商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

フェニックスの育て方

フェニックスの育て方

植物名 フェニックス
学名 Phoenix
英名 Phoenix
科目/属性 ヤシ科フェニックス属
原産地 インドシナ
日当たり 日当たりのよい置き場所(屋外)
温度 品種による
耐寒性 品種による
耐暑性 強い
水やり 春夏:土の表面が乾いたら
秋冬:土の表面が乾いてから2~3日後
肥料 緩効性肥料、液体肥料
剪定時期 5~10月
育てやすさ ★★★★☆

フェニックスの特徴

フェニックスは、まっすぐ伸びた幹に羽状の葉を広げるヤシ科の植物です。置くだけで南国の雰囲気を漂わせる優雅な魅力を持っています。

温暖湿潤な環境であれば、一年を通して屋外での管理が可能です。そのため、地域によっては街路樹のように植えられていることもあります。

フェニックスにはさまざま種類がありますが、日本ではロベレニーやカナリーヤシなどの種類が人気です。特に、ロベレニーは、幹も太くならずスマートに育てることができます。

直射日光が好きなので、基本的には屋外の日当たりのよい環境で育ててください。

フェニックスは葉の基部に鋭いトゲを持っているので、手入れをする際はケガをしないように気を付けてください。

フェニックスの花言葉

フェニックスの花言葉は、「躍動感」です。しなやかで美しい葉が四方に広がる様子から、この花言葉が名付けられました。

晴れた日にイキイキとした葉が風に揺れる姿は、非常に美しく躍動感に溢れています。開業・開店祝いや新築祝いのプレゼントとしておすすめです。

お店であれば、エントランスやテラスなどに飾ると南国の雰囲気を演出できます。広いお庭やベランダがあるお家であれば、毎日がリゾート気分かもしれません。

活動的な印象を受ける花言葉なので、いつも元気な方へプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

フェニックスの風水

フェニックスには「邪気払い」の風水効果があるとされています。風水では葉が鋭い植物は、悪い気を払う効果があるためです。

気の入り口である外玄関やエントランス、窓際に置いておくと邪気を払ってよい運気に恵まれるでしょう。

また、フェニックスは上向きに葉を出して幹も真っすぐ成長することから、陽の気にあふれる植物です。

陽の気は活力を与えてくれるため、仕事や生活に張りを与えてくれます。フェニックスを飾るだけで、イキイキと躍動的な生活を楽しめるかもしれません。

フェニックスの種類や品種

フェニックス属には、多種多様な種類があります。その理由として種間交雑が容易であるためです。

自然の中でも交配して変異するため、品種の同定が困難とされています。ロベレニーやカナリーヤシのように、まったく大きさの違うフェニックスでも簡単に交配可能です。

そのため、どの程度の種類があるのか正確には不明ですが、ここでは人気のフェニックスを3種類紹介します。

  1. フェニックス・ロベレニー(シンノウヤシ):生育が遅く幹も太くならないスマートな樹形
  2. フェニックス・カナリエンシス(カナリーヤシ):弓状に枝垂れる葉は5mになるほど大きく育つ
  3. フェニックス・ダクティリフィーラ(ナツメヤシ):収穫できる果実はデーツと呼ばれて食用に利用されている

