商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

80代のお母さんに贈る母の日プレゼント

80代のお母さんが喜ぶ母の日プレゼント|選び方や費用相場

2024年5月12日(日)はお母さんに感謝の気持ちを伝える「母の日」です。

80代のお母さんへのプレゼントには、いつまでも元気でいてもらえるように健康に関する贈り物をしたり、家で快適な時間を過ごせるようにリラックスグッズを贈るのがおすすめです。

また、年に1度の母の日は、お母さんと一緒に過ごす時間も大切にしたい日です。家族みんなで過ごせるように予定を決めて、楽しく過ごしながら、プレゼントを渡してみてくださいね。

3/8~5/11までの期間限定で、カーネーションが入ったブーケ・アレンジメントはもちろん、花鉢や観葉植物ギフトセットなどの母の日ギフトをご用意しました。アンドプランツらしい洗練されたデザインのフラワーギフトで、感謝の気持ちをお伝えください。

[https://andplants.jp/collections/mothers-day]

↑4/21(日)までの注文でお届け日が指定できます。

80代のお母さんに贈るおすすめ母の日プレゼント7選

「80代となると、何が嬉しんだろう?」と頭を悩ませるかもしれません。生活習慣やライフスタイルも、昔と比べて変化していることが多いので、年齢に合ったプレゼントが大切です。

今回は、大枠として7つのアイテムを提案していきます。ちょっとしたプレゼントとしてもおすすめなため、ぜひ参考にしてみてください。

  • 健康グッズ
  • リラックスグッズ
  • 和菓子・スイーツ
  • メモリアルグッズ
  • ダウンベスト
  • 生花アレンジメント
  • 観葉植物

①健康グッズ

安眠枕 健康に大きく関わる睡眠をしっかりとってもらえるように、お母さんの体に合う枕を贈るのがおすすめです。
ツボ押しグッズ 首や足裏をほぐすツボ押しグッズで、お母さんの健康を促進します。
マッサージ器 手軽に使いやすいマッサージクッションや、椅子やソファにつけられるシートマッサージ器がおすすめです。
コンフォートシューズ 健康的な履き心地の良い靴で、近所へのお買い物や散歩の際に使ってもらえる靴を贈りましょう。
ストレッチ器具  無理なく運動ができるように、家の中で使えるストレッチ器具もあると便利です。

健康に気を付けているお母さんには、健康グッズを贈りましょう。80代のお母さんは家にいることが多くなって運動不足になったり、健康に関する特有の悩みを抱えていたりすることもあるかもしれません。

お母さんが気にしていることに寄り添いながら、いつまでも健康でいてもらえるように、プレゼントを贈りましょう。

②リラックスグッズ

部屋着 家で快適に過ごしてもらえるように肌触り、着心地を重視した部屋着がおすすめです。
ひざ掛け 季節の変わり目の時期や冷房などで肌寒く感じる際にひざ掛けがあると重宝します。
バスグッズ 入浴剤やボディソープなど、バスタイムにリラックスしてもらえるようなアイテムがおすすめです。
寝具 上質なタオルケットや羽毛布団など自分で買い替える機会があまりないので、贈り物で喜ばれます。
高級タオル 質の高いものにこだわって、長くきれいに使えるタオルは生活に役立ち、実用的なプレゼントです。

家で過ごすことが多いお母さんには、家でゆっくりと使えるリラックスグッズがおすすめです。

家で使い慣れたものも多いと思いますが、自分では買い替えるタイミングがなく、古くなってしまっているものもあるかもしれません。プレゼントで贈ることで、新しいものを使うきっかけができるので、喜んでもらえるでしょう。

③和菓子・スイーツ

最中 上品な和菓子といえば最中。お菓子屋さんによってあんの種類が豊富なので、詰め合わせがおすすめです。
どら焼き 和菓子が好きなお母さんに人気があるどら焼きは、しっとりと食べやすく、おやつにぴったりです。
カステラ 幅広い世代に人気があるカステラは、家族みんなで美味しく食べられるお菓子としても良いかもしれません。
羊羹 お茶との相性が抜群の羊羹は、程良いくちどけで食べやすく、母の日に喜んでもらえるでしょう。
紅茶・日本茶  和菓子が好きなお母さんには日本茶、洋菓子が好きなお母さんには紅茶をセットで贈るのもおすすめです。

甘いものが好きなお母さんには、和菓子やスイーツのプレゼントがおすすめです。

いつもは買わないような有名店の高級なものを選べば特別感があり、お母さんに更に喜んでもらえるでしょう。お母さんの好きなものを贈って、みんなで一緒に食べるのも楽しいかもしれません。

④メモリアルグッズ

孫と過ごす時間がなによりも楽しみなお母さんも多いですよね。孫が大好きな80代のお母さんには、孫の写真をアルバムにしたものや、飾っておける大判の写真などを贈るのも素敵です。映像で成長記録をまとめたものも楽しんでもらえます。

