インテリアに合う観葉植物|おすすめとおしゃれな飾り方について

インテリアに合う観葉植物|おすすめとおしゃれな飾り方について

最近では、暮らしに観葉植物を取り入れたいと考えている人も増えてきました。

グリーンのある暮らしはどこかリラックス感があり、落ち着いて過ごすことができそうです。憧れのような眼差しで見ている人もいるかもしれません。

とはいっても、これから実践したい人は何から手をつけたらいいのか迷うことも多いはず。植物の選び方なども気になりますよね。

そこで今回は、インテリアに合う観葉植物を紹介しつつ、植物の選び方・飾り方、インテリアコーディネート方法などについても触れていきます

ポイントを押さえていけばさっそく明日から真似できるので、ぜひ参考にしてみてください。

観葉植物を使ったおしゃれなインテリア例

観葉植物を使ったインテリア例を5つ紹介しますので、画像ともに見ていきましょう。

キッチンのおしゃれなインテリア例 引用:https://www.instagram.com/mnmuehue/

何もないとスタイリッシュすぎるキッチンですが、観葉植物が一つあるだけで和らいだ雰囲気に。小型サイズであれば他にいくつかあっても素敵な空間になりそうです。

デスクのおしゃれなインテリア例 引用:https://www.instagram.com/tori_chan_room/

体感としての話ですが、グリーンがあるだけで心がどこかホッとします。いつもより作業もはかどりそうです。

リビングのおしゃれなインテリア例引用:https://www.instagram.com/chia_plants/

リビングにスペースの余裕があるなら、思い切って観葉植物をふんだんに取り入れるのはいかがでしょうか。

この際、こまかいディスプレイは気にせず置きたい場所に置いてみる。無造作な雰囲気が、逆に自然な雰囲気を作ります。

書斎のおしゃれなインテリア例引用:https://www.instagram.com/ycom.tokyo/

書斎であれば、デスクでは置けないような大きめのサイズもディスプレイすることが可能です。植物以外の雑貨などと組み合わせて、オリジナルの書斎を演出するのもいいかもしれません。

寝室のおしゃれなインテリア例引用:https://www.instagram.com/kokimi_home/

寝室に観葉植物があることで、いつもの暮らしに贅沢な時間が加わります。カーテンレールやスツールを利用して、バランスをとるのもいいかもしれません。

観葉植物を使ったインテリアコーディネート方法

観葉植物を使ったインテリアコーディネート方法を5つ紹介していきます。

  1. ハンギングで上から吊るす
  2. 壁に飾ってデットスペースを活用する
  3. リビングに大型のシンボルツリーを置く
  4. カーテン側に置く
  5. スツールやポットスタンドを使う

自宅にある環境を活用したり、植物が映えるようにひと工夫加えてあげるといいです。具体的に見ていきましょう。

①ハンギングで上から吊るす 

ラタンバスケットを使った観葉植物のハンギング

引用:https://www.instagram.com/deers_home/

ハンギングまたはハンギングバスケットをご存じでしょうか?観葉植物を入れた鉢を上から吊るすもので、今では麻紐などの紐類をマクラメ状にしておしゃれに飾ることもできます

天井から吊るすことができるので植物を空中で眺めることができます。天井で飾るのが難しい方はカーテンレールや突っ張り棒にS字フックをかけて吊り下げるのもおすすめです。

②壁に飾ってデットスペースを活用する

壁掛けを使ったインテリア例

引用:https://www.instagram.com/and.cil.botanical/

壁や階段などに板をつけてデットスペースを活用するのもおすすめです。観葉植物を家に置こうと考えると、どうしても空間を占めてしまうので狭く感じることもあります。壁などであれば無駄なく植物を飾れるのでよいでしょう。

