ベランダ

観葉植物はベランダでも育てられる?おすすめの植物と注意点を解説

「観葉植物ってベランダでも育てられるんだろうか。もしできるならおすすめの植物を知りたいな」と思っていませんか?

観葉植物の管理に慣れていないと、お手入れの仕方や注意点などわからないことが多くあるかもしれません。

今回は、ベランダでも育てられる観葉植物を10選ご紹介します。管理方法や冬越しさせるコツも解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ベランダで観葉植物に虫がつかない管理方法

「ベランダに観葉植物を置く際、虫がつくのか気になる」と心配する人もいますよね。実は、ちゃんと配慮すれば外で管理しても虫は寄ってきません。管理方法を下記3つにまとめましたのでご覧ください。

  1. 受け皿の水は捨てる
  2. 葉水を定期的に行う
  3. ベランダを清潔に保つ

植物をケアするのも大切ですが、ベランダ周りの環境を整えるのも重要です。具体的に見ていきましょう。

受け皿の水は捨てる

観葉植物に水をあげた後、受け皿の水をそのままにしていませんか?受け皿に水を溜めてしまうと蚊やこばえが卵を産んでしまいます。虫の発生を防ぐためには、水をあげた後に受け皿へ溜まったものを捨てることが大切です。

秋冬は気温もだいぶ下がるので虫の発生はほとんど見られません。しかし夏場は、虫がもっとも好む温度とされる26〜30℃くらいになるため注意が必要です。

夏場には、1日〜数日で孵化することもあるでしょう。ベランダに水が流れても問題ない場合は、そもそも受け皿を置かないのがおすすめです。

葉水を定期的に行う

葉水とは霧吹きのこと。普段であれば、植物は雨風を浴びることで虫予防が自然とできています。

しかし屋根がある環境では、ベランダに観葉植物を置いても雨を浴びない場合があります。 雨を浴びない環境だと埃などが溜まりやすくなり、適切な光合成ができません。

光合成ができないと栄養補給が正しく行えないので、虫がついたときの免疫力が低下しやすいです。 葉水を定期的に行うことで、埃を取り除き虫から身を守ることができます。

外に置いてあると忘れがちなので、お水をあげる際に一緒にやってあげるとよいでしょう。

ベランダを清潔に保つ

観葉植物に注目しているとベランダ周りの手入れを忘れがちですが、虫が発生する場所は手入れの行き届いていない環境です

特に排水溝は手入れがされていないと汚れが溜まりやすいです。汚れが溜まっている環境は、水分を含んでいることがあるので虫が卵を産む可能性があります。卵を生まれないためにも、排水溝はきれいに整えておくといいです。

植物に水をあげるときに、ベランダ周りも一緒に手入れしておくと効率よく忘れずに行えます。小まめに掃除して虫が発生しない環境を作りましょう。

ベランダに観葉植物を置く際の注意点

剪定ベランダに観葉植物を置く際の注意点を3つまとめました。

  1. 大型になったら剪定をする
  2. 風で倒れないように補助をする
  3. 室外機の風に当てないようにする

ちょっとした配慮をすることで上手に育てることができます。それでは具体的にチェックしていきましょう。

大型になったら剪定をする

屋内と違って、ベランダは観葉植物にとって良い環境である場合が多いです。特に、日当たりを確保できると生育スピードも著しく早くなります。

置くサイズにもよりますが、7・8号以上(直径21・24cm)のものは背丈も大きくなりやすいです。 もし屋根につきそうなくらい高さが出てしまったら、剪定を行いましょう。

ただし剪定は植物の枝や葉を切る行為ですので、ダメージを伴います。春夏の成長期であれば、ダメージより成長スピードが勝るので問題ありません。

しかし、秋冬は成長スピードが緩やかになるのでダメージをそのまま受けて枯れるケースが稀にあります。可能であれば、剪定は春夏の暖かい時期に行うのがおすすめです。

風で倒れないように補助をする

ベランダで観葉植物を育てていると強風で倒れることがあります。植物が倒れると中の土が飛び出すだけではなく、最悪の場合枝が折れてしまいます。

枝が折れるだけでは枯れる原因にはなりませんが、見た目のバランスが悪くなるかもしれません。 鉢の上に重しを置いたり紐で縛ったりして、植物を固定する工夫が必要です

紐で縛る場合は取手がないとできないため、重しを置くのがおすすめです。 たとえば不要になったペットボトルに水をいっぱい入れて土の上に置けば、重し代わりとして活用できます。

