お祝いに適した観葉植物

お祝いに適した観葉植物|選び方とシーン別のおすすめについて

「お祝いで観葉植物を贈りたいけど選び方がわからない」「お祝いの種類別におすすめの観葉植物を知りたい」と思っていませんか?

お祝いといっても新築祝いや開店祝いなどシーン別でいろいろあるので「どのお祝いにどの植物がいいんだろう」と迷ってしまう人も多いはず。

そこで今回は、お祝い毎におすすめの観葉植物をご紹介します。加えて、選び方も解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

お祝いの観葉植物の選び方

お祝いの観葉植物の選び方 「そもそもお祝いの観葉植物ってどうやって選べばいいの?」という人もいるのではないでしょうか?ここではまず、お祝いの観葉植物を次の2つを参考にして選んでいきます。

  1. 花言葉や風水の意味
  2. お祝いの相場

上記のポイントを考慮すればとっておきの植物が見つかるでしょう。

花言葉や風水の意味で選ぶ

観葉植物には花言葉や風水の意味合いが含まれています。たとえば、ザミオクルカスには「輝く未来」、フィカス・ベンガレンシスには「永久の幸せ」といった花言葉が与えられています。

似ている意味合いをもつものも存在しますが、植物の数だけ花言葉もあるので贈りたいイメージを反映させるのもいいでしょう。

風水では観葉植物の葉が鋭いものは邪気を払う作用があり、丸みがあるものはリラックス効果があるとされています。

たとえばパキラには、金運が高まる効果があるので開業祝いに贈るのもいいかもしれません。引越し祝いであればトイレにもおすすめです。

贈りたい言葉をイメージしたり高めたい運気を選んだりして、相応しい観葉植物を探してみてくださいね。

お祝いの相場で選ぶ

一般的なお祝いの費用相場は、5,000〜30,000円くらいです。新築祝いなのか結婚祝いなのかで多少の前後はありますが、大きな範囲は超えないでしょう。ただし、相手との親密関係や職場環境などでも異なります。

「安いのがよくない、高いのがいい」といったルールはないので「これだったらきっと喜んでくれるな」という自分自身の気持ちを大切にしてあげましょう。 その上で、観葉植物であれば5,000〜10,000円の範囲で選ぶといいかもしれません

というのも、だいたい上記の価格帯で素敵なものが購入できるからです。しかも初心者でも育てやすく長く付き合っていけるものばかりなので、贈り物としても最適。AND PLANTSのオンラインサイトは、価格帯で観葉植物を絞って探すことが可能です。

10,000円以下の植物も豊富に揃えていますので、お祝いで贈る際はぜひ参考にしてみてください。 もちろん10,000円以上の珍しい品種や大型の植物もあるので、気になる方は価格帯の上限をあげて検索してみるといいでしょう。

新築祝い・引越し祝いにおすすめのおしゃれな観葉植物

新築祝い

まずは新築祝いや引越し祝いにおすすめの観葉植物を紹介します。

  1. オリーブ
  2. ストレチアレギネ
  3. モンステラ

具体的にそれぞれ見ていきましょう。

①オリーブ

オリーブ

まず最初に紹介するのはオリーブ。「平和の象徴」と言われるオリーブはその名の通り、これから新しく生活を始める人に安心を与えてくれる観葉植物でしょう

 少しくすんだカラーの葉やシルバーっぽく見える葉など、落ち着いたおしゃれな印象ですし、クセがないので、どんなおうちにもぴったり合うところも、贈り物として良い点だと思います。

 風水では邪気を払う植物と考えられているので、ぜひおうちに置きたいですよね。

 屋外で育てるのがおすすめの植物なので、玄関前に飾るような大型のものをプレゼントするのもアリかもしれません。

詳細を見る

[https://andplants.jp/products/olive-l]

②ストレチアレギネ

ストレチアレギネ

次に紹介するのはストレチアレギネ。「極楽鳥花」という名前で知られる美しい植物です。こちらが新築祝いにぴったりな理由は「輝かしい未来」という花言葉がついているため。新しい環境でも明るい日々を送れそうですよね。