ただし、大型のものや一度にたくさんのものは置けないので、あらかじめサイズが限られます。日当たりのことも考慮すると、小ぶりで耐陰性のあるものを置くといいです。

③リビングに大型のシンボルツリーを置く

リビングに大型のシンボルツリーを置く

引用:https://www.instagram.com/_.coona._/

 一気にリビングの雰囲気を変えたい人は、ひとつ大型の観葉植物があるといいでしょう。小さい観葉植物でもいいですが、数を増やさないと全体的な印象はあまり変わりません。

それに大型の植物は、小さいものと比べても体力があるので、実は枯れにくいです。初心者やインテリアとの相性を考えたい人も、まずは大型からはじめてみるのがおすすめです。

のちのち、テレビ周りやテーブルなどといった細かいところを調整してもいいかもしれません。

④カーテン際に置く

カーテン側に観葉植物を置く

引用:https://www.instagram.com/pichan_desu/ 

カーテン際に観葉植物を置くのも、インテリアコーディネートとしても様になります。日当たりにもよりますが、光量が入ってくるのであれば植物もよく育ちますし、失敗しにくいです。

プランターなどを置いて中に小鉢を敷き詰めてもいいですし、少し背丈のあるものを床置きにしても映えるでしょう。

 カーテン際は、冬場の冷気が植物を痛めてしまう可能性があるので、距離を置いて管理をしましょう。

⑤スツールやポットスタンドを使う

ポットスタンドの上に観葉植物を置く

引用:https://www.instagram.com/1ldk_50m2/

スツールやポットスタンドを使えば、インテリアとして楽しむことができますし、置き場所の自由度があがります

たとえば、リビングの隅、ベランダ際に置くのもいいでしょう。

飾るときに高低差をつけることができるので、他のインテリアとの組み合わせも楽しむことができます。

「まずは何かしら取り入れてみたい」という人には手軽にはじめられるのでいいかもしれません。

インテリアに合う観葉植物の選び方


インテリアに合う観葉植物の飾り方はサイズがとても大切です。では、どんなポイントを意識したらいいのでしょうか?下記3つのポイントをご覧ください。

  1. テーブルには小さめのサイズ
  2. テレビ周りには腰丈のサイズ
  3. ベランダ付近には背丈のサイズ

それぞれのポイントを押さえてあげるとおしゃれに飾ることができます。

テーブルには小さめのサイズ


テーブルのサイズにもよりますが、基本的に小さめのものを飾るとバランスがいいです。また、垂れ下がる系の植物などもあまり置かない方がいいでしょう。

というのも、伸びてテーブルについてしまうと、埃なども絡めてしまうからです。見た目や植物にもよくないので注意してください。

日当たりが確保しづらい場合は、1週間に1〜2日は日光浴をさせてください。

テレビ周りには腰丈のサイズ


テレビ周りには腰丈、もしくはテレビと同じ高さのものがバランスが取りやすいです。幅が広がるよりは、縦にスラッと伸びるものがいいでしょう。たとえば、前述したケンチャヤシやサンスベリアなどもおすすめです。

また、テレビ周りは強い気が発せられているので、鋭い葉を持った観葉植物を飾ると風水としてもいいです。

ベランダ付近には背丈の大きなサイズ


リビングにもよりますが、ベランダ付近は開放的に感じることができるので、背丈くらいの大型の観葉植物を飾ってもいいです。

特に日光も十分に取り入れることができるので、植物の生育にも最適です。

「どのインテリアと植物を合わせたらいいだろう」と迷ってしまう人は、ひとつ大型のものを先に決めてもいいでしょう。

雰囲気が一気に変わるだけではなく、ベランダから運気が舞い込むので風水としても効果的です。

インテリアとして人気の育てやすい観葉植物

インテリアに合うおすすめの観葉植物を以下にまとめましたので、ご覧ください。
  1. シマトネリコ
  2. ケンチャヤシ
  3. パキラ
  4. ドラセナ・コンシンネ
  5. フィカス・ウンベラータ

