商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

ネオレゲリア・クウェールの育て方

ネオレゲリア・クウェールの育て方

植物名 ネオレゲリア・クウェール
学名 Neoregelia 'Quail'
英名 Neoregelia 'Quail'
科目/属性 パイナップル科ネオレゲリア属
原産地 熱帯アメリカ
日当たり 日当たりのよい室内
温度 最低5℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:1週間に1度、筒に溜めた水を入れ替える
秋:2週間に1度、筒に1/3溜めた水を入れ替える
冬:1週間に1度、筒に水を溜めて夕方には水を捨てる
肥料 緩効性肥料、液体肥料
剪定時期 5~10月

AND PLANTSの人気観葉植物を下記ページにまとめました。

デスクや小窓に置けるものから、インテリアの核となる大型サイズまで揃えていますので、ぜひご覧になってみてください。

[https://andplants.jp/collections/plants]

ネオレゲリア・クウェールの特徴

ネオレゲリア・クウェールは、艶のある真っ赤な葉に黄緑色のドット模様が入るネオレゲリアです。ネオレゲリアは個性的な葉姿をしている着生植物で、グリーンインテリアとして人気があります。

クウェールは葉が真っ赤に染まる品種で、立ち姿が非常に美しいです。自然の造形美の神秘さを感じられるでしょう。

原産地では木や岩肌に根を張り自生している植物です。根から水分の吸収は行わず、重なり合って筒状に広がる葉に水を溜めて成長します。

葉が硬いため、ブロメリアの中でも硬葉タンクグロメリアとして人気です。筒の中に水を溜めて育てるため、生育期に水がなくならないように気を付けて育ててください。

日当たりがよいほど葉色が美しくなる特徴があります。寒さには弱いので、冬は室内で管理しましょう。

ネオレゲリア・クウェールの花言葉

ネオレゲリア・クウェールには花言葉はありません。ネオゲレリア属は、一部の品種を除いて花言葉は付けられていないためです。

ネオレゲリアは開花期になると、筒状部の中に剣山のように集まった集合花を咲かせます。非常に個性的な花ですが、筒の中から伸びてこないため目立ちません。

花が咲く際に、葉色が赤く鮮やかになる品種も多いのが特徴です。これから先、クウェールにどんな花言葉が名付けられるのか考えると面白いかもしれません。

鮮やかな赤色はインテリアにぴったり。花言葉はありませんが、おしゃれが好きな方にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

ネオレゲリア・クウェールの風水

ネオレゲリア・クウェールには「邪気払い」の風水効果があるとされています。

風水では葉の先端は尖っている植物は悪い気を払うとされており、ネオゲレリアは葉先が尖っているためです。

運気の入り口である玄関や窓際などに置くと効果を期待できます。また、上に伸びる葉には気を活発にする効果があるとされているため、運気上昇にも良いかもしれません。

ただし、植物を置くだけでは十分な風水効果は得られません。置き場所を整理整頓して、ネオレゲリア・クウェールを元気に育てることが重要です。

関連記事:観葉植物の風水|場所と効果別のおすすめ

ネオレゲリア・クウェールの育て方

ネオレゲリア・クウェールの育て方

ネオレゲリア・クウェールは、初めて植物をお部屋に迎える方にも育てやすいですが、育て方にはポイントがあります。

ここでは、ネオレゲリア・クウェールの育て方について解説します。育て方のポイントを押さえて、適切に育てることができれば、美しい姿で元気に育ち続けるでしょう。

置き場所と日当たり

ネオレゲリア・クウェールは日当たりと風通しのよい屋外を好みます。ただし、真夏の強い直射日光に当たると葉焼けしやすいため、注意が必要です。

日当たりがよい環境であるほど生育がよく、葉の色もしっかり出ます。ほとんど日差しが入らないような暗すぎる場所では、艶が無くなったり、徒長して形が悪くなったりするでしょう。

葉の色が悪い場合は、日当たりのよい明るい場所に移動すると葉色がよくなります。ただし、暗い場所から急に強い日差しに当てると葉焼けする可能性があるので、明るい日陰で管理して明るさに慣らすことがポイント。

風通しがよくないと筒に溜まった水で株が蒸れて、葉が傷む原因になるので注意します。冬は窓から離れた明るい室内で管理してください。

温度

ネオレゲリア・クウェールは寒さに弱い植物です。最低5℃以上をキープして育ててください。

寒さに当たり続けると、葉が茶色く変色し枯れてしまいます。冬は室内の暖かい場所で管理することが重要なポイントです。

冬の窓際は屋外と変わらないくらいに冷え込むので、窓から離れた明るい場所に置きます。ただし、暖房の風が当たると急激な乾燥によって葉が傷みやすいのです。

暖房の風が当たらないように気を付けましょう。

水やりの頻度

  1. 春夏:1週間に1度、筒に溜めた水を入れ替える
  2. 秋:2週間に1度、筒に1/3溜めた水を入れ替える
  3. 冬:1週間に1度、筒に水を溜めて夕方には筒の水を捨てる

