ヒメモンステラの育て方

ヒメモンステラの育て方

植物名 ヒメモンステラ
学名 Rhaphidophora tetrasperma
英名 Window leaf
科目/属性 サトイモ科ラフィドフォラ属
原産地 東南アジア

\品種別の植物ケアカードも同梱します/

[https://andplants.jp/collections/rhaphidophoratetrasperma]

この記事を監修した人佐藤桃子
ハウスメーカーで造園・観葉植物などに携わったのち、観葉植物専門店の店長としてトータルでプロデュースを手掛ける。2022年よりAND PLANTSに所属。著書に『INTERIOR GREEN 観葉植物と日常』(ブティック社)。他、監修本多数。

ヒメモンステラの特徴

ヒメモンステラは、モンステラよりも葉が小さく可愛らしい特徴を持つ植物です。モンステラの小さいサイズの品種として認知されていましたが、実際は別属のため違う植物になります。

成長するに従い葉に入る切れ込みが深くなる特徴はモンステラと同様ですが、切れ込みが左右非対称に入ります。比較的大きくならないので、机や棚の上など省スペースで楽しむことができます。

耐陰性を持つため、初めて植物を迎える方でも育てやすいです。ぜひ気軽に飾れるインテリアグリーンとしていかがでしょうか。

ヒメモンステラとモンステラの違い

ヒメモンステラとモンステラは同科別属なので、違う植物になります。

  • ヒメモンステラ:サトイモ科ラフィドフォラ属
  • モンステラ:サトイモ科モンステラ属

ヒメモンステラは、モンステラの小さいサイズの品種を表す通称として長く認知されていました。植物の名称は大きくならない品種を「姫(ヒメ)」と呼ぶことが多いためです。

しかし、「ラフィドフォラ テトラスペルマ」がヒメモンステラの正式な学名です。アダンソニーなどの小さな株やコンパクタのような小型品種を、ヒメモンステラとして間違わないように注意しましょう。ヒメモンステラは這うように育つ蔓性の性質があり、モンステラのように立性の樹形とは異なる姿になる特徴があります。

ヒメモンステラの花言葉

ヒメモンステラの花言葉は、「嬉しい便り」「壮大な計画」「深い関係」です。

葉の穴や切れ込みの隙間は、太陽の光を下葉に届ける役割があります。その様子から「嬉しい便り」という花言葉が付けられました。

ヒメモンステラの生命力と成長に従い入る葉の切れ込みが「壮大な計画」という花言葉の由来です。「深い関係」は緑葉に入る深い切れ込みから名付けられています。

「嬉しい便り」は希望の光を運んでくれる意味として、新しい門出を迎える方への贈り物としても喜ばれるでしょう。

ヒメモンステラの風水

ヒメモンステラには、「金運」の風水効果があります。丸みを帯びた葉がたくさん付く植物には、金運を高める効果を期待できるためです。

さらに、丸い葉は運気を穏やかにして良縁を引き寄せます。気の入り口である玄関や窓際に置くと良いでしょう。

金運を高めたり良縁を引き寄せたりする風水効果は、開店祝いや就職祝いに最適です。

関連記事:観葉植物の風水|場所と効果別のおすすめ

ヒメモンステラの育て方

ヒメモンステラの育て方

日当たり 直射日光が当たらない明るい場所
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
肥料 緩効性肥料、液体肥料
剪定時期 5~9月

関連記事:観葉植物の育て方|コツや管理法について

置き場所と日当たり

ヒメモンステラは日当たりのよい環境を好みます。ただし、直射日光に当たると葉焼けしやすいため注意が必要です。

耐陰性はありますが、ほとんど日光が入らない場所に置くとうまく生育できません。葉の切れ込みも入らず徒長した姿になるため、明るい窓際に置いてください。

直射日光が差し込む場合は、レースカーテン越しの柔らかい光にしてあげましょう。夏の直射日光に当たると、葉焼けしやすいため気を付けてください。

温度

ヒメモンステラは寒さに弱い植物です。最低10℃以上をキープして育ててください。

寒さに当たり続けると葉を次々に落とし、5℃以下になると葉が傷む恐れがあります。なるべく暖かい場所で管理することが重要なポイントです。

冬の窓際は屋外と変わらないくらいに冷え込むので、窓から離した明るい場所に置きます。暖房の風が当たると急激な乾燥によって葉が傷むので、暖房の風が当たらないように気を付けましょう。

水やりの頻度

  1. 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
  2. 秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)

春夏の生育期には、手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)鉢底から水が流れるくらいに、しっかり水やりしてください。水のやりすぎや受け皿の溜め水は根腐れの原因になります。