暮らしのインテリアと相性がいいのはもちろんですが、どれも育てやすく人気が高いものばかりです。では、具体的に見ていきましょう。

①シマトネリコ|美しい常緑木

シマトネリコ
日当たり 日当たりのよい置き場所
温度 -3℃まで耐えられる
耐寒性 強い
耐暑性 強い
水やり 春夏:土の表面が乾いたら
秋冬:土の中が乾いてから2〜3日後

シマトネリコは、一年を通して艶やかな葉っぱを付ける「常緑樹」と呼ばれる観葉植物です。葉っぱや樹形のバランスが全体的によくとれているので、どんなインテリアとも合います

サイズのバリエーションも豊富なので、デスクやリビングに置きたいと考えている方などのニーズを満たしてくれるでしょう。

庭木にも適しているため、自宅のシンボルツリーとして飾る方もいるようです。ただしその場合は大きさによっては10m以上にもなる可能性があるので、適宜剪定をして高さを調整する必要があります。

「高潔」「偉大」「荘厳」といった立派な花言葉もあり、良い運気を運んでくれます。シマトネリコが一つあるだけで、気持ちが整えられるかもしれませんね。

[https://andplants.jp/products/shimatonerico-l]

②ケンチャヤシ|清涼感

ケンチャヤシ
日当たり 明るい日陰(直射日光は避ける)
温度 最低5℃以上をキープする
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:土の表面が乾いたら
秋冬:土の中が乾いてから2〜3日後

ケンチャヤシはヤシの木の仲間で、南国の雰囲気を思わせるような観葉植物。葉がこすれ合うと、清涼感を感じさせる涼しげな音が聞こえてきます

日当たりのある置き場所の方が健康に生長しますが、実は耐陰性もある植物です。日光をあまり確保できない部屋などにも適しているので、お好きなところに置けます。

黒鉢に植え替えるだけでインテリア性もグッと増すので、和モダンな雰囲気に仕上げたい方はぜひ検討してみてください。

[https://andplants.jp/products/catpalm-l]

③パキラ|安定感のある株元

パキラ
日当たり 日当たりのよい置き場所(直射日光は避ける)
温度 最低5℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:土の表面が乾いてから
秋冬:土の中が乾いてから2〜3日後

パキラは、大きな手のひらのような葉っぱをつける観葉植物です。別名「Money Tree(発財樹)」とも呼ばれ、金運アップの効果があるとされています。

ずっしりとした株元であることから、乾燥にもそれなりに強いです。「インテリアに合う観葉植物が欲しいけど、育てるのに自信がない」といった方にもおすすめします

また、一年を通して日当たりのよい置き場所で管理すると新芽がどんどん生長します。大きくさせたい場合は、日中の気温が高い時間に日光浴をさせましょう。合わせて葉っぱに霧吹きをしてあげると、害虫予防にも効果があります。

[https://andplants.jp/products/pachira-m]

④ドラセナ・コンシンネ|シャープな見た目

ドラセナ・コンシンネ
日当たり 日当たりのよい置き場所
温度 最低5℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:土の表面が乾いてから
秋冬:土の中が乾いてから2〜3日後

ドラセナ・コンシンネは、針のようにチクチクとした姿をしているユニークな観葉植物です。葉っぱ一枚一枚は薄く繊細ですが、幹はしっかりと丈夫で乾燥にも強いため、初心者にも適しています。

シャープな見た目は空間にメリハリをもたらしてくれるので、インテリアにアクセントがほしい際におすすめです

加えてコンシンネは、寒さにはあまり強くありませんので冬の置き場所には注意が必要です。窓際から離れた場所で管理をすると、無事に冬越しができるでしょう。

[https://andplants.jp/products/doracaenaconsinna-m]

⑤フィカス・ウンベラータ|リラックス感

フィカス・ウンベラータ
日当たり 日当たりのよい置き場所(直射日光は避ける)
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:土の表面が乾いてから
秋冬:土の中が乾いてから2〜3日後

最後に紹介するのはフィカス・ウンベラータです。ゴムの木の仲間で、ハート型の葉っぱをしている観葉植物。「すこやか」「永遠の幸せ」「夫婦愛」といった素敵な花言葉をもっており、大切な方やお祝いごとなどの贈り物にも適しています。

