父の日に贈る観葉植物

父の日に贈るおすすめの観葉植物と選び方を解説

「父の日に観葉植物を贈りたいけどおすすめがあれば知りたい」「そもそも観葉植物ってどんな感じで選べばいいんだろう」と思っていませんか?

いざ父の日に渡したいと思っていても、種類はたくさんあるし形も豊富なので迷ってしまいますよね。

そこで今回は、父の日に贈る観葉植物のおすすめと選び方を解説していきます。忙しい人やおしゃれが好きな人など、パターン別でご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

関連記事:贈り物に適した観葉植物|ギフトシーン別におすすめを紹介

父の日に贈る観葉植物の選び方

「父の日に贈る観葉植物の選び方はどんなポイントを意識したらいいの?」と思っている人は、下記3つをまず押さえていきましょう。

  1. 風水効果で選ぶ
  2. 乾燥に強いかどうかで選ぶ
  3. おしゃれかどうかで選ぶ

お父さんの生活スタイルや関心に合わせて選ぶことが大切です。

風水効果で選ぶ

「観葉植物にも風水効果が?」と思われた方もいるかもしれませんが、実は植物には気を整える力があります

たとえば、葉の形が上を向いている植物はポジティブな気を運んでくれます。鋭い葉をもつものは、悪い気を浄化する作用もあるのです。

他にも、葉が下向きのものは周りの人や環境にリラックス効果をもたらしてくれるので、寝室に置くのがよいとされています。

もともとは、昔の人たちが「こういうことを行ったら、こんなことがあった」という経験則をまとめたものです。必ずしも全ての法則が当てはまるわけではないですが、自分の気持ちが心地よくなるなら積極的に活用していきたいですよね。

関連記事:観葉植物の風水|場所と効果別のおすすめ

乾燥に強いかどうかで選ぶ

乾燥に強いかどうかも一つの選択基準です

というのも、お父さんによっては仕事が忙しく家にいない人もいますよね。そうなると、きちんと植物のケアを毎日行えません。

乾燥に強い植物であれば、1週間に一度のお水やりでも十分に生育ができるので、お父さんが休みの日だけ管理できれば問題ありません。

平日はなかなかお世話ができない方でも育てることが可能です。 ある程度放置してもよいかをあらかじめ確認して選びましょう。

おしゃれかどうかで選ぶ

インテリアにもこだわったりおしゃれが好きだったりする人もいるのではないでしょうか。そんな人には、観葉植物も人とは違ったおしゃれなものをプレゼントしてもいいかもしれません。

植物は、同じ種類でも葉っぱの付け方や樹木がそれぞれ異なります。言ってしまえば、全く同じものはほとんど存在しません。

成長の仕方や日光の当たり具合だけでも、購入した当初より変化をするので、植物は持ち主によって形を変えるのです。もちろん、品種自体が珍しく市場にあまり無いものもありますが、その分価格も高額です。

まずは定番でもいいので、形が変わっていたり面白かったりするものを選ぶといいでしょう。「この形はあまりないのかな?」と疑問に思ったら気軽に「AND PLANTS」までご相談ください。

【風水】父の日に贈る風水効果がある観葉植物

風水効果ここでは父の日に贈る風水効果がある観葉植物を3つご紹介いたします。運気ごとにピックアップしてみたのでご覧ください。

  1. パキラ:仕事運
  2. フィカス・ウンベラータ:家庭運
  3. コーヒの木:リラックス

植物は見た目も違えば風水効果も異なります。それぞれどのような特徴があるのかさっそく見ていきましょう。

①パキラ:仕事運

パキラ観葉植物の定番であるパキラは、葉っぱに鋭さがあるので、邪気を払拭し仕事運を向上させる力があります。人が集まる場所には、さまざまな気が乱れるのでパキラが一つあるといいでしょう。

また、仕事部屋や書斎など普段いる場所に置くのもおすすめです。余計な気を絶ってくれるので、仕事や読書に集中できるでしょう。

お手入れは非常に簡単で、土が指につかない程度に乾いていたらお水やりをすれば大丈夫です。お父さんに「メリハリを意識して育てるのがコツ」と一言添えてあげてもいいかもしれません。

[https://andplants.jp/products/pachiratwisted-m]

②フィカス・ウンベラータ:家庭運

フィカス・ウンベラータハートの形をしているフィカス・ウンベラータは、風水で家庭運の気を整えてくれる観葉植物です。丸みを帯びた大きな葉っぱが、優しく包んでくれるからでしょう。人が集まるリビングに置くことでその効果を最大限に発揮してくれます。

また、寝室に置けば夫婦の心をリラックスさせてくれるので、植物が無ければおすすめです。日常のお世話もそこまで難しくありません。春夏は特に成長期なので、直射日光を避けた日当たりのいい場所に置くといいです。