手軽にできるうえに効果もあるので、ぜひ一度試してみてください。

室外機の風に当てないようにする

観葉植物をベランダに置く際は、室外機の風に当たらないよう注意が必要です。風が当たると水分が失われてしまい、その部分だけ葉っぱが落ちることがあります。

ただ風が当たってしまう場合でも、至近距離を避けるとリスクを最小限にできます。どうしても避けられない場合は、市販で販売されている室外機カバーを活用するとよいでしょう。

ベランダで育てやすいおすすめの観葉植物10選

ベランダベランダで育てやすいおすすめの観葉植物をご紹介します。

      ①シマトネリコ
      ②オリーブ
      ③ゴールドクレスト
      ④シェフレラ・ホンコン
      ⑤シルクジャスミン
      ⑥ソテツ
      ⑦アイビー
      ⑧トックリラン
      ⑨サンスベリア
      ⑩モンステラ

葉の形も違えば背丈も異なりますので、ベランダと相性のよい植物を選んでみてください。

①シマトネリコ

シマトネリコ観葉植物の定番として人気の高いシマトネリコもベランダにおすすめです。シマトネリコは一年中、緑のつやつやしい葉をつける清涼感のある植物です。お水が大好きなので、特に春夏は毎日水やりをしてあげてください。

水切れを起こすと、葉が固くなり枯れてしまいます。 春頃からベランダで管理をしておけば、真夏の直射日光でも葉っぱが焼けることはありません。

関東の気候であれば、多少葉っぱを落とすことはあっても冬越しは問題ありません。一年中、ベランダで管理できるでしょう。

[https://andplants.jp/products/shimatonerico-l]

②オリーブ

オリーブ「平和のシンボル」で有名なオリーブも、ベランダの観葉植物としてぴったりです。というのも、オリーブは日当たりを非常に好むからです。一方で屋内での管理には向いていないので、屋外向きであることを覚えておきましょう。

湿った土の状態が続くと葉っぱを落とすことがあるため、オリーブは乾燥気味で育てるとよいです。土が完全に乾いてからお水やりをしてください。

オリーブは白い実をつけることもあります。ただし剪定を行なった場所から咲くため、実を付けたい場合は枝を切るのが条件です。4月ごろの本格的な暖かさになったときに剪定してあげれば、夏までに咲くでしょう。

[https://andplants.jp/products/olive-l]

③ゴールドクレスト

ゴールドクレストゴールドクレストは「針葉樹」という品種で、その名の通り下から上に向かって針のように次第に細くなる植物です。

樹形が細長いので、ベランダで管理する際は重めの鉢に植え替えをしてあげれば倒れる心配がありません。耐陰性も多少あるので、日当たりがそこまでよくない場所にもおすすめです。

なお、蒸れる環境があまり得意ではないので、夏場の水やりには注意が必要です。日中の暑い時間は避け、朝と夕方の涼しい時間帯に水やりをしましょう。

④シェフレラ・ホンコン

シェフレラホンコン手のひらのようにパッと開いた愛らしさがあるシェフレラ・ホンコンは「カポック」という名で親しまれています。暑さ、寒さ両方への耐性が優れているので、非常に育てやすい観葉植物です。

葉が丸まっていることからリラックス効果があるので、ベランダでゆったりとした時間を過ごしたい人に適しています。 春夏は成長スピードが早いので、背丈が伸びてきたら剪定を行なって調整しましょう。

剪定をすれば風通しがよくなるので、実は虫の予防にもなります。伸びすぎると樹木と鉢のバランスが合わなくなり、転倒する可能性もあるので気をつけましょう。

⑤シルクジャスミン

シルクジャスミン明るく濃いグリーンが特徴的なシルクジャスミンは、またの名を「ゲッキツ」という観葉植物です。日当たりをしっかり確保してあげると可愛らしい白い花を咲かせるので、ベランダに適しています。

ただし、白い花からは非常に良い香りがするので、それに虫が寄ってくる場合があります。何匹も集まるわけではありませんが、どうしても気になる人は花を落とすなどして対処するといいです。