大きな葉っぱからはリラックス感を得られるため、インテリアだけではなく癒しをもたらしてくれる存在としてピッタリです

ウンベラータは日当たりを好みますが、一枚一枚の葉っぱが薄いので強い光が得意ではありません。

そのため、日陰の場所から急に窓際などへ移動させるとすぐに葉焼けをするので注意しましょう。移動させる際は、まずはカーテン越しで1〜2週間ほど環境に適応させるのがよいです。

[https://andplants.jp/products/umbellata-l]

観葉植物のインテリア性を高める飾り方

以下の飾り方を意識してみると、今よりもインテリア性を高めることができるでしょう。

  1. 部屋のテイストに合った鉢を飾る
  2. 床置き以外の方法で飾る
  3. 複数の観葉植物を組み合わせて飾る

ちょっとした変化を加えるだけでも雰囲気がガラリと変わるので、ぜひ取り入れてみてください。

部屋のテイストに合った鉢を飾る

最近では、観葉植物だけではなく鉢の色やデザインもさまざまです。植物の雰囲気に合わせて植え替えるのもいいですが、部屋の雰囲気と揃えるとさらにインテリア性が高まります

ナチュラルテイストであれば素朴な色合いがいいですし、モダンテイストならシンプルにブラックでも素敵。あえて柄のある鉢をアクセントとして加えるのもいいでしょう。

すでに部屋のスタイルやテーマが決まっているなら、それに合わせて鉢を選んであげるのがおすすめです。

関連記事:観葉植物や鉢はどこで買う?選ぶポイントとおすすめを紹介

床置き以外の方法で飾る

観葉植物は「置くこと」に注目しがちですが、飾り方は他にもあります

たとえば「壁掛けで飾る」「天井から吊るす」などもおすすめです。住まいによって難しいこともあるかと思いますので、カーテンレールや突っ張り棒を活用するのもいいかもしれません。

または鉢タイプではなく、苔玉仕立てにするのもアリです。日本らしい「和」の雰囲気を演出できるでしょう。

関連記事:ハンギングにおすすめの観葉植物|飾り方と注意点について

複数の観葉植物を組み合わせて飾る

観葉植物はどれも形が異なるため、複数組み合わせるだけでおしゃれな雰囲気にできます。背丈がばらばらなものを集めて、高低差を意識したディスプレイも面白いです。あえて同じ品種を揃えて、異なる鉢に植え替えて飾るのもいいかもしれません。

インテリアコーディネートは「この飾り方が正解」といったものがないので、自由度は高いですが自分だけの空間を作ることが可能です。

今回の記事でもたくさんの例を取り上げているので、まずはそこからヒントを学び活かしていきましょう。

観葉植物の基本的な管理方法

基本的な管理方法を簡単におさらいしていきましょう。以下2つをご覧ください。

  1. お水やり|土が完全に乾いてからあげる
  2. 置き場所|日当たりの良いところに飾る

では具体的に見ていきます。

お水やり|土が完全に乾いてからあげる

観葉植物の基本とも言えますが、お水やりは土が完全に乾いてからあげてください

その際に、土の乾き具合を確認する方法としては指で土を触るのがおすすめです。 指に土が付いたら湿っている証拠なのでまだあげません。

一方、指に土が付かなければ乾いている証拠なので、鉢底の穴から水が出るくらい与えます。 感覚をつかむまで少し難しいかもしれませんが「あげる・あげない」のメリハリを覚えられると、上手く育てることができるはずです。

置き場所|日当たりの良いところに飾る

観葉植物は日当たりの良い置き場所に飾るといいです。日光に当てると光合成をおこない、栄養素を体内に届けます。つまり、きちんと日光に当たることですこやかに生長してくれるのです。

逆に、日当たりの悪いところで管理をすると、弱い株になります。直ぐに枯れるわけではないですが、日当たりの良いところで育った植物と比較すると、病気などにかかりやすいです。

