商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

リプサリス・カスッサ

リプサリス・カスッサの育て方

植物名 リプサリス・カスッサ
学名 Rhipsalis cassutha
英名 Rhipsalis cassutha
科目/属性 サボテン科リプサリス属
原産地 東南アジア、北アメリカ南部~南アメリカ
日当たり 日当たりの良い置き場所
温度 最低10℃以上をキープする
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
水やり 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
肥料 緩効性肥料、液体肥料
剪定時期 5月~10月
育てやすさ ★★★★☆
[https://andplants.jp/collections/rhipsrliscassutha]

リプサリス・カスッサの特徴

リプサリス・カスッサは、森の中で樹木にくっついて育つ多肉植物です。樹木の幹に枝垂れるようにして自生しているため、「森林サボテン」「ヒモサボテン」とも呼ばれています。

細長く繊細な茎が1m以上枝垂れる姿が特徴的です。また、白く美しい花を咲かせ、白い実も楽しめます。リプサリス・カスッサは、高い位置に飾ったりプラントハンガーで空中に飾ったりすると、よりおしゃれです。

耐陰性と乾燥に強いため、初めて植物を迎える方も安心して育てられるでしょう。しかし、サボテンほど水分を蓄えることはできないので、水やりは忘れずに行ってください。

リプサリス・カスッサの花言葉

リプサリス・カスッサの花言葉は「偉大」「燃える心」「温かい心」「枯れない愛」です。いずれの花言葉もサボテン科に共通するもので、暑く乾燥した地域で育つサボテンが、燃えるような色の花を咲かせる姿から名付けられました。

リプサリス・カスッサは高温多湿の環境で育ちますが、サボテン同様に厳しい環境で美しい花を咲かせます。

「偉大」「燃える心」「枯れない愛」などのポジティブな花言葉は、お祝いの贈り物に最適です。おしゃれなリプサリス・カスッサは、引っ越し祝いや新築祝い、開店祝いなどのプレゼントにも喜ばれるでしょう。

リプサリス・カスッサの風水

リプサリス・カスッサには「邪気払い」の風水効果があるとされています。気の入り口である玄関や窓際に飾ると効果的です。

悪い気が溜まりやすい部屋の角やトイレに飾るとよいでしょう。悪い気がなくなれば、よい気に恵まれ運気も向上します。

ただし、植物を置くだけでは十分な風水効果は得られません。置く場所は整理整頓して、しっかり手入れをすることが重要です。

関連記事:観葉植物の風水|場所と効果別のおすすめ

リプサリス・カスッサの育て方

リプサリス・カスッサの育て方

リプサリス・カスッサは、初めて植物をお部屋に迎える方にも育てやすいですが、育て方にはポイントがあります。

ここでは、リプサリス・カスッサの育て方について解説します。育て方のポイントを押さえて、適切に育てることができれば、美しい姿で元気に育ち続けるでしょう。

置き場所と日当たり

リプサリス・カスッサは、明るい室内か屋外の半日陰を好みます。真夏の直射日光は葉焼けの原因となるので、室内でも窓際に置く場合はレースカーテン越しの光を当ててください。

屋外で管理する際は、真夏と10月以降は屋内に取り込みましょう。耐陰性が強いので、明るい室内であれば問題なく育ちます。

ただし、置いた場所が暗すぎると、葉色が薄くなったり軟弱に育ったりと生育が悪くなるので気を付けてください。

日当たり不足で生育が悪い場合は、明るい窓際でレースカーテン越しに日光浴させると元気になります。葉焼けした葉は茶色~黒色に変色し元に戻らないので、日当たりには気を付けてください。

温度

リプサリス・カスッサは寒さに弱い植物です。最低10℃以上をキープして育ててください。

冬の寒さに当たり続けると、黒くなって枯れていきます。なるべく暖かい場所で管理することが重要なポイントです。

冬の窓際は屋外と変わらないくらいに冷え込むので、窓から離れた明るい場所に置いてください。ただし、暖房の風が当たると急激な乾燥によって葉が傷みやすいです。

暖房の風が当たらず、窓から離れた暖かい場所で管理しましょう。

水やりの頻度

  1. 春夏:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)
  2. 秋冬:手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)

