商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

母の日に贈る花

母の日に贈る花|おすすめの花ギフト・花言葉・カーネーション以外も紹介

毎年5月の第2日曜日は「母の日」です。 いつも家族のことを考えてくれているお母さんへ日頃の感謝を伝える日です。母の日にはお母さんが喜ぶようなお花の贈り物をしたいですよね。お花屋さんでは1年で最も忙しい日を迎え、たくさんのお花が店頭に並びます。

母の日といえばカーネーションが定番のお花ですが、カーネーション以外のお花で探している人も多いのではないでしょうか。毎年贈っているとレパートリーに困ることや、少し変わったものにしたいなと思うこともありますよね。

この記事では、母の日におすすめの花ギフトと母の日に人気のお花を紹介していきます。お母の日に贈りたくなる素敵なお花がたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください。

3/8~5/11までの期間限定で、カーネーションが入ったブーケ・アレンジメントはもちろん、花鉢や観葉植物ギフトセットなどの母の日ギフトをご用意しました。アンドプランツらしい洗練されたデザインのフラワーギフトで、感謝の気持ちをお伝えください。

[https://andplants.jp/collections/mothers-day]

↑4/21(日)までの注文でお届け日が指定できます。

母の日におすすめの花ギフト

母の日におすすめの花ギフトを紹介していきます。フレッシュなお花を楽しめるもの、長く鑑賞できるように加工したお花などそれぞれに特徴があります。

お母さんの性格やライフスタイルに合わせたお花を選ぶとより喜んでもらえるでしょう。「うちのお母さんはどれがいいかな」と考えながらぜひ見てみてください。

  1. 花鉢
  2. アレンジメント
  3. 花束
  4. プリザーブドフラワー
  5. ドライフラワー

①花鉢

母の日が近くなるとお店には、たくさんの花鉢が並びます。母の日ギフトの定番は花鉢といっても良いかもしれません。切花よりも長く楽しめ、ボリューム感のある花鉢は母の日のギフトに大人気です。

花鉢は、定番のカーネーションはもちろん、アジサイ、バラ、コチョウラン、ラベンダーなどを中心に取り扱うお店が多いです。

カーネーションとアジサイの2つが母の日では格段に人気があり、アジサイは、赤、ピンク、白、青などの色が豊富なため、お母さんのイメージに合わせて贈ることができます。

植物を育てるのが好きな世話好きなお母さんには、花鉢がおすすめです。

お花によっては、お手入れすることで毎年花を咲かせるものもあります。お花を咲かせることが毎年楽しみになり、母の日の思い出として残ってくれるギフトです。

②アレンジメント

そのまま置いて飾れるアレンジメントは、手軽にお花を家で飾りたい人に適しています。

器の中にお水を吸ったスポンジが入っていて、そのスポンジにお花を挿して形作られています。花瓶に生け変える必要がなく、お水は器に足していくだけで大丈夫なのでお手入れが簡単です

お店では、母の日が近くなるとカーネーションを使ったアレンジメントを販売していることが多いです。大きすぎない食卓に飾られるサイズのものが人気があり、カーネーションは日持ちが良いお花なので、他のお花と比べても長く楽しめます。

定番のカーネーションのアレンジメントか、お店でオーダーして希望のイメージで作ってもらうのも良いでしょう。食卓や玄関に飾れば、お部屋の雰囲気も明るくなります。

[https://andplants.jp/collections/flower-arranges]

③花束

お花の贈り物といったら、花束を思い浮かべる人も多いですよね。母の日に花束の贈り物も素敵です。贈り物として受け取りやすく、お部屋に飾って目にする度に嬉しい気持ちになりますよね。お花を飾るのが好きなお母さんにおすすめです。

花束は希望の色味や予算で作ってもらうことが可能です。カーネーションを入れたり、お母さんの好きな花があれば入れてもらったりすると良いでしょう。

店舗で購入する場合、オンラインで購入する場合も、事前に予約しておくことをおすすめします。母の日当日、前日はお店が混み合うことが予想されます。対応してもらうまでかなり時間がかかってしまったり、行列に並んだりすることがあると考えて、なるべく早めに予約するようにしましょう。

