商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

尊敬の気持ちを込めた花|花言葉で大切な人に特別な贈り物をしよう

尊敬の気持ちを込めた花|花言葉で大切な人に特別な贈り物をしよう

花はそれぞれ言葉を持ち、あなた方一人一人のメッセージを伝えてくれます。花は感謝や愛情、そして尊敬の気持ちを伝える最も美しい方法の一つです。

筆者が長年花屋で働いて学んだことは、花一つ一つに込められた意味が、言葉以上のメッセージを相手に伝える力をもっていること。

この記事では、尊敬の気持ちをあらわす花言葉を持つ花を紹介し、大切な人への贈り物選びに役立てていただくためのアドバイスをお送りします。心を込めた花選びをしていきましょう。

「尊敬」の花言葉を持つ代表的な花

尊敬の感情を花言葉で表現することは、心からの敬意と感謝を伝える美しい方法です。ここでは「尊敬」の花言葉を持つ代表的な花を厳選してご紹介します。

  • サルビア
  • ゼラニウム
  • 白色のバラ
  • ムラサキツユクサ
  • アブチロン
  • ムクゲ
  • ラッパスイセン

それぞれ見ていきましょう。

サルビア

サルビアはシソ科の植物で、多年草や一年草があります。あなたが一番に思い浮かべるサルビアは何色をしていますか。

サルビアは世界中に約900種類以上が存在しており、鮮やかな色の花が魅力的です。夏から秋にかけて、庭園や公園、プランターなどでよく目にすることも多いサルビア。

全体の花言葉は「尊敬」「良い家庭」「家族愛」など家庭で育てたいと思える花言葉ばかりです。その中でも青のサルビアに「尊敬」の花言葉が使われています。

サルビアは毎年のように新品種が出てくるので楽しめる植物です。暑さにも強いため、筆者が花屋で勤めていた頃は、サルビアが店頭に並び始めると待ってましたとばかりにお客様がお買い求めになっていました。

毎年のように当たり前に植えていたサルビアの花言葉が、こんなに素敵なものだったと知ると、今まで以上に愛着が湧いてきますね。

ゼラニウム

ゼラニウムは、鮮やかな花と、香り高い葉で知られている植物です。「尊敬」の花言葉を持つゼラニウムは、多くの人に愛されさまざまな贈り物として選ばれます。

ゼラニウムは日当たりの良い場所を好み、水捌けの良い土壌で育てることが重要です。ご家庭でプランター植えにして楽しんでみましょう。

また、ゼラニウムの香りには精神を安定させる効果があります。ゼラニウムをプレゼントすることで、美しい花と香りで長い間相手の記憶に残る贈り物になってくれそうです。

白色のバラ

白色のバラは、純粋さと真実の愛を象徴する美しい花です。それに加え「尊敬」の気持ちを表す花言葉も持っています。どのような場面でも高貴な印象を与えられ、白色のバラは結婚式や記念日、特別な人への敬意を表す贈り物として人気があります。

また「尊敬」の花言葉を持つ白いバラは、上司や長年にわたって尊敬してきた人への贈り物にも最適です。白色のバラの美しさと花言葉が相まって、あなたの敬意と感謝の気持ちを深く伝えられます。

ムラサキツユクサ

ムラサキツユクサは、繊細で美しい紫色の花が特徴的な植物です。「尊敬」の花言葉を持ち、感謝の気持ちを静かに伝えるのに適しています。庭植えや鉢植えで楽しむことができるムラサキツユクサですが、切花としても長持ちするので室内での楽しめる植物です。

爽やかな青色のムラサキツユクサを目上の人へのちょっとした贈り物にしたら素敵ですね。

アブチロン

アブチロンは鮮やかな色合いが特徴の熱帯植物です。赤色のアブチロンを目にすることが多いですが、そのほかにピンク、オレンジ、黄色、白などがあります。適度な水と肥料を与えることで、長い期間花が咲き続ける手軽さが人気です。