春夏の生育期には、手で土を触って水分を感じなくなったら(鉢の中央部分までしっかり乾いてから)鉢底から水が流れるくらいに、しっかり水やりしてください。

リプサリス・カスッサはサボテン科の植物ですが、春夏に土が乾燥しすぎると生育が悪くなりますので、こまめに土の乾き具合を確認しましょう。

しわが寄ったり枝を落としたりしないためにも、水やりや葉水は重要なポイントです。ただし、水のやりすぎや受け皿の溜め水は根腐れの原因になります。

水やり後は、受け皿に溜まった水は小まめに捨ててください。気温の下がる秋以降は、徐々に水やりを控えます。

暖房によって冬も15℃以上ある場合は土の乾き具合を見て、暖かい時間帯に葉水と水やりをしてください。もし、鉢植えの水やり頻度に困ったときは、水やりチェッカーの利用もおすすめです。

肥料

リプサリス・カスッサには、生育期の4~6月、9~10月に2か月に1度置き肥を置くか、水に薄めた液肥を2週間に1度のペースで水やり代わりに与えてください。夏と冬は生育が緩慢な時期なので、肥料は与えません。

リプサリス・カスッサは肥料が少なくても十分に育ちますが、花を咲かせたり茂らせたりしたい場合は土に混ぜ込んだ元肥以外に追肥もしましょう。ただし、肥料の与えすぎは根を傷めるため、与えるペースや時期はしっかり守ってください。

花が咲く4~6月は、花の栄養素であるリン酸を多く含んだ肥料を与えると効果的です。

剪定方法

リプサリスの剪定時期は4~6月、9~10月です。花後の花がらや茂りすぎた枝を剪定します。

緑色の枝であれば、どこから切っても問題ありません。節から新芽を出すので、理想の株姿をイメージして剪定するとよいでしょう。

ただし、樹木の肌のように木質化(もくしつか)した枝からは新芽が出にくいです。緑色の枝を風通しよく剪定して、形を整えてください。

リプサリス・カスッサのよくあるトラブルと対処法

リプサリス・カスッサのよくあるトラブルと対処法

ハンギングで枝垂れる姿がおしゃれなリプサリス・カスッサですが、トラブルも存在します。

ここではトラブルが起きたときの対処法を解説していきます。あらかじめ対処法を知っておけば、いざ何かあっても安心です。

関連記事:観葉植物のトラブル|主な症状と対処法まとめ

根腐れ

根腐れでは、以下の症状が見られます。

  1. 水をあげても元気にならない
  2. 土がなかなか乾かない
  3. 葉が落ちやすい
  4. 葉が茶色・黄色に変色している
  5. 幹や幹の根元が柔らかい
  6. 土から腐敗臭がする
  7. 土の表面にカビが生えている
  8. 根黒く変色している

根腐れは、土の中の酸素濃度が低下して土中の細菌叢が変化し、有機物の腐敗が進むことで有害なアンモニアが発生し、土壌環境が悪くなることで発症します。

また、常に土が湿っている状況では根が呼吸することができず、細胞が死んでしまいます。

これが原因で、根から水を吸い上げることができなくなり、植物体に水を供給することができなくなることで死んでしまう現象です。

根腐れの対処法は以下の通りです。

  1. 鉢から植物を抜き、悪い土を落として水はけのよい土に交換する
  2. 根の傷んでいる部分、腐っている部分をカットする
  3. 少量の水を与え、風通しがよく明るい日陰で管理する
    ※1週間を目安に水が乾くコンディションで管理する
  4. 発根剤を与えてみる
  5. 傷んだ葉を取り除く
  6. 枯れた枝を切り取る

根腐れが起こった場合は、鉢を入れ替えて土の環境を変えることが大切です。傷んでしまった根は取り除き、健康な状態が取り戻せるような環境を与えてあげましょう。

赤玉土・ゼオライトなどを用土に混ぜ込むことで、水はけと根腐れを防止することができます。

枝先がダメになっている場合は、生きている部分までカットし、新しい葉を出すことで回復させます。

根元から腐っている場合は、無事な部分で切り取り、挿し木にして発根させて回復させましょう。

根腐れが起こると枝が垂れ、新芽を残すために古い葉を落とす現象が見られます。重度の根腐れの場合は、新芽や枝の先から枯れることがあるので注意が必要です。

関連記事:観葉植物の根腐れ|対処法や見分け方の紹介

根詰まり

根詰まりとは、鉢の中で根がいっぱいになることで起きる症状。根詰まりの症状は以下の通りです。

  1. 水が浸透しづらくなる
  2. 底から根が出てくる
  3. 葉が黄色くなる
  4. 鉢にヒビが入る

特に春夏の成長期で一気に伸びてしまうと上記のような症状が起きてしまいます。すぐに枯れる要因にはなりませんが、放置してしまうとリプサリス・カスッサに悪影響です。

対処法はリプサリス・カスッサの植え替えをすること。

リプサリス・カスッサを現在の鉢より1つ上の大きい鉢に植え替えることで、上記の症状はほとんど解消されるでしょう。植え替えを行う時期も春夏の成長期が最も適しています。

