商品を探す

KEYWORD

キーワード検索

CATEGORY

商品カテゴリー

卒業を彩る花言葉|先生や先輩への感謝を込めて

卒業を彩る花言葉|先生や先輩への感謝を込めて

卒業の節目を迎えるにあたり、心からの感謝や気持ちを込めた花をお探しではありませんか。

この記事では卒業にふさわしい花言葉を持つ代表的な花と、先生や先輩、そして大切な恋人への感謝の気持ちを伝える特別な花言葉を持つ花を紹介します。

花を買ったことがないからどうすれば良いか心配というあなたのために、卒業にふさわしい花のスタイルや予約方法などもご紹介しますね。

卒業という一生の記念に残る瞬間を、あなたの気持ちをしっかり込めた美しい花言葉で彩りましょう。

卒業式にお祝いの花束をプレゼントしたいなら、セレブレートブーケがおすすめです。寒色系をベースにし、落ち着きはあるものの、華やかさを演出してくれます。

詳しくは、下記のページよりご覧なってみてください。

[https://andplants.jp/products/celebrate_bouquet_cool_color_large]

卒業にまつわる代表的な花言葉

ここでは卒業にふさわしい花言葉を持つ花をいくつかご紹介します。それぞれの花言葉に込められた深い意味を理解することで、贈る人の心からのメッセージが相手に伝わることでしょう。

  • 白色のダリア|感謝・豊かな愛情
  • ピンク色のバラ|感謝・温かな心
  • ガーベラ|感謝・希望
  • 青色のバラ|夢かなう
  • ピンク色のブバルディア|夢
  • 紫色のトルコギキョウ|希望
  • かすみ草|感謝・幸福

それぞれ見ていきましょう。

白色のダリア|感謝・豊かな愛情

白色のダリアは、美しい純白が特徴的なお花です。

「感謝」や「豊かな愛情」の花言葉を持ち、卒業という大切な節目にピッタリです。これまで支えてくれた先生や先輩の深い感謝の気持ちをあらわせます。白色のダリアが花束の中に何輪か入るだけでボリュームも増えることまちがいなしです。

また、「白色だと少し華やかさが足りないかな…」と心配しているなら、安心してください。

ダリアの純白さは、美しいの一言に限ります。白色のダリアを中心に、花束を真っ白にすると、とても美しい花束が出来上がります。

もちろん、白色のダリアだけでなく他の鮮やかな色の花を混ぜても、素敵な花束が出来上がりますよ。あなたのその言葉では表現しきれない感情や未来への期待を込めて、白色のダリアを贈ってみましょう。

ピンク色のバラ|感謝・温かな心

卒業という門出にピンク色のバラを選ぶことは、心からの感謝と温かい愛情を伝えられます。

ピンクのバラは、優しい色合いで花言葉にもつ「感謝」や「温かい心」を表現してくれます。長い間支えてくれた先生や先輩、そして大切な人への深い感謝の気持ちを伝えるのにピッタリな花です。

ピンク色のバラを選ぶ方は女性への贈りものとして購入される方が多い印象です。きっとピンク色の優しさが女性を連想させれくれるのでしょう。

[https://andplants.jp/products/5-pink-rose-series-bouquet]

ガーベラ|感謝・希望

ガーベラは「感謝」「希望」などの花言葉を持っています。

一歩進むあなたの明るい希望と深い感謝を込められる花です。これまで学んできたことに関する感謝を表現して、始まる新しい道への前向きな気持ちをガーベラに込めてみてはいかがですか。

AND PLANTSにもピンクやオレンジのガーベラを取り揃えています。詳しくは、下記のページよりご覧になってみてください。あなたの想いをあなたの好きなガーベラの色で彩りましょう。

[https://andplants.jp/products/10-pink-gerbera-series-bouquet]

関連記事:ガーベラの花束を贈るときのポイント|花言葉や色別の意味を解説

青色のバラ|夢かなう

卒業の際に青色のバラを贈ることは「夢かなう」という花言葉の通り、卒業生への未来に対する希望と夢への応援メッセージとなります。青色のバラは、珍しさと美しさで特別な日にピッタリです。

自然界では青の色素を持たないバラですが、特殊な技術によって生み出されました。染められたバラはとても綺麗ですが、天然の青色と比べると違いは一目瞭然です。青色のバラは、真っ青というよりは少し紫のように見えます。