シルクジャスミンはその香りから、風水では「良縁を導いてくれる」とされています。ベランダに置くと室内にもよい出会いが舞い込んでくるかもしれません。

黒鉢に植えてあげると、白い花とのコントラストでインテリア性もより一層増すでしょう。

⑥ソテツ

ソテツベランダで管理するのならソテツもおすすめです。乾燥に非常に強いため、水やりを頻繁に行う必要がありません

気温が下がる秋冬は、生育が止まり1週間〜10日に1回葉を落とす場合があります。ただ春になればまた新芽が出てくるため、過度な心配は不要です。

ソテツは背丈が伸びないので、ベランダに置く際はスペースを取りません。背丈が伸びなければ転倒によるリスクもないので、比較的安全に管理できます。

高さが低い観葉植物はすのこなどをベランダに敷いてディスプレイすると、雰囲気がグッと変わっておしゃれです。

⑦アイビー

アイビーつる性の観葉植物アイビーもベランダにいいです。ただし葉を多く付けているために蒸発が早く、水切れを起こさないようこまめに水やりする必要があります。

ベランダの環境にもよりますが、上から吊るして飾るのもおすすめです。たとえば、物干し竿に引っ掛けたり苔玉にしてぶら下げたりするのもいいでしょう。

つる性の植物はどんどん伸びていくので、吊るすことでインテリア性が向上します。 風が強い日は注意が必要ですが、ぜひ一度試してみてくださいね。

⑧トックリラン

トックリラン幹がぷっくりと膨らんでいるトックリランもおすすめです。日光を非常に好むため、ベランダに飾る観葉植物として適しています。暑さや乾燥に強く、育てやすいことでも人気が高いです。

トックリランは垂れ下がる葉の様子から、風水では癒しの作用があります。天気のよい日には、ベランダで有意義な時間を過ごるかもしれません。

単体で雰囲気があるので、ひとつあるだけでもおしゃれな風格が漂います。鉢を黒ベースにして、和モダンな印象に仕上げて飾るのもよいでしょう。

[https://andplants.jp/products/ponytailpalm-l]

⑨サンスベリア

サンスベリア屋内で置かれることが多いサンスベリアもベランダの環境に適しています。乾燥に強いため、水やりの頻度は1週間に1回程度で十分です。ただ屋外では乾くスピードが早いので、土の状況を見て調整してください。

葉が鋭いサンスベリアは、風水では悪い気を浄化する力があります。ベランダに置いてあれば、外から室内に入ってくる気を整えてくれるでしょう。

葉っぱは縦に伸びるものがほとんどなので、ベランダのスペースを取りません。スペースに余裕があれば、他の植物とディスプレイしてもよいでしょう。

[https://andplants.jp/products/sansevieriazeylanica-l]

⑩モンステラ

モンステラ最後はモンステラ。ベランダで育てやすい観葉植物として知られています。屋内でも管理しやすい植物として名を挙げられますが、実は屋外でも育てられます。

しかし強い日差しは得意でないので、真夏にいきなり外に出すのは避けるのが無難です。春頃からベランダで管理して、環境に適応させれば問題ありません。

優雅で大きな葉をしていることから、風水ではリラックス効果を与えてくれるといわれています。室内からベランダのモンステラに目をやることで、癒しのひとときを過ごせるでしょう。

[https://andplants.jp/products/monstera-s]

観葉植物を冬越しさせるコツ

冬越し観葉植物を冬越しさせるコツを3つまとめました。

  1. 夏終わりから屋外で管理をする
  2. 秋冬は水やりの頻度を減らす
  3. 耐寒性のある観葉植物を置く

もし冬場も外で置きたい場合は、上記の3つをしっかり押さえておきましょう。

夏終わりから屋外で管理をする

観葉植物は急な環境の変化に適応できません。準備期間がない状況でいきなり冬場のベランダに出すと、枯れてしまうこともあります。

夏終わりからは徐々に涼しくなるので、そのタイミングで屋外に出しましょう。日差しも強くなく寒さもまだないため、植物が適応しやすいタイミングです。

秋冬は水やりの頻度を減らす

水やりの頻度を減らすと、実は観葉植物にとっていいこともあります。それは耐寒性が上がること。前提条件としてあらかじめ環境に適応させておく必要がありますが、適切に水やりの頻度を減らすのは悪いことではありません。