関連記事:観葉植物の根詰まり|症状や対処法について

葉焼け

葉焼けでは、以下の症状が起きます。

  • 葉の色素が抜けて白くなっている
  • 葉の一部が茶色く枯れている

強い日差しを浴びすぎると葉が傷んで「葉焼け」というトラブルが発生します

葉焼けの症状に気がついたら、早めに置き場所を検討し直すことが必要です。

対処法は以下の通りです。

  1. 直射日光が当たっている場合はカーテンなどで遮光する
  2. 葉焼けした部分はカットする

葉焼けが起こるということは、日光が当たりすぎている可能性が高いため、直射日光に当てないような措置を取りましょう。

また、一度焼けてしまった葉は二度と元に戻りません。傷んだ葉はカットし、新しい健康な葉が生えてくるのを待ちましょう。

関連記事:観葉植物の葉焼け|原因や対処法の紹介

リプサリス・カスッサの害虫トラブルと対処法

リプサリス・カスッサの害虫トラブルと対処法

リプサリス・カスッサには害虫トラブルも存在します。

害虫によるトラブルが発生したときの対処法を解説していきます。あらかじめ対処法を知っておけば、いざ何かあっても安心です。

ハダニ

ハダニの症状は以下の通りです。

  1. 葉にクモの巣のような糸がついている
  2. 葉の裏に小さな虫がついている
  3. 葉に斑点や傷がある
  4. 葉の色が薄くなり枯れている

ハダニは繁殖力の強さと、薬剤耐性を持つとても厄介な害虫です

放っておくと糸を張って大量発生する危険性もあるので、早めに対処を行いましょう。

対処法は以下の通りです。

  1. 傷んだ葉はカットする
  2. 葉の表裏、付け根や茎も水で洗浄する
  3. ハダニに効果のある液体を噴霧する(殺虫剤のほか、2倍に薄めた牛乳、重曹と水を混ぜたもの、濃いコーヒー、10倍に薄めた酢でも一定の効果あり)

ハダニが湧いてしまったら、市販の殺虫剤(ベニカXファインスプレー・オルトラン)を使用するのが効果的です。

2倍に薄めた牛乳などの液体を噴霧する対処法もありますが、匂いが気になる方には水で洗い流す方法もおすすめです。

そもそもハダニは、こまめな霧吹き・葉をふき取りきれいにすることを怠らなければ発生しません。

常にきれいな状態を保つために、霧吹きの購入は必須といえます。月に一度はシャワーで洗い流すなどの管理も必要です。

関連記事:観葉植物に発生するハダニ|対処と予防法の紹介

アブラムシ

アブラムシの症状は以下の通りです。

  1. 新芽が萎縮している
  2. 葉が縮れている
  3. 新芽に虫が付いている
  4. 葉や幹がベタベタしている

アブラムシは繁殖力が強いため短期間で増え、ウイルスを媒介する厄介な害虫です

放っておくとリプサリス・カスッサの生育が弱まり枯れる恐れもあるので、早めに対処を行いましょう。

対処法は以下の通りです。

  1. 縮れた葉はカットする
  2. アブラムシを取り除く
  3. 茂り過ぎている枝葉は剪定して風通しをよくする
  4. アブラムシに効果のある液体を噴霧する(殺虫剤のほか、2倍に薄めた牛乳、重曹と水を混ぜたもの、濃いコーヒー、10倍に薄めた酢でも一定の効果あり)

アブラムシが湧いてしまったら、市販の殺虫剤(ベニカXファインスプレー・オルトラン)を使用すると効果があります。

2倍に薄めた牛乳などの液体を噴霧する対処法もありますが、匂いが気になる方には水で洗い流す方法もおすすめです。

関連記事:観葉植物に発生するアブラムシ|原因や対処・予防法

カイガラムシ

カイガラムシの症状は以下の通りです。

  1. 貝殻のような殻を被ったり、粉状の物質で覆われたりしている虫が枝葉についている
  2. 黒いカビ(すす病)が発生している
  3. 葉や幹がベタベタしている