日本で流通している多くのフェニックスは、ロベレニーやカナリーヤシです。

ロベレニーであれば、コンパクトな姿で手に入れることができるので、気軽にベランダやエントランスで鉢植えとしても育てられるでしょう。

カナリーヤシのほとんどは、大株で屋外に地植えする形になります。比較的寒さに強いですが、温暖地でなければ地植えは困難です。

フェニックスの育て方

フェニックスの育て方

フェニックスは、屋外で育てやすい植物ですが、育て方にはポイントがあります。

ここでは、フェニックスの育て方について解説します。育て方のポイントを押さえて、適切に育てることができれば、美しい姿で元気に育ち続けるでしょう。

置き場所と日当たり

フェニックスは日当たりと風通しの良い場所で育ててください。南国の強い日差しの中で育っているヤシ科植物なので、直射日光を好みます。

耐陰性はありますが、屋外管理が基本です。もし室内で育てる場合は、日差しが入る窓際に置いて育ててください。

日当たりが悪いと葉色が悪くなったり葉の枚数が少なくなったりするので、なるべく日光に当ててあげることがポイントです。

温度

フェニックスは、品種によって耐寒性が異なります。ロベレニーであれば最低0℃まで、カナリーヤシであれば、最低‐10℃まで耐えることが可能です。

ただし、寒さに耐えることができても、幹や葉は傷みダメージが残ります。また寒さに関係なく、雪や霜にあたり続けると枯れる恐れがあるので注意が必要です。

西日本の太平洋側で、雪や霜が当たらない場所ならば屋外管理ができます。しかし、それでも葉が寒さで傷むので、冬は室内に移動させた方が安心です。

基本的には5℃付近になったら、室内の明るい窓際に移動させてくださいね。

室内に移動できない場合は、幹の先端部分に冷たい風や霜雪が当たらないように葉をヒモで縛ったり布を巻いたりすると冬越ししやすいです。

水やりの頻度

  1. 春夏:土の表面が乾いたら
  2. 秋冬:土の表面が乾いてから2~3日後

生育期の春夏にフェニックスは水をどんどん吸って、新しい葉を勢いよく出します。そのため、水やりは毎日する必要があるほどです。

特に夏の水切れは枯れる恐れがあるので、朝晩2回しっかりと水やりを行ってください。水やりの時に葉水も行うことで、美しい葉になります。

屋外であれば、ホースのシャワーで葉や幹までしっかりと水をかけてあげると、害虫対策にも効果的です。

冬は成長が緩慢なので、秋になり気温が下がり始めたら土の乾燥具合を確認して水やりの間隔を調整していってください。

冬に水をやりすぎたり受け皿に水を溜めたりすると、根腐れを起こす可能性があるので注意しましょう。

もし、水やりの頻度に困ったときは、水やりチェッカーの利用もおすすめします。

肥料

フェニックスには、生育期の4~10月に2か月に1度置き肥を置くか、水に薄めた液肥を2週間に1度のペースで水やり代わりに与えてください。冬は生育が緩慢な時期なので、肥料は与えません。

フェニックスは肥料が少なくても十分に育ちますが、葉を茂らせたり葉の艶を出したりしたい場合は土に混ぜ込んだ元肥以外に追肥もしましょう。

ただし、肥料の与えすぎは根を傷めるため、与えるペースや時期はしっかり守ってください。

剪定方法

剪定時期は5~10月の生育時期です。この時期は新葉が出てきて外側の古葉が枯れてきます。

この古葉は垂れ下がって見た目を悪くするだけでなく、風通しを悪化させて病害虫発生の原因になるので剪定してください。

葉の先端を下に引っ張ると、他の葉の基部を傷つけずに剪定しやすいです。基部は品種や大きさによって太く硬い場合があります。

植木で使うような頑丈な剪定ばさみを準備しておくと安心です。また、フェニックスは葉の基部に鋭いトゲがあるので、怪我をしないように分厚い手袋をしてください。

フェニックスのよくあるトラブルと対処法

フェニックスのよくあるトラブルと対処法

南国気分を味わえるフェニックスですが、トラブルも存在します。

ここではトラブルが起きたときの対処法を解説していきます。あらかじめ対処法を知っておけば、いざ何かあっても安心です。

関連記事:観葉植物のトラブル|主な症状と対処法まとめ

根腐れ

根腐れでは、以下の症状が見られます。

  1. 水をあげても元気にならない
  2. 土がなかなか乾かない
  3. 葉が落ちやすい
  4. 葉が茶色・黄色に変色している
  5. 幹や幹の根元が柔らかい
  6. 土から腐敗臭がする
  7. 土の表面にカビが生えている
  8. 根黒く変色している

根腐れは、土の中の酸素濃度が低下して土中の細菌叢が変化し、有機物の腐敗が進むことで有害なアンモニアが発生し、土壌環境が悪くなることで発症します。

また、常に土が湿っている状況では根が呼吸することができず、細胞が死んでしまいます。

これが原因で、根から水を吸い上げることができなくなり、植物体に水を供給することができなくなることで死んでしまう現象です。

根腐れの対処法は以下の通りです。

  1. 鉢から植物を抜き、悪い土を落として水はけのよい土に交換する
  2. 根の傷んでいる部分、腐っている部分をカットする
  3. 少量の水を与え、風通しがよく明るい日陰で管理する
    ※1週間を目安に水が乾くコンディションで管理する
  4. 発根剤を与えてみる
  5. 傷んだ葉を取り除く
  6. 枯れた枝を切り取る