たとえば、オリーブやガジュマルは冬場であれば5〜7日程度は水をあげなくても枯れないことがあります。日当たりなどの状況にもよるため一概には断言できませんが、2〜3日・3〜4日など様子をうかがってみてください。

植物も厳しい寒さにさらされることで、身をより強く保とうとします。初めての冬越しが成功したら、次の年からは通常の管理で問題ありません。

耐寒性のある観葉植物を置く

観葉植物によっては冬の寒さに耐えられないものもあります。暖かい地域でないと生育が難しい植物も存在するので、耐寒温度を事前にチェックしましょう。

たとえば、エバーフレッシュは関東でも屋外の冬越しは難しいです。葉っぱが全て落ち、春に新芽が出ずに枯れてしまう可能性が高いです。

そのため、植物の性質を考慮してベランダに置くことをおすすめします。どうしてもベランダに置きたい人は、必ず夏以降から環境に適応させましょう。

関連記事:寒さに強い観葉植物|おすすめと冬越しについて

観葉植物をベランダに置く際の風水効果

風水効果ベランダに置く観葉植物には風水効果があります。葉が鋭い植物は仕事運や勉強運アップ、丸く垂れ下がる葉は癒しの効果があるといわれています。

ベランダはさまざまな気が漂う場所ですが、観葉植物は外から中に悪い気が入らないようコントロールしてくれるのです。風水的なメリットを求める方にとっても、観葉植物をベランダに飾ることは理にかなっているといえます。

関連記事:観葉植物の風水|場所と効果別のおすすめ

観葉植物をベランダに置く際のよくある質問

よくある質問観葉植物をベランダに置く際によくある疑問を3つまとめました。

  1. ベランダで夏越しさせるには?
  2. 大型の観葉植物を置くのは大丈夫?
  3. 育てやすい観葉植物を他に知りたい

順に確認していきましょう。

観葉植物をベランダで夏越しさせるには?

2〜4月の寒さが徐々にやわらいできたタイミングで、観葉植物をベランダで管理しましょう。夏になってからいきなりベランダに出すと「葉焼け」と言って「日焼け」のような現象が植物に起きます。

葉焼けが起こった部分は葉っぱの色素が死んでしまい元には戻りません。時間をかけて葉っぱが次第に落ちていきます。植物全ては枯れませんが、被害が大きいと色素がなくなる葉も増えます。

夏が始まる前に準備をして、万全な状態で暑い時期を乗り越えましょう。

大型の観葉植物を置くのは大丈夫?

ベランダに大型の観葉植物を置いても問題ありません。ただ背丈や幅があるものは風の影響を受けやすいので、転倒しないように注意する必要があります。

鉢の上に重しを置くのも有効ですが、麻紐や縄を使ってどこかに結びつけておくとより安全です。安全対策を行えない場合は、大型の観葉植物をベランダに置くのはやめましょう。

ベランダで育てやすい観葉植物を他に知りたい

育てやすいことで定評があるガジュマルやアロエがおすすめです。

ガジュマルは、夏の終わりからベランダで管理しておけば冬も越せます。冬越しできた植物は、基本的に年間を通して屋外で管理可能です。

アロエは冬の耐性はありますが、真夏の直射日光はあまり得意でありません。ただ、春頃からベランダで管理すると屋外の気候に慣れるので、夏越しをさせられる可能性があります。

いずれも早めに準備をすると、ベランダの環境に馴染んでくれるでしょう。

まとめ

ベランダにおすすめの観葉植物を解説しました。

屋外で育てられる観葉植物は多くありますが、管理する上では外に出すタイミングが大事です。真夏・真冬の時期にいきなり外に出すのは避けて、基本的に1シーズン前から準備しておくと安心でしょう。

ベランダに置く観葉植物のほとんどは、風水効果も期待できます。風水を意識する方は、もたらす作用によって植物を置くのもおすすめです。

馬淵 大
観葉や多肉植物が昔から好きで、今は自宅でコウモリランをメインに育てています。 前職で、仕入れ、植え替え、販売などを経験。育てているうちに、まるで我が子のように愛着を感じてお持ち帰りしてしまう日も。 同じように…とまではいかなくても、そんな風に愛着をもって育ててもらえれば嬉しいです。 ぜひ一緒にお気に入りの植物を探すお手伝いをさせてください。