春夏の生育期には、1週間に1度筒に溜めた水を入れ替えるように、株の上からしっかり水やりしてください。ネオレゲリア属は特殊な吸水機能を持っており、筒状になった葉の付け根に溜まった水を吸収して生育します。

生育期は筒に常に水が溜まっている状態にしてください。溜めた水が腐らないように、1週間に1度水を入れ替えましょう。

秋から徐々に頻度を減らし、2週間に1度ほど水やりを行います。冬は1週間に1度、筒に水を入れ、夕方には溜めた水を捨ててください。

加えて、冬はネオレゲリア・クウェールを傾け、筒の1/3ほどの僅かな水が溜まるように調節します。多湿環境を好むため、水やりと一緒に葉水も与えると、イキイキとした元気な葉を維持しやすいです。

肥料

ネオレゲリア・クウェールには、生育期の5~10月に水に薄めた液肥を2週間に1度のペースで水やり代わりに筒の中に与えてください。冬は生育が緩慢な時期なので、肥料は与えません。

生育にあまり肥料を必要としない植物です。大きく育てたり葉数を増やしたりしたい場合のみ、肥料を与えてください。

着生植物であるため、根は水や栄養分の吸収よりも体を支えるためにあります。土や水苔に肥料を置き肥しても、あまり効果がないので気を付けましょう。

剪定方法

ネオレゲリア・クウェールの剪定時期は5~10月です。枯れたり茂ったりした葉を剪定します。

葉は放射状に伸びますが、コンパクトに切っても問題はありません。枯れた葉は根元を押さえて、下向きに剥ぎ取るように取り除いてください。

枯葉をそのままにしておくと、風通しが悪くなったり溜まった水が腐りやすくなったりするので注意しましょう。成長して子株が確認できたら、親株の2/3ほど大きくなったタイミングで根元の茎から切り取ってください。

ネオレゲリア・クウェールのよくあるトラブルと対処法

ネオレゲリア・クウェールのよくあるトラブルと対処法

美しい赤色の葉が特徴的なネオレゲリア・クウェールですが、トラブルも存在します。

ここではトラブルが起きたときの対処法を解説していきます。あらかじめ対処法を知っておけば、いざ何かあっても安心です。

関連記事:観葉植物のトラブル|主な症状と対処法まとめ

株の痛み

株の痛みでは、以下の症状が見られます。

  1. 葉の付け根が黒ずんでいる
  2. 葉全体が黒ずんでいる
  3. 腐ったような匂いがする
  4. 全体が垂れたように元気がない
  5. 途中で首が折れるように垂れる

ネオレゲリア・クウェールは、葉の付け根に水を溜めて育てる植物です。しかし、風通しが悪かったり、水をずっと溜めたままにしておくと水が腐ったりするので、蒸れて株が傷んでしまいます

また、冬の寒い時期に水を溜めたままにすると朝晩の冷え込む時間帯に水が冷えるため、葉が焼けて傷んでしまう可能性が高いです。

対処法としては以下の通りです。

  1. 真夏の直射日光が当たっている場合はカーテンなどで遮光する
  2. 風通りを良くする
  3. 水を溜めっぱなしにしておかない
  4. 発根剤を与えてみる

傷んでしまった株は取り除き、健康な状態が取り戻せるような環境を与えてあげましょう。

葉焼け

葉焼けでは、以下の症状が起きます。

  1. 葉の色素が抜けて白くなっている
  2. 葉の一部が茶色く枯れている

強い日差しを浴びすぎると葉が傷んで「葉焼け」というトラブルが発生します

葉焼けの症状に気がついたら、早めに置き場所を検討し直すことが必要です。

対処法は以下の通り。

  1. 直射日光が当たっている場合はカーテンなどで遮光する
  2. 葉焼けした部分はカットする

葉焼けが起こるということは、日光が当たりすぎている可能性が高いため、直射日光に当てないような措置を取りましょう。

また、一度焼けてしまった葉は二度と元に戻りません。傷んだ葉はカットし、新しい健康な葉が生えてくるのを待ちましょう。

関連記事:観葉植物の葉焼け|原因や対処法の紹介

ネオレゲリア・クウェールの害虫トラブルと対処法

ネオレゲリア・クウェールの害虫トラブルと対処法

葉が硬いネオレゲリア・クウェールにも害虫トラブルも存在します。

害虫によるトラブルが発生したときの対処法を解説していきます。あらかじめ対処法を知っておけば、いざ何かあっても安心です。

ハダニ

ハダニの症状は以下の通りです。

  1. 葉にクモの巣のような糸がついている
  2. 葉の裏に小さな虫がついている
  3. 葉に斑点や傷がある
  4. 葉の色がかすれたように薄くなり枯れている