希少な青色のバラを贈ろうとしている方は、普段より早めの注文が大切です。青色の染めバラも同様に早めがいいかと思われます。

また、他の色のバラと比べるとお値段も少し多めに予算を立てておくことが大切です。

普段あまり見られない青いバラを贈ることは、未来へ夢見ている卒業生へのエールとなることでしょう。

ピンク色のブバルディア|夢

ピンク色のブバルディアは「夢」という花言葉を持っています。

その柔らかな色合いと「夢」の花言葉で、卒業生への温かい激励となること間違いなしです。

ブバルディアは小さな花が固まっていて、咲きはじめはぷくっとした丸い形をしています。それが徐々に開いていく姿はとても可愛らしいです。

夢に向かって一歩踏み出す卒業生に、夢に向かってがんばる気持ちを込めて、花束にピンク色のブバルディアを入れてみましょう。

紫色のトルコギキョウ|希望

トルコギキョウには「優美」「すがすがしい美しさ」といった花言葉があり、その中でも紫色のトルコギキョウの花言葉は「希望」です。

「希望」の花言葉は、卒業生がこれからの未来に前向きな気持ちになれるようにとの気持ちが込められています。

花束と聞くと赤やピンク、黄色などの明るい色を想像しがちですが、紫色もとても素敵です。

また、八重咲きのトルコギキョウはまるでバラのようにも見える綺麗さ。紫色のトルコギキョウで卒業の際の「希望」を表現してみましょう。

かすみ草|感謝・幸福

卒業という大切な節目に、かすみ草を贈ることは「感謝」と「幸福」の気持ちを伝えるのにピッタリです。

ふわっとしていて小さな花がいくつも咲いているかすみ草は、優しい印象を与えてくれます。花束に入れればボリュームアップになります。

かすみ草のみの花束も素敵ですし、他の花と一緒に花束にすればお互いが引き立ててくれる素敵な花束になることまちがいなしです。

また、染められているかずみ草があることをご存知でしょうか。

ピンク、黄色、オレンジ、紫などさまざまな色に染められているかすみ草があります。小さなお子様などには特に染めのかすみ草は人気があり、筆者が花屋に勤めていた頃は、入荷するとすぐに売れるイメージでした。

もちろん、真っ白のかすみ草も可愛くておすすめですが、たまには染めのかすみ草も候補にあげてみてください。

いつも入荷するものとは限りませんので、染めのかすみ草を卒業のお祝いなどに使いたいと考えている方は、早めに花屋に問い合わせしてみましょう。

卒業式に先生に贈る花言葉

お世話になった先生に感謝の気持ちを込めて花を贈ることは、とても素敵です。卒業式に先生に贈る花言葉でピッタリなものを選びました。

  • カーネーション|愛情・尊敬
  • スイトピー|門出・優しい思い出
  • ゆり|威厳

それぞれ見ていきましょう。

カーネーション|愛情・尊敬・感謝

カーネーション全般の花言葉は「尊敬」です。

長い間支えてくださった先生への感謝と敬意をカーネーションに込めて贈りましょう。

カーネーションはさまざまな色があり、思い出に合わせて色を選ぶことで、より素敵なものになってくれるはずです。もちろんカーネーションばかりの花束もとても素敵ですよ。

しかし、カーネーションの茎には、関節のような節の部分があり、この節の部分がとても折れやすい花です。他の花と混ぜて花束にする場合も含め、カーネーションは丁寧に優しく扱う必要があります。

スイートピー|門出・優しい思い出

卒業シーズン、スイートピーは花屋で一番いい香りを放って綺麗に咲いてくれる季節です。「優しい思い出」という花言葉に気持ちを込めて、今までの先生との思い出を伝えましょう。

スイートピーは淡い色から濃い色までさまざまな色があり、贈る先生にぴったりな色が見つかります。スイートピー、ガーベラ、チューリップなどを一緒に花束にすると、春のイメージで可愛らしい花束になりますよ。

スイートピーは卒業式という門出の日に、先生との思い出を一生のものとしてくれるでしょう。

ゆり|威厳

卒業式に先生へゆりを贈ることは「威厳」という花言葉で先生への深い尊敬を表せます。

教育者としての先生の威厳と聞くと少し固く感じられるかもしれませんが、ゆりのもつ美しさと「威厳」の花言葉は、お世話になった大切な先生への気持ちをあらわすにはピッタリです。

ゆりは花束に入れると一番目立つ存在となります。

開いたゆりはとてもいい香りを放ち、先生の記憶も香りと共に長く心に残ってくれることでしょう。ゆりは開いたものと蕾のものを混ぜて花束にすると、当日もその後も長く楽しめますよ。