アブチロンの「尊敬」の花言葉は、花が咲いている期間が長いことからつけられたといわれています。

ムクゲ

ムクゲは熱い夏に花を咲かせる鮮やかな色合いが魅力的な植物です。堂々と咲くムクゲを見るとこちらまで姿勢を正したくなります。

日当たりがよく水はけの良い土壌で、庭植えに最適です。夏から秋にかけてたくさんの花を咲かせて私たちを長い期間楽しませてくれるでしょう。

ラッパスイセン

11月ごろから咲き始める日本水仙とは違い、ラッパスイセンは2月〜3月ごろに咲き、茎に対して1つの大きな花を咲かせてくれます。その形はラッパのような特徴的な美しい花です。

この花は「尊敬」の花言葉を持ち、春の訪れを告げる代表的な花の1つとして多くの人に愛されています。ラッパスイセンを楽しむためには、庭に植えることが一般的ですが、鉢植えにして室内でも楽しめます。春になるとその明るい花が家の中を明るく彩ってくれるでしょう。

尊敬する先生へ贈る花言葉

花は美しく気持ちを伝える方法の一つの手段となります。特に、花言葉に尊敬を意味するものを含む花は、先生への敬意を形にして伝える特別な贈り物になることまちがいなしです。以下3つの花をピックアップしてみました。それぞれの花の持つ美しさと、先生への尊敬の気持ちを込めた花言葉の意味をわかりやすく解説していきます。

  • ゆり|威厳
  • ガーベラ|感謝・希望
  • かすみ草|幸福・感謝

それぞれ見ていきましょう。

ゆり|威厳

ゆりは、尊敬と純粋さの象徴とされてきました。特に「威厳」という花言葉を持つゆりは、先生への尊敬の気持ちを伝えるのにぴったりの花です。ゆりを花束やアレンジメントにして先生にプレゼントしてみましょう。

色や種類と選ぶときには、先生の個性や好みを考慮し、感謝の気持ちを再現しましょう。白やピンクのゆりは、特に純粋さや感謝の気持ちを表現するのに適しています。

ゆりは花が開いた後も長く楽しめる花です。蕾と開いている花を混ぜとプレゼントすると、当日もその後も長く楽しめるためおすすめです。

ガーベラ|感謝・希望

ガーベラは明るく色鮮やかな花びらで、希望と明るい気持ちを象徴してくれます。「感謝」と「希望」の花言葉を持つガーベラは、尊敬する先生への贈り物にぴったりです。

先生に贈る際には、ぜひ先生の顔を思い浮かべてみてください。ガーベラの色ごとにも花言葉はありますが、選ぶときに一番意識してほしいことは、先生に何色が合うかだと思います。あなたのその思いが、ガーベラに花言葉以上のメッセージを含んでくれますよ。

かすみ草|幸福・感謝

かすみ草は、その名前の通り霞のように優しい雰囲気をもっています。「幸福」「感謝」の象徴です。筆者が花屋で働いていたときには、多くのお客様がかすみ草を選ぶ理由として、その控えめな美しさに心惹かれていたように思います。尊敬する先生への贈り物としてかすみ草を選ぶことは、先生への深い敬意と感謝の気持ちを表現する方法として最適です。

かすみ草の花はとても小さく、白くて繊細な花が密集して咲きます。かすみ草をメインにしたり、他の色とりどりの花と組み合わせたりする花束やアレンジメントは、花束全体の印象がぐっと柔らかく温かみを持たせてくれるようになります。 

尊敬する父に贈る花言葉

両親への贈り物。なんだか照れ臭いと思う人も多いでしょう。そんな時は花言葉に想いを込めて気持ちを表現しましょう。普段言葉にできない想いを伝える手助けをしてくれます。