寒い気温が苦手なので、秋冬は窓際から距離を置いて管理をしましょう。冷気によって葉っぱが枯れてしまうのを防ぐためです。

[https://andplants.jp/products/umbellata-l]

③コーヒーの木:リラックス

コーヒーの木リラックス効果をもたらしてくれるコーヒーの木はいかがでしょうか。鋭い葉っぱが悪い気を払ってくれるので、周囲の気を整えてくれます。花言葉では「休息」といった意味合いがあるのも頷けるでしょう。

小型のサイズが広く流通しているので、書斎や寝室などにも向いています。水が非常に好きなので、土の表面が乾いていたら鉢の底からあふれるほど与えるといいです。

特に、春夏は水不足になりやすいので、日頃から乾き具合をチェックするといいでしょう。耐陰性もあるので、日陰でも育てることができます。植物を育てるのに慣れていないお父さんにもおすすめです。

【忙しい人】父の日に贈る乾燥に強い観葉植物

乾燥次は、忙しいお父さんに向けたおすすめの観葉植物です。

  1. サンセベリア
  2. トックリラン
  3. ザミオクルカス

家に日中はいなかったり日頃のケアができなかったりする人もいますよね。そんな人にでも植物で癒されてほしいと思ったら、乾燥に強いものを選んでみましょう。

④サンセベリア

サンセベリアサンスベリアは非常に乾燥に強く、春夏は1週間に1回、秋冬は2週間に1回のお水やりで問題ありません。その理由は、厚みのある葉っぱに水分が蓄えられているからです。

水分が蓄えられているので、逆に過度な水やりは根腐れになりやすいです。 日当たりがよければ新芽もよく成長しますが、日陰の環境でも生育が可能です。ただしその場合は、新芽の生えてくるスピードがゆっくりです。

早めに大きくさせて健康な株に育てたいなら、光量を確保しましょう。 日常の管理は、過保護になり過ぎない方がうまくいくので、忙しい人にはピッタリです。

[https://andplants.jp/products/sansevieriazeylanica-l]

⑤トックリラン

トックリラントックリランも乾燥に強い観葉植物としておすすめです。葉先が垂れ下がっているので、涼しげな空間を作ってくれます。葉っぱから根元までの樹形がくびれているのもチャームポイントの一つです

日光を好むので、できるだけ日当たりのいい場所で育てるようにするといいです。そうすることで、株元が太くがっしりとした形に成長します。日照不足だと、幹が膨らまない可能性があるので、注意が必要です。

秋冬の成長は緩やかになるので、1週間〜10日に1回を目安に、お水やりを行うといいです。暖房を入れると葉っぱもパサついてくるので、定期的に霧吹きを行い湿度をキープしましょう。

[https://andplants.jp/products/ponytailpalm-l]

⑥ザミオクルカス

ザミオクルカス上向きに葉をつけた程よい光沢感があるザミオクルカスも、乾燥に強い観葉植物です。特に、球根のような根を張っているので、そこに水分を溜めています。

1週間に1回程度のお水やりで大丈夫です。しかし、春夏の暖かい時期は成長スピードも早いので、もう少し頻度が増えるかもしれません。その際は、土が湿っているかどうかを確認しましょう。

冬場の寒い時期が苦手なので、関東の屋内でも窓際から離して管理をするといいです。冬場の冷気は外気温とそこまで差がないので、葉っぱがダメージを受けてしまいます。

[https://andplants.jp/products/zamioculcas-s]

【おしゃれ好き】父の日に贈るおしゃれな観葉植物

おしゃれ好きおしゃれ好きなお父さんには、次のような観葉植物がおすすめです。

  1. フィカス・バーガンディー
  2. エバーフレッシュ
  3. カラテア・マコヤナ

色合いや模様に特徴があるので、自宅のインテリアとも相性がいいでしょう。

⑦フィカス・バーガンディー

フィカスバーガンディーフィカス・バーガンディーはゴムの木の仲間として知られる観葉植物です。葉の色合いがバーガンディー色で珍しく、品性を感じます。

単体だけで十分におしゃれなので、書斎や寝室、リビングなどでも場所を選ばずに存在感を放ってくれるでしょう。 葉が他のゴムの木よりは肉厚なので、乾燥や寒さへの耐性もあります。

場所を1週間に何回も変えるのではなく、決めた場所で育てるのがいいです。そうすることで、バーガンディー自身がその環境に適応します。

春夏は土が乾いていたら直ぐに水をあげる、秋冬は乾いてから2〜3日後にお水やりをするといいでしょう。その際に霧吹きも行ってあげるとなおよいですね。

⑧エバーフレッシュ

エバーフレッシュ優雅な動きが特徴のエバーフレッシュもおすすめです。葉の一枚一枚は細く小さいですが、見ていて非常に癒されます。花言葉には「喜び」「胸のときめき」といった意味合いがあるそうです。