茎が力強く伸び、艶々とした葉が大きく広がる姿が希望に溢れた雰囲気で贈り物にぴったりです。また育て方次第では可愛らしい花が咲くので、育て甲斐がありますし季節によって表情を変えるところも魅力的。

乾燥に強く、あまりお手入れに慣れてない方でも育てることができます。寒さに強いので、5度以下にならなければベランダや庭でも育てることができるでしょう。

詳細を見る

[https://andplants.jp/products/strelitziareginae-s]

③モンステラ

モンステラ

大きな葉に穴が空いた珍しい姿をしている観葉植物モンステラです。背丈が出てくる植物ではないので「あまり大きくなるのはちょっと…」という人にもいいかもしれませんね。

切れ目から入る光が、未来への明るい道を表しているように見えるので、新築祝いにぴったりです。風水でもリラックス効果をもたらしてくれるので、慌ただしい毎日にちょっとした安らぎを与えてくれるでしょう。

初心者でも育てることが容易なので、お祝いにぜひ一ついかがでしょうか。生命力が強く、育てやすい植物なので、日光に当てることを意識すれば植物初心者の方にプレゼントしても大丈夫ですよ。

詳細を見る

[https://andplants.jp/products/monstera-s]

開業・開店のお祝いにおすすめの風水効果が高い観葉植物

開店祝い

次は開業・開店の際の贈り物としておすすめの観葉植物を紹介していきます。

  1. パキラ
  2. サンスベリア
  3. アレカヤシ

お店の雰囲気に合わせて選んでいけるといいですよね。それでは具体的に見ていきましょう。

①パキラ

パキラ

まず紹介するのがパキラです。定番の観葉植物なので、カフェや美容室などで目にしたことがある方も多いはず。生命力が強く乾燥にも耐えられるため、プレゼントする際にあまり気を使わなくても大丈夫です。

パキラは茎が一本のものや三つ編みになっているものなどあるので、お店の雰囲気などに合わせて送るのが良いでしょう。money treeとも呼ばれるパキラは、金運アップに効果があると言われています。

風水的でも同様に金運アップと仕事運アップが期待されています。開業・開店祝いにはもってこいの観葉植物ですね。お店が勢いよく成長していく姿や、勝利をおさめる姿が連想されるので、プレゼントされた側もきっと喜んでくれます

詳細を見る

[https://andplants.jp/products/pachiratwisted-m]

②サンスベリア

サンセベリア

次に紹介するのはサンスベリアです。見た目はとても個性的で、土から上に真っ直ぐ伸びる剣のような葉が印象的。

個性的ではあるものの落ち着いたスタイリッシュな雰囲気なので、カフェや美容室などに置くのにはちょうどいい植物です。また、サンスベリアの葉は空気清浄効果があることから、清潔で爽やかなイメージにぴったりなのです。

お店がいつまでも繁盛してほしいという願いを込めて、送りたい植物ですね。鋭く尖った葉の形状は風水で邪気を払うと言われているのもポイントです。最適な置き場としては、気の通り道となる玄関です。

詳細を見る

[https://andplants.jp/products/sansevieriazeylanica-l]

③アレカヤシ

アレカヤシ

次に紹介するのがアレカヤシです。細長くふさふさとした葉がしげる姿がリゾートの雰囲気を醸す植物で、不思議と癒されます。生き生きと葉を伸ばす様子から「元気」「勝利」という前向きな花言葉がついています

お店を開く方や事業を始める方に良いメッセージとなりますよね。丈夫で生命力があるアレカヤシは、植物を初めて育てる方にも安心です。

日陰よりも日光が当たる風通しの良いところで育てた方が元気に生長します。風水でアレカヤシは「出会い運」アップが期待できる植物とされているところもポイント。またリラックス効果もあるので、サロンなどのリラックス空間に贈るのも良いかもしれません。

詳細を見る

[https://andplants.jp/products/arecapalm-l]