カイガラムシは繁殖力の強さと薬剤耐性のある厄介な害虫です

放っておくとリプサリス・カスッサの生育が弱まり枯れる恐れもあるので、早めに対処を行いましょう。

対処法は以下の通りです。

  1. 柔らかい布やブラシで擦り取り除く
  2. 茂り過ぎている枝葉は剪定して風通しをよくする
  3. カイガラムシに効果のある液体を噴霧する(殺虫剤のほか、2倍に薄めた牛乳、重曹と水を混ぜたもの、濃いコーヒー、10倍に薄めた酢でも一定の効果あり)

カイガラムシが発生したら、市販の殺虫剤(ベニカXファインスプレー・オルトラン・スミチオンなど)を使用するのが効果的。

カイガラムシの成虫には殺虫剤が効きにくいので、幼虫の時期である5~7月に使用するとよいでしょう。

既に貝殻をかぶっている成虫は、柔らかいブラシや布で擦り取ってください。

2倍に薄めた牛乳などの液体を噴霧する対処法もありますが、匂いが気になる方には水で洗い流す方法もおすすめです。

関連記事:観葉植物の白い綿はコナカイガラムシ|対処法と予防法を紹介

コバエ

コバエの症状は以下の通りです。

  1. 土に虫が湧く
  2. コバエが植物の周囲を飛んでいる

コバエ自体は植物に無害ですが、観葉植物を育てるうえでの不快害虫です

放っておくとコバエは増えていくので、早めに対処を行いましょう。

対処法は以下の通りです。

  1. 発酵不十分な堆肥や有機質肥料を与えることをやめる
  2. 新しい土に植え替える
  3. 土の表面に無機質な素材(赤玉土・鹿沼土・砂利など)を敷く
  4. トラップを仕掛ける
  5. コバエに効果のある殺虫剤を噴霧する

コバエが発生したら、市販の殺虫剤(ベニカXファインスプレー・オルトラン・スミチオンなど)を使用するのが効果的です。

コバエのトラップは食器用洗剤やお酢、めんつゆなどで作ることができます。植物の近くに置いておくと、簡単にコバエを捕殺できるでしょう。

コバエは、発酵不十分な腐葉土やバーク堆肥、有機質肥料の匂いに引き寄せられます。

そのため、有機質肥料を取り除いたり土の表面に赤玉土や鹿沼土など3~5㎝程度敷き詰めたりするとコバエ発生を防ぐことが可能です。

そもそもコバエは、完熟たい肥を使用した質のよい土であれば発生しません。また、土が常に湿っている状況を避ければ、発生する可能性は低いです。

コバエを発生させないためには、適切な土と水やり管理で育ててください。

関連記事:観葉植物に発生するコバエ|対策と原因について

リプサリス・カスッサのよくある質問

リプサリス・カスッサのよくある質問

最後にリプサリス・カスッサのよくある質問とその答えを以下にまとめました。

  1. リプサリス・カスッサの冬の育て方は?
  2. リプサリス・カスッサがしわしわになるのはどうして?
  3. リプサリス・カスッサには毒性があるの?
  4. リプサリス・カスッサの葉が落ちる原因は?
  5. リプサリス・カスッサの適切な増やし方は?
  6. リプサリス・カスッサの花の咲かせ方は?
  7. リプサリス・カスッサに適した土は?

それでは具体的に見ていきましょう。

リプサリス・カスッサの冬の育て方は?

リプサリス・カスッサは冬の寒さに弱い植物です。最低温度が10℃以上の室内で育ててください

屋外で育てている場合は、気温の下がる秋には室内に移動させましょう。冬の窓際は屋外と変わらないくらいに気温が下がるので、窓から離れた明るい場所に置くと管理がしやすくなります。

室内では暖房が直接当たらない場所で、乾燥気味に管理してください。暖房の風が直接当たると、急激な乾燥によってリプサリス・カスッサが傷むので注意します。

暖房によって常に15度以上ある環境の場合は、ゆっくりと生育するので土の乾燥具合を確認しながら水やりすることが重要です。

リプサリス・カスッサがしわしわになるのはどうして?