「見た目はおしゃれだし贈ってあげたい。でも日が入らなかったらどうしよう」と悩んでいる人でも心配はいりません。

エバーフレッシュは順応性が高いので、日がそこまで入らない置き場所でも、次第に適応して成長できるからです。 置き場所に困らなければ、好きなところに飾ることができますよね。

[https://andplants.jp/products/pithecellobiumconfertum-s]

⑨カラテア・マコヤナ

カラテアマコヤナカラテア・マコヤナは、絵に描いたような模様の葉っぱを付ける個性的な観葉植物です。インテリア性が高いので、どこに置いても存在感があるでしょう。自宅の中心となる場所に飾ってあげてもいいかもしれません。

熱帯地域の原産なため、温度を5℃以下にならないように管理ができるといいです。窓際からの冷気に当たらなければ大丈夫です。 冬越しのコツは水やりを控えめにするといいでしょう。

株が引き締まって耐寒性が上がるので、関東甲信越の屋内であれば無事に冬を乗り越えられます。お水が大好きな植物なので、春夏は土が乾いたら鉢の底から水が出てくるほどたっぷりとあげると上手に育ちます。

[https://andplants.jp/products/calatheamakoyana-tableplants-m]

父の日に観葉植物を贈る際の費用相場

費用相場父の日に贈る費用相場は、目安としては3000〜5000円といわれています。あくまでも参考程度に考えておくのがいいでしょう。

観葉植物であれば、3000〜5000円で十分に素敵なプレゼントを選ぶことができますが、5000〜10,000円の予算まで考えられるならより満足度の高いものが見つかります

なぜなら、植物はサイズや品種で値段が変わるからです。

「これ、父の日にいいかも」と思ったものが、予算より高額の場合もあるでしょう。3000〜5000円だと、定番の植物だったりサイズが子株だったり、満足できないこともあるかもしれません。

しかし10000円まで考えられるなら、珍しい種類や鉢セットなど満足度の高い父の日のプレゼントが選べます。お父さんに渡すものは、自分も納得できるものを渡せるとなおよいでしょう。

父の日に観葉植物を贈る際のよくある質問

よくある質問それでは最後に父の日に観葉植物を置く際のよくある質問を下記2つにまとめました。

  1. 観葉植物と合わせて一緒にプレゼントするなら何がおすすめ?
  2. 父の日に贈る花はどんなのがいいの?

せっかくなら植物と一緒に他のものがあってもいいかもしれません。

観葉植物と合わせて一緒にプレゼントするなら何がおすすめ?

ライフスタイルを考えて一緒にプレゼントするものを考えていきましょう。 たとえば、自宅で過ごす時間が長いお父さんには、マグカップとコーヒーセットがおすすめです。

インテリアが好きならナチュラルな木製の雑貨などはどうでしょうか。植物と一緒に飾ってもらえるかもしれません。

お酒やおつまみなど、消耗品であれば日常的に使ってもらえて場所も取らないので、お父さんの負担にならないでしょう。相手を思い遣ったセレクトが大切です。

父の日に贈る花はどんなのがいいの?

父の日に贈る花は「ひまわり」がおすすめです。ひまわりには「力強い」「尊敬」といった言葉があるので、お父さんを勇気づけたり敬ったりする気持ちがあるからです。

特に、黄色には「幸せ」「希望」などのポジティブな意味合いもあるので、明るい気を運んでくれます。

普段はなかなか言葉で伝えられない人も、せっかくの父の日に想いを込めた贈り物をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

父の日に贈る観葉植物のおすすめをご紹介してきました。お父さんのライフスタイルに合わせたプレゼントができると、より満足度の高いものになります。

「どんなプレゼントがいいのだろうか」と贈る物を考えるのも大切ですが、どういう気持ちでそれを選んだのかということも大事でしょう。

想いのこもったプレゼントは、きっとお父さんにも伝わります。ぜひ今回の記事を参考にして、素敵な父の日をお過ごしてください。

馬淵 大
観葉や多肉植物が昔から好きで、今は自宅でコウモリランをメインに育てています。 前職で、仕入れ、植え替え、販売などを経験。育てているうちに、まるで我が子のように愛着を感じてお持ち帰りしてしまう日も。 同じように…とまではいかなくても、そんな風に愛着をもって育ててもらえれば嬉しいです。 ぜひ一緒にお気に入りの植物を探すお手伝いをさせてください。