卒業式に先輩に贈る花言葉

卒業式は、先輩への感謝と尊敬の気持ちを表現する絶好の機会です。支えてくれた先輩の旅立ちを祝福できる花で心からの気持ちを伝えましょう。

  • フリージア|無邪気・信頼
  • ミモザ|感謝・友情

それぞれ見ていきましょう。

フリージア|無邪気・信頼・憧れ

フリージアは春の訪れと共に綺麗に咲く花です。どの色のフリージアも、花言葉は先輩への気持ちを表してくれます。

一番目にすることの多い黄色のフリージアはとても綺麗なビタミンカラーです。フリージアの中では黄色と白色のフリージアが香りが強い傾向があります。

フリージアの入った花束で、先輩のこれからの幸せと明るい希望を連想させましょう。

ミモザ|感謝・友情

卒業式にミモザの入った花束を贈ることで、先輩への感謝の気持ちと、変わらない友情を伝えられます。

ミモザはその柔らかなフワフワとした黄色の花が春の暖かさを感じさせてくれます。この明るい色合いで、先輩と一緒に過ごした楽しい思い出を表現してみましょう。

ミモザはこの時期しか楽しめません。卒業という特別な時に特別なミモザで、心からの先輩への贈り物にしてみてはいかがでしょうか。

[https://andplants.jp/products/womansday24-mimosabouquet]

卒業式に恋人に贈る花言葉

卒業式は恋人にとっても大切な節目となります。この特別な日には特別な想いのこもった花を贈りましょう。

  • 赤色のバラ|愛情・美
  • 赤色のチューリップ|真実の愛
  • ストック|愛の絆

それぞれ見ていきましょう。

赤色のバラ|愛情・美

赤色のバラの花言葉は「愛情」「美」です。特別な日の感動と恋人との深い絆を表現してくれます。鮮やかな赤色は情熱的な愛を表し、美しさは二人の美しい関係をあらわします。

卒業は人生の新しいステージへの一歩です。この大切な瞬間に赤色のバラを贈ることで、あなたの恋人への変わらぬ愛と、これからも一緒に美しい未来を築いていこうという想いを伝えられます。

赤色のバラはシンプルでわかりやすい「愛」のメッセージを持っています。

[https://andplants.jp/products/9-red-rose-series-bouquet]

赤色のチューリップ|真実の愛

卒業式に恋人に赤色のチューリップを送ることは「真実の愛」という花言葉が二人の関係の深さを表してくれることになります。

赤色のチューリップは鮮やかな赤色で情熱的な愛を表現してくれます。真実の愛という花言葉で、新しいスタートをきってもお互いの信頼と愛情が変わらないことへの再確認にもなるでしょう。

シンプルな花ですが、強いメッセージ性を込めた赤色のチューリップは卒業式という記念すべき日に真実を愛を伝えるのにおすすめな花です。

ストック|愛の絆

ストックは甘い香りが特徴です。花の色は白、ピンク、紫、黄色など色々揃っていて春から花を咲かせてくれます。

ストックには「愛の絆」という花言葉があり、二人の関係がこれまでとかわらない強い絆だとの証明にもなるでしょう。卒業はそれぞれが新しい道へ進む始まりで、そんな節目に「愛の絆」の花言葉を持つストックを選ぶことで今後もお互いを支え合っていけるはずです。

スタンダードタイプのストックは1本入るだけでとても華やかになります。スプレータイプのストックはボリュームが出て素敵な花束になることでしょう。

卒業式に人気な花ギフトのスタイル

卒業式は新しい門出を祝う大切な日です。この特別な機会に送る花束は、受け取る人の心に長く残る素敵な記念となります。

贈る相手に適した花のギフトで感動的に卒業を祝いましょう。

  • 花束|手渡しにおすすめ
  • 一輪の花束|たくさんの方へのプレゼント
  • アレンジメント|遠方の方へ最適
  • ドライフラワー|インテリアにこだわる方へ

それぞれ見ていきましょう。

花束|手渡しにおすすめ

季節のおまかせブーケ

卒業式に花を手渡しで渡せる環境にあるなら花束がおすすめです。

あらかじめ花をまとめてからラッピングされている花束は、持ち運びに適しています。また、茎部分も保水処理がしっかりされているため、長時間でない限り花を枯れることなく保てます。

花束はアレンジメントと比べ、花の長さを保ったままつくるギフトです。そのため、自宅に持ち帰ったあとは徐々に切り戻しをしつつ楽しめるので、アレンジメントより長く綺麗な花を楽しめます。

大きすぎる花束は少し恥ずかしいと思う方には、丈の短いブーケタイプがおすすめです。ブーケタイプは丈が短い分持ち運びも簡単で、花の量が少なくてもボリュームよく作れます。