法人、病院などの周年記念や設立記念におすすめの観葉植物

設立記念

次は法人や病院などの周年記念、設立記念におすすめの観葉植物を紹介します。

  1. ユッカ・エレファンティペス
  2. ガジュマル
  3. フランスゴムの木

記念物として贈るなら、何か縁起のいいものを選べるといいかもしれませんね。

①ユッカ・エレファンティペス

ユッカ・エレファンティペス

まず紹介するのは、贈り物として人気のあるユッカ・エレファンティペス。鋭く尖った葉としっかり上に伸びる幹が特徴的な観葉植物です。病院などにユッカのような生命力が高い植物があると頼もしいでしょう

乾燥と寒さに強く耐陰性もあるので、どんな環境でもしっかり育ってくれるので安心です。

花言葉は「勇壮」「偉大」「立派」といった意味合いがあります。贈り物をするときに、この力強い花言葉を添えてあげたらきっと喜ばれるでしょう。

また風水的に邪気を払う植物なので、悪い気を絶ち良い気を舞い込んでくれます。

詳細を見る

[https://andplants.jp/products/yucca-l]

②ガジュマル

ガジュマル

次に紹介するのがガジュマル。不思議な形をした幹が特徴的で、沖縄などで見かけることができる植物です。1つ1つが個性的な形をしているので、選ぶのも楽しくなりますね。

ガジュマルは「多幸の木」「幸せを呼ぶ木」と言われていて、お祝いの贈り物におすすめです。というのも、飾った場所に幸福をもたらしてくれるので訪れる人々が幸せになるからです

風水的に厄除け効果もありますし沖縄では精霊の「キジムナー」が宿る木として親しまれているので、心強い味方になります。

詳細を見る

[https://andplants.jp/products/chinesebanyan-s]

③フランスゴムの木

フランスゴムの木

次に紹介するのはフランスゴムの木です。天然ゴムの原料になるゴムの木は、風水で金運アップが期待できる植物とされていビジネスシーンでの贈り物としての人気が高いです。

「永久の幸せ」という花言葉があったり、ポジティブな気をもっていたりとなにかといい気をもたらしてくれます。日当たりがよく風通しの良い場所を好む植物ですが、耐陰性もあるので日陰の場所でも大丈夫。置き場所を選ばないのでお祝いの贈り物としても好まれます。

ラテックスアレルギーの方などがゴムの木の樹液に触れるとかぶれることがあるので、そこには注意が必要です。万が一、触れてしまった場合は水で直ぐに洗えば問題ないでしょう。

詳細を見る

[https://andplants.jp/products/ficusrubiginosacurved-l]

結婚祝いや結婚記念日のお祝いにおすすめの観葉植物

結婚祝い

最後に、結婚祝いや結婚記念日のお祝いにおすすめの観葉植物を紹介します。

  1. フィカス・ウンベラータ
  2. ドラセナマッサンゲアナ
  3. フィカス・アルテシーマ

「どんなポイントを意識すればいいんだろうか?」と考えながら参考にしてみてくださいね。

①フィカス・ウンベラータ

フィカス・ウンベラータ

まず最初に紹介するのがフィカスウンベラータ。葉の形がハート型なので、愛を象徴する観葉植物と言われています。家族やパートナーとの新しいスタートとなる結婚祝いに贈るにはぴったりですね。

風水では調和をもたらす効果があると言われているので、夫婦円満や家庭の安寧など喜ばれる意味が込められています。グネグネと曲がった特徴的な幹と爽やかなカラーの葉のバランスが綺麗ですし、家に置いておくことで優しい雰囲気を作ることができそうですね。

インテリア性も非常に高いので、シンボルツリーとしてもおすすめです。

詳細を見る

[https://andplants.jp/products/umbellata-l]

②ドラセナマッサンゲアナ

ドラセナマッサンゲアナ次に紹介するのは「ドラセナマッサンゲアナ」です。品種がたくさんあり葉の色などに個性があるのが面白い観葉植物。

ドラセナマッサンゲアナは「幸福の木」と呼ばれていて、ハワイの古い言い伝えで家に置いておくと幸福が訪れると言われています。新婚のお祝いにこれからの幸福を願って贈るのもいいかもしれません。