植物は日陰でもある程度耐えられる性質をもっていますが、日陰にずっと置いておくのもあまり好ましくありません。毎日は難しくても定期的に日光浴をさせるのがおすすめです。

場所別|観葉植物を使ったインテリア例

観葉植物を使った際のインテリア例を場所ごとにまとめました。「キッチンはどんなのがいいかな?」「洗面所にも植物がほしい」などとふと思い立ったら、下記記事を参考にしてみてください。

インテリアに合わせる観葉植物のよくある質問


最後に、インテリアに合わせる観葉植物のよくある質問とその答えをまとめましたので、下記をご覧ください。

  1. リビングに観葉植物を置くと風水の効果はあるの?
  2. インテリアに合わせる観葉植物はフェイクや造花で大丈夫?
  3. 大型の育てやすい観葉植物はどれ?

では、具体的に見ていきましょう。

リビングに観葉植物を置くと風水の効果はあるの?

前述の観葉植物でも解説してきましたが、基本的に風水の効果はどれもあります。

ここで整理をすると、鋭い葉の植物のものは気を浄化してくれたり、仕事運をアップさせたりします。リビングや仕事部屋などにも向いています。

また、葉が丸まっていたり垂れ下がったりするものは、リラックス効果を与えてくれたり人間関係を穏やかにしてくれたりします。気持ちを整えられる寝室に置けば、より効果も高まるでしょう。

インテリアに合わせる観葉植物はフェイクや造花でも大丈夫?

フェイクや造花は生きている植物ではないので観葉植物ではないですが、インテリアに合わせるとしては問題ありません。

枯れてしまっている分、水やりは日当たりは必要ないので、自由度が高く飾ることができます。

また、風水としても効果を発揮します。風水は「周りの環境を整えることによって自分に気が作用する」という考えがあります。フェイクや造花で自分の気持ちが整うのであれば問題ありません。

大型の育てやすい観葉植物はどれ?

エバーフレッシュがおすすめです

耐陰性に優れているため日陰でも次第に適応し、生長します。環境に慣れてくればお水やりだけで大きくなるので、初心者の方でも楽しめる植物です。

また、日中は葉が開いて夜になると閉じる「睡眠運動」と呼ばれるユニークな特徴をもっています。諸説ありますが、余分な水分の蒸発を防ぐためにおこなわれているそうです。植物も意外と合理的ですよね。

[https://andplants.jp/products/pithecellobiumconfertumcurved-m]

まとめ

インテリアに合わせるのを考えると、色味やサイズ感とのバランスに悩む方もいるとは思いますが、最後は直感で置いてみるのもアリです。

「自分自身がこれがいい」と感じるまであれやこれやと工夫している時間が、ディスプレイセンスを高めてくれるはず。手を動かした分だけ上手くなるので、まずは見よう見まねでやってみましょう。

どうしても悩んでしまったら、今回の記事に戻ってきてください。ヒントがきっと見つかるはずですよ。

ANDPLANTSではInstagramでおしゃれなお部屋を紹介しています。

ANSPLANTSではInstagramでおしゃれなお部屋や観葉植物を紹介しています。「こんなインテリアコーディネートを探していた」「私もこの植物の飾り方をマネしたい」など、いろんな視点で楽しんでもらえるよう日々、ご提案をしております。

わからないことなどあれば、いつでもANDPLANTSへ気軽にご相談ください。

ANDPLANTSのInstagramはこちらから

馬淵 大
観葉や多肉植物が昔から好きで、今は自宅でコウモリランをメインに育てています。 前職で、仕入れ、植え替え、販売などを経験。育てているうちに、まるで我が子のように愛着を感じてお持ち帰りしてしまう日も。 同じように…とまではいかなくても、そんな風に愛着をもって育ててもらえれば嬉しいです。 ぜひ一緒にお気に入りの植物を探すお手伝いをさせてください。