水やり後は、受け皿に溜まった水は小まめに捨てることが重要です。気温の下がる秋からは土の渇き具合を見ながら、徐々に水やりを控えましょう。

冬も手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)水やりをします。この時期は空気が乾燥するので、水やりと一緒に葉水も与えるとイキイキとした元気な葉を維持しやすいです。

水やりや葉水を気温の下がる時間帯に与えると、ヒメモンステラが傷む恐れがあります。水やりや葉水は暖かい時間に行ってください。

肥料

ヒメモンステラには、生育期の5~10月(真夏を除く)に2か月に1度置き肥を置くか、水に薄めた液肥を2週間に1度のペースで水やり代わりに与えてください。冬は生育が緩慢な時期なので、肥料は与えません。

ヒメモンステラは肥料が少なくても十分に育ちますが、葉を茂らせたり艶を出したりしたい場合は土に混ぜ込んだ元肥以外に追肥もしましょう。ただし、肥料の与えすぎは根を傷めるため、与えるペースや時期はしっかり守ってください。

剪定方法

ヒメモンステラの剪定時期は5~9月です。傷んだり伸びすぎたりした茎や葉を剪定します。

枯れたり傷んだりした葉を取り除く場合は、茎の付け根部分から切り取ると見栄えが悪くなりません。節から新しい茎を出すので、理想の株姿をイメージして伸びすぎた茎を剪定すると良いでしょう。

サトイモ科植物のため、樹液には毒性のあるシュウ酸カルシウムが含まれます。剪定をするときは、触れないように気を付けてください。

体質によってかぶれる恐れがあるので、剪定するときは手袋をすると安心です。もし触ってしまった場合は、流水で丁寧に洗い流してください。

害虫や病気

ヒメモンステラによく発生する害虫や病気は以下の2つです。

  1. カイガラムシ
  2. すす病

カイガラムシとは、貝殻を被ったような小さな虫です。様々な植物に発生して樹液を吸汁し弱らせます。

薬が効きにくいので、発生初期に対処することが重要です。こまめな観察を行いながら、見つけ次第柔らかい布などで取り除いてください。

すす病とは、植物の枝葉に黒いすすのような粉が付く病気です。主にカイガラムシの糞が原因で発生します。

すすのような粉は柔らかい布などで綺麗に取り除いてください。カイガラムシが葉の裏や茎の隙間にいないか確認しましょう。

病害虫を発生させないためにも、日頃から葉水をしたり布で葉を綺麗に保ったりする管理を行うことが重要です。

ヒメモンステラのよくあるトラブルと対処法

ヒメモンステラのよくあるトラブルと対処法

机や棚など省スペースで楽しめるヒメモンステラですが、トラブルも存在します。

ここではトラブルが起きたときの対処法を解説していきます。あらかじめ対処法を知っておけば、いざ何かあっても安心です。

関連記事:観葉植物のトラブル|主な症状と対処法まとめ

根腐れ

根腐れでは、以下の症状が見られます。

  1. 水をあげても元気にならない
  2. 土がなかなか乾かない
  3. 葉が落ちやすい
  4. 葉が茶色・黄色に変色している
  5. 幹や幹の根元が柔らかい
  6. 土から腐敗臭がする
  7. 土の表面にカビが生えている
  8. 根黒く変色している

根腐れは、土の中の酸素濃度が低下して土中の細菌叢が変化し、有機物の腐敗が進むことで有害なアンモニアが発生し、土壌環境が悪くなることで発症します。

また、常に土が湿っている状況では根が呼吸することができず、細胞が死んでしまいます。これが原因で、根から水を吸い上げることができなくなり、植物体に水を供給することができなくなることで死んでしまう現象です。

根腐れの対処法は以下。

  1. 鉢から植物を抜き、悪い土を落として水はけのよい土に交換する
  2. 根の傷んでいる部分、腐っている部分をカットする
  3. 少量の水を与え、風通しがよく明るい日陰で管理する
    ※1週間を目安に水が乾くコンディションで管理する
  4. 活力剤を与えてみる
  5. 傷んだ葉を取り除く
  6. 枯れた枝を切り取る

根腐れが起こった場合は、鉢を入れ替えて土の環境を変えることが大切です。傷んでしまった根は取り除き、健康な状態が取り戻せるような環境を与えてあげましょう。赤玉土・ゼオライトなどを用土に混ぜ込むことで、水はけと根腐れを防止することができます。

枝先がダメになっている場合は、生きている部分までカットし、新しい葉を出すことで回復させます。根元から腐っている場合は、無事な部分で切り取り、挿し木にして発根させて回復させましょう。