しわしわになる原因は、「水やり不足」「根腐れ」の場合が多いです。リプサリスはサボテンの仲間ですが、乾燥地に自生しているサボテンと比べると水を必要とします。

そのため、肉厚なサボテンと同じような水やりを行うと、しわしわになりやすいです。この場合は、腰水をして十分に水を吸わせると、元に戻るので安心してください。

また、水をやりすぎた場合は根腐れすることもあります。根腐れすると、根からの吸水ができずに葉が黒く、しわしわになることもあるので注意が必要です。

土が常に湿っていて根腐れしている場合は状態の悪い根を取り除き、新しい土に植え替えて様子を見ましょう。新しい根が伸び始めると次第に元気な姿になります。

リプサリス・カスッサには毒性があるの?

リプサリス・カスッサに毒性はありません。ペットや小さな子供が口にしても身体に影響はないでしょう。

トゲのないサボテン科植物として、安全にお部屋に飾ることができます。しかし、リプサリスの仲間にはやわらかい毛をもつ品種もあるので、口にしたらすぐに吐き出したほうが安心です。

柔らかい毛であっても、口の中に刺さったりするかもしれませんので気を付けてください。

リプサリス・カスッサの葉が落ちる原因は?

リプサリス・カスッサの葉が落ちる原因は、「日当たり不足」「根詰まり」「根腐れ」が考えられます。

日当たりを好む植物なので、明るい窓際で育ててください。日差しが入らない暗い場所では、葉がポロポロと落ちてしまいます。

また、植え替えをせずに育て続けると根詰まりします。根詰まりすると、水や栄養を十分に吸収できずに生育に悪影響を与えるでしょう。

多湿環境を好みますが、常に土が湿っていると根腐れします。根腐れした茎は根元が黒くなってポロポロ落ちるので、注意してください。

根詰まりや根腐れを起こしたリプサリス・カスッサは、適切に植え替えると新芽が出てきて葉落ちを改善できます。

リプサリス・カスッサの適切な増やし方は?

リプサリス・カスッサの適切な増やし方は「挿し木」「種まき」「株分け」です。いずれの増やし方も、生育期の気温の上がる4~6月に行います。

挿し木の増やし方は、枝を節ごとに10㎝ほどの長さで切り取り、2~3日切り口を乾燥させ土に挿します。その後は、明るい日陰で土が乾燥したら水やりをしながら管理すると、1か月ほどで新芽が出てくるでしょう。

種まきでの増やし方は、開花後の実が熟して落ちてきたら収穫して保存しておき、実から取り出した種を春にまきます。種まき後は、土が乾燥しないように腰水で管理すると発芽しやすいです。発芽後は、明るい窓際で管理して育ててください。

株分けの増やし方は、大きくなったリプサリス・カスッサの株元から出ている子株を、根が付くように切り分けて植え替えます。株分けは根が傷みやすいので、挿し木で増やした方が安心です。

リプサリス・カスッサの花の咲かせ方は?

花の咲かせ方は、日当たりのよい環境で適切な水やりを行うことです。特に生育温度を15~30℃以内でキープして育てると、花が咲きやすいでしょう。

花の栄養素であるリン酸の肥料を、4月~6月に与えるとさらに効果的です。しかし、肥料のやりすぎは根を傷める原因になるので、注意してください。

リプサリス・カスッサは白い花を咲かせ、白色の可愛らしい実が付きます。個性的な葉姿だけでなく、可愛らしい花や実も楽しんでください。

リプサリス・カスッサに適した土は?

リプサリス・カスッサにおすすめの土は水はけのよい土です。サボテン科の植物なので、水持ちのよい土よりも水はけのよい土を好みます。

初めてリプサリス・カスッサを育てる方は、「evo 緑が鮮やかになる土」がおすすめです。「INLIVING 観葉植物の土」もよいですが、リプサリスはサボテンよりも水を好むので、水はけがよすぎても育てにくくなります。

本来、リプサリスは着生植物なので、コルクやヘゴなどに水苔で着生させることも可能です。着生させる場合は、高湿度で育てる必要があるので葉水をこまめに与えて育ててください。

リプサリス・カスッサのまとめ

リプサリス・カスッサのまとめ

リプサリス・カスッサは明るい室内であれば、一年を通して簡単に育てることができます。高い位置から枝垂れる姿は、おしゃれなインテリアグリーンとして活躍するでしょう。

花言葉「偉大」「燃える心」などは、就職祝いや新築祝いなどのプレゼントにも最適です。邪気を払うとされている風水効果は、多くの方に喜んでもらえます。

ぜひ、ハンギングで吊るして楽しむ観葉植物として育ててみてはいかがですか。

[https://andplants.jp/collections/rhipsrliscassutha]