父への深い敬意や感謝を伝えるためには、特別なメッセージを持つ花を選ぶことが大切です。尊敬する父に贈るのにぴったりな花言葉を持つ花を2つをご紹介します。

  • 黄色のバラ|家族を守る
  • 胡蝶蘭|幸福が飛んでくる

それぞれ見ていきましょう。

黄色のバラ|家族を守る

黄色のバラの鮮やかな色合いが家族の絆の強さを温かさを表現してくれています。黄色いバラの花言葉「家族を守る」は、父親が家族のために「父親」という役割を果たしてくれていることを象徴しており、尊敬する父への贈り物として最適です。

父の日、誕生日、または特別な記念日に、黄色いバラの花の花束や他の花と組み合わせたアレンジメントを贈ることで、あなたの感謝と愛情を形にして伝えることができます。

胡蝶蘭|幸福が飛んでくる

胡蝶蘭は洗練された美しさと長く楽しめる花持ちの良さで知られています。花言葉である「幸福が飛んでくる」は幸せを呼び込む象徴として、尊敬する父へのプレゼントに最適です。

胡蝶蘭をプレゼントする際は、鉢植えが一般的です。鉢植えを置く場所にもよりますが、1ヶ月〜3ヶ月くらい美しさを保ち続けます。父親にとって、長く楽しめる贈り物となるでしょう。

また、胡蝶蘭は花が終わったあとももう一度咲かせることが可能です。メンテナンスも比較的簡単なので、時間のない父親も手軽に管理できますよ。

[https://andplants.jp/collections/fathers-day]

尊敬する母に贈る花言葉

母への感謝の気持ちをあらわすために、想いのこもった花言葉を贈りましょう。尊敬する母に贈る花言葉として感謝と愛情を表現できる3つの花をピックアップしてみました。

  • カーネーション|母への愛・感謝・温かい心
  • ピンク色のバラ|感謝・上品
  • ピンク、赤紫色の紫陽花|元気な女性・強い愛情

それぞれ見ていきましょう。

カーネーション|母への愛・感謝・温かい心

母の日といえばカーネーション。誰もが頭にすぐ浮かぶくらいカーネーションと母はセットになっているのではないでしょうか。カーネーションは「母への愛」「感謝」「温かい心」といった花言葉を持っているため、母へのプレゼントにぴったりです。

カーネーションは色々な色があることで知られていますが、それぞれ異なる意味を持ちます。その中で、特に赤色やピンク色のカーネーションは母の愛と尊敬を伝えるのに適しています。

カーネーションは花束やアレンジメントに加え、鉢植えでも贈ることが可能です。赤やピンクと決めて贈ってもいいですが、花束やアレンジメントとして贈る際には、母親の好みやインテリアに合わせて色選びをするのも素敵ですよ。

ピンク色のバラ|感謝・上品

ピンク色のバラの花言葉は「感謝」と「上品」です。母への深い感謝と尊敬の気持ちを表現するのにぴったりです。ピンク色のバラを贈る際は、心を込めた花束やアレンジメントをおすすめします。花瓶に生けられたピンク色のバラは、部屋の中を明るくし、毎日の生活に幸せをもたらしてくれます。

一般的によく見られるバラは「高芯咲き」といい、花の芯が高くなっている咲き方をしています。この咲き方以外にも、ふんわりとカップのように見える「カップ咲き」や、花びらが何枚も重なって咲く「八重咲き」などバラには色々なバリエーションの咲き方があります。

ピンクと一言で言っても、咲き方や色の深さの違いなどさまざまです。母親の個性や好みに合わせてバラも選んでみましょう。

ピンク、赤紫色の紫陽花|元気な女性・強い愛情

ピンクや赤紫色の紫陽花には「元気な女性」「強い愛情」といった母を象徴するぴったりの花言葉を持っています。紫陽花は水分をたくさん必要とするので、水やりに注意しましょう。その他の面では、紫陽花は他の花と比べて育てやすく、鉢植えで楽しんだ後はそのままでも楽しめますが、地植えにすると成長して毎年たくさんの花を咲かせてくれます。土が酸性かアルカリ性かにより、咲く花も植えた時とは変化する楽しい花です。