根腐れが起こると、新芽を残すように古い葉を落とす現象が見られます。重度の根腐れの場合は、新芽や枝の先から枯れることがあるので注意が必要です。

根詰まり

根詰まりとは、鉢の中で根がいっぱいになることで起きる症状です。根詰まりの症状は以下の通り。

  1. 水が浸透しづらくなる
  2. 底から根が出てくる
  3. 葉が黄色くなる
  4. 鉢にヒビが入る

特に春夏の成長期で一気に伸びてしまうと上記のような症状が起きてしまいます。すぐに枯れる要因にはなりませんが、放置してしまうとヒメモンステラに悪影響です。

対処法はヒメモンステラの植え替えをすること。

ヒメモンステラを現在の鉢より1つ上の大きい鉢に植え替えることで、上記の症状はほとんど解消されるでしょう。植え替えを行う時期も春夏の成長期が最も適しています。

葉焼け

葉焼けでは、以下の症状が起きます。

  • 葉の色素が抜けて白くなっている
  • 葉の一部が茶色く枯れている

強い日差しを浴びすぎると葉が傷んで「葉焼け」というトラブルが発生します

葉焼けの症状に気がついたら、早めに置き場所を検討し直すことが必要です。

対処法は以下。

  1. 直射日光が当たっている場合はカーテンなどで遮光する
  2. 葉焼けした部分はカットする

葉焼けが起こるということは、日光が当たりすぎている可能性が高いため、直射日光に当てないような措置を取りましょう。

また、一度焼けてしまった葉は二度と元に戻りません。傷んだ葉はカットし、新しい健康な葉が生えてくるのを待ちましょう。

ハダニ

ハダニの症状は以下。

  1. 葉にクモの巣のような糸がついている
  2. 葉の裏に小さな虫がついている
  3. 葉に斑点や傷がある
  4. 葉の色が薄くなり枯れている

ハダニは繁殖力の強さと、薬剤耐性を持つとても厄介な害虫です

放っておくと糸を張って大量発生する危険性もあるので、早めに対処を行いましょう。

対処法は以下。

  1. 傷んだ葉はカットする
  2. 葉の表裏、付け根や茎も水で洗浄する
  3. ハダニに効果のある液体を噴霧する(殺虫剤のほか、2倍に薄めた牛乳、重曹と水を混ぜたもの、濃いコーヒー、10倍に薄めた酢でも一定の効果あり)

ハダニが湧いてしまったら、市販の殺虫剤(ベニカファインスプレー・オルトラン)を使用するのが効果的です。2倍に薄めた牛乳などの液体を噴霧する対処法もありますが、匂いが気になる方には水で洗い流す方法もおすすめです。

そもそもハダニは、こまめな霧吹き・葉をふき取りきれいにすることを怠らなければ発生しません。

常にきれいな状態を保つために、霧吹きの購入は必須といえます。月に一度はシャワーで洗い流すなどの管理も必要です。

ヒメモンステラのよくある質問

ヒメモンステラのよくある質問

最後にヒメモンステラのよくある質問とその答えを以下にまとめました。

  1. ヒメモンステラはハンギングでも育てられる?
  2. ヒメモンステラに支柱は必要?
  3. ヒメモンステラの植え替え時期/植え替え方法は?
  4. ヒメモンステラの気根はどうしたらいい?
  5. ヒメモンステラの適切な増やし方?
  6. ヒメモンステラが枯れる原因は?
  7. ヒメモンステラが伸びすぎた時の対処法は?
  8. ヒメモンステラは水栽培(ハイドロカルチャー)できる?

それでは具体的に見ていきましょう。 

ヒメモンステラはハンギングでも育てられる?

ヒメモンステラはハンギングでも育てることができますプラントハンガーを利用して飾るとおしゃれです。

空中に吊るすと、放射線状に広がる葉や伸びた茎が枝垂れる姿を楽しめます。ただし、窓際からの一方向からの光では葉が偏るので、定期的に光の当たる方向を調節すると形よく生育するでしょう。

お部屋の雰囲気に合わせて、ヒメモンステラのハンギングを楽しんでみてください。

ヒメモンステラに支柱は必要?

ヒメモンステラの株を上に大きくしたい場合は支柱が必要です。順調に成長すると、葉を広げ茎を横や下に這うように伸ばします。

横へ広げず上に大きくしたい場合は、支柱で茎を支えてください。コルクやヘゴの支柱を使うと、節から伸びる気根も活着しやすいでしょう。

背を高く伸ばしたくない場合は、伸びた枝を剪定してコンパクトに仕立てると支柱は必要ありません。

ヒメモンステラの植え替え時期/植え替え方法は?

植え替え時期は、5~9月です。7月以降に植え替える場合は猛暑日を避けて植え替えしてください。

およそ1~2年おきに植え替えます。鉢底から根が出てきたり、水やり後に土の吸水が悪かったりする場合も植え替えが必要です。

鉢から根鉢を取り外します。根が固まっていたら土と一緒にほぐして、一回り大きな鉢に植えてください。

鉢底から水が流れるくらいに水やりをして、明るい日陰で様子を見ます。その後、元に戻して管理しましょう。

ヒメモンステラの気根はどうしたらいい?

