しがあったり、結婚式を控えている人は準備に追われていたりする可能性もあります。忙しいタイミングで贈ってしまうとかえって大変な思いをさせて、お花を楽しんでもらえないことも。

相手の人の都合の良いタイミングでお花を受け取れるようになるべく配慮しましょう。

  • 式場に配送するのは避ける
  • 贈る相手に余裕のある時期に届ける
  • ネガティブな花言葉をもつ花は避ける
  • 相場(3000円〜5000円)を意識する

式場に配送するのは避ける

結婚式当日は新郎新婦も忙しく、いただき物も多くなるタイミングです。そのためお花をプレゼントしても、持ち帰るのが大変かもしれません。

とくに生花は持ち帰りに気を使うので、負担になってしまう恐れがあります。結婚祝いにお花を贈る際にも、式場に配送するのは避けたほうが無難でしょう。

贈る相手に余裕のある時期に届ける

お花を贈るタイミングの理想は結婚式の1〜2カ月前、間に合わない場合は結婚式後の落ち着いたタイミングにしましょう。

避けた方が良いタイミングは、引越し前後のバタバタしているとき、結婚式直前の準備がピークで忙しいときです。お花を飾るのが逆に大変になってしまいます。

結婚式を挙げない人や、相手の都合が分からないときは、相手に確認するのが一番です。相手が都合よく受け取れるタイミングを考慮して贈りましょう。

ネガティブな花言葉をもつ花は避ける

なかには、次のような結婚祝いに向かない花言葉をもつお花があります。

  • アジサイ:移り気
  • 黄色いバラ:嫉妬
  • アネモネ:見放された・見捨てられた

ひとつのお花にはいくつかの花言葉があり、意味はひとつではありません。悪い意味だけではなく、良い意味の花言葉をもつお花もあります。

しかし、結婚祝いは不吉なことを連想させるもの、縁起の悪いものはもちろんタブーです。なるべくネガティブな花言葉をもつものは避けましょう。

相場(3000円〜5000円)を意識する

結婚祝いのお花は、3000円〜5000円が相場です。友達や同僚などと複数人から贈る場合、値段は高めになります。予算に余裕があれば、1万円くらいの豪華な花束もいいでしょう。せっかく贈るなら立派なものにして喜んでもらえると嬉しいですよね。

3000円〜5000円のお花は贈り物として平均的な価格帯で、もらった人も持ち帰りやすい大きさです。生花の場合は花束かアレンジメントかを選べますが、お花が好きな人には花束、お家に花瓶を持っていなさそうな人はアレンジメントがおすすめです。

結婚祝いにお花を贈る方からよくある質問

結婚祝いにお花を贈ろうとしたときに、いざ選んでみると「そもそもお花の贈り物は適しているのか?」「こういう時はどうしたらいいんだろう」と疑問に思うことも出てきますよね。普段慣れないことなので、そんな場面も多いかと思います。

結婚祝いのお花についてよくある質問をご紹介します。

  • 結婚祝いにお花を贈るのは非常識なの?
  • 婚約祝いに贈る花束の色のおすすめは?

結婚祝いにお花を贈るのは非常識なの?

「結婚祝いにお花を贈る=非常識」ということはありません。もし、非常識と捉えられてしまうのであれば、渡すタイミングやそのときの状況がお花を渡すのに適していなかったことが考えられます。

例えば、遠方から来られている方にお花を渡すと、持ち帰るのが荷物になり大変だったり、お花にずっと水をつけられずに枯れてしまったりすることもあります。この場合は、受け手に対する配慮が足りないかもしれません。

また外国の方にお花をあげる場合は、日本ではお祝い用に使われるお花が国によってはお悔みのお花であることもあります。お花を贈る際には、受け手の状況や慣習なども事前に確認するようにしましょう。

婚約祝いに贈る花束の色のおすすめは?

婚約祝いにはこのお花と決まっているものは特にありません。結婚祝いのお花を選ぶ基準と同じように選んで問題ないでしょう。

具体的には、次のような素敵な花言葉を持つお花がおすすめです。

  • ガーベラ:希望
  • スズラン:純潔・純粋
  • ピンクのバラ:可愛い人

メッセージカードを添えて、お祝いの気持ちを一緒に伝えるのも素敵ですね。

まとめ

結婚祝いに贈るおすすめのお花、選び方やマナーについて解説しました。

結婚祝いのお花の選び方には、花言葉で選ぶ方法と相手の好みに合わせて贈る2種類の方法があります。また、花のギフトの種類は多く、生花だけでなくプリザードフラワー、バルーンフラワーなどもあり、贈る際のシチュエーションに合った花ギフトが選べます。

お花のマナーとしては、結婚祝いに不吉なものを連想させたり、縁起の悪いものはNGです。ネガティブな花言葉のお花は避け、価格は適切な相場を確認して贈りましょう。

お花を贈る際に大事なのは、その特性から持ち運ぶ際に荷物になってしまう点、負担になってしまうこともある点を把握しておくことです。その点を十分配慮して相手に贈るように気をつけましょう。結婚祝いにぴったりのお花、ぜひ相手のことを考えながら楽しんで選んでみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

PICKUP ITEMS

特集