ピンクや赤紫色の紫陽花を選んで、母への感謝と尊敬のメッセージを伝えましょう。

尊敬する上司に贈る花言葉

尊敬する上司に花言葉の贈り物をすることは、敬意と感謝と尊敬の気持ちを形にする素敵な方法です。尊敬する上司に贈るのにぴったりな3つの花を選びました。

  • トルコギキョウ|感謝・希望
  • ダリア|感謝・気品
  • グロリオサ|栄光・勇敢

それぞれ見ていきましょう。

トルコギキョウ|感謝・希望

トルコギキョウは美しさと感謝や希望と言った前向きな花言葉で知られています。この花は、上司への敬意と感謝を表現するのに最適です。トルコギキョウの魅力は、たくさんの色の種類と咲き方にあります。花にあまり詳しくない方では、八重咲のトルコギキョウをバラと間違えるほどです。

トルコギキョウを上司に贈る際には、花束やアレンジメントがおすすめです。上司の好みを考え落ち着いた色合いでまとめても素敵ですよ。

ダリア|感謝・気品

ダリアは華やかな見た目と、感謝や気品を象徴する花言葉で尊敬する上司への贈り物としておすすめです。たくさんの色や形のものがあり、上司への気持ちを込めてあなただけの贈り物として特別感を存分に出せます。

ダリアをメインとした花束やアレンジメントは一輪ダリアが入るだけで、ボリュームも増えることまちがいなしです。

グロリオサ|栄光・勇敢

グロリオサはユニークな形と鮮やかな色をしています。明るい色合いのグロリオサは、いつも元気で明るい上司への贈り物に最適です。ダイナミックで美しい花なので、大きめの花束にしてもよし、ダイナミックなアレンジメントにしてもよし。

インパクトな見た目とともに、あなたの上司への尊敬の気持ちをプレゼントしてみましょう。

尊敬する先輩に贈る花言葉

尊敬する先輩に贈る花言葉を通して、あなたの気持ちを深く表現してみましょう。3つの花をご紹介します。あなたの気持ちを最大限に込められる花を探してください。

  • 紫色のフリージア|憧れ
  • ラナンキュラス|華やか・魅力
  • カンパニュラ|感謝・思いを告げる

それぞれ見ていきましょう。

紫色のフリージア|憧れ

紫色のフリージアは、鮮やかな色合いと繊細な香りで知られる春の花です。角度によって異なる美しさを見せてくれます。紫色のフリージアが持つ「憧れ」の花言葉は、尊敬と敬愛を表現するのに適しています。

尊敬する先輩に対する憧れや尊敬の想いを、フリージアを通して伝えてみましょう。フリージアは見た目の美しさだけでなく、心和ませてくれる香りで、先輩への感謝や憧れの気持ちをしっかり伝えられます。

ラナンキュラス|華やか・魅力

ラナンキュラスは、たくさんの色と、何層にも重なった花びらが特徴的な春に咲く可愛らしい花です。花びらはしっとりしていて、シルクで作られたかのような繊細さがあります。

ラナンキュラスの持つ「華やか」「魅力」の花言葉は、尊敬する先輩の人柄や存在感を想像できる言葉です。2月〜3月ごろが一番花屋で見かけることの多い時期です。好みのラナンキュラスで先輩への気持ちを伝えてみましょう。

カンパニュラ|感謝・思いを告げる

カンパニュラは、昔から親しまれている花で「風鈴草」や「ツリガネソウ」とも呼ばれています。鉢植え、地植え、切り花といろいろな形で用いられています。カンパニュラは、花のつき方が本来は下向きですが、品種改良で斜め上を向く花を咲かせるカンパニュラも生まれています。