ヒメモンステラの気根は切っても切らなくても、あまり生育に問題ありません。飾る場所や周囲のインテリアに合わせて、切るかどうか決めても大丈夫です。

本来、気根は空気中の水分を吸収したり支柱の役割をしたりします。土に根付けば養分を吸収することも可能です。

しかし、鉢植えで育てる場合は肥料を与えたり支柱をしたりするので、気根はなくても問題ありません。ただし、伸びた気根を土に根付かせると自然味溢れる姿を楽しめます。

理想の姿を想像しながら、気根を切ったり伸ばしたりすると良いでしょう。

ヒメモンステラの適切な増やし方は?

ヒメモンステラは「挿し木」「茎伏せ」で増やすことができます。どちらも生育期の5~9月に行いますが、気温が上がる5~7月に行うと最も成功率が高いです。

挿し木は伸びた茎を節を含めて10~15㎝に切り、葉を1~2枚だけ残して土に優しく植えます。直射日光に当たらない明るい日陰で、土が乾かないように2~3週間管理すると新芽が出てくるでしょう。

挿し木は、水挿し(土に植えずに容器に溜めた水に挿しておく方法)でも簡単に増やすことができます。水挿しで発根させた場合は、そのまま育てることも可能です。

ヒメモンステラは茎の節から気根を伸ばし、やがて土に伸びることで根になります。そのため、気根が付いている茎を切り分けて増やしても問題ありません。

茎伏せは挿し木同様に節を含めた茎を切り取り、その茎を土の表面に横に寝かせておく方法です。挿し木が土に縦に植えるのに対して、茎伏せは横に植えるような形になります。

土が乾かないように管理すれば、節から新芽が出てくるので安心してください。

ヒメモンステラが枯れる原因は?

枯れる原因は「日当たり不足」「水のやりすぎ(やらなすぎ)」「寒さ」が多いです。

耐陰性はありますが、日差しの入らない暗い環境で育て続けると、葉が黒くなり落ちて枯れる恐れがあります。明るい窓際に移動させて管理してください。

水のやりすぎは根腐れの原因に。ただし、生育期に水切れを経験すると葉が落ちてしまいます。

何度も水切れを経験すると枯れるので、適切な水やりを心がけてください。気温は10℃ほどは耐えることができますが、5℃以下になると枯れる可能性が高くなります。

冬の窓際は屋外と変わらないくらいに冷え込むので、窓から離した明るい場所で管理すると良いでしょう。

ヒメモンステラが伸びすぎた時の対処法は?

ヒメモンステラが伸びすぎた時は剪定します。茎の節から新芽が伸びるので、剪定後の伸長を想像しながら切ってください。

伸ばし過ぎた場合は、株元から葉が出てこなくなります。適度に剪定することで、形よく育てることが可能です。

ただし生育が緩慢な冬に剪定すると、新芽が出ずに枝が枯れ込むこともあります。剪定は生育期の5~9月に行いましょう。

ヒメモンステラは水栽培(ハイドロカルチャー)できる?

ヒメモンステラは水栽培が可能です。水を入れた花瓶やコップに剪定した節のある茎を入れておくと根が出てきます。

そのまま育てることもできますが、水中には根から出る老廃物を分解する微生物がいません。そのため、根が腐りやすい点に気を付けて下さい。

毎日水を入れ替えて、イキイキとしたヒメモンステラに育てましょう。また、固形の焼土であるハイドロボールを使用した水栽培も、同様に楽しむことができます。

根のついた苗を水栽培する場合は、流水で綺麗に土を落としてください。根が落ち着くまで数枚の葉が黄色くなり自然と落ちることはありますが、水環境に適した根が新しく出ると新芽もたくさん伸びてきます。

気根のついたヒメモンステラの茎であれば、簡単に水栽培ができるので挑戦してみてくださいね。

ヒメモンステラのまとめ

ヒメモンステラのまとめ

ヒメモンステラは明るい室内であれば、一年を通して簡単に育てることができます。初めて植物を迎える方でも育てやすいため、気軽に飾れるインテリアグリーンとして活躍するでしょう。

「嬉しい便り」「壮大な計画」という花言葉は、就職祝いや開店祝いのプレゼントに最適です。金運や良縁を引き寄せる風水効果は、多くの方に喜んでもらえます。

ぜひ、おしゃれなインテリアグリーンとして育ててみてはいかがですか。

[https://andplants.jp/collections/rhaphidophoratetrasperma]

PICKUP ITEMS

特集