母の日に家族みんなが集まれば、みんなで写真を撮って残しておくのも良いでしょう。家族みんなの写真はなかなか撮る機会がないので、母の日を機にみんなで撮れば素敵な思い出が残ります。

⑤ダウンベスト

お母さんに限らず、年齢を重ね、80代ごろとなると筋力が衰える傾向にあります。

母の日は5月なので、比較的に暖かいですが夜は冷えやすいです。そのため、ちょっとした防寒具があると、安心するのではないでしょうか。

ダウンベストなら、動きやすく軽量なので、長期時間着用していてもストレスを感じにくいです。冬のアウター下にも忍び込ませられるため、何かと重宝するでしょう。

⑥生花アレンジメント

自宅時間や日頃の趣味として、お花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

アレンジメントは、器にお花があるのでそのまま置いて飾れます。めんどくさがりなお母さんにはピッタリですよ。

お花を花瓶に生け変える必要がなく、器に水を注ぎ入れて足していくだけなので、管理が簡単です

母の日には、カーネーションを使った母の日限定のアレンジメントがお店でよく販売されており、希望の色やお花で作ってもらうこともできます。お店によって販売される商品が大きく異なるので事前にチェックしてみましょう。

[/collections/flower-arranges]

関連記事:母の日に贈る花|おすすめと種類

⑦観葉植物

観葉植物も母の日に人気のあるアイテムのひとつ。縁起のよい花言葉や風水効果をもたらす品種が豊富だからです。

具体的には、下記2つの植物をおすすめします。

  • パキラ
  • ガジュマル

パキラ|「快活」

パキラ
日当たり 日当たりのよい置き場所(室内)
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり  春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなって(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)一週間程度あけた後

パキラは、手のひらを広げたように葉っぱを咲かせる観葉植物です。別名「Money Tree(発財樹)」とも呼ばれ、金運アップの効果があるとされています。開店祝いや新築祝いなどの贈り物にも適しています。

パキラには「快活」の花言葉があり、お母さんに「これからも生き生きと元気でいてほしい」と気持ちを込めて贈られるプレゼントです。新芽を出したり、葉が大きくなったり、日々の成長を楽しめます。風水的にも良い効果があるとされているので、母の日の贈り物にぴったりです。

風水では金運アップの効果以外にも、邪気を払ったり健康運をアップさせたりしてくれる効果があり、頼もしい植物です。葉水で葉っぱをきれいに保つと、さらに風水効果が高まるといわれています。

[https://andplants.jp/collections/pachira]

ガジュマル|「健康」

ガジュマル
日当たり 日当たりのよい置き場所(室内)
温度 最低0℃以上をキープする
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)2〜3日後

ガジュマルは、たくましい幹をしているユニークな観葉植物です。お世話もしやすいので観葉植物初心者の方でもおすすめです。

ガジュマルには「健康」の花言葉があり、長寿の象徴といわれています。「お母さんにいつまでも元気でいてほしい」の気持ちを込めて贈ってみてはいかがでしょうか。

定番ではあるものの幹それぞれが独特な形をしているので、おしゃれなインテリアとして飾られることも多いです。

[https://andplants.jp/collections/chinesebanyan]

80代のお母さんを喜ばせたいなら手紙を一緒に贈るのがおすすめ

母の日に喜ばれるギフトを選ぶのも大切ですが、日頃の感謝の気持ちもぜひ伝えてみてください。80代のお母さんには、長い人生の中で培われた思い出や経験がたくさんあります。

そんなお母さんに、あなたの成長した姿を見せ、日頃言えない感謝の言葉を伝えることで、お母さんの心に新たな喜びをもたらすことができます。

手紙には、小さい頃の思い出、学んだ教訓、そしてこれからの未来への約束を綴りましょう。そうすることで、お母さんの日常に新しい光を与え、家族の絆をより一層深められるはずです。