花言葉は「感謝」「思いを告げる」などの先輩への贈り物として最適です。花束や鉢植えとして贈ることで、その独特な形と色合いが先輩の心に強く印象付けてくれるでしょう。 

尊敬する友人に贈る花言葉

友人との絆を深め、花言葉を贈ることは素敵なことです。友人への感謝、信頼、尊敬、永遠の絆を象徴する4つの花をご紹介します。日常の忙しさの中でも友情を大切に思うあなたの気持ちを伝えましょう。

  • ブルースター|信じあう心
  • デンファレ|お似合いの二人
  • コデマリ|友情
  • オレンジ色のバラ|絆・信頼

それぞれ見ていきましょう。

ブルースター|信じあう心

ブルースターは、その名前の通り美しい星形の青い花を咲かせる植物です。この花は、春から初夏にかけて開花し、爽やかな青色で花壇を彩ります。ブルースターの花言葉「信じあう心」は、深い信頼関係を意味しており、尊敬する大切な友人への贈り物として最適です。

また、ブルースターは結婚式で使われることも多く、新しい始まりや永遠に続く絆を象徴する花として人気があります。結婚は二人の人生が信頼と愛情で結ばれることをあらわすため、ブルースターはふさわしい花といえるでしょう。

大切な友人への結婚祝いとして、友人への何気ないプレゼントとして。ブルースターで信じあう心をプレゼントしてみましょう。

デンファレ|お似合いの二人

デンファレは洋ランの一種です。細長い茎に沿って花が咲きます。

デンファレの花言葉は「お似合いの二人」で、特別な絆を持つ友人へ感謝や愛情を表現するのにふさわしいメッセージとなります。ブルースター同様、結婚式に使われることも多く、結婚祝いのプレゼントとしても最適なメッセージ性をもっているデンファレ。

大切な友人の晴れの日に、デンファレをプレゼントしてみてはいかがですか。

コデマリ|友情

コデマリは春に小さな白の花をたくさん咲かせてくれる愛らしい低木です。その名前の通り「小手毬」からきており、花が小さな鞠のように密集して咲く様子から名付けられました。とても繊細な見た目をしています。

コデマリの花言葉「友情」は、純粋で変わらない友人との絆を意味します。友人へのプレゼントとしてコデマリを選ぶことは、長く続く友情といつまでの変わらない愛情を伝えられます。これからも続く絆の象徴となるでしょう。

筆者のおすすめは、大きな花瓶にコデマリを豪快に生けることです。コデマリが絶妙な動きを見せてくれ、とても綺麗に部屋を彩ってくれます。

コデマリは枝物なので、切り口を叩いたり割ったりして水上がりをよくしてから深水に浸しましょう。小さいコデマリの花は咲き終わるとボロボロ落ちてきてしまいます。部屋が汚れないよう、終わりかけのものは早めに摘み取ってあげることをおすすめします。

オレンジ色のバラ|絆・信頼

オレンジ色のバラは、鮮やかな色合いがエネルギーや温かさをあらわしてくれます。赤やピンクのバラのようにロマンチック感が少ないので、友人にも贈りやすい色です。花言葉である「絆」「信頼」は、友人同士の深い結びつきや、お互いに対する信頼感を表現してくれるでしょう。

大切な友人へ、これからも変わらない関係が続くことを願いながら花言葉とともにメッセージを贈ると素敵です。

花の選び方

花を選ぶ際、受け取る人の好みや種類、イベントなどに合わせて選ぶことが重要です。「花にあまり詳しくないからどうしよう」と考えている方でも以下の要素を考慮することで、相手に喜ばれる花を見つけられます。一緒に素敵な花を見つけましょう。

  • 相手の好みや性格を考える
  • 色や種類の組み合わせを考える
  • 季節やイベントに合わせる

それぞれ見ていきましょう。

相手の好みや性格を考える

花を選ぶ際に最も大切なことは、相手のことを一番に考えることです。相手のことを考えると自然と好みや性格も浮かんでくることでしょう。

明るく活動的な相手ならば鮮やかな色の花が、穏やかで静かな相手ならば柔らかい色の花が合うかもしれません。好きな色が分かればその色の花を選んだり、趣味や興味に合わせて特定の花を選んだりするのも素敵です。花言葉を調べてメッセージを込めるのも素敵ですが、一番はどれだけ相手のことを考えて花を選ぶかで、その花へ込める気持ちが変わってきます。