ハダニは繁殖力の強さと、薬剤耐性を持つとても厄介な害虫です

放っておくと糸を張って大量発生する危険性もあるので、早めに対処を行いましょう。

対処法は以下の通りです。

  1. 傷んだ葉はカットする
  2. 葉の表裏、付け根や茎も水で洗浄する
  3. ハダニに効果のある液体を噴霧する(殺虫剤のほか、2倍に薄めた牛乳、重曹と水を混ぜたもの、濃いコーヒー、10倍に薄めた酢でも一定の効果あり)

ハダニが湧いてしまったら、市販の殺虫剤(ベニカXファインスプレー・オルトラン)を使用するのが効果的です。

2倍に薄めた牛乳などの液体を噴霧する対処法もありますが、匂いが気になる方には水で洗い流す方法もおすすめです。

そもそもハダニは、こまめな霧吹き・葉をふき取りきれいにすることを怠らなければ発生しません。

常にきれいな状態を保つために、霧吹きの購入は必須といえます。月に一度はシャワーで洗い流すなどの管理も必要です。

関連記事:観葉植物に発生するハダニ|対処と予防法の紹介

カイガラムシ

カイガラムシの症状は以下の通りです。

  1. 貝殻のような殻を被ったり、粉状の物質で覆われたりしている虫が枝葉についている
  2. 黒いカビ(すす病)が発生している
  3. 葉や幹がベタベタしている

カイガラムシは繁殖力の強さと薬剤耐性のある厄介な害虫です

放っておくとネオレゲリア・クウェールの生育が弱まり枯れる恐れもあるので、早めに対処を行いましょう。

対処法は以下の通りです。

  1. 柔らかい布やブラシで擦り取り除く
  2. 茂り過ぎている枝葉は剪定して風通しをよくする
  3. カイガラムシに効果のある液体を噴霧する(殺虫剤のほか、2倍に薄めた牛乳、重曹と水を混ぜたもの、濃いコーヒー、10倍に薄めた酢でも一定の効果あり)

カイガラムシが発生したら、市販の殺虫剤(ベニカXファインスプレー・オルトラン・スミチオンなど)を使用するのが効果的。

カイガラムシの成虫には殺虫剤が効きにくいので、幼虫の時期である5~7月に使用するとよいでしょう。

既に貝殻をかぶっている成虫は、柔らかいブラシや布で擦り取ってください。

2倍に薄めた牛乳などの液体を噴霧する対処法もありますが、匂いが気になる方には水で洗い流す方法もおすすめです。

関連記事:観葉植物の白い綿はコナカイガラムシ|対処法と予防法を紹介

コバエ

コバエの症状は以下の通りです。

  1. 土に虫が湧く
  2. コバエが植物の周囲を飛んでいる

コバエ自体は植物に無害ですが、観葉植物を育てるうえでの不快害虫です

放っておくとコバエは増えていくので、早めに対処を行いましょう。

対処法は以下の通りです。

  1. 発酵不十分な堆肥や有機質肥料を与えることをやめる
  2. 新しい土に植え替える
  3. 土の表面に無機質な素材(赤玉土・鹿沼土・砂利など)を敷く
  4. トラップを仕掛ける
  5. コバエに効果のある殺虫剤を噴霧する

コバエが発生したら、市販の殺虫剤(ベニカXファインスプレー・オルトラン・スミチオンなど)を使用するのが効果的です。

コバエのトラップは食器用洗剤やお酢、めんつゆなどで作ることができます。植物の近くに置いておくと、簡単にコバエを捕殺できるでしょう。

コバエは、発酵不十分な腐葉土やバーク堆肥、有機質肥料の匂いに引き寄せられます。

そのため、有機質肥料を取り除いたり土の表面に赤玉土や鹿沼土など3~5㎝程度敷き詰めたりするとコバエ発生を防ぐことが可能です。

そもそもコバエは、完熟たい肥を使用した質のよい土であれば発生しません。また、土が常に湿っている状況を避ければ、発生する可能性は低いです。

コバエを発生させないためには、適切な土と水やり管理で育ててください。

関連記事:観葉植物に発生するコバエ|対策と原因について

ネオレゲリア・クウェールのよくある質問

ネオレゲリア・クウェールのよくある質問

最後にネオレゲリア・クウェールのよくある質問とその答えを以下にまとめました。

  1. ネオレゲリア・クウェールは土なしで育つの?
  2. ネオレゲリア・クウェールの適切な増やし方は?
  3. ネオレゲリア・クウェールは屋外で冬越しできる?
  4. ネオレゲリア・クウェールの植え替えに適した土は?
  5. ネオレゲリア・クウェールが枯れる原因は?
  6. ネオレゲリア・クウェールが赤くならないのはどうして?