根腐れが起こった場合は、鉢を入れ替えて土の環境を変えることが大切です。傷んでしまった根は取り除き、健康な状態が取り戻せるような環境を与えてあげましょう。

赤玉土・ゼオライトなどを用土に混ぜ込むことで、水はけと根腐れを防止することができます。

根腐れが起こると葉が垂れ、新芽を残すために古い葉を落とす現象が見られます。重度の根腐れの場合は、新芽や葉先から枯れることがあるので注意が必要です。

フェニックスは単幹の植物であるため、幹の根元が腐っている場合は復活できません。その場合は、残念ですが処分しましょう。

関連記事:観葉植物の根腐れ|対処法や見分け方の紹介

根詰まり

根詰まりとは、鉢の中で根がいっぱいになることで起きる症状。根詰まりの症状は以下の通りです。

  1. 水が浸透しづらくなる
  2. 底から根が出てくる
  3. 葉が黄色くなる
  4. 鉢にヒビが入る

特に春夏の成長期で一気に伸びてしまうと上記のような症状が起きてしまいます。すぐに枯れる要因にはなりませんが、放置してしまうとフェニックスに悪影響です。

対処法はフェニックスの植え替えをすること。

フェニックスを現在の鉢より1つ上の大きい鉢に植え替えることで、上記の症状はほとんど解消されるでしょう。植え替えを行う時期も春夏の成長期が最も適しています。

関連記事:観葉植物の根詰まり|症状や対処法について

葉焼け

葉焼けでは、以下の症状が起きます。

  • 葉の色素が抜けて白くなっている
  • 葉の一部が茶色く枯れている

強い日差しを浴びすぎると葉が傷んで「葉焼け」というトラブルが発生します

葉焼けの症状に気がついたら、早めに置き場所を検討し直すことが必要です。

対処法は以下の通りです。

  1. 直射日光が当たっている場合はカーテンなどで遮光する
  2. 葉焼けした部分はカットする

葉焼けが起こるということは、日光が当たりすぎている可能性が高いため、直射日光に当てないような措置を取りましょう。

また、一度焼けてしまった葉は二度と元に戻りません。傷んだ葉はカットし、新しい健康な葉が生えてくるのを待ちましょう。

関連記事:観葉植物の葉焼け|原因や対処法の紹介

フェニックスの害虫トラブルと対処法

フィカスエラスティカの害虫トラブルと対処法

フェニックスには害虫トラブルも存在します。

害虫によるトラブルが発生したときの対処法を解説していきます。あらかじめ対処法を知っておけば、いざ何かあっても安心です。

ハダニ

ハダニの症状は以下の通りです。

  1. 葉にクモの巣のような糸がついている
  2. 葉の裏に小さな虫がついている
  3. 葉に斑点や傷がある
  4. 葉の色が薄くなり枯れている

ハダニは繁殖力の強さと、薬剤耐性を持つとても厄介な害虫です

放っておくと糸を張って大量発生する危険性もあるので、早めに対処を行いましょう。

対処法は以下の通りです。

  1. 傷んだ葉はカットする
  2. 葉の表裏、付け根や茎も水で洗浄する
  3. ハダニに効果のある液体を噴霧する(殺虫剤のほか、2倍に薄めた牛乳、重曹と水を混ぜたもの、濃いコーヒー、10倍に薄めた酢でも一定の効果あり)

ハダニが湧いてしまったら、市販の殺虫剤(ベニカXファインスプレー・オルトラン)を使用するのが効果的です。

2倍に薄めた牛乳などの液体を噴霧する対処法もありますが、匂いが気になる方には水で洗い流す方法もおすすめです。

そもそもハダニは、こまめな霧吹き・葉をふき取りきれいにすることを怠らなければ発生しません。

常にきれいな状態を保つために、霧吹きの購入は必須といえます。月に一度はシャワーで洗い流すなどの管理も必要です。

関連記事:観葉植物に発生するハダニ|対処と予防法の紹介

カイガラムシ

カイガラムシの症状は以下の通りです。

  1. 貝殻のような殻を被ったり、粉状の物質で覆われたりしている虫が枝葉についている
  2. 黒いカビ(すす病)が発生している
  3. 葉や幹がベタベタしている