色や種類の組み合わせを考える

花を選ぶ際、色や花の種類をどう組み合わせるかが大切になってきます。色にはそれぞれ意味があり、気持ちを伝える手段です。例えば、赤色は愛情、白はピュアな気持ち、黄色は友情というイメージを頭に浮かべることも大切です。ゴージャスなバラにふんわりしたかすみ草をプラスするとオシャレ感が上がります。

しかし、これらはすべて個性であり花を選ぶ際の正解はありません。「あなたが相手のことを考えて組み合わせた花」が正解の花となります。

季節やイベントに合わせる

花を選ぶ際「今は何の季節か」「どんなイベントか」と考えることは大切です。春ならば、桜やチューリップのように春満載なイメージの花がピッタリでしょう。夏ならばひまわり、秋や冬ならばコスモスやポインセチアなど花で季節を演出できます。

イベントごとでも、バレンタインやホワイトデー、卒業式や入学式などそれぞれにぴったりの花があります。これらをうまくチョイスすることで、季節感のある素敵な花束になります。

花を選ぶ際には、今の季節やイベントを思い浮かべてその季節にある花を選んでみましょう。

花を贈る際のマナー

花を贈る際にちょっとしたマナーを知っておくと、ギフトがもっと特別なものとなります。種類やサイズ、贈るタイミングなどを押さえていきましょう。そうすればあなたの気持ちがしっかり相手に伝わります。

  • 花ギフトの種類
  • サイズ感や色選び
  • 贈るタイミング

それぞれ見ていきましょう。

花ギフトの種類

花を贈る際「花ギフトの種類」を考えることは大切です。例えば花束は手渡しでの贈りものに適しています。アレンジメントはそのまま飾れるので、忙しい人や花瓶がご家庭にない人でも安心です。ドライフラワーは長持ちするので、記念に残したい特別な時におすすめできます。

相手のライフスタイルや好み、贈るシチュエーションを考えて、最適なタイプを選びましょう。

サイズ感や色選び

花を贈る際には「サイズ感や色選び」も場所やシチュエーションに合わせて考えましょう。大きな花束やアレンジメントは華やかで印象的ですが、受け取る側のスペースを考えて選ぶことがポイントです。小さくても心のこもったアレンジメントなら、場所を選ばず飾れるので喜ばれます。

また、色選びも重要で、相手の好みやその時の気持ちを反映させましょう。明るい黄色やオレンジは元気を与えます。落ち着いたピンクや紫は優しい気持ちにピッタリです。

相手やその時々の状況に合わせたサイズや色を選んで、心を込めた花ギフトにしましょう。

贈るタイミング

花を贈るタイミングは、その瞬間の気持ちやイベントに合わせて選ぶのがコツです。例えば誕生日や記念日ならその日に合わせて。病気見舞いなら回復を願って早めに贈るのがいいでしょう。また、感謝の気持ちや謝罪を伝える時も、その気持ちが伝わるように早めに贈ることが大切です。

イベントがなくてもそれぞれの理由でサプライズとして贈るのも素敵ですね。大切なのは、心を込めて選んだ花を、相手が喜ぶタイミングで届けることです。

まとめ

花は、尊敬の気持ちを込めた特別な贈り物として最適です。相手の好みや性格、花の種類や色、季節やイベントに合わせて選び、サイズ感などにも注意しましょう。

花言葉を通じて心からの尊敬と感謝の気持ちを伝え、大切な人との絆を深めるための一つのコミュニケーションツールにしてください。花を選ぶ際のこれらのポイントを抑えることで、あなたの気持ちはきっと伝わります。