花言葉は「幸福」「永遠の愛」「隠しきれない幸せ」など、どれも結婚祝いや結婚記念日にぴったりです。

乾燥に強くお水やりは1週間に1回程度で健康に育ちます。インテリアとしてもおすすめなのでお気に入りの家具と合わせてみてはいかがでしょうか。

③フィカス・アルテシーマ

フィカス・アルテシーマ

最後に紹介するのがフィカス・アルテシーマ、ゴムの木の仲間です。明るい緑色の葉に黄色っぽい模様が入るのが特徴的な観葉植物で、結婚記念日にもおすすめです。

ラテン語で「最も背が高い」という意味のアルテシーマは、日本で植え替えなどの管理をしっかりとすればかなりの高さに成長します。

風水的には「陽の気」を持っているので、家庭を明るくしてくれる力があります。花言葉では「永遠の幸福」といった意味合いをもつフィカス・アルテシーマを、お祝いに贈るといいでしょう。

詳細を見る

[https://andplants.jp/products/ficusaltissima-l]

お祝いの観葉植物を贈る際のよくある質問

よくある質問それでは最後にお祝いの観葉植物を贈る際のよくある質問とその回答をまとめました。

  1. 開店祝いで観葉植物を贈る際に立て札は必要?
  2. 開店祝いで観葉植物を贈る際のマナーは?
  3. 開店祝いに適した小さめの観葉植物は?
  4. 開店祝いに観葉植物を贈るのは迷惑ではない?

今回は「開店祝い」に関して取り上げていますが、立て札やマナーなども他のお祝いでも参考になるのでぜひ目を通しておくといいでしょう。

開店祝いで観葉植物を贈る際に立て札は必要?

立て札は用意しておきましょう。その際に必要な項目が下記3つです。

  1. お祝いの言葉
  2. お届け先の店名
  3. 贈り主の名前

お祝いの言葉とは「祝御開店」や「御祝」などです。 また「お届け先の店名」は周りの人にも宣伝を兼ねたものとなるので、喜ばれます。

観葉植物を購入の際に立て札もセットで行ってくれる場合もあるので、必要な場合は一度聞いてみましょう。

開店祝いで観葉植物を贈る際のマナーは?

以下2つのポイントを押さえておきましょう。

  1. 置けるサイズを確認する
  2. 開店から1ヶ月以内に贈る

観葉植物を贈るにしても「そもそも置けるのか」「置く場合はどれくらいのサイズが大丈夫か」といったのを確認する必要があります。事前に聞ける相手であれば、確認を取っておけると確実です。

難しい場合は、当日にお店に挨拶しに行って後日贈るなどしてもいいかもしれません。

また、開店から1ヶ月以内を目安にして贈るといいでしょう。理想は当日が好ましいですが、どうしても難しい場合もあります。1ヶ月を過ぎてしまう場合は次は1年記念やお店のイベントなど、何かの節目の際に贈るといいです。

開店祝いに適した小さめの観葉植物は?

おすすめなのはガジュマルやシマトネリコがいいです

一年を通して管理がしやすいので、相手方が植物を育てたことがなくても喜ばれます。サイズとしては、3〜5号(直径:9〜15cm)がいいかもしれません。

レジカウンターやテーブル周りにも飾れるサイズなので、お祝いで贈ったとしても後々にディスプレイとしても活用できるでしょう。

ガジュマルには「長寿」、シマトネリコには「高潔」といった花言葉の意味合いもあるので、お店にとってもプラスに繋がってくれるはずです。

開店祝いに観葉植物を贈るのは迷惑ではない?

開店祝いに観葉植物を贈るのは問題ありません

観葉植物には花言葉や風水の意味合いもあるので、実はお祝いに贈るのはよいとされています。長く付き合うことができるので、お店のアイコンやディスプレイとして活用される人も多いです。

加えて贈る際のサイズ感やタイミングを考慮して、相手の立場を配慮すればきっと喜ばれるでしょう。

まとめ

観葉植物には花言葉や風水効果があるので、性質も考えて贈ると喜ばれます。お祝いのシーンによって相応しいものが異なるので、喜んでもらうには事前にきちんと下準備をする必要があるでしょう。

置き場所やサイズ感などを検討するのは少し大変かもしれませんが、時間をかけた分相手にも気持ちが伝わります。せっかくのお祝いですので、とっておきの観葉植物を選んでいきましょう。

ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。