渡す相手と場所を踏まえ、素敵な花束を考えてみましょう。

[https://andplants.jp/products/custom-flower-mix-medium]

一輪の花束|たくさんの方へのプレゼント

後輩から部活の全員の先輩へ、保護者から卒業する子供達へなど、たくさんの方へ花をプレゼントする場合には、一輪の花束がおすすめです。

また、たくさんの1本の花束を注文する場合には、すぐに準備できなかったり、同じ種類の花が揃わない場合も考えられます。

あらかじめ必要な日の最低1週間〜2週間前までには予約しておくと安心です。

[https://andplants.jp/products/seika_wrapping_gerbera_pink]

アレンジメント|遠方の方へ最適

遠方の大切な人へのプレゼントはアレンジメントがおすすめです。

アレンジメントは安定した器にスポンジを入れ、そこに水をしっかり含ませている状態で花が生けられています。少し動いたくらいでは抜けたりしません。そのため郵送中の花の崩れを防げます。

届いた後も、ラッピングを外したり花瓶に生け直したりすることなくそのまま飾れるため、もらった側も手間が省けます。

[https://andplants.jp/products/flower-arrange-blue-medium]

ドライフラワー|インテリアにこだわる方へ

ドライフラワーは花を美しい状態で長期間保てることから人気があります。

さまざまなインテリアのスタイルに合わせやすく、おしゃれな雰囲気を演出してくれるドライフラワーは、あまり生花に興味のない人も部屋の装飾として楽しめるプレゼントとなることでしょう。

ドライフラワーを選ぶ際は、受け取る側の好みやライフスタイル、贈るメッセージに合わせて色や種類を選ぶことが大切です。

[https://andplants.jp/products/dryflower-swag-yellow]

卒業式に花束を贈る際の予約方法

卒業式に花束を贈る際、当日スムーズに理想の花束を受け取るためには、事前の予約が大切です。適切な予約時期と場所を確認し、卒業式当日に焦ることなく感謝や祝福の気持ちを込めた花を贈りましょう。

  • 予約する時期|2月
  • 予約する場所|お店orインターネット

それぞれ見ていきましょう。

予約する時期|2月

卒業式シーズンは花屋にとってとても忙しい時期です。そのため、卒業式に特別な花束を贈りたい場合は、2月中には予約を済ませることをおすすめします。

早めに予約をすることで、希望する花の種類やデザインを確実に注文できるだけでなく、卒業式の日に安心して美しい花束を受け取ることができます。また、早めの予約は、混雑を避けることができるため、要望をしっかり伝えられるでしょう。

しかし、注文が早いことによって、花の価格がはっきりしていない場合もあります。そのため、数人で予算を立てて1本の花束を複数人へプレゼントとの注文の場合には、希望の花の値段が確定していない場合もあるので注意が必要です。

その場合、後日花屋と連絡をとって価格を確認してみましょう。

予約する場所|お店orインターネット

卒業式に花束を贈る際には、お店で直接予約する方法と、インターネットを利用した予約方法があります。店頭で予約する場合、直接花の種類やアレンジメントを見ながらスタッフと相談して理想の花を注文できます。

インターネットの予約は、忙しい方や遠方にいる方にとってとても便利な予約方法です。自宅や外出先からでも好きな時間に簡単に注文できます。

どちらの方法も、卒業式に感謝の気持ちを伝える花を贈るための選択として適した方法です。

卒業式に花束を贈る際には貰い手への配慮が大切

卒業式に花束を贈る際、受け取る人がその後どのように移動したり扱うかを考慮することが大切です。

卒業式は移動が多く、荷物が増える日なので持ち運びやすい花束を選ぶと良いでしょう。また、卒業式後に忙しい人も多いため、花のお手入れが簡単な種類を選んだり、ドライフラワーにして長期間楽しめるようにすることも一つの手です。

贈る側が配慮することで、花束はただの飾りではなく卒業を彩る大切なプレゼントとなり喜びも倍増することでしょう。

まとめ

この記事では、卒業式にふさわしい花言葉を持つ花の選び方から贈り方までご紹介しました。卒業式は新たな門出を祝う大切な瞬間で、この特別な日に花言葉に気持ちを込めた花を贈ることは先生や先輩への深い感謝や気持ちをあらわせます。

そして、それぞれの花の持つ花言葉によって、送り手の心からのメッセージを相手に伝えられることでしょう。

この記事を参考に、卒業式に気持ちを込めた花言葉を選びその花を贈ることで一生の思い出となるよう祈っています。

関連記事:卒業式に贈る花束|卒業祝いにおすすめの花と注意点