花束のレビュー

[https://andplants.jp/collections/mothers-day]

④プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは、生花を特殊加工して、長く鑑賞できるようにしたものです。

生花よりも長く楽しむことができ、インテリアとして飾って置くことができるので人気があります。お手入れの手間もかからないので、忙しいお母さんには嬉しいプレゼントかもしれません。

プリザーブドフラワーは、生花よりも色が豊富で、生花では少ない青、ベージュ系、ニュアンスカラーも幅広くあります。

お母さんの好きな色が生花では難しい場合にもプリザーブドフラワーはおすすめです。生花よりはコンパクトなサイズですが、器のデザインも豊富なので、気に入るデザインがきっと見つかるでしょう。

⑤ドライフラワー

お部屋に飾るインテリアとしても人気が高まっているドライフラワー。雑貨屋さんでも取り扱うお店が増えています。

日頃からドライフラワーを飾っているお母さんにはぴったりの贈り物です。インテリアが好きで、季節のイベントの装飾をしたり、小物、オーナメントを飾ったりするのが好きなお母さんにもおすすめです

ドライフラワーは好みが分かれるお花でもあり、ドライフラワーにあまり良いイメージがなく、好まない人もいます。ドライフラワーを贈る際は、お母さんの好みに合っているか確認してから買うようにしましょう。

[https://andplants.jp/collections/dryflowers]

母の日にカーネーションが定番

母の日にはカーネーションが定番です。花言葉は「無垢で深い愛」。まさに母の愛を表すような花言葉であります。カーネーションは色によっても異なる花言葉を持ちます。

切花のカーネーションの色は、赤、ピンク、黄色、オレンジ、紫、白と様々な色があり、その中でも珍しいのは青の「ムーンダスト」。

ムーンダストは、「世界で唯一の青いカーネーション」といわれるものです。実際の色は、かなり青みの強い紫色に近い色をしていますが、他の品種でこのような色はありません。

「永遠の幸福」の花言葉を持ち、母の日のような特別な日に適したカーネーションです。通常のカーネーションより価格は高いですが、少ない本数でラッピングしても絵になります。

カーネーションを贈る際に注意が必要な色があり、それは白のカーネーションです

白のカーネーションは亡くなった方に供えるお花とされているため、贈り物には適していません。「母の日参り」で亡くなったお母さんに贈ることがあります。基本的に通常のプレゼントには使用しないので気を付けましょう。

母の日に贈るカーネーションのおすすめや選び方の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

カーネーション以外で母の日に人気の花

「去年カーネーションを贈ったから、今年は違うものにしたい」と思う人もいますよね。毎年母の日にお花を贈っていれば、今年は何にしようかと悩みやすくなります。

母の日には、カーネーションの他にどんなお花を贈ることができるのか、カーネーション以外でおすすめのお花を下記にまとめました。

カーネーション以外にも贈りたくなる素敵なお花がたくさんあります。それぞれのお花の特徴と花言葉を紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

  1. ピンクのアジサイ|元気な女性
  2. バラ|愛・美
  3. コチョウラン|幸福が飛んでくる
  4. ラベンダー|優美・幸せが来る
  5. ユリ|純粋・威厳

関連記事:母の日に人気の花の種類|伝えたい花言葉別に紹介

①ピンクのアジサイ|元気な女性

ピンクのアジサイの花言葉は「元気な女性」。いつも元気なお母さんにぴったりの花言葉です。青は「辛抱強い愛」、白は「寛容」の意味があるので、青や白のアジサイを贈るのも良いです。

母の日のシーズンはピンクのアジサイの花鉢がたくさん出回ります。ピンクのアジサイだけでもたくさんの品種があるので、選ぶのが楽しいでしょう。元気なホットピンクもあれば、優しいパステルカラーのピンクもあり、アジサイの品種はバリエーション豊かです。

アジサイの花鉢は、もしお庭があれば地植えするのがおすすめです。アジサイは毎年花を咲かせるので、地植えすると来年もお庭で咲いてくれるでしょう。アジサイは土のph値で花色が変化する特徴があるので、土が変わると少しずつ花色が変化することがあるので面白いですよ。