カイガラムシは繁殖力の強さと薬剤耐性のある厄介な害虫です

放っておくとフェニックスの生育が弱まり枯れる恐れもあるので、早めに対処を行いましょう。

対処法は以下の通りです。

  1. 柔らかい布やブラシで擦り取り除く
  2. 茂り過ぎている枝葉は剪定して風通しをよくする
  3. カイガラムシに効果のある液体を噴霧する(殺虫剤のほか、2倍に薄めた牛乳、重曹と水を混ぜたもの、濃いコーヒー、10倍に薄めた酢でも一定の効果あり)

カイガラムシが発生したら、市販の殺虫剤(ベニカXファインスプレー・オルトラン・スミチオンなど)を使用するのが効果的。

カイガラムシの成虫には殺虫剤が効きにくいので、幼虫の時期である5~7月に使用するとよいでしょう。

既に貝殻をかぶっている成虫は、柔らかいブラシや布で擦り取ってください。

2倍に薄めた牛乳などの液体を噴霧する対処法もありますが、匂いが気になる方には水で洗い流す方法もおすすめです。

関連記事:観葉植物の白い綿はコナカイガラムシ|対処法と予防法を紹介

コバエ

コバエの症状は以下の通りです。

  1. 土に虫が湧く
  2. コバエが植物の周囲を飛んでいる

コバエ自体は植物に無害ですが、観葉植物を育てるうえでの不快害虫です

放っておくとコバエは増えていくので、早めに対処を行いましょう。

対処法は以下の通りです。

  1. 発酵不十分な堆肥や有機質肥料を与えることをやめる
  2. 新しい土に植え替える
  3. 土の表面に無機質な素材(赤玉土・鹿沼土・砂利など)を敷く
  4. トラップを仕掛ける
  5. コバエに効果のある殺虫剤を噴霧する

コバエが発生したら、市販の殺虫剤(ベニカXファインスプレー・オルトラン・スミチオンなど)を使用するのが効果的です。

コバエのトラップは食器用洗剤やお酢、めんつゆなどで作ることができます。植物の近くに置いておくと、簡単にコバエを捕殺できるでしょう。

コバエは、発酵不十分な腐葉土やバーク堆肥、有機質肥料の匂いに引き寄せられます。

そのため、有機質肥料を取り除いたり土の表面に赤玉土や鹿沼土など3~5㎝程度敷き詰めたりするとコバエ発生を防ぐことが可能です。

そもそもコバエは、完熟たい肥を使用した質のよい土であれば発生しません。また、土が常に湿っている状況を避ければ、発生する可能性は低いです。

コバエを発生させないためには、適切な土と水やり管理で育ててください。

関連記事:観葉植物に発生するコバエ|対策と原因について

フェニックスのよくある質問

フェニックスのよくある質問

最後にフェニックスのよくある質問とその答えを以下にまとめました。

  1. フェニックスは室内と屋外どちらを好む?
  2. フェニックスの冬越し方法は?
  3. フェニックスが枯れる原因は?
  4. フェニックスは枯れた後に復活できる?
  5. フェニックスの葉が茶色になるのはどうして?
  6. フェニックスの適切な増やし方は?
  7. フェニックスの成長速度は早い?
  8. フェニックスの葉が垂れる理由は?

それでは具体的に見ていきましょう。

フェニックスは室内と屋外どちらを好む?

フェニックスは屋外の日当たりの良い環境を好みます。ただし、夏の直射は葉焼けの原因になることもあるので、夏は明るい日陰に移動させると安心です。

西日本の太平洋側以外では、冬は寒風や雪霜の影響で枯れる恐れがあります。5℃付近になったら室内の明るい窓際に移動させてください。

耐陰性もあるので、小さな株やロベレニーであれば室内の日差しが入り込む窓際であれば問題なく育ちます。室内は寒さの影響を受けにくいので、安心して育てることが可能です。

ただし、冷暖房の風が当たると乾燥して枯れやすいので気を付けてください。

フェニックスの冬越し方法は?

フェニックスは品種によって耐寒性が異なりますが、基本的には寒さに弱い植物です。そのため、なるべく暖かい環境で冬越しさせてください。

例えば、室内に移動できるサイズのロベレニーや小さなカナリーヤシなどは室内の明るい場所に移動させます。

移動できないほど大きなフェニックスは、幹の先端の成長点に寒風や霜雪が当たらないように、葉をヒモで縛ったり幹を布で巻いて保温したりしてください。

フェニックスが枯れる原因は?