メッセージ内容に迷う場合は、そのまま使えるひと言メッセージや年代別のメッセージ文例が参考になります。

80代のお母さん向け|母の日プレゼントの選び方

80代のお母さんにプレゼントを贈る際の選び方を紹介します。

80代のお母さんは家での時間をゆっくり過ごしたり、健康的なものを好んだりすることが多いかと思います。

お母さんのライフスタイルに合わせて選びながら、選ぶ際にはどのようなポイントがあるのか参考にしてみてください。

  • 健康に繋がるものを選ぶ
  • 日常生活に役立つものを選ぶ
  • おうち時間を充実するものを選ぶ

健康に繋がるものを選ぶ

80代のお母さんには、「健康で長生きしてほしい」といった気持ちで、プレゼントを選ぶ方も多いのではないでしょうか。

例えば、栄養がしっかり摂れる健康ドリンクやスムージー、スイーツを贈る際には、糖分や脂質が抑えられているものなどがおすすめです。

ウォーキングが趣味なら運動靴もいいですし、ランニングウェアも喜ばれるかもしれません。

日常生活に役立つものを選ぶ

日常生活に使えるなら、使用頻度も高いと思われるため、有効活用してもらいやすいです。部屋着、マグカップ、本、トートバッグ、腕時計などもいいでしょう。

また、機能が多い方が便利と思われやすいですが、80代のお母さんからすると、難しく不便かもしれません

使いこなせずに、使わなくなってしまうのはもったいないため、できるだけシンプルなアイテムを選んでみてください。

おうち時間が充実するものを選ぶ

おうちでゆっくり過ごすことが多いお母さんには、家で楽しめるものを贈りましょう。

お茶とスイーツのセット、園芸、スマートフォンが使いこなせるお母さんには、タブレットをプレゼントするのも素敵です

テレビが好きな人が多い世代なので、昔の映画やテレビ番組が楽しめるサブスクサービスを利用して楽しんでもらうのも良いでしょう。

80代のお母さんに贈る母の日プレゼント費用相場|3,000~10,000円

80代のお母さんに贈る母の日のプレゼントの相場は3,000~10,000円です。

傘寿、米寿を迎えるお母さんに贈る場合は10,000円以上の豪華なものにすると良いでしょう。また、兄妹姉妹全員から贈る場合も10,000円以上の豪華なものにすると素敵です。プレゼントする際は、孫から渡すとさらに喜んでもらえるかもしれません。

プレゼントの価格は、高価すぎるとお母さんに気を遣わせてしまう可能性があるので、値段は伏せて贈ると良いです。

80代のお母さんに贈る母の日プレゼントに関するよくある質問

80代のお母さんに贈る母の日ギフトでよくある質問を紹介します。傘寿、米寿に贈るプレゼントなどに関しては疑問に思いやすいポイントなので、詳しく解説していきます。

また、義理のお母さんにプレゼントを贈る際のポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 傘寿(80歳)や米寿(88歳)の母の日プレゼントのおすすめは?
  • 義理のお母さんにプレゼントするときの注意点は?

傘寿(80歳)や米寿(88歳)の母の日プレゼントのおすすめは?

傘寿や米寿の母の日のプレゼントは、他の年より少し豪華なものにしてお祝いするのがおすすめです。傘寿、米寿では「金色・黄色」のものを贈ると良いそうです。

傘寿や米寿はおめでたいお祝いなので、家族が集まって食事をしてお祝いするのもいいかもしれません。

義理のお母さんにプレゼントするときの注意点は?

義理のお母さんに贈る母の日のプレゼントに決められたルールはありません。

気を付けたいポイントは、なるべく夫婦二人で直接渡すこと。直接渡すのが難しい場合には、母の日に間に合うように発送手配をすること。メッセージカードの名前は連名にすることです。

母の日はプレゼントを贈りながら、一緒に過ごす時間を作ることが大切です。孫が会いに来るのを楽しみにしているお母さんも多いのではないでしょうか。

会いに行く機会が少ない方は特に、母の日には時間を作ってぜひ会いに行きましょう。プレゼントは直接渡した方が気持ちが伝わりやすく、お母さんの反応も確認できます。

また、プレゼントを贈る際にはメッセージカードを添えて、いつもお世話になっている感謝の気持ちを伝えましょう。メッセージカードは夫婦二人の連名で、ふたりから贈ると印象が良いです。

まとめ

80代のお母さんに贈るおすすめの母の日のプレゼントを紹介しました。80代のお母さんは家でゆっくりと過ごすことが多く、日々の暮らしを大切にしながら、孫との時間を楽しみにしている人が多いです。

お母さんの生活の中で家で楽しめるものや、健康に気遣ったアイテムが母の日の贈りものには人気です。お母さんの生活が少し楽しく、豊かになるようなアイテムでお母さんに喜んでもらいましょう。

また、母の日はぜひお母さんと過ごす時間を楽しみ、思い出になるような1日を過ごしてくださいね。

各年代のお母さんにおすすめの母の日プレゼントは下記記事を参考にしてみてください。「〇〇代」をタップすると記事に飛べます。

40代 50代
60代 70代
80代 90代
伊藤 芙季(ito fuki)
ウェディング専門の花屋で会場装花やブーケを制作し、フラワーコーディネーターとして働いた後、フラワーショップにて生花を販売。 花の仕事で10年のキャリアを積み、店長を経験。 花や植物が大好きで、季節ごとに楽しめる花の名所や植物園を巡っています。 花の魅力、飾る楽しさ、贈る楽しさをたくさんの花に触れてきた経験から発信していきたいと思っています。 花や植物があることで豊かになる時間、心、空間を共有できると嬉しいです。