アジサイは日本が原産なので、日本の気候に適していて比較的育てやすく、毎年梅雨の時期が楽しみになります。株の成長と季節を楽しめるお花なので、ぜひ母の日に贈ってみてくださいね。

②バラ|愛・美

バラの花言葉は「愛・美」です。バラはロマンチックな場面で、恋人に贈るイメージがありますが、お母さんや身近な大事な人に贈るお花としても適しています。花言葉も女性を表すような意味があり、母の日にお母さんに贈るのももちろん良いでしょう。

母の日にバラを贈る際には、花束やアレンジメントで贈る方法と花鉢で贈る方法があります。バラをメインにして贈りたいときは、お花がチョイスしやすい花束で贈るのがおすすめです。育てるのが好きなお母さんには、バラの鉢で贈るのが良いでしょう

バラは本数でも花言葉が決められています。

  • 6本|お互い敬い、愛し、分かち合いましょう
  • 8本|あなたの思いやり、励ましに感謝します
  • 11本|最愛
  • お母さんへの感謝の気持ちを表した花束をぜひ贈ってみてください。

    [https://andplants.jp/products/9-pink-rose-series-bouquet]

    ③コチョウラン|幸福が飛んでくる

    コチョウランの花言葉は「幸福が飛んでくる」です。縁起の良い花言葉でお祝い事にもよく用いられます。お母さんに幸福が訪れるようにと願いを込めて贈ることができるお花です。

    コチョウランは鉢物での出回りが多く、母の日に贈るコチョウランは「ミディ」と呼ばれる小型品種を贈ることが多いです。場所を選ばない小さなサイズから両手で持つくらいの大きめのサイズまであります。ミディは小ぶりなお花が可愛らしい品種で、母の日にもよく贈られます。

    コチョウランは日持ちが長く、2ヵ月~3ヵ月程度きれいなお花が楽しめます。鉢物でこのくらいの長い期間お花を楽しめる鉢はそう多くないので、ゆっくりお花を楽しみたい人におすすめです。

    [https://andplants.jp/collections/phalaenopsis]

    ④ラベンダー|優美・幸せが来る

    ラベンダーの花言葉は「優美」「幸せが来る」です。ラベンダーの癒される香りから「優美」の花言葉がつけられたと考えられています。どちらもお母さんに贈る花言葉として素敵ですよね。

    美しい紫色と香りが魅力のラベンダーは母の日によく贈られる花鉢です。ピンと伸びた細い茎にお花をつけ、鉢からたくさんのお花が伸びる姿は愛らしく、イキイキと元気な印象があります。ラベンダーは落ち着いた雰囲気がありながらも、元気に花をつけるので、贈り物にもぴったりです。

    一般的なラベンダーはイングリッシュラベンダー、ウサギの耳のように2枚の花びらをつけるフレンチラベンダーと呼びます。

    ⑤ユリ|純粋・威厳

    ユリの花言葉は「純粋」「威厳」です。母の日の贈り物に豪華なユリを入れた花束を贈るのも素敵です。日頃家族のために頑張ってくれているお母さんを労う意味も込めて豪華なお花を贈れば、お母さんも喜んでくれるでしょう。

    ユリは好みが分かれるお花でもあるので、お母さんがユリが好きかどうかリサーチして贈りましょう。ユリが好きなお母さんであれば、香りを楽しみながら大切に飾ってくれるでしょう。

    ユリを贈る際には花束にするのがおすすめです。ユリだけでラッピングしてもらうことも可能ですが、他のお花も合わせながら花束にすると、ユリがより引き立ち華やかになります。

    母の日の時期にお店でユリが入荷しているかは、お店の仕入れ状況によって違うので、母の日にユリを贈ると決めている場合は、事前に予約しましょう。

    母の日に花を贈るなら通販の利用もおすすめ

    母の日にお花を贈るなら、通販を上手に活用するのもおすすめです。通販では、店舗のお店で扱っていないようなデザインのお花があったり、お店にリサーチしに行く時間がなくても手軽に自分の好きなタイミングで探したりすることができます