それでは具体的に見ていきましょう。

ネオレゲリア・クウェールは土なしで育つの?

ネオレゲリア・クウェールは土なしで育ちます。原産地では木や岩肌に着生して育つ植物であるためです。

土を使わずに育てる場合は、水苔やバークチップ、軽石などを用いて鉢に植え付けます。株がぐらつかないように、植えることがポイントです。

また、流木や大きめの石などに着生させることもできます。根を水苔で包み、麻ひもやタコ糸などで固定させましょう。

その後は、筒の中に水を入れて育てていると、次第に根が伸びて着生します。

ネオレゲリ・クウェールの適切な増やし方は?

ネオレゲリア・クウェールの適切な増やし方は株分けです。

根元の茎から子株が出てくるので、子株が親株の2/3ほどの大きさになったら、5~10月の生育期に株分けしてください。よく切れるハサミやナイフで根元の茎部分を綺麗に切り取ります。

この時、筒部分ではなく、さらに根元の茎部分を切り取ることが重要です。湿らせた水苔で茎部分を包み、倒れないように鉢に植え替えます。

鉢植えでなく流木などに着生させても問題ありません。筒の中に水を溜めながら、明るい日陰で管理して育ててください。

ネオレゲリア・クウェールは屋外で冬越しできる?

ネオレゲリア・クウェールは屋外で冬越しできません。最低5℃以上をキープして室内で管理してください。

冬の寒さに弱い植物です。寒風や霜雪に当たると枯れてしまいます。気温が下がり始める秋には暖かい室内に移動してください。

また冬は生育が衰えるので、水のやりすぎに気を付けます。冬の水やりは1週間に1度、筒に水を溜めて夕方には水を捨てる管理をしてください。

ネオレゲリア・クウェールの植え替えに適した土は?

ネオレゲリア・クウェールの植え替えに適した土は、水はけのよい土です「INLIVING 観葉植物の土」だと育てやすいでしょう。

ネオレゲリアは着生植物です。水持ちがよすぎる土では根腐れする可能性が高いため、観葉植物の土でも注意してください。

「INLIVING 観葉植物の土」は水はけ・通気性が良く、植え替え後も元気に育てることができます。有機物無配合なので、虫が苦手な方にもおすすめです。

ネオゲレリアは土でなくとも、水苔やベラボン、軽石などでも育てられます。育てる環境に合った資材を使って、元気に育ててください。

ネオレゲリア・クウェールが枯れる原因は?

ネオレゲリア・クウェールが枯れる原因は、「水のやりすぎ(やらなすぎ)」「直射日光」「寒さ」が考えられます。

ネオゲレリアは筒状の葉の中に、水を溜めて育てることがポイントです。季節によって水の溜め方が異なるので、水のやりすぎ(やらなすぎ)にならないように気を付けましょう。

日当たりを好みますが、真夏の直射日光に当たり続けると葉焼けしやすいです。株が傷んで枯れることもあるため、夏の日当たりには注意してください。

また冬は最低5℃以上で管理することがポイント。気温の下がる秋には暖かい室内に移動させておくと安心です。

ネオレゲリア・クウェールが赤くならないのはどうして?

ネオレゲリア・クウェールが赤くならないの「日当たり不足」が考えられます。

日当たりを好む植物なので、日差しが入らないような暗い室内では葉が赤くならず、緑色になってしまうことも。屋外の明るい日陰で数日様子を見て、さらに日当たりの良い場所に移動させてください。

急に直射日光に当てると葉焼けする可能性があるため気を付けましょう。日当たりの良い環境でも綺麗に赤くならない場合は、筒に水を溜める際に薄めた液肥を加えてみてください。

ただし筒の中に溜まる水の量はごく僅かなので、肥料分が濃くならないように通常の希釈量よりもさらに薄めて与えてることがポイント。鮮やかな赤色の葉になりやすいです。

ネオレゲリア・クウェールのまとめ

ネオレゲリア・クウェールのまとめ

ネオレゲリア・クウェールは日当たりと風通しのよい環境であれば、簡単に育てることができます。美しい赤色の葉と黄緑のドット模様は、おしゃれなインテリアグリーンとして活躍するでしょう。

ネオレゲリア・クウェールには花言葉はありませんが、インテリアグリーンとしてのプレゼントにも最適です。邪気払いや運気を上げる風水効果があるとされているため、多くの方に喜んでもらえます。

ぜひ、赤色が映えるインテリアグリーンとして育ててみてはいかがですか。