フェニックスが枯れる原因は、「水切れ」「寒さ」であることが多いです。

フェニックスは成長期の春夏は、非常に多くの水を必要とします。鉢植えであっても地植えであっても、朝晩しっかり水やりしてください。

ただし、土が常に湿っていたり、受け皿に水を溜めたりすると根腐れするので気を付けましょう。

耐寒性は品種によりますが、総じて霜雪にあたり続けると枯れやすいので、雪が積もるように降る地域では屋外管理は難しいです。

室内に移動できるサイズであれば、室内に移動させて管理。移動できない場合は、成長点や根が凍結しないように、葉をヒモで縛ったり幹を布で巻いたり保温してください。

フェニックスは枯れた後に復活できる?

幹の先端に成長点が枯れている場合は復活できません。フェニックスにおける成長点とは、葉の葉柄が出ている付け根部分です。

その部分が茶色く枯れていないのであれば、新しく葉が出てくる可能性があります。ただし、根腐れをしている場合は葉先が枯れ始めて、いずれ成長点も枯れるかもしれません。

土から腐った匂いがしたり、葉先が枯れてきたりしている場合は、植え替えをして復活させてください。植え替え後は発根剤を水に薄めて与えながら様子を見ましょう。

フェニックスの葉が茶色になるのはどうして?

フェニックス・ロベレニーの葉が茶色になる原因は、「水切れ」「根詰まり」「寒さ」が考えられます。

特に春夏はよく水を吸って新葉を出す季節なので、この時期に水切れを起こすと葉先が茶色になりやすくなります。茶色になった葉先は元には戻らないので水切れに注意が必要です。

形を整えながら、茶色くなった部分をハサミで切り落とすと見た目が良くなります。

また水切れだけでなく、何年も植え替えをせずに鉢の中で根詰まりしている場合も、同様に葉先が茶色になるので注意してください。

これは根詰まりの影響で水をやっても吸水できずに、結果として「水切れ」しているためです。その場合は植え替えが必要になります。

フェニックスは品種によって耐寒性は異なりますが、極端な寒さや霜雪にあたり続けると葉が茶色く枯れます。冬はなるべく暖かい環境で育ててください。

フェニックスの適切な増やし方は?

フェニックスは単幹のヤシ科植物なので、適切な増やし方は「種まき」のみです。

単幹とは、根元から上部まで1本立ちの木のこと。さらに、葉が出てくる成長点は、幹の先端にしかないため、挿し木はできません。

フェニックスは大株になるまで花が咲きません。さらに、生育がゆっくりなので種を収穫するのも難しいです。

インターネットを使って種を手に入れることは可能です。種を手に入れることができたら、春夏に種まきをして、2か月ほど土が乾燥しないように管理することで発芽します。

フェニックスの成長速度は早い?

フェニックスの成長速度は遅いです。そのため、数年間育ててもあまり大きさが変わらないことも多いでしょう。

広い場所に小さなフェニックスを置いても、すぐに大きくならないため、寂しい雰囲気になりやすいです。

広いテラスや庭の場合は、大きめのフェニックスを購入して飾ることをおすすめします。飾るスペースに合わせて、フェニックスのサイズを選んでください。

フェニックスの葉が垂れる理由は?

枝が垂れる理由は、「水切れ」「根腐れ」「根詰まり」が考えられます。

フェニックスは、成長期の春夏に水切れをさせると、葉が垂れやすいです。長期間水切れさせると枯れる恐れもあるので、春夏は土が乾いたらたっぷりと水やりしてください。

ただし、土が常に湿っていたり受け皿に水を溜めていたりすると根腐れしやすいです。根腐れすると水や栄養を吸収できなくなるため、水切れ同様に葉が垂れてしまいます。

適切な水やりと管理を心がけてください。また、3年以上植え替えていない場合は根詰まりして吸水ができないことも。

鉢植えで育てる場合は、2年おきに植え替えると葉が垂れる心配も少ないでしょう。

フェニックスのまとめ

フェニックスのまとめ

フェニックスは基本的には日当たりのよい屋外を好みますが、耐陰性があるので室内でも日差しの入る窓際であれば育てることができます。

まっすぐに伸びた幹から出てくる羽状の葉は美しく、南国を感じさせるインテリアグリーンとして活躍するでしょう。

「躍動感」という花言葉は、毎日をイキイキと過ごしている方へのプレゼントに最適です。

「邪気払い」の風水効果があるとされているため、新築祝いや開店祝い、開業祝いなどに喜んでもらえます。

ぜひ、南国の雰囲気を感じるグリーンとして育ててみてはいかがですか。