    特に遠方に住んでいるお母さんに届ける場合は、通販を利用するのがおすすめです。お店で発送手配をする手間がなく、手軽に遠方にも届けられます。

    直接渡す場合、遠方に贈る場合などケースに応じて上手に通販を活用していきましょう。

    AND PLANTSでは、生花の花束やドライフラワーも取り扱っています。特別な日の贈り物にぜひ記念に残るお花を贈ってみてくださいね。

    [https://andplants.jp/collections/flowers]

    母の日に花を贈る方からよくある質問

    母の日にお花を贈る方からよくある質問と回答をまとめました。母の日のお花を贈る方はぜひ参考にしてみてください。

    • カーネーションに色別の花言葉はある?
    • 母の日に花以外の鉢植えを贈っても大丈夫?
    • 母の日に届くように花を配送できる?

    カーネーションに色別の花言葉はある?

    カーネーションには、色別の花言葉があります。

    • 赤|「母への愛」
    • ピンク|「温かい心」「感謝」
    • 白|「純潔の愛」「尊敬」
    • オレンジ|「純粋な愛」
    • 黄色|「友情」「軽蔑」

    カーネーションの色の花言葉に合わせてお母さんに贈るのも良いでしょう。花言葉は黄色のカーネーションのように良い意味と悪い意味を含むものがあるので、注意しましょう。

    心配な場合は、良い意味の花言葉を贈る際に伝えたり、メッセージカードに花言葉に添えたりして贈るのがおすすめです。

    関連記事:母の日に贈るカーネーション|おすすめと気を付けたい色

    母の日に花以外の鉢植えを贈っても大丈夫?

    母の日に花以外の鉢植えを贈るのも良いです。観葉植物や実付きのブルーベリーなども人気です。長く楽しめる観葉植物の方が嬉しいお母さんもいるかもしれません

    母の日のプレゼントには、お花のイメージが強いお母さんもいるので、リクエストを聞いてみるのも良いです。お母さんにぴったりのギフトを選びましょう。

    関連記事:母の日に贈るおすすめの観葉植物と選び方を解説

    母の日に届くように花を配送できる?

    母の日の配送はとても混み合うため、お店によっては母の日から3日~4日前のどれかの日付でおまかせの配送日となっていることもあり、当日到着は難しい場合もあります。

    母の日当日に届くようにしたい場合は、当日着の発送を受け付けているお店を探すか、頼みたいお店があるときは、なるべく早めにお店に確認してみましょう。お店によっては、早めの予約だと融通を利かせてくれることもあります。

    まとめ

    母の日に贈るおすすめの花ギフトとカーネーション以外でおすすめのお花を紹介しました。

    母の日に贈るお花は、お母さんのライフスタイルや好みに合わせて花ギフトを選ぶのが良いでしょう。花言葉に良い意味があるピンクのアジサイやコチョウランもおすすめです。

    定番のカーネーション以外におすすめできるお花は、アジサイ、バラ、コチョウラン、ラベンダー、ユリがあり、どれも母の日に適した魅力的なお花です。それぞれのお花の特徴を踏まえて、お母さんにぴったりなお花を選びましょう。

    AND PLANTSでは母の日におすすめの観葉植物やお花のギフトをご用意しています。生花のブーケはもちろん、おしゃれなドライフラワーや観葉植物のギフトなど幅広いラインナップのため、お母さんにピッタリのギフトを選んでいただけます。 詳しくは下記のページで紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

    [https://andplants.jp/collections/mothers-day]
    伊藤 芙季(ito fuki)
    ウェディング専門の花屋で会場装花やブーケを制作し、フラワーコーディネーターとして働いた後、フラワーショップにて生花を販売。 花の仕事で10年のキャリアを積み、店長を経験。 花や植物が大好きで、季節ごとに楽しめる花の名所や植物園を巡っています。 花の魅力、飾る楽しさ、贈る楽しさをたくさんの花に触れてきた経験から発信していきたいと思っています。 花や植物があることで豊かになる時間、心、空間